「ほっ」と。キャンペーン

淀屋橋odona ジョエルOpen -1

5/30、ファッションからグルメまで楽しめる駅直結型ビル
淀屋橋odonaがオープンしました。

odonaとは・・・
ODOROKI+OTONA  “高感度な大人達にいつも驚きを”
という想いを込めたネーミングだそう。



e0120402_21254921.jpg

そんなodona唯一のパティスリーが・・・
八尾に本店のある、ラ・パティスリー・ドゥ・ジョエルさん。

木山寛シェフは、大阪のホテルプラザに入社後、
フランス三ツ星レストラン「ロワジス」にてパティシエを勤め、
帰国後、ホテルプラザに戻った後、
1997年、ラ・パティスリー・ドゥ・ジョエルをOPEN。

お店の前は、お馴染みのシェフや、講師を務められてる
製菓学校からの豪華なお花であふれていて、
一瞬ブティックかと見間違えてしまいそうなエレガントな店構えです。



e0120402_2127937.jpge0120402_21272536.jpg









ショーケースの中には、宝石のように煌く美しいケーキたちが・・・(*^^*)☆



e0120402_2128466.jpg

それもそのはず!
このショーケースは、ジュエリー用のショーケースだそうで
中に蛍光灯が入っていないんです。
(長時間蛍光灯の元に置かれると、繊細なケーキやショコラは
 少しずつ変色してしまうんですよね・・・)

それでもこんなに鮮明にケーキが映し出されるなんて・・・うっとり(*^^*)♡



e0120402_2129312.jpg

さらに、ケーキを置くトレーに高低がつけられているので
まるで五線譜に並ぶ音符を眺めているかのよう・・・
優雅な音色が今にも聴こえてきそうですね♪


e0120402_21303265.jpg
e0120402_21304682.jpge0120402_2131214.jpg









マカロン&ショコラのショーケースも!

ジョエルさんのマカロンは、ぷっくりと背高フォルム。
木山シェフは、ねっちりとした食感のマカロンが苦手で
サックリと軽やかな食感のマカロンを作りたかったそう。
頬張ると、はふっ♪と崩れ落ちる空気感いっぱいのマカロンです。

木山シェフお得意のショコラは、八尾店同様
こちらでも宝石をディスプレイするかのように
一粒ずつ、優雅に飾られています。


e0120402_21315790.jpg

実はこのお店・・・
odona内にありながら、odona内から通じるドアはなく
外周からのみ入れるという不思議な構造になっているんです^^;

入るとすぐ正面に、BOX入りの焼き菓子、
右手にマカロン&ショコラのショーケース、
そして左手に、この焼き菓子&コンフィチュールの棚があります。

さらに奥に、プチ・ガトーのショーケース、
その奥がガラス張りの厨房になっていて、
中でパティシエさんが、作業をされている様子が見えるんです。
最近このように、厨房を見せるスタイルのお店作りをされている
パティスリーさんが多いのも、スイーツファンには嬉しいですよね♪

今思い返すと・・・な状況(かなり恥ずかしい^^;)の中、
いただいたケーキに続きます・・・




e0120402_21541873.gif


店名:ジョエル(淀屋橋odona内 )
住所:大阪市中央区北浜4-3-1 
電話:06-6152-8780~8781
定休日:年内無休
営業時間:10:00~21:00(平日・土曜日)
       10:00~20:00(日・祝日)
[PR]

by yukichocolat | 2008-06-04 00:00 | sweets(大阪)