2007年 09月 09日 ( 1 )

灼熱の関西スイーツツアー☆サロン・ド・テ・ジャマン

灼熱の関西スイーツツアー☆index
モンプリュ -1
モンプリュ -2e0120402_719443.gif
ラ・ピエール・ブランシュ
ル・プレジール
オ・タンプル・デュ・グゥ -1
オ・タンプル・デュ・グゥ -2

リョーコ


2日間にわたる灼熱の関西スイーツツアー、最終目的地は
サロン・ド・テ・ジャマンさん。
先日感動したベイリーズのアイス、今日もいただいちゃおう(*^^*)♪
私はこの間食べ忘れちゃった1個をのぞいて、全種類いただいているので
ここでもセレクトは彼女におまかせ!

e0120402_04189.jpg

3連休明けなので、何もなくて・・・とシェフが即興で作ってくださったデセール。
バジルのソルベの下には、ショコラのクランブルとヨーグルトのブランマンジェ。
実は、私がジャマンさんではじめていただいたソルベが
このバジルのソルベ(*^^*)☆
冷たいものが苦手な私が、と~っても感動しちゃって・・・
それ以来宿院シェフのソルベの虜になっちゃってるんです。e0120402_03038100.gif
口溶けが普通のソルベと全く違って
冷たいんだけどエアリー・・・冷たさが直接舌にあたらないんです。
シルクのような肌触りのよいヴェールに包まれていて
ワンクッションおいてから冷たさがじわじわ~・・・

そして、このバジルのソルベはお味も最高!
運ばれてきた瞬間は抹茶?と思うような綺麗な翡翠色。
でも、バジルのフレッシュな香りがふうわり・・・
ひと口お口に含んでみると・・・キュンとした鋭い酸味が!
レモン&ライムを隠し味に効かせてあるんです。
とってもフレッシュで、奥深い清涼感が広がっていきます。

宿院シェフは、ライム使いがとってもお上手で
先日感動したサバランにも最後の仕上げに
ライムの皮をすりおろしてらっしゃるんですが・・・
ライムの香りって、とっても華やかな清涼感がありますよね。
私はレモンよりもライムが好き♡

e0120402_0385756.gifソルベおかわりしたいくらい美味しいな~と思っていると
華麗なアシェット・デセールの登場です(*^^*)/




e0120402_0481239.jpg

やっぱりこれをセレクトしちゃうよね♡

ペーシュの美味しさは、是非こちらで

ミルフィーユの美味しさは、是非こちらで




e0120402_0484471.jpg

e0120402_23185912.jpg

サバランの美味しさは、是非こちらで

そして、私がジャマンさんで一番好きなショコラ系・・・
ショコラ・フランボワーズ(*^^*)☆

ショコラムースには、ヴェネズエラ産のカカオ豆100%を
原料として作られたエルレイのサンフォアキン(カカオ分70%)を使用。
土台のビスキュイサッシェには、ローマジパンを混ぜ
重たいけどコクをだされているんですって。
むちっとした食感が、コクのあるムースを支えるに足る存在感(*^^*)/

このビスキュイには、フランボワーズのシロップがうたれているんだけど・・・e0120402_0363292.gif
さらにフランボワーズのコンフィチュールもオン!
シロップにはレモン汁&コアントローが入っているので
酸味と香りの余韻が鼻腔をくすぐり、さらに
コンフィチュールのプチプチ感がお口の中で大合唱♪

実は以前は、ビスキュイの上にフィヤンティーヌを
重ねてたんだけど、今はプレート状にしてトッピングされてるんです。
デザイン的には、断然こちらの方が優雅ですよね。
ムースを食べつつ、フィヤンティーヌをザクッ♪
小気味いいアクセントに!

優美で甘美なショコラの香り・・・
スーっとなめらかな、清流のような口溶け・・・
ショコラの芳醇な風味に、フランボワーズの爽やかな酸味がブレンドされ
エレガントな貴婦人を髣髴とさせてくれます(*^^*)
酸味がアクセントになっているからかしら・・・
夏でも全然重たくないんですよね。e0120402_0372148.gife0120402_0373156.gife0120402_0374028.gif
このめくるめく香りの余韻と口溶け・・やっぱり好きです~





e0120402_0391581.gifクレアー
e0120402_049947.jpg

e0120402_2332365.jpge0120402_23322386.jpg








前回食べ忘れちゃって、とっても心残りだったんです^^;
クレアーというネーミングの由来は・・・
このケーキに使われているショコラのお名前なんですって。
イタリアンパティスリーアカデミーで行われた、
トップペストリーシェフによるブラインドテイスティングで
金賞を受賞したのがカルマー社のクレアー。
数あるミルクチョコレートの中でもその品のある香り、深みのある色、
なめらかな口当たりが高く評価されたそう。e0120402_0424045.gif

宿院シェフがミルクチョコレートを使われるって
ちょっと珍しいので、興味津々!

ピスタチオダイスを混ぜて焼きこんだダックワーズに
ビスキュイ・ショコラを重ね、センターにはピスタチオのクリームを。
キルシュ漬けのグリオットがポイントに!

ショコラ×ピスタチオ×グリオット×キルシュ・・・黄金のカルテット!
な~んとなく味は想像できたんだけど・・・
ミルクチョコレートを使うとこんな風になるんだぁ・・・
想像以上にミルキーでまろやか~(*^^*)♪
まるで雲を食べているかのように、ほわっとお口の中でとろけちゃうんです。
ピスタチオのナッティな香りと、グリオットの馨しい香りがアクセントに
なってるけど・・・やっぱり余韻はミルキー♡
生チョコのミルキーテイストがお好きな方にはお薦めです!

デコレーションに添えてくださった桃&セーデルのジュレ
そしてベイリーズのアイスクリームも絶品!e0120402_046757.gife0120402_0461815.gif
いつも楽しいおしゃべりと、素敵なおもてなしをありがとうございます

誰かと一緒じゃないと、なかなかパティスリーのはしごをしない私。
ボ~っと美味しいケーキやお店の雰囲気を堪能して
シェフとのお話を楽しんでいるうちに、いつの間にか時間が経っちゃって・・・
いつも1軒で満足して、夢見心地のまま帰っちゃうんです(*^^*)☆

でも、2日間でこんなに周れちゃうのね^^;
お友達はこの後再び青春18切符で帰宅の途に・・・
暑い中、本とにお疲れ様でした~(*^^*)/

e0120402_0435331.gif


店名 : サロン・ド・テ・ ジャマン
住所 : 大阪府茨木市別院町6-45オダビル2階
TEL : 072-620-0073
営業時間 : 10:00~20:00
定休日 : 火曜日
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-09 00:00 | sweets(大阪)