「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:レストラン(大阪)( 11 )

バースデーDinner☆Fujiya1935

e0120402_21424660.jpg

家族とのバーズデーDinnerは、Fujiya1935さんへ。
そういえば・・・FujiyaさんでバースデーDinnerをいただくのも3年連続。
でもこんな風に描いていただいたのは初めて・・・かな?!
♡が飛んでる~(シェフのキャラとはちょっぴり違う気が?!)
なんだかとっても嬉しい~(*^^*)♪

だけど・・・お席の位置取りを間違えてしまったみたいで(泣)
どの角度から撮っても自分の影が写りこんじゃって・・・★
でも今までいただいた中で、歴代3位に入る程のお気に入りmenuだったので
ちっちゃくして(ごまかして^^;)、お写真だけUPさせていただきますね。



●軽く燻製にした小さなコロッケ

e0120402_21385813.jpge0120402_2143202.jpg









●ピスタチオのクリームを挟んだウエハース
  オリーブのパン・スパイシーな栗・キノコのスナック


e0120402_21454974.jpge0120402_2145443.jpg








e0120402_21463837.jpge0120402_2147314.jpg









●90秒ちょっと待っ茸

e0120402_21521566.jpge0120402_21523552.jpg









●気泡をたくさん含ませたトリュフのパン
●自家製パン


e0120402_21565675.jpge0120402_21575422.jpg









●白トリュフの雫
●しっとり火を入れたフォアグラ、じゃがいものコンソメ


e0120402_222624.jpge0120402_2225281.jpg









●小さな筒型パスタ、渡り蟹とミモレットのソース
●ピュアなオリーブオイルとトマトのスープ


e0120402_2243563.jpge0120402_225147.jpg









●子持ち鮎、緑葉素、オレンジの葉と香り
●イベリコ豚のロースト、茗荷、ルッコラセルバチコ


e0120402_2275791.jpge0120402_22115875.jpg









●イチヂク、海水とバラのゼリー、グレープフルーツのジェラート
●栗のプリンとラム酒風味のコーヒーゼリー、栗のチップ、秋の香りを添えて


e0120402_22142372.jpge0120402_2214482.jpg









●柔らかいマカロン松の実風味
●軽く仕上げたティラミス


e0120402_22162718.jpge0120402_2216517.jpg









e0120402_2218439.jpg

視覚、味覚、嗅覚・・・まさに五感で秋を満喫。
Fujiyaさん初体験の両親&旦那さまも、とってもご満悦の様子で
私もとっても嬉しかったです(*^^*)♡

この栗のプリンとラム酒風味のコーヒーゼリーは、
今までいただいたデザートの中でも、1、2を争うお気に入り度かも♡

ラム酒風味なのは、栗のプリンじゃなくてコーヒーゼリーの方なんです。
コーヒーゼリーだけいただくと、コーヒー風味のラム酒かと思うほど、
ラム酒がガツンと効いていて・・・クラクラ~(◎◎)
コーヒーのビターテイストとラム酒の上品で馨しい香りの余韻。
後口は、初秋の風がフッと吹きぬけたかのような涼やかさ・・・

でも、こっくりとふくよかな甘みの栗のプリンと一緒にいただくと
秋が一気におとずれたかのような、素晴らしき渾然一体感!
ラム酒風味の栗のプリンの後に、ちょっぴりミルクを加えた
ビターテイストのコーヒーをいただいているかのような
とっても不思議な大人テイストのマリアージュ。
自分好みにブレンド具合を変えていただけるのも楽しいですね♪

添えられているのは、コリッと響く栗のチップ♪
こちらもやめられない、止まらない美味しさです。
さらにサーブされる前に、栗の鬼皮を燃やして香ばしい栗の香りを演出。
この栗の香ただよう秋色に染められたプレートに、
かなり栗好きさんの私は、胸キュンの連続でした(*^^*)♡

最近はお料理はメモメモしないで、
美味しい~♪って心から楽しみながらいただいてるんだけど・・・
このデザートの美味しさの秘密は、今度是非シェフにうかがってみなくっちゃ♪



e0120402_22451421.jpg

先日お友達が付けているのを見て、可愛い~(♥ ♥)って
お目目が♡になってしまったQ-potのマカロンのストラップ。
ピンクゴールドの桜のモチーフ付は、阪急うめだ店さん限定なんですって。
パッケージまで、板チョコ模様でキュートですね。

自分で買うには贅沢かな~って躊躇しちゃうけど
贈ってもらうととってもうれしいプレゼント(*^^*)♡
しかも大粒のスワロフスキーとパールでセレブ感UPの
Jewel Cassis Macaronシリーズです♡

e0120402_23481570.gif


店名:Fujiya1935
住所:大阪市中央区鎗屋町2-4-14
電話:06-6941-2483
定休日:日曜・第一月曜日
営業時間 11:30~13:00/18:00~21:00(L.O.)
[PR]

by yukichocolat | 2008-10-15 00:00 | レストラン(大阪)

アキュイール☆デセール編

お料理編


フロマージュ
e0120402_133841.jpg

こちらも2種類からセレクト。
マスカルポーネとトリュフを挟んだブリー・ド・モーに
林檎のスライス、林檎のサラダ、林檎のマーマレードを添えて。

超フロマージュLOVERの私には
白カビ系はちょっぴり物足りないかなぁと思ったんだけど・・・
トリュフの馨しい薫りがワンランク上のテイストに!
この熟成具合もいい感じです。

お料理に添えられているお野菜もそうでしたが、
こちらのお林檎も、見事な3変化。
中多シェフはひとつの素材や、同系列の素材を
様々な形にアレンジされることがお好きなようですね。


e0120402_015351.jpg

フロムダンベールに花梨とブラッドオレンジの
コンフィチュールを添えて。

通常フロマージュのプレートというと
数種類をほんのちょっぴりずつ盛り合わせることが
多いと思うのですが・・・1種類をこんなにたっぷりいただけるのも♡
色々なバリエーションで楽しめるように
デセールの如く美しいワンプレートに
仕上げてくださっているので、最後まで飽きずにいただけます。





アヴァンデセール
e0120402_0281150.jpg

グレープフルーツのジュレ、バジルシード、ヘーゼルナッツのエスプーマを重ねて。
オレンジ&人参のアイスに人参のフリチュールを添えて。

アヴァンデセールなのに2種類も~?!
この段階で結構お腹がいっぱいに・・・^^;





フレッシュ苺とバラのジュレ 苺のバシュランのアイスクリームと共に
e0120402_137560.jpg

デザートは3種類からセレクトできたのですが、
追加して全種類いただくことに(*^^*)♪

アイスクリームはミルキーな苺みるく味。
フレッシュな苺、バラのジュレ、
さっぱり爽やかなミント風味の泡と一緒にいただくと、
お口中は甘く、馨しく、そしてさっぱり!
テイストのグラデーションが乙女チックなひと皿♡





熊本県産でこぽんとオリーブオイルのアイスクリーム タルト仕立て
e0120402_12144298.jpg

甘酸っぱく、フレッシュなでこぽんの上には
オリーブオイルのアイスクリーム。さらに
焼いて砕いたタルト生地とオリーブの実をトッピング。

オリーブオイルのアイスは想像以上にさっぱり。
オリーブとオレンジって相性がいいんですね。
フルーツサラダ感覚っていうのかしら。

焼いて砕いたタルトも、最近デセールで人気の一品ですね。
しっかりとタルトをいただくにはお腹が・・・
でもタルト風味はいただきたい!という我がままな女性にピッタリ^^;
軽いテクスチャーなんだけど、タルト感は充分に堪能できます!





ショコラのバリエーション
e0120402_12212676.jpg

可愛くフルーツのデザートをセレクトしたいところだけど
どれか一品なら、やっぱりこれをセレクトしちゃってたかなぁ^^;

アニス風味のガナッシュをたっぷり包み込んだ、アニスの香りのカネロニ、
不思議なテクスチャーのショコラのパウダーアイス、
そして、一見普通のガトーショコラに見えるお菓子は・・・
その名も、2度焼きガトーショコラ!

一度ガトーショコラを焼いて、それを粉砕して、
その粉末を小麦粉の代わりにして、
もう一度ガトーショコラを焼くんですって!
ふわっとやさしい口あたりながら、芳醇なショコラの薫り・・・
自家製のサラッとした練乳と一緒にいただくと
昔懐かしい、ミルキーなショコラオレテイストに。
手間のかかった、目でも舌でも楽しめる一品ですね(*^^*)☆





プティフール
e0120402_12372155.jpg

ココナッツのサブレ、ライムのギモーブ、プティカヌレ
プティフールって、なんだかちょっぴり贅沢な気分にさせてくれますよね。
最後までひとつひとつ丁寧に作られたデザートの数々☆
(竹串がお茶目だけど・・・^^;)




e0120402_12434850.jpg

店名のアキュイールは、仏語でおもてなしという意味だそう。
まさにその店名を体現した、ソムリエールであるマダムの
チャーミングな笑顔と素晴らしいサーヴィス。
つかず離れず・・・サーヴィスってこの按配が難しいんですよね。
でもお友達との会話も楽しめ、さらにマダムとの会話も楽しめる
最高のおもてなしでした(*^^*)
時々覗き窓越しにシェフと目が合うのも嬉しい♪

ひとつの素材を様々な調理法で表現するe0120402_13135788.gif
デギュスタシオン精神溢れるプレート。
軽いテクスチャーの中にも、キメ細やかなサプライズ満載で
食べ終わると心もお腹も満腹になっていました☆


あまりの心地いい空間に、時の経つのを忘れちゃいそうでした・・・
(注:美味しいからといってシュクレのパンの食べすぎに注意してくださいね^^;)


e0120402_13141673.gif


店名:アキュイール
住所:大阪市北区西天満4-1-20 Lee Plaza 1F
電話: 06-6311-2558
定休日:月曜日
営業時間:11:30~14:00(L.O) /18:00~21:00(L.O)
[PR]

by yukichocolat | 2008-03-24 00:00 | レストラン(大阪)

アキュイール☆お料理編

e0120402_2244491.jpg

シュクレクールでパンを買って、
モンテベロでケーキをイートインして、
バス停でパンをつまみ食いしてもe0120402_0492581.gif
まだDinnerには早すぎたので(笑)
ウィーン菓子→イギリス菓子のお店に。
た~っぷりおしゃべりをして向かった先は・・・

昨年10月にOpenし、最近大阪ではちょっぴり話題の
フレンチレストラン、アキュイールさん。
こちらの中多シェフは、淀屋橋のラ・クロッシュのシェフをされていた方
と言えば、私世代の方々には馴染み深いですよね。
繊細で洗練された、女性に人気のお料理でしたもの(*^^*)

天井が高く、白を基調としたエレガントな店内には
優美なシャンデリアや、ダークカラーの装飾品。
身体をすっぽりと包み込むようなソファがとても心地よく、落ち着く空間です。

そして、とっても可愛らしいマダムの楽しいおしゃべり。
お料理への期待が高まっていきます(*^^*)♪



アミューズ
e0120402_2302128.jpg

手前から、フォアグラのクレームブリュレ、
グリュイエールのグジェール、ベーコンと玉ねぎのクグロフ。
こんなトレトゥール、パティスリーでもあったら嬉しいな♪という美味しさ。




ル・シュクレクールのパン
e0120402_2318100.jpg

お待ちかねのシュクレのプティ・パン。
やわらかな酸味の天然酵母のパンなので
ついつい食べ過ぎちゃう危険が~^^;




長崎県産平目のマリネと九条葱のムース
e0120402_2317138.jpg

プリップリの平目の中には大好きな雲丹も(*^^*)♪
葱の青い部分のソースと白い部分のムース、そして葱のフリットと
九条葱の甘味&苦味が存分に表現されています。
私の中では、この日のお料理の中でNo.1でした☆




春キャベツのブルーテ 帆立のポワレと共に
e0120402_23212114.jpg

はじめは帆立のみがお皿に盛られていて、
温かい春キャベツのソース・ブルーテを
目の前で注いでくださるんです。
こういうちょっとしたプレゼンテーションも嬉しい♪

帆立の火入れ加減も絶妙で、素晴らしい弾力☆
マジョラムが隠し味に効いています!
スープ料理というには、ちょっとボリュームたっぷりかな。




大分産の真鯛のポアレ
e0120402_2327127.jpg

虹色に煌く真鯛は、むっちり、ジューシー。
コンソメで煮た大根と、カラスミ、カイワレを添えて。
甘味、塩味、辛味・・・様々なテイストと食感のバリエーションと
一緒にいただけるのが楽しい♪

濃厚なオマール海老の泡のソースは、泡立てることで
直接舌にあたることなく、濃度もいい按配に調整されながら
素材の隅々にまで染み渡っていきます・・・
この泡は、お料理の世界でも、デセールの世界でも
今年も流行が続くのかしら^^;




エルダーフラワーのグラニテ
e0120402_23362195.jpg

エルダーフラワー=にわとこのシロップのグラニテ。
お口直しのグラニテには、酸味を効かせて
さっぱりさせることが多いので、少し意外だったかな。




フランス産仔鴨のロティ スパイス風味
e0120402_23391625.jpg

お肉料理は2種類からセレクト。
もう1種類は岩手花巻白金豚バラ肉のコンフィ 白ポルトと焦がしバターのソース。

仔鴨好き、スパイス好きの私は秒殺です^^;
スパイスは、クミン、アニス、カルダモン、コリアンダー、
ジュニエーブル、ホワイトペッパー、ガーリックペッパー等々。
思わず顔を見合わせて、ムフッとしちゃう美味しさ(*^^*)♪

2種類の牛蒡とアピオスは、程よい土臭さと
しっかりとした歯応えが残っていて根菜感を堪能!
コクのあるポルト酒のおソースとの相性も抜群です!


デセール編につづきます・・・(まだまだ続くんですよ~)


e0120402_113428.gif


店名:アキュイール
住所:大阪市北区西天満4-1-20 Lee Plaza 1F
電話: 06-6311-2558
定休日:月曜日
営業時間:11:30~14:00(L.O) /18:00~21:00(L.O)
[PR]

by yukichocolat | 2008-03-23 00:00 | レストラン(大阪)

2種類のフォンダンショコラ☆リュミエール

e0120402_23273329.jpg

関西グルメ食べ歩きレビューのいさをさんにお誘いいただき、
ず~っとお伺いしたいと思っていたフレンチレストラン
リュミエールさんにご一緒していただきました。

ザガットで1位を取られた素晴らしいレストランなのですが
実は私が行きたかった理由は・・・
こちらの唐渡シェフは、以前神戸のイグレック・ベガさんにいらして、
ベガさんで開催されたスイーツのイベントでお会いしたときに
スイーツにも定評のあるシェフとお伺いしていたからなんです。
はい・・・やはりスイーツつながりなんですね^^;


e0120402_14325972.gifでも、最近もしかして誤解されてる?!って気づいたんですが(笑)
私スイーツだけじゃなくって、お料理も大好きなんですよ。

そもそも私が大学生の頃は今みたいにパティスリーが沢山なかったので
レストランにお料理を食べに行くことが好きで
お料理を作ることも大好きだったんですね。
だから結婚当初は、ちゃんと自分の作ったご飯を食べてたんだけど・・・
旦那様の帰りがとっても遅くて、自分が先に食べることが多かったので
旦那様には温め直したお料理や、
保温状態になったご飯を出すことになっちゃって(悩)
せっかく作ったのに一番美味しい状態じゃなくなっていて
申し訳ないなぁ~と思っているうちに
旦那様の帰宅時間に合わせて作るようになってきて・・・
それなら自分は、とりあえずパンやケーキを食べておこうかなと思っているうちに
いつの間にかそちらが主食になっちゃったんです^^;

ランチもディナーも両方とか、スイーツツアーで
お昼間にいっぱいケーキを食べた後に
さらにディナーも・・・というのはちょっぴり無理だけど
普通にお食事に行くのは全然大丈夫!というか大好きなので(笑)
いつでも誘ってくださいね~(*^^*)♪
なんだか今年に入ってから、ユキちゃんはご飯食べない人かと思ってた~って
何人かの方言われたので、取りあえず主張してみました(笑)

そんな訳で素敵なディナーにお誘いいただいたのですが・・・
お料理のことはプロにお任せして、私はデザートを!(やっぱり~^^;)

お料理は、なるべくバターや生クリームを使わない
"水のお料理”といわれる身体にやさしいコースをいただいたのに
デザートは数種類からセレクトできると
なぜかいつも一番下の濃厚なデザートを選んでるんですよね^^;

バレンタインが終わっても、やはりフォンダンショコラだったりして・・・




キャラメルフォンダン 胡椒風味のアングーレズソースを添えて
e0120402_23275243.jpg
e0120402_23251456.jpg

キャラメルテイストのフォンダンって初めて!
キャラメルクリームはショコラよりもややリキッド状かしら・・・
でも、ナイフを入れた瞬間に、ほろ苦い香りが広がって幸せ~♡
アイスクリームに、温かいキャラメルソースを
贅沢にからめていただいている感じかな(*^^*)

シャープに味を引き締めてくれる
ピリッと効かせた、黒胡椒との相性も抜群です!
でもスパイス好きの私には、もう少し効いていてもよかったかも。




フォンダンショコラ ピスタッシュのアイスクリームを添えて
e0120402_23254989.jpg

こちらの方が、スタイリッシュでお洒落な盛り付けですね^^;
いただいてないから分からないけど・・・
フォンダンの柔らかさも理想的だったようです。

今度は是非女の子らしい、フルーツ系のデザートもいただいてみたいなぁ・・・
●イチゴのスープ仕立て最新風 バニラの香りたっぷりの泡を添えて
↑こんな気になるネーミングのデザートもあったので・・・




e0120402_2326021.jpg

ミニャルディーズも一つ一つがとても丁寧に作られていて、
最後にたっぷり脂肪分を補給させていただきました(笑)

ここは本とに大阪のミナミ?って思うほど
贅沢で落ち着いた、エレガントな空間☆
4人テーブルに2人がけ、というテーブルが多く、e0120402_14341328.gif
さらにカップルシートは、お洒落なソファシートだったので
ゆ~ったりとくつろぎながら、美味しいお料理と、
楽しい会話を堪能させていただきました(*^^*)♪

でも・・・4時間ずっと笑いすぎで、気がつくと顎が痛くって^^;
メートルの方のお話が面白すぎるんですもの。
(この方もイグレックさんからご一緒に来られた方なんですが・・・)
しかもしゃべり方が、今をときめく(笑)小島よしおに似てるでしょって
言われてから、何を聞いても面白くって・・・
だけど、お料理業界の今を垣間見ることができて
とっても有意義なひとときを過ごさせていただきました(*^^*)♪

去年はレストランでは、超感動~っていうデザートには
めぐり合えなかったので、今年はレストランデセールを
開拓してみようと思ってるんです(*^^*)♪
どこかお気に入りのお店がある方は、是非教えてくださいね。


e0120402_15154647.gif


店名:リュミエール
住所:大阪市中央区東心斎橋1丁目19-15 UNAGIDANI-BLOCK 3F 
電話:06-6251-4006
[PR]

by yukichocolat | 2008-02-20 00:00 | レストラン(大阪)

オンステージディナー☆デビッド・セニア -2

デビッド・セニア -1


魚料理
e0120402_2391817.jpg

二人一緒と別々のお皿どっちがいい?と聞かれ
大皿で!と言うと・・・こ~んなに大きなお皿が(◎◎)
(ゴールドのお魚ちゃんは演出でした)

ブイヤベース好き~?って聞かれたので
ブイヤベースなのかと思ってたんだけど・・・



e0120402_23204781.jpge0120402_232147.jpg








鯛、柿、ミニキャロット、ミニ蕪(緑のお野菜はなんだっけ?)
お皿が大きすぎて、ちょっぴり淋しいかな~と思ったら・・・


e0120402_23281396.jpge0120402_23282830.jpg








鯛からとったソースをかけて
さらに、出ました!お得意のカプチーノ!!!


e0120402_23312140.jpg

ヴェルヴェーヌの風味のカプチーノに
葡萄ジュースとタプナードを浮かべて。

ロングスプーンで、まずこのカプチーノを少しだけをいただいた後に
お魚の上にどば~っとかけてくれるんです。

e0120402_1341417.gifまさに、お皿の上の芸術☆
エンターテイメントですね。
どんな風に出来上がるのか、最後までドキドキ(*^^*)☆

でもお魚よりも、お野菜とヴェルヴェーヌの香りに感動したお皿だったかも。
お野菜は、シャクッと感と土の香りが残っていて・・・
火入れ加減が絶妙なんです(*^^*)/
柿もフルーツというよりも、お野菜っぽく感じられました。



e0120402_23494182.jpg

私はヴェルヴェーヌはハーブティーでよくいただくので
知ってたんだけど、他のお客様はご存じなかったみたいで
セニアがこの葉っぱを見せて、一生懸命説明してました^^;
e0120402_1343186.gif“ヴぇるヴぇんぬ”・・・フランス語風のイントネーションで
ちょっと分かりにくかったかも・・・
最後はレモングラスに似てるけど・・・って説明になっちゃってました★




肉料理
e0120402_12282393.jpg
e0120402_12283992.jpg

と~ってもハイテンションで食べ&しゃべり続けていたので
この辺からちょっぴりダウンモードに^^;
撮影枚数がいきなり減っちゃってる気が・・・

鳩のフォアグラ巻き、色々なお肉のファルシーちりめんキャベツ包み、
葱、花梨、様々なきのことむかごを添えて。
おソースは、菊芋のピューレときのこの泡泡カプチーノ。
花梨のシャープな酸味が、とってもいいアクセントに!

e0120402_13464894.gif運ばれてきた瞬間に、秋感いっぱいの
きのこの芳香に包まれて幸せ(*^^*)☆

全体的に味付けは濃い目だったけど
カプチーノの泡が、直接舌に当たるのを阻止する
クッション的な役割をしてくれるので、ちょうどいい按配に。

大好きな鳩は、かなりレア仕上がっていて美味しい~♡
歯をはね返す程の弾力があって、と~ってもジューシーでした。




e0120402_12421638.jpg

そこにまたまたセニア登場☆
トリュフ好き~?って言うや否や、トリュフの大盤振る舞い(◎◎)
テーブルに散らばってもお構いなし(笑)
お隣の方たちはお魚にかけてもらってたので
どのお料理でもいいのかしら?
これも、カウンターならではのサービスみたいですw(*^^*)w

削られていくそばから、トリュフの贅沢で馨しい香りが広がってe0120402_1348036.gif
きのこの馥郁たる薫りが厚みを増していきます。
まるで、森の中にさまよいこんじゃったみたい・・・




e0120402_1321126.jpg

はじめから、追加しようと決めてました(*^^*)/
大好きなフロマージュ♡
今日は入荷したての、食べ頃のものばかりですよという言葉どおり
フロマージュ臭が辺り一面に広がって・・・
(彼はフロマージュが苦手なので、かなり可哀想でした★)



e0120402_1352655.jpg

ブリー、モンドール、モンブリアックを。
私はもっと、もっと熟成しちゃってる方が好きかなぁ。
でも、かなり贅沢にカットしてくれたので大満足(*^^*)☆




アヴァン・デセール
e0120402_139845.jpg

フルーツにプラリネ風味のアイス
バニラの香りを効かせたブラッドオレンジのエアーを添えて。

カリッと響くナッツの香ばしさとブラッドオレンジの酸味が
濃厚なお肉&フロマージュの後口を、さっぱり爽やかに!




デセール
e0120402_1313397.jpg
e0120402_1313184.jpg

デセールは2種からセレクト。
こちらは、定番のフォンダンショコラ。
以前とは少しフォルムが変わったかしら。

フォークを入れると、中から濃厚で芳醇な薫りをはなつ
ショコラがとろ~り(*^^*)☆
分かっていてもこのとろ~り☆には、キュン♪としちゃいますよね。
ビター感溢れる、大人テイストのフォンダンショコラ。

カシス&マンゴーのピューレと無糖のシャンティ、
e0120402_13505935.gifそしてエメラルドグリーンに煌くミントシロップを添えて。
色々なテイストが楽しめちゃいます。
(実は私は、シンプルにそのまま
 ショコラテイストを堪能するのが一番好きなんだけど・・・)




e0120402_13213326.jpg

マンゴーソルベと紅茶のゼリー、オレンジのチュイル。
ざくろジュースで赤く染められたタピオカもたっぷり添えて。

知らず知らずのうちに、結構しっかり食べていたので
今回のコースには、こちらのデザートの方が好相性♡
e0120402_1355228.gif
でも、デザートが2種類(しかもフォンダンショコラは定番)
だけっていうのは、ちょっぴり淋しいかなぁ。
デザートもライブ感覚で楽しめたら嬉しいですね(*^^*)☆


デビッド・セニアのオンステージディナー☆
やっぱりと~っても楽しかったです(*^^*)/
ライブ感溢れるので、自分もお料理に参加しているような
錯覚におそわれちゃう、まさに体感型のスペシャルディナー。
素材も作り方も全部見れちゃうので、食べる楽しみもひとしおです。

随分先まで予約でいっぱいみたいだけどe0120402_13525131.gife0120402_13525946.gife0120402_1353756.gife0120402_13541295.gif
またスペシャルな日にお伺いしたいなぁ・・・


e0120402_13532065.gif


店名:デビッド・セニア
住所:大阪府大阪市北区西天満4-11-5 梅新イーストホテルB1F
電話番号:06 - 6367 - 5088
定休日:日曜日、月曜日のランチ
営業時間:11:30-14:00/18:00-21:30(LO)
[PR]

by yukichocolat | 2007-12-05 00:00 | レストラン(大阪)

オンステージディナー☆デビッド・セニア -1

e0120402_21302592.jpg

3月にお伺いした後、大人気で予約困難になってしまった
デビッド・セニアさん。

今回は、2ヶ月以上前に週末のカウンターディナーのシートをリザーブ!
ず~っと楽しみにしていました(*^^*)☆

セニアはリッツ・カールトン大阪の「ラ・ベ」で料理長をしていたので
ゴージャスな雰囲気のお店かと思ってたんだけど
前回お伺いしてビックリ!
南仏出身のセニアらしく、明るく、温かみのある店内。
そしてなんと言っても、陽気で楽しい雰囲気なんです。
お料理はもちろん、素晴らしいエンターテイメントを楽しんでいる感じ(*^^*)/


e0120402_21342020.jpg

カウンター席は本当に厨房のまん前なので
作ったり、盛り付けたりする様子をこんなに間近で見られるんです♪

まさにライブ感溢れる、オンステージディナー☆

でも残念なことに・・・
前回とっても楽しませていただいたマジシャンさんがいなくなってて(泣)
今度こそはタネを見破るぞ~!って思ってたのに・・・★

だけど・・・それを補ってあまりあるほど、セニア&友子さん(マダム)
そしてスタッフの皆さんに楽しませていただきました(*^^*)♪

e0120402_222696.gifおまかせメニューなので、お料理の名前は分からないんだけど・・・
しかも、おしゃべりに興じててお料理の味もうろ覚え★
記事にしないかなって思った瞬間に、オフモードになっちゃって
美味しい~♡っていう感想しかでなくなっちゃうんですよね^^;

でも、せっかく素敵なDinnerをいただいたので
お写真から、セニアのインスピレーション料理を感じてみてください。


Epicurean Promenade Delight
~注意深く繊細に作り出された特別な雰囲気の中に
   貴方をお連れする6品構成のメニュー~


自家製オリーブブレッド
e0120402_21504673.jpg

相変わらずこのスタイルでサービスしてくださるんですね。
でも、前回よりちょっぴり短くなったかな?!

ふわふわもっちり、オリーブの香りが馨しく
知らず知らずのうちに、ちぎっては食べ、ちぎっては・・・
目の前に吊る下がってるから、とっても危険なんですよね★

半分ぐらい食べると交換してくれるんだけど
e0120402_2230639.gif次のパンがなかなか出てこなくって・・・
ま、すぐに出てきたら、もっといっぱい食べちゃってただろうから
かえってよかったのかも^^;




アミューズ・ブーシュ
e0120402_2156073.jpg
e0120402_21561786.jpg

「ちっちゃな宝箱」と名付けられたアミューズ・ブーシュ。

自家製のサーモンマリネ、あん肝、クルトンに
レモンの泡泡カプチーノを重ねて。
e0120402_22305196.gifセニアお得意の泡泡・・・今日は何回登場するかしら(笑)

サーモンもあん肝も大きなCutで美味しい~♡
全部一緒にいただくと、酸味と甘味、苦味が複雑に絡み合って・・・
このたった数口で、次からのお料理への期待が高まっちゃいます(*^^*)/




前菜e0120402_22111361.jpge0120402_22115598.jpg








二人の前に違うお皿が!間には岩塩が挟まれています。
私の方(写真左)が、可愛い~(*^^*)♡


e0120402_22145660.jpge0120402_22151235.jpg








ひとつひとつ、これは○○です、って説明してくださいながら
目の前で、どんどん仕上げられていくんです。
デコレーションによって、全然違うお料理に見えますよね。


e0120402_2221449.jpg

中トロとレディース大根で、北海道産蝦夷ばふん雲丹と
スペイン産キャビアを挟んで。
イクラ、赤、青紫蘇、雲丹のソースを添えて。
カリフラワーのチュイルが山葵ソースに刺されています。

魚介類が、と~ってもフレッシュ(*^^*)/
イクラってあまり得意じゃないんだけど、
このイクラは透明度が高くて、プチッと弾ける瞬間が心地よく、
キャビアの塩気も強すぎずいい按配。
大好きな雲丹もた~っぷり。

e0120402_22312321.gif山葵ソースのツンとくる辛味が、いいアクセントに!
このおソース、万能かも☆
お野菜とも、お魚とも、お肉とも相性が良さそう~。
作り方聞いてくればよかったなぁ・・・

ちょっと和食っぽい雰囲気も感じられますね。




スープ
e0120402_2242270.jpge0120402_22421617.jpg








またまた全く違うプレートが!
私のプレートは、時計?!
彼のはおせち料理の重箱みたい(笑)



e0120402_22442474.jpge0120402_22504252.jpg








蟹、あさつきをビネガーで和えたものに、栗のフランを重ねて。
さらに、胡桃のキャラメリゼ、アンディーブ、カキノキダケを刺して・・・


e0120402_22492367.jpg

大きなオマール海老の上から(肝心の海老様が写ってない^^;)
温かいパセリのスープを・・・
松茸のパートブリックを添えて。

なんて美しいプレートなんでしょう☆ うっとり・・・(*^^*)♡

お野菜はほとんど火を通してないのかしら?e0120402_22341057.gif
シャキシャキ♪とっても歯ごたえがいいんです。
基本が南仏料理なので、お野菜にはとってもこだわってらして
全てのお料理に有機野菜を使われているそう。
お野菜自体の味がしっかりと感じられて、美味しい~♡

パセリのスープは、全然パセリ臭くなく
いい意味で、爽やかな青みをしっかりと感じられるテイスト!
お野菜を温かいおソースに絡めていただいている
パセリスープフォンデュのような、不思議な感覚(*^^*)♪

オマールもぷっくり、レアな火入れ加減が絶妙です。
最後にビネガーのシャープな酸味が効いて、お口直しに!

固いものはお箸で、やわらかいものはスプーンで!
というコンセプトみたい・・・
でも、手でつまんでパリッ、ポリッって食べちゃいました(*^^*)/




e0120402_2395645.jpg
e0120402_23102493.jpg

ここから本格的に、セニアのオンステージに(*^^*)/
お写真撮られるの好きみたいで、いちいちちゃんとポージングしてくれました(笑)
おまけに厨房の中に連れて行かれて、ほらっ、ここ撮らなきゃって!
セコンドの方が調理されている横に・・・
でも、え~っっっ★って舞い上がっちゃって
e0120402_2235455.gif小心者の私は結局撮れずじまい・・・(◎◎)

これは、お口直しの爽やかな風味のシロップかな。

メイン料理に続きます・・・


e0120402_22375250.gif


店名:デビッド・セニア
住所:大阪府大阪市北区西天満4-11-5 梅新イーストホテルB1F
電話番号:06 - 6367 - 5088
定休日:日曜日、月曜日のランチ
営業時間:11:30-14:00/18:00-21:30(LO)
[PR]

by yukichocolat | 2007-12-04 00:00 | レストラン(大阪)

イグ・カフェOPEN☆

e0120402_2121570.jpg

11/29、大阪ヒルトンプラザウエストにOPENした
ig cafe(イグカフェ)関西一号店。
神戸北野ホテルの山口浩氏が手がけるカフェで
東京新丸ビル店に続く2店舗目です。
でも、東京店よりも、フード&ドリンクメニューが充実しているんですって(*^^*)/

こちらのイグ・カフェさん最大の魅力は
デンマーク名物のオープンサンドイッチ、スモーブローがいただけること。
日本でサンドイッチというと軽食っていうイメージがありますが、
スモーブローはディナーとしても通用するほど
豪華でボリュームがあるサンドイッチなんです。

スモーブローは、バターつきのパンという意味で、
一般的にはライ麦パンにバターを塗り、その上にさまざまな具をのせて食べます。
具材は、皮をパリッと焼いた豚肉やぶ厚い生ハム、ローストビーフなどのお肉、
ニシンやサーモン、えび、キャビアなどのシーフードなど。
そんな贅沢な具材をパンが隠れるほどに盛りつけて、いただくんですって。



e0120402_2192396.jpge0120402_2193811.jpge0120402_2194958.jpg





席数は51席なのですが、3ゾーンに分割されている感じ。
チェアーの雰囲気も異なるので、その日の気分に合わせて
セレクトできるのも素敵ですね♪

窓がとっても大きいので、自然光がたっぷり差し込みe0120402_23283543.gif
と~っても気持ちがいいんです(*^^*)☆
夜は夜景が綺麗で、優雅な雰囲気が楽しめそう・・・




e0120402_21225231.jpg

ランチメニューは3種類。
ビ・スモーブロ&ビ・タルティーヌが数種類のったプレートに
サラダ、スープ、ドリンク、デザート付。

ランチが16:00までいただけるのも嬉しいですね♪

スモーブロ&タルティーヌの組み合わせを
e0120402_23275229.gif自分でセレクトできないのがちょっぴり残念だけど
夜はアラカルトでいただけるんですって。



e0120402_21531587.jpg

ビ・スモーブロ(デンマーク風オープンサンド)
●サーモンマリネ    ●小エビのタルタル
●魚のフライ       ●魚のマリネジュレ
●魚のカレーソース

ビ・タルティーヌ(フランス風オープンサンド)
●ローストチキン    ●クラブサーモンヒュメ
●ローストビーフ    ●生ハムとサラダ
●ローストポーク    ●マグロの香草風味




e0120402_2292473.jpg

本日のスープ:かぼちゃのスープ
本日のサラダ:グリーンサラダ with パルメザンチーズ



LUNCH A
e0120402_22103543.jpg
e0120402_22104824.jpge0120402_2211226.jpg








この日のスモーブロは小エビのタルタル。
タルティーヌはローストビーフ。
2種類とはいえ、結構ボリュームがありますよね。

パンもこちらのイグ・カフェ用に特別に焼かれているもので
小エビのタルタルに添えられているパン・ド・ミは、クミン風味。
こんなに薄くスライスされているのに、もっちり、美味しい~(*^^*)♪
レモン、ピクルス、ドライトマト&サワークリーム、卵を
自分流に、色んなバージョンにアレンジしていただけるのも楽しい♪

e0120402_2332418.gifローストビーフの方はルヴァンのカンパーニュで。
ローストビーフもルヴァンも大好きな私にはベストカップル♡
粒マスタードをたっぷり効かせて!




LUNCH B
e0120402_22222938.jpg
e0120402_22224692.jpg

3種類のプレートは、サーモンマリネのスモーブロをプラス。
でも、ローストビーフは1枚に(泣)
色んな種類のトッピングをワンプレートで楽しめて
女の子は好きなんじゃないかな~(*^^*)♡


私も数年前に、デンマークで本場のスモーブローをe0120402_2333191.gif
いただいたことがあるんですが
初日のこの日のランチは、日本人が誰でも好みそうな
組み合わせになってる感じかな♪

デンマークではもっと重厚なライ麦パンに
ニシンのマリネのトッピングとかがメジャーな感じでした。




e0120402_2237149.jpg

デザートは、紅茶のブランマンジェ。
スモーブローは保存食系のトッピングが多く、やや塩分が強めなので
トゥルンとした甘味で、お口の中をリセット!

私はもともと、オープンサンドイッチ好きというのもあるけど
e0120402_23343215.gif本とに大満足のLUNCHでした(*^^*)♡
お家でも真似して作れちゃいそう。





e0120402_23425897.jpg

OPEN初日ということで、イグレックさんのパティスリーの多田シェフと
ブーランジェリーの大下シェフも北野店から駆けつけてらっしゃいました。
お二人のコンビは、相変わらず健在です(*^^*)/

でも、イグレックさんは今年NEW OPENラッシュだったので
お二人一緒にお会いするのは結構久しぶりかも・・・
お二人とも常にポジティブシンキングで
目をキラキラさせながら(笑)色んなお話をしてくれるのでe0120402_23355362.gife0120402_233625.gife0120402_23361013.gif
いつもたくさんの元気パワーをもらってます(*^^*)/




e0120402_22464866.jpg

e0120402_22471897.jpge0120402_22473688.jpg








今後、バリスタカフェとしてもどんどん進化させていきたいそうで
珈琲好きの私としてはと~っても楽しみ(*^^*)☆

デンマークって、コーヒーの消費量が世界一なんですって。
なんだか意外ですよね~・・・
(旅行した時も、あんまりそんなイメージはなかったんだけど)

なんでも税金が高くて、福祉が充実している国なので
若者は遊びに出かける余裕があまりなくてe0120402_23392711.gif
ゆっくりカフェでお茶を飲むのが楽しみなんですって♪
バリスタの世界大会でも、(今年で8回目)
過去5回北欧の方が優勝してらして、
その中の3人は、デンマークの「カフェ・ヨーロッパ」という
同じカフェから輩出されているそう。

美味しいコーヒーと一緒に、自分でアレンジして食べられるスモーブローを!
これがデンマークのライフスタイルなんですね☆

そんなデンマークスタイルの美味しいサンドイッチと
イグレックさんの美味しいケーキを一緒に味わえる
イグ・カフェさん。
大阪キタの真ん中と立地もとてもいいので
私もこれから重宝しちゃいそうです(*^^*)♡


e0120402_23393839.gif


店名:ig cafe(イグ・カフェ)
住所:大阪市北区梅田2-2-2
電話番号:06-6452-1919
営業時間:11:00~22:00
[PR]

by yukichocolat | 2007-12-02 00:00 | レストラン(大阪)

Happy Birthday☆ジャマン お料理編

今月は、My Birthday月間(*^^*)/
(セルフプロデュースじゃないと誰もお祝いしてくれないのが悲しい^^;
 私の周りには、アニバ好きさんがいないんですよね・・・)

e0120402_2131254.gifと言っても、日頃お世話になっているシェフの皆さんに
バースデーケーキ作ってくださ~いw(*^^*)w
ってお願いしてるだけなんだけど・・・

サロン・ド・テ・ジャマンさんの宿院シェフには
お得意のアシェットデセールをお願いしようと思っていたら
ちょうどこの日、母がジャマンさんの近くに用事があるということで
母&妹とランチをいただくことに!

去年の結婚記念日に、スペシャルディナー
いただいて以来、レストランにお伺いするのは11ヶ月ぶり^^;
(本当にすいません・・・)
でも、ランチは常に1ヶ月先ぐらいまで予約でいっぱいなんです(◎◎)
(この日はメイン料理を、魚or肉からセレクトするコースから)




e0120402_21312235.gifサーモンのマリネ
e0120402_20342061.jpg

サーモンはしっかりとした噛み応えがあり、塩気がちょうどいい按配。
やわらかな酸味のハーブソースに、プチッと弾けるイクラ、
北海道産のプチトマトや、シャリシャリとした食感の楽しいハスイモを添えて。
ソースの酸味とピンクペッパーの辛味が食欲を刺激!
e0120402_21354261.gifフレッシュなハーブの香りが効いています~♪





e0120402_21323240.gif金時さつまいもの冷製スープ
e0120402_20541665.jpg

このスープグラス・・・以前にいただいたときに一目惚れ(*^^*)☆
関西はまだ30℃近くあるので、冷製スープが嬉しい!

想像以上にまったりと濃厚~。
なめらかでクリーミーな口あたりに胸キュン☆です。
コンソメジュレの下には、大好きな雲丹も隠れていて♪e0120402_2136286.gif
でも全ての素材が渾然一体となり、
ふくよかな旨みがお口いっぱいに広がったかと思うと・・・
スッ・・・なんて後味のキレがいいのかしら?!






e0120402_2137699.gif牛ほほ肉の赤ワイン煮
e0120402_21184891.jpg

実はこの前日、牛ほほ肉を食べ損なうという悲しい事件があって・・・
(代わりに、と~ってもしっとりとした鶉をいただけたのでw(*^^*)w)
メニューに“牛ほほ肉”の文字を見つけた瞬間、コレ!って決定。
お肉は数種類からセレクトできたんだけど・・・
他に何があったのか思い出せません^^;
(お魚は的鯛のポワレだったかな?)

ナイフをが触れただけで、ほろほろっと崩れる至福の感覚・・・
このお料理の醍醐味ですよね~(*^^*)/

e0120402_21402157.gif赤ワインのソースには、薔薇のジャムが隠し味に効かせてあるそうで
深いコクと香りの余韻が素敵(*^^*)☆
緑のオイルは自家製のパセリオイルなんだけど・・・
フレッシュで、全く油っぽくないんです!

お肉が美味しいのはもちろんなんだけど・・・
ジャマンさんのお料理は、お野菜が本とに美味しく感じられるんです♪
この美味しさが、女心を掴んじゃう秘訣かしら(*^^*)☆





e0120402_2140384.gifフォアグラのソテー
e0120402_2121014.jpg

えっとぉ~・・・なんでお誕生日でもない妹が
プラス600円のシェフのお薦め料理をオーダーしているのかしら^^;

マデラ酒にトリュフを加えたソース(◎◎)
お好みで、フォアグラに刺さっているタイムも散らしてくださいとのこと。

フォアグラLOVERの妹は・・・お目目が♡になってました(笑)


さて、メインの???デザートは、事前に宿院シェフにお願いしていたので
螺旋階段を上ってお二階へ・・・


e0120402_21412167.gif


店名:レストラン ジャマン
住所:茨木市別院町6-45 オダビル1F
電話:072-631-0007
定休日:火曜日
営業時間:11:30~14:00/17:30~21:00
[PR]

by yukichocolat | 2007-10-05 00:00 | レストラン(大阪)

Fujiya1935☆初夏menu -3

Fujiya1935☆初夏menu -1
Fujiya1935☆初夏menu -2


e0120402_1332889.jpg

●温かいレモンのマシュマロ、オルチャータのスープ  
  オルチャータはスペインの屋台ではポピュラーな飲み物で
  カヤツリグサ(chufa)という木の球根を水で灰汁だしし
  ミルクやお砂糖を加えて甘く仕上げるんですって。
  かなりシャープなレモンの酸味なのに、一緒にいただくと驚くほどまろやか・・・
  マシュマロというより、ちょっぴり固めのメレンゲのような食感かな。
  オルチャータ・・・なんだか癖になっちゃう不思議なテイスト(*^^*)☆






e0120402_1323722.jpg

バニラ風味のカシスリキュールカプセル
  オリーブオイルのジェラートと並んでこの日最高に感動の逸品!
  いつも写真を撮るのに時間がかかりすぎ~って
e0120402_13502091.gif  シェフに言われちゃうんだけど(^^ゞ
  これは特に急いで~って言われて、パクッとひと口で(笑)
  
  せっかく作り方を詳しく説明してくださったのに
  化学に弱い私はチンプンカンプン(◎◎)
  -196℃の液体窒素で凍らせた生クリームの中に
  バニラシロップを加えたカシスリキュールが入っているんだけど・・・
  (リキュールだけだと、クラクラテイストになっちゃったんですって^^;
   何回も実験を重ねて完成した逸品なんです☆)
  
  エレガントな大人のアイスクリームといった雰囲気でe0120402_13171359.gife0120402_13172486.gife0120402_13173238.gif
  甘く馨しい香りに乙女心がキュン☆心までとろけちゃいそう
  是非もう一度ゆ~っくり味わいたいなぁ・・・
  





e0120402_13224381.jpg

山葡萄とマスカルポーネ
  カステラのようなほの甘い生地は、ペタンと上あごに張り付く感覚が
  なんだか昔なつかしい・・・
  マスカルポーネの酸味と塩味との素朴なハーモニー。





e0120402_1323878.jpg

メロンシャーベット・赤肉メロンのスフェリカス・ヤギのヨーグルト  
  目玉焼きじゃありませんよ~
  メロンってあまり好きじゃないという
  贅沢な(笑)お友達も驚きの美味しさ(*^^*)☆
  スフェリカスはメロンを人工いくらのようにしたもので
  パツン!とろ~んとまさに目玉焼きの黄身みたいなテクスチャー。
  
  メロンのシャーベットってなんだか人工的な味がするものが多いんだけど
  これはとってもフレッシュで、美味しい~(*^^*)♪
  きめ細かくってとってもエアリーで、風味は勿論香りがとっても麗しいんです!
  単体で食べるとちょっと癖のあるシェーブルのヨーグルトと一緒にいただくとe0120402_1332425.gif
  酸味と甘みがグラデーション状に広がって
  前菜のようなデザートのような・・・
  最後にお口の中がすっきりする、夏らしく爽やかな一品。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は夏にFujiya1935さんにおうかがいするのは初めてだったんだけど
今回のお料理は、素材はもちろん調理法もとても夏らしく
スーッといただけて、のど越しや後口がすっきりするお料理が多かったです。
懐石料理のように品数が多いので、視覚からも味覚からも
季節感を堪能できるのがFujiya1935さんのお料理の魅力☆
e0120402_1349077.gifお友達も変わったお料理が多いのに、奇をてらったところがなく
塩加減の按配が絶妙よね!とご満悦のご様子(*^^*)
スイーツもそうですが・・・
この微妙な按配がシェフの腕の見せどころなんですよね。

毎月メニューが変わるなら、また是非~♪って
とっても気に入ってもらえたみたいで、私も嬉しい(*^^*)♪
スイーツのお土産交換をしている私達を見て
「やっぱりスイーツなんですね~^^;」ってシェフにも笑われちゃったけど・・・
大変な思いをして運んできてくれて、本とにありがとね(*^^*)☆

e0120402_13451552.gif


店名:Fujiya1935
住所:大阪府大阪市中央区鎗屋町2-4-14
電話番号:06 - 6941 - 2483
営業時間:11:30〜14:00(LO)、18:00〜21:00(LO)
定休日:日曜・第1月曜、祝日のランチ
[PR]

by yukichocolat | 2007-08-26 00:00 | レストラン(大阪)

Fujiya1935☆初夏menu -2

Fujiya1935☆初夏menu -1

e0120402_10272253.jpg

全粒粉の四角いパスタ、甘茶豆がとイカのソース
  とっても身体によさそうなやさしい味わい。
  それぞれの素材の甘みと旨みがお口いっぱいに広がります。
  Fujiyaさんはイカのソースを色々なお料理に使われるんだけど・・・
  ほ~んとに奥深い味わいなんです(*^^*)♪




e0120402_1028130.jpg

ピュアなオリーブオイルとトマトのスープ  
  この日最高に感動した逸品。
  アシェット・デセールと見間違うほど見目麗しいでしょ・・・e0120402_12423942.gif
  オリーブオイルのジェラートに
  海水を効かせたトマトのスープ。
  アクセントに岩塩と黒胡椒をハラリ。
  
  イタリア産の濃厚なEXバージンオイルに
  デキストリンを少々加えたのみのオリーブオイルのジェラートは
  お口の温度でさっととろけると・・・e0120402_12525329.gif
  まるでフレッシュなオリーブオイルそのもののよう。
  でもオイリー感が全く口中に残らないんです(*^^*)/
  トマト、オリーブオイル、塩という普段サラダでいただいている
  シンプルな素材が、こんなにお洒落なプレートに変身してしまうなんて・・・
  以前はトマトのジェラートを、オリーブオイルのスープに浮かべてたんですって!




e0120402_10282312.jpg

鱧とフラン、キヌア  
  今年初鱧(*^^*)♪
  こちらも火入れが絶妙で、はね返すような弾力!
  キヌアのプチプチ感、フランのクリーミー感
  海水の泡のシュワッと感が、やさしく風味と食感を添えています。
  雑穀が入っているパンを見つけると必ず購入しちゃうほど雑穀好きな私♪
  プチプチ感と素朴な香りがたまらないんですよね♪





e0120402_10293495.jpg

トリプルチップス  
  今回のお料理の中で一番ボリュームがあったかも(笑)
  フライドポテトなんて何年ぶりだろう・・・
  三度揚げされたポテトに、かなりスパイシーな辛味が効かせてあるんだけど
  海水の泡の甘みのある塩味がいい按配に。





e0120402_1030388.jpg

スパイシーな仔豚、甘酸っぱいミョウガのマリネ  
  ヨーグルトに漬け込んで真空調理された仔豚は
  ほのピンクな色合いから想像できるとおり、しっとりジューシー。
  仔豚ってこんなにミルキーな甘みがあったんだぁ・・・
  キュンっと甘酸っぱいミョウガの酸味が
  脂分を一瞬にして洗い流してくれます。



e0120402_12573592.gifさぁ、いよいよお待ちかねのデザートです(*^^*)♪ 
  
[PR]

by yukichocolat | 2007-08-25 00:00 | レストラン(大阪)