<   2007年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

念願のハンバーガー☆ル・ボア

大阪・北浜で人気のビストロ「「ラ・トォルトゥーガ」の2階にある
カフェ「Le Bois (ル・ボワ)」 
なんだか数ヶ月前から妙にハンバーガーが食べたくて
しかも大好きな“牛”がしっかり味わえるハンバーガーが食べたくって・・・
やっと念願かなって行ってきました!(そんな大袈裟な(^^;)

e0120402_0373354.jpg

ランチメニューは、オードブル+メインプレート+デザートorエスプレッソで
メインが5種類からチョイスできるスタイル。
この日のメインは、岩手短角牛のハンバーガー
花巻白金豚自家製ハムサンド、メツゲライクスダさんのベーコンサラダリヨネイズ
スペインオムレツのボヵディージョ、自家製パテと田舎パン。

私はもちろん・・・

e0120402_2327113.jpg

e0120402_23272216.jpg

岩手短角牛のハンバーガー
噂どおりのダイナマイトボディ(*^^*)/
ど~しても両手で持って頬張りたかったので、バンズをギュ~っとしてみると・・・
肉汁がじゅわ~~~~~~~~~~~っ(*^^*)♪
ひと口カプッ★って頬張ったら満足しちゃって・・・
お行儀よく、ナイフフォークでCutしちゃいました。

お肉は、短角牛の内モモ肉100パーセント。
e0120402_0394172.gifミンチというよりも包丁でたたいてる感じかな。
色んな切り方のお肉が混ざっていて
複雑な食感で、噛み応え充分!
でも、つなぎが入っていないのかなぁ・・・
バラバラっと崩れていっちゃって・・・
だけどその分お肉の旨みを思う存分堪能できちゃいます♪

あとはとろんとろんに炒められた玉葱のスライスのみ。
こちらは赤ワインビネガーで炒め煮にされているんですって。
お肉の脂分が玉葱の甘味のヴェールで包まれて・・・幸せ(*^-^*)
私はレタスやピクルスが挟まっているのはあまり好きじゃないので
このスタイルがストライクだったけど・・・
普通の女の子はお野菜が挟まってる方が食べやすいかもf(^^;

そして・・・特筆すべきはバンズの美味しさ(*^^*)♪
だってあの「ブランジュリ タケウチ」さん特製のバンズなんですもの。
外はカリッと香ばしく、中はふ~んわり。
そして、胡麻がしっかり効いているんです♪
タケウチさんで胡麻の山食を買ったことがあるんだけどe0120402_0412994.gif
あの山食よりもクラストとクラムの食感のコントラストがはっきり!
とっても美味しかったので、ついバンズだけで食べちゃいました(^^ゞ


e0120402_03269.jpg

お友達は「花巻白金豚自家製ハムサンド
サンドウィッチというよりも、たっぷりのハムにパンを添えてって感じ・・・
岩手産白金豚を1週間かけて作るシェフお手製のハム。
ハムの下にはエンダイブやトレビスなどのサラダがた~っぷり♪
そしてもちろんバケットは、タケウチさんの特注バケット!
このバケットもとっても香ばしく、カリッと焼き上げられていて
小麦の風味が力強く感じられ、と~っても美味しいんです(*^^*)/
ハムもしっとり、ジューシーで美味しい~♪
こちらの方が健康バランスを考える女性向かも!

ハンバーグもハムも味がちょっぴり濃い目に感じたんだけど
夜にワインと一緒にいただくような味付けになっているのかなぁ・・・・


e0120402_031582.jpge0120402_0321563.jpg








オードブルはブロッコリーのケーキ
デザートは無花果とプルーンのパウンドケーキでした。




e0120402_0173826.jpge0120402_01862.jpg








実は先日、東京でもこんなバーガーに出逢ってたんです(*^-^*)
東京ミッドタウンにある「ボタニカ」というお店の
「ボタニカ風ローストビーフのハンバーガー」(左)
「牛肉100%ボタニカ特製ハンバーガー」(右)
この写真ではゴージャス感が伝わらないかなぁ・・・f(^^;
片方のバンズの上にはお肉
もう片方にはレタス、トマト、ピクルス&目玉焼きがのせられていて
重ねてカプッ★ってするのはちょっと無理な大きさ。e0120402_049227.gif
ナイフフォークでお上品に、メイン料理をいただくように・・・
でも、ローストビーフにはバンズよりも
カンパーニュとかの方が合うかなぁ・・・
もちろん、ひとつひとつの素材はとっても美味しかったですよ♪

こちらはローストビーフが売りのお店で
しっかりコースをいただいた後だったので
私はひと口しか食べてないんだけど・・・
やっぱりハンバーガーは、美味しいバンズ&ハンバーグ
(あっ、できたらチーズも♪)のシンプルなスタイルが好きかな(*^^*)♪

e0120402_0471727.gif


店名:「Le Bois」(ル・ボワ)
住所:大阪市中央区高麗橋1-5-22 2F
電話:06-4706-2200
定休日:火曜日
[PR]

by yukichocolat | 2007-06-29 06:15 | パン・カフェ(大阪)

セレブ気分でアフタヌーンティー ☆ マンダリンオリエンタルホテル

e0120402_19434115.jpg

ちょっぴり心のリフレッシュがしたくて
ひとりゆったりと、優雅なひとときを過ごしてきました・・・
38階なので景色もとってもよくって(新宿方面が見えているそうです)
窓際の席は暖かかったので、お昼寝モードに・・・(*^-^*)


e0120402_1952272.jpg

まずはフィンガーサンドイッチ。手前から・・・

*スモークハムの下にはバナナとセロリのサワークリーム和え。
 ホールウィートのパンと粒マスタードの酸味との相性もバッチリ!

*カマンベール&生ハム&無花果
 こちらはライ麦パンで。とろろ~ん・・・アンティパストのようで美味しい♪

*スモークサーモン&玉子。
 爽やかなディルの香りが効いています!(ちょうど玉子サンド食べたかったの♪)

ひとつひとつパンも異なり、手が込んでいて美味しい(*^^*)/


e0120402_19575444.jpg

続いてはスコーン。

プレーン&ラムレーズン・オレンジ・レモンのスコーンを
アプリコットジャム&クロテッドクリーム&チョコレートで。

実はこちらのアフタヌーン・ティーに伺おうと思ったきっかけが
e0120402_0164535.gif先日、このスコーンが「はなまるマーケット」のおめざで
紹介されているのを見たからなんです♪
しっとり、ふうわり本当に美味しそうだったので(*^^*)/

普段はレーズン入りのスコーンはあまり好きではないんだけど
このラムレーズン・オレンジ・レモンのスコーンは美味しかった~w(*^^*)w
ピールの苦味がとってもいい感じに効いているんです!
クロテッドクリームもコクがあるのに後味すっきり!
しかもなんと・・・おかわりもできるらしいですよ(◎◎)(さすがにしなかったけど・・・)


e0120402_20205651.jpg

お口直しのベリーのジュレ。
酸味がシャープで、一気にお目目が覚めちゃいました!
ライチのジュレのオリエンタルな香り・・・大好き♪


e0120402_20165887.jpg

いよいよ主役の登場ですw(*^^*)w
このケーキを置いている台・・・素敵だと思いませんか?!
さすがマンダリンオリエンタルさん。
英国風のアフタヌーンティーが、一瞬にしてオリエンタルな雰囲気に♪
でももっとケーキ!という雰囲気のお菓子を想像していたのでちょっぴり残念f(^^;

e0120402_20265652.jpge0120402_20271139.jpge0120402_20272921.jpg





e0120402_20284513.jpge0120402_2028568.jpg








*フルーツデニッシュ *パッションムース&シュークリーム 
*マンゴーチーズケーキ
*ショコラのクレーム カマルグ産の塩を添えて

一番好きだったのは、やっぱりショコラのクレーム(*^^*)♪
カカオの苦味がしっかりと感じられ、ま~ったり濃厚。
トッピングのフィヤンティーヌとカカオニブが音感のアクセントに♪
お塩を添えていただくと、シャープな大人テイストに変身しちゃうんです!
ショコラとサレって・・・やっぱり絶妙のマリアージュですね


e0120402_2035101.jpge0120402_20352874.jpge0120402_20354452.jpg





e0120402_20401861.jpge0120402_20403112.jpg






でも実はお菓子以上に感動したのがお茶のセレクトなんです。
おかわり自由っていうのは普通だと思うんだけど
お紅茶、コーヒー、チョコレートドリンク・・・何をいただいてもO.K.
最初はお紅茶で・・・最後はコーヒーでしめたい私にピッタリ!

お紅茶も、マンダリンオリエンタル東京セレクションティー(2種)e0120402_01968.gif
トラデシショナルティー(3種) フレーバードティー(5種)
ハーブブレンドティー(3種)と種類が豊富で
お菓子に合わせてセレクトできるのが魅力的☆☆☆

マンダリンオリエンタルブレンド
(ほのかな花の香りと芳しさの中に残る甘味が特徴の中国福建省産烏龍茶を
 柑橘系の香りで仕上げて・・・甘くやわらかい香りの余韻が印象的)

モーリシャスヴァニラ
(ヴァニラの香りがほのかに漂い、エキゾチックな香りが魅力的)

オランジュ ショコラ
(オレンジの爽やかな酸味とほろ苦いショコラの香り。ミルクとの相性が良さそう。
 カルダモンシードで清涼感をプラス)

ショコラのクレームがあまりにも薫り高かったので
e0120402_0261487.gif普段はあまり飲まないホットチョコレートもオーダー。
でも、ミルクたっぷりでショコラの風味が・・・(>_<)
ブレンドコーヒーも美味しかったです。

一番のお気に入りは、マンダリンオリエンタルブレンドかな。
お紅茶って・・・香りだけで優雅な気分にさせてくれるんですよね(*^-^*)
1年のうちでコーヒーを飲まない日が1、2日しかないほど珈琲党の私なんだけど
最近ちょっぴり紅茶に魅かれはじめてます・・・


e0120402_2356696.jpg

マンダリンオリエンタルホテル東京、五十嵐シェフの代表作といえば・・・
このショートケーキですよね。
でもこちらはグルメショップでのテイクアウトのみで、イートインはできなくて・・・
仕方なくアフタヌーンティーをいただいた後に外のベンチで。

山吹色のジェノワーズは、食べ進めるほどに卵のやさしい香りが広がり
ほんわりとしていながら、カステラを思わせるような弾力。
シャンティは舌の温度でもとろけないくらいまったりと濃厚で
このキュートなビジュアルから想像していた以上に存在感のあるe0120402_0273735.gif
ショートケーキでした。
苺も甘酸っぱくてジューシーで美味しかったですよ♪
香りではなく風味で美味しさを表現しているショートケーキ。

美味しいお菓子と美しい景色にちょっぴり心も癒されたかな・・・
たまにはひとりで、こういう時間を過ごすことも必要かも(*^^*)♪

e0120402_022245.gif


マンダリン オリエンタル 東京 オリエンタルラウンジ
住所:東京都中央区日本橋室町2-1-1
電話:03-3270-8800
営業時間:10:00 - 24:00
       アフタヌーンティー(平日):12:00 - 17:00
       アフタヌーンティー(土曜・日曜・休日):12:00 - 17:00
[PR]

by yukichocolat | 2007-06-28 17:00 | sweets(東京)

ひと口果子☆HIGASHIYA

e0120402_050691.jpge0120402_0502458.jpg
以前からとっても気になっていたひと口サイズの可愛いお菓子。
お取り寄せも可能なのですが、一度商品をいただいてからでないと
なかなかお取り寄せする勇気がでない私・・・
でも、先日のしらはまチーズケーキに続いて
またまた偶然百貨店に出店してらっしゃるところに遭遇しちゃったんです!
(新宿 伊勢丹 地下1階『今め菓子』 6/12~26)

パッケージも紋も上品で、和の趣深くて素敵☆
e0120402_201250.gifお茶をたしなまれる義母様へのちょっとした手土産にしたら
印象がグンとUPしちゃいそうw(*^^*)w
要冷蔵でお日持ちが3日というのも嬉しいですね。


e0120402_203537.gifひと口果子 Bセット
e0120402_154254.jpg

様々な素材の餡をベースに、果実や木の実を
組み合わせたひと口サイズのお菓子。
内容の異なる5個入りのAセットとBセットがあったのでe0120402_21404.gif
どちらにしようか散々悩んだんだけど・・・
ど~しても食べてみたい子がいたのでこちらのBセットに!

でも思っていた以上に小粒ちゃんなのねf(^^;
(直径2.5cmぐらいかなぁ・・・)



e0120402_1191998.jpg

黄色の子から時計回りに・・・

柑子(Kohji)e0120402_2123950.gif
濃紫(Koi-murasaki)
萌葱(Moegi)
牡丹鼠(Botan-nezu)
薄香(Usukoh)
黒紫(Kuro-murasaki)

外見だけでは何が包まれているか分かりませんよね。
でもCutするのは難しそう・・・と思いつつも・・・


e0120402_1271096.jpg

柑子:野菜の甘味を活かしたかぼちゃ餡に、酸味のあるクリームチーズ。
    パンプキンサラダのような洋テイスト。

濃紫:コクのある紫芋餡に、歯ざわりのよいカシューナッツ。
    どちらも存在感があり、食べ応えあり。

萌葱:深みのある抹茶餡に、黒糖焼酎に漬けこんだレーズン。
    中は小豆かと思ったら焼酎風味のガツンときいたレーズン。
    甘く薫り高いラムレーズンとはひと味違う大人テイスト。

牡丹鼠:さらりと口溶けのよいこし餡に、歯ごたえのよいマカデミアナッツ。
      シャクッという歯ごたえが楽しい、軽やかな食感♪

薄香:バニラ入りの白餡に、黒糖焼酎を使用した桃のコンポート。e0120402_234338.gife0120402_235958.gife0120402_2499.gif
    これがどうしても食べたかった一品なんです。
    バニラ風味の白餡は、やわらかな甘味と香り。
    逆に桃のコンポートは、桃とは思えないほど強烈なテイスト!
    ジュワッと焼酎がお口の中にほとばしり、こんなに小粒なのにクラクラッ★
    
黒紫:小豆の風味が際立つ粒餡に、甘酸っぱい干杏。
    小豆×酸味の相性がいい感じ。くにゅっとした食感が楽しい♪


やっぱり予想通り、一番のお気に入りは薄香
桃もバニラも大好きな素材なので当然といえば当然なんだけど・・・
白餡のやさしい風味とバニラのやさしい香りのマリアージュが絶妙なんです。
ここにやさしい風味の桃のコンポートが包まれていたら
やさしいづくしでぼやけてしまって、あまり印象に残らなかったかもしれませんが・・・
黒糖焼酎の深いコクと独特の甘味が、餡のやさしい風味を引き立て
上品で奥深い余韻が鼻腔からふうわりとぬけていきます・・・
ひと粒で物語が完結しているという意味では
和風ボンボンショコラといった感じかしら。


どちらかといえば、洋テイストのものが多く
リキュールがしっかり効いているものもあるので
お酒とのマリアージュも楽しめそう♪
e0120402_255043.gif

Aセットにも栗×ブランデーという気になる組み合わせを見つけちゃったので
今度はお取り寄せしてみようかな~(*^-^*)
夏限定セットのテキーラ×すだちも気になる~♪
(なんで飲めないのにリキュール系ばっかり気になるんだろう・・・)

e0120402_1523793.gif


店名:HIGASHIYA
住所:東京都目黒区青葉台1-13-12
電話:03-5428-1717
定休日:火曜日
営業時間:11:00~20:00
[PR]

by yukichocolat | 2007-06-27 19:00 | sweets(東京)

華麗なデセール☆サロン・ド・テ・ジャマン

e0120402_11245771.jpge0120402_11251744.jpg








e0120402_11255419.jpge0120402_1126917.jpg









ジャマンさんのケーキは実家にも何度もお運びしていたので(笑)
家族も勿論大ファンなのですが・・・
実際に優雅なサロンの雰囲気の中で、華麗なデセール仕立ての
美味しいケーキを堪能してもらいたいなぁ・・・
ってずっと思ってたんです。
e0120402_13292685.gife0120402_13293683.gife0120402_13294728.gifそんな念願かなって、この日は妹と初ジャマンデートに♪

もう美味しい時季が終わっちゃうということで、セレクトは苺ちゃん中心に!
いつもは茶系の地味子ちゃんばっかりになっちゃうのに
まるで女の子がセレクトしたような可愛いプレートでしょ(*^-^*)
(あっ、でも結局2皿目は・・・)

お皿に絵を描くってこういうことを言うんでしょうね。
絵心の全くない私はいつも尊敬の眼差しです・・・
それぞれのケーキに合わせた異なるデコレーション。
フルーツはセーデルやシソ風味のジュレで・・・素敵すぎます☆



e0120402_12131531.gifパリブレスト
e0120402_1140745.jpg
e0120402_11403534.jpg

パリブレストといえば・・・濃厚なプラリネクリームにアーモンドのトッピング。
ナッツづくしなので実はあまり得意じゃないんですf(^^;
(でもこれ1個だけで、プラリネクリームがもたれなければ問題なし!)

ジャマンさんのパリブレストは2種類のカスタードクリームをサンド。
プラリネ風味のカスタードクリームに
宿院シェフご自慢のコアントロー入りのカスタードクリーム。
濃厚で香ばしくいナッティな香りに、爽やかなオレンジの香りが
ブレンドされていくので後味すっきり!
どちらのクリームもなめらかで瑞々しく、口溶けがよく
時々響くアーモンドダイスが小気味いい音感をプラス♪

シュー生地もサクッ、クシュッ・・・
軽やかにクリームと一体化していきます・・・
後には一緒に焼きこまれたアーモンドの香ばしい香りの余韻が・・・

パリブレストっていうと、風味も食感も重厚で
e0120402_13383630.gif私の中では男性的なイメージのお菓子なんだけど
ジャマンさんのパリブレストは、とっても繊細で女性的な雰囲気。
おひとり様用の優美なビジュアルも
一層お姫様気分を演出してくれます(*^-^*)

でも、パリブレストの名前の由来って・・・優雅さとは程遠いんですよね。
フランスには 有名な自転車レース「ツールドフランス」というレースがありますが
色々な自転車レースの一つで 1891年から始まったのが「パリ・ブレスト」。
パリとブルターニュの海岸を90時間以内に往復する 
1202Kmの自転車レースだそうです。
このレースを記念して パリの「メゾン・ラフィット」というお菓子屋さんの
ルイ・デュランさんが考案したお菓子が“パリ・ブレスト”なんです。
あのリング状のフォルムは、自転車の車輪を表現しているんですね。
お菓子になっちゃうくらいだから、フランスでは
自転車レースってとってもメジャーなんでしょうね♪




e0120402_12133029.gifクラフティ
e0120402_11482376.jpg
e0120402_11492435.jpg

このクラフティ・・・e0120402_1341227.gif
これがクラフティーなんだぁ・・・
なんだか私が知っているビジュアルとは全然違う気が・・・
ってはじめていただいた時とっても感動したんです。

たっぷりの生クリームと卵、ノワゼットプードルを合わせた生地を
ココットで焼成。小麦粉は全く使われていないんですって!
ココットに入れて焼くので、こんな焼き目のついたフォルムになるんですね♪

Cutしようとすると、 思った以上にポワンポワンの触感で
ちょっと微妙なCUT画像になっちゃいました(ごめんなさいf(^^;)

外はカリっと焼き上げられているのに、中はしっとり、ふ~んわり。
でもベリーも一緒に焼きこまれてているので、ジュワっとしたジューシーさもプラス。

トッピングのカスタードクリームは、私が愛してやまない
e0120402_13423417.gif宿院シェフご自慢のコアントロー入りのカスタードクリーム。
脳細胞が一瞬にして、バニラ×コアントローの
甘く馨しい薫りの魅力の虜になっちゃうんです(*^^*)

とろろ~ん、カリッ、ふ~んわり、ジュワ~・・・
食感の四重奏に、心も舌もとろけちゃいそう・・・
さらに苺の酸味が後味を引き締め、フレッシュ感を添えてくれています。

フレジェ、ミルフィーユ、サン(シュークリーム)、ショコラフランボワーズは
リピ率の高いお菓子なので、また改めてご紹介しますね。

e0120402_12584044.gif


店名 : サロン・ド・テ・ ジャマン
住所 : 大阪府茨木市別院町6-45オダビル2階
TEL : 072-620-0073
営業時間 : 10:00~20:00
定休日 : 火曜日
[PR]

by yukichocolat | 2007-06-26 09:50 | sweets(大阪)

伝説のチーズケーキ☆シェ・しらはま

e0120402_23142726.jpg


宝塚阪急で開催されている九州味紀行。

物産展でスイーツを購入することはあまりないんだけど
店頭に誰もお客さんがいなかったので(笑)
大好きなチーズケーキだわ♪と思って覗いてみると・・・
あの伝説のチーズケーキの、白濱シェフのチーズケーキだったんです(*^^*)♪

白濱シェフは1980年代、一世を風靡したあの「ガトーしらはま」の名シェフ。
都内大手百貨店に進出した「ガトーしらはま」は
そのチーズケーキのおいしさで、女性の心をわしづかみにし
またたく間に大人気となり、グルメ雑誌やマスコミでも
もてはやされる超有名店となったそう。
(私はその頃まだ子供だったので、数年前に聞いた話なのですが・・・)

ところがそんな人気絶好調期にありながら、諸事情により急に閉店してしまい
そのチーズケーキは伝説になってしまっていたんです・・・

でも、数年前某通販サイトが宮崎県にいらっしゃった白濱シェフに
e0120402_2146135.gif地元日南のフルーツとチーズケーキの
コラボレーーション企画を持ちかけたところ
これが大ヒット(*^^*)♪
私もこの企画で、こちらの伝説のチーズケーキの復活を知ったんです。

だけど、自分の目で実際にたしかめたり
お店の方のお話をおうかがいしてから
購入することができないスイーツの通販って
あまり好きではないない私・・・
だからその時は購入する決心がつかなくってf(^^;
でも、まさかそのチーズケーキにこんなに身近で出逢えるなんて(^^)v

パッケージもシンプルながら高級感があって素敵ですね♪


e0120402_21482080.gifしらはまチーズケーキ
e0120402_2314928.jpg

タルト生地は甘さ控えめで、薄くてさっくり。
チーズクリームはまったり濃厚で、上品なコクと酸味が広がります。
だけどキレがいいので、後味は不思議とさっぱり!
これが病みつきになっちゃう秘密なんでしょうね♪

チーズクリームの美味しさは勿論なんですが
このタルト生地がちょっと気になる口溶け(◎◎)
サクッ、しっとり、ほろっ・・・
どの食感も兼ね備えていて存在感があるんだけど
いつのまにかチーズと一体化して消えていっちゃうんです・・・
そう!両者の口溶けの速度が一緒なんです!!!

普通はこの構成だと、タルト生地のもごもごっとした食感が残るんだけど
両者が一緒にスーっと消え、喉の奥からチーズの酸味&コクと
上品なバターの香りがほ~んわり・・・
シンプルな素材の風味が最大限に引き出されている感じ(*^-^*)


e0120402_22134657.gifジャージー
e0120402_23144870.jpg

白濱シェフご自慢のジャージー牛乳をたっぷり使った、プレーンのチーズケーキ。
しらはまチーズケーキよりもチーズのコクが弱く
e0120402_22285632.gifどちらかというとミルキーな感じの優しいテイスト。
香りの余韻も、まさに“乳”という感じ・・・

普通の牛乳よりも乳脂肪分やたんぱく質が多く
甘味とコクはお口いっぱいに広がるのに
後味はプレーンよりもさらにスッキリ、さっぱり♪
チーズを食べた後と、牛乳を飲んだ後の後口の違いと同じ感じかな。

最近“ジャージー乳”が注目をあびていて、厳選素材ということで
これを使用したスイーツも数多く登場していますが・・・
白濱シェフは、宮崎県日南に移られて
まずこのジャージー牛乳のおいしさに感動されたそうで・・・
なんと・・・ジャージー牛を3頭も購入しちゃったんですってf(^^;
いいジャージー牛乳を仕入れるには・・・飼おう!
コストもあまり考えず、ただ美味しさのみを追求されたゆえの結論だそう・・・


e0120402_22292813.jpge0120402_22302240.jpg








プレーン&ジャージのビジュアルを比べてみると・・・
お店の方は、金粉がトッピングされている方がジャージーって
見分けてくださいね!っておっしゃってたけど・・・
色合いですぐに分かっちゃいますよね!
ジャージー(写真左)の方が色白ちゃんw(*^^*)w


e0120402_22404546.gifマンゴー
e0120402_23153173.jpg

タイムリーにも先日、「みなさんのおかげでした」の食わず嫌いで
東国原宮崎県知事がお土産として紹介されていた商品。
“東国原宮崎県知事”・・・今女性ファンが急増しているので
とってもいい宣伝文句になっていましたよf(^^;

「宮崎産のマンゴーが50%使われているんです」と店員さんがおっしゃるので
「残り半分のマンゴーはどちらのものなんですか?」とおうかがいすると・・・
マンゴー半分、クリームチーズ等の他の素材半分で作られているんですって!

本と!マンゴーはやわらかい果肉も残っていて
チーズにもたっぷり練りこまれているのでマンゴー感いっぱい!
果汁の分水分が多いからかしら?
プレーンタイプと比べてなめらかで、とろろ~んとクリーミー♪
さすが50%も入っているだけあって、マンゴー風ではなく
マンゴーのねっとり感と、独特の香り&風味を満喫(*^^*)♪e0120402_23245610.gif

日南にはマンゴー以外にも、温暖な気候がはぐくむ
美味しいフルーツがいっぱい!
日向夏、金柑、デコポン、木苺、山桃etc...
美味しいチーズケーキとのコラボ作品は数限りなくあるそうです。

この催事は26日(火)まで行われているので
今回売り切れで購入できなかった日向夏やデコポンも
買いに行ってみようかなぁ・・・
あっ、でもプレーンを心置きなくホールでいただいてみたい気も(*^-^*)
楽天市場でも、プレーン、日向夏、デコポン、緑茶が
今の時季は通販で購入できるみたいですよ♪

e0120402_2311021.gif


店名:シェ・しらはま
住所:宮崎県日南市大字星倉1273-1
電話:0987-21-1585
定休日:年中無休
営業時間:9:00~18:00
[PR]

by yukichocolat | 2007-06-25 11:05 | sweets(その他の地域)

プチスイーツツアーin大阪☆                    エクチュアからほり『蔵』本店

e0120402_23564436.jpge0120402_23571274.jpg












プチスイーツツアー3軒目は・・・
心斎橋から東へ15分。松屋町という駅にもはじめて降り立ちました。
ここ「空堀」には古い街並みが残っていて
人形屋さんの看板が多くみられ、東京のお友達は人形町のようなとこ?って・・・
(どちらも土地勘がないのでよく分からない私・・・)

エクチュア からほり『蔵』本店さんは築100年を超えるお屋敷を改装した
e0120402_1823482.gif「練」という複合ショップの一番入り口に位置していて
お隣はクレープやさん、他にも雑貨店や
お総菜店など12店舗が入っています。
なんだかここだけ現実世界から切り離されたような異次元の空間。
蔵を改装された店内は、重厚でいながらどこか懐かしい感じで
表の喧騒とは時の流れが異なるようにすら感じられます。

こんな“和”のぬくもりが感じられる、落ち着いた空間でいただける
ベルギーという“洋”のエスプリが感じられるショコラって・・・?



e0120402_23552216.gifAssortment Dessert
e0120402_23562540.jpg


ショコラを使ったケーキやパフェ、ドリンク等色々あったのですが
はじめてなので少しずつ色んな味を味わいたくて・・・
欲張りプレートをオーダーしちゃいました(*^^*)♪

ケーキは本日のお薦めで全てハーフサイズ。右から
ブラウニー、オレンジホーリーケーキ、テオブロマケーキ。
これに生チョコレート5粒と、バニラorチョコor抹茶の3種類からセレクトできる
アイスクリームがついて1260円(税込)です。
ドリンクつきだと1575円(税込)なのですが
このドリンクがコーヒー、紅茶以外にチョコレートドリンクからも選べるようで・・・
そこまでチョコレート尽くしにできたらすごいですね!

6月の限定喫茶メニューのテーマが「オレンジ」ということで
「オレンジホーリーケーキ」が入っていたのですが
オレンジの皮も果汁もたっぷり練り込んであり、やさしい酸味と苦味。e0120402_18532458.gif
ホワイトチョコレートが隠し味に入っているので
独特の香りの余韻が広がります・・・

一番好きだったのはやっぱりテオブロマケーキかな。
苦味の効いたショコラの風味と香り、そして生チョコのように
舌の温度でとろけゆく感覚が素敵☆

生チョコは冷たいうちに、一番最初に食べてくださいと言われて・・・
ミルク、抹茶、エスプレッソ・・・とひと粒ひと粒テイストが異なるのでワクワク!
全体的には生クリームがしっかり効いているので、かなりミルキーなんだけど
ひと粒ひと粒異なる素材の風味とカカオの香りが感じられe0120402_1915645.gif
とってもちっちゃいのに満足感あるんです!
私はビターテイストの方が好きなので、エスプレッソが一番好み♪

お友達は最後をガツンとショコラでしめることができてご満悦のご様子。
私もはじめてのお店もあったりして、とっても楽しいプチツアーでした。
でも、実は・・・地図が読めない女なのでかなりドキドキだったんだけどf(^^;

e0120402_18534029.gif


店名:エクチュア からほり『蔵』本店
住所:大阪市中央区谷町6-17-43 練-LEN-
電話:06-4304-8077
定休日: 水曜日
営業時間:平日11:00~22:00(ラストオーダー21:30)
       日・祝日11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
[PR]

by yukichocolat | 2007-06-24 20:22 | sweets(大阪)

プチスイーツツアーin大阪☆モンシュシュ.K

e0120402_23504750.jpge0120402_2351118.jpg









プチスイーツツアー2軒目は・・・
くるんとひと巻き(◎◎)
可愛いフォルムの堂島ロールが大人気のモンシュシュさんが
5月に南堀江にCafeをオープン。
堂島ロールも販売されていると聞いていたので楽しみにしていたのですが・・・

堂島ロールの販売は10:00~、13:00~の2回。しかも限定各100個のみ。
こちらでも、すぐに売り切れちゃうそう・・・
堂島ロールの詳細はこちらへ

Cafeなのでカットでもいただけるのかな~と思っていたら
カット販売はないんですって(>_<) 残念・・・

でも、お店の雰囲気もとっても可愛くって♪
特にこの水色×ブラウンの焼き菓子のパッケージが大のお気に入りに。
ロゴがとっても素敵ですよね~☆
e0120402_14393768.gife0120402_144029.gife0120402_14402916.gifMのようなSのような・・・天使の羽のような・・・


e0120402_5165628.gifKロール
e0120402_5163361.jpg

堂島ロールにカスタードクリームと5種類のフルーツを閉じ込め
キラキラのフルーツで美しくデコレーションされたロールケーキ。
堂島本店で販売されているシンデレラロールに
さらにフルーツをトッピングした感じかしら(*^-^*)e0120402_1523765.gif

堂島ロール、シンデレラロール、そしてこのKロール・・・
シンデレラのようにどんどん美しく変身していっているけど
私はシンデレラロールが一番好きかなぁ。

カステラのようにふんわり、もっちりとした生地に
まったりミルキーなのにとっても口溶けのよい生クリーム。
そこにちょっぴりだけど、とろんとしたコクを加えるカスタードクリームと
ジューシーなフルーツ。
このKロールのようにさらにフルーツでデコレーションしちゃうと
せっかくの生地やクリームの美味しさが勿体無い気がしちゃって。

でも、見目麗しいのでカット売り向きかもしれませんね。
女性や子供ちゃんに喜ばれそう♪
私が買ったすぐそばから残っていた5個がすぐに売り切れちゃってたものf(^^;



e0120402_23525343.gifWABISABI
e0120402_5161293.jpg

摘みたて抹茶の香り高いムースと小豆のムース。
プチ・ガトーも本店のものとは、ほとんど異なるんですって。

見るからに濃い緑色の抹茶のムースは、お茶の芳香も素晴らしく
ひと口お口に含むと・・・可愛いビジュアルとのギャップにびっくり!
小豆や黒豆も大粒でプチッと弾ける音感と渋味をプラス♪
ムースもジェノワーズもほわほわっとやさしい口溶けなのに
香りの余韻の存在感が大きいんです。
ネーミングどおり・・・洋風の“WABISABI”という雰囲気。

ケーキはどちらも380円。
コーヒーや紅茶は紙コップに注ぐ簡易なものですが(でも紅茶はテトラ)200円。
東京のお友達はあまりのリーズナブルさにとっても驚いていました(◎◎)

私は南堀江ってあまり土地勘がないのですが・・・e0120402_1516533.gif
サラリーマンの方が大量購入されたり
小さいお子様連れのご近所の奥様らしき方が
おやつ用に買われたりと
お客様が途絶えることがなくって・・・
でもやっぱりシュークリームやプリン、ロールケーキが
人気のようですね♪

モンシュシュさんのHPを見ると、まだ準備中なのですが
堂島ロールの予約受付がスタートするようです。
予約ができるようになれば、もっと入手しやすくなるので嬉しいですね(*^^*)♪

e0120402_15141786.gif


店名:スイートファクトリー モン シュシュ.K
住所:大阪市西区南堀江3-12-24
電話:06-6537-6587
定休日:月曜日
営業時間:10:00~20:00
[PR]

by yukichocolat | 2007-06-23 19:53 | sweets(大阪)

プチスイーツツアーin大阪☆ブロードハースト

e0120402_23321484.jpg


東京からのお友達と一緒にプチ・スイーツツアーへ。
なぜプチかというと・・・
1軒につき2種類ずつぐらいしか食べられないかなぁって言われたから(笑)
でも火曜日ってどうしてこんなに定休日のパティスリーが多いのかしら・・・

1軒目はちょっぴりご無沙汰の「ブロード・ハースト」さんへ。
シェフのピーターさんはロンドンのご出身。
英国王室御用達のお店などで修行をされ、
その後関西の某有名パティスリーで勉強された方なんです。

ショーケースにはフランス菓子とは一見してデザインの異なるe0120402_1162132.gif
シンプルながらキュートでファニーな生菓子が顔を並べ
横の平台には、フォカッチャやスコーン、アメリカンなタルト系が!

実は私、ブロードハーストさんのお菓子は
焼き菓子の方が好きなんですよね(*^^*)♪
やっぱりアフタヌーンティーの国だからかしら?
素朴なんだけど粉の風味が充分に引き出されていて・・・
ピーターさんが小さい頃に食べたお菓子を思い出しながら
作ってらっしゃるんですって。ほっこり安心できる美味しさです。

でも、初めての方が目を魅かれるのはやはりこちら・・・



e0120402_23302055.gifMANBO
e0120402_23322990.jpg

e0120402_23365841.jpg

ライムとスパイスを効かせたマンゴのババロアに
チョコのブリュレとカカオのマドレーヌ。
思わず笑顔になっちゃうにこちゃんマーク(*^^*)♪
この顔をケーキにしようって、なんで思われたんだろう・・・

マンゴのババロア自体はまあるい酸味なんだけど
グラサージュはキリッとエッジの効いた酸味。
コントラストがはっきりしているので後味スッキリ!

Cutの仕方これで正解なのかなぁ・・・?
お顔を縦半分にするか横半分にするか迷ったんだけどf(^^;

中にはまったりミルキーなミルクチョコのブリュレと
e0120402_1118494.gifカカオニブ入りのマドレーヌ。
土台がマドレーヌって珍しいですよね?
むっちりした食感なので存在感があり!

このビタミンカラーから、もっとキュンとした酸味を想像していたんだけど
トロピカルでまったりとした甘み・・・



e0120402_23431150.gifTOM(トム)
e0120402_23433724.jpg

TOM?お友達の名前?
夏の新作、トマトスイーツということでセレクト。
トマトって、ビジュアルが夏らしくてキュートなので
原型を残してジュレ系にされることが多いので
こんな風にムースにされているのって珍しいかも♪

店員さんにおうかがいすると
トマトの風味はそんなに強くないって言われたんだけど・・・
たしかに青っぽい野菜臭さは全くなく
でも、あっ、トマトだ!と分かる独特の風味の余韻!e0120402_1113308.gif
ミルキーな甘酸っぱさが鼻孔からほんわりぬけていきます。

チョコレートとの相性も全然違和感がないんです。
土台は、ミルフィーユ生地でガナッシュを挟んだような感じで
ここだけ食べてもとっても美味しい♪

”赤いムース”を見るとすぐにベリー系のムースを想像してしまうので
こういうサプライズも楽しいですよね。
フルーツトマトの濃厚な甘みを引き締めるために
ベリーペッパーを隠し味に効かせているところが心憎い演出!

スパイスを効かせたお菓子が多い気がしたんだけど
シェフはお料理もされるのかしら?
焼き菓子系にスパイスを効かされることは多いけど
生菓子に効かせると一気に大人テイストに変身しちゃうんですよね!
私はスパイス好きなので、この変化球がストライク♪

そして、エクレアもちょこっといただいて・・・
予定通り、一応2個?だけで2軒目に・・

e0120402_1122349.gif


店名:BROADHURST'S (ブロードハースト ) 
住所:大阪市中央区玉造2-25-12
電話:06-6762-0009 
定休日:月曜日 
営業時間:10:00~19:00 
[PR]

by yukichocolat | 2007-06-22 11:17 | sweets(大阪)

今年もさくらんぼの季節が☆モンプリュ

e0120402_122350.gifクラフティ・オ・スリーズ
e0120402_0334165.jpg

去年いただいて、キルシュの効いたさくらんぼの虜になってしまった
クラフティ・オ・スリーズ

今日は珍しく朝イチから並んでる~(^^)v
(このクラフティには朝イチに登場しない秘密が・・・★)

クラフティって、シンプルに見えて意外に手間がかかるお菓子なんですね。
まず、アメリカンチェリーの種をくりぬいてキルシュに漬けること30分。
(良かった~ たった30分だけでf(^^;)
あまり長時間漬けすぎると苦くなっちゃうんですって・・・

そして、空焼きしたブリゼ生地にチェリーを並べて
クラフティのクリームを流し込んで、もう一度焼くでしょ。
それを冷やさないといけないんですね。
すべてを朝から仕込むので、ちょっと登場が遅くなっちゃうんですって!
熱々のクラフティをフーフーして食べるのも
ふるふる感が楽しめて、また違ったテイストで美味しそうだけど♪



e0120402_0423265.jpg

断面を見てみると・・・チェリーがこんなにごろんごろん♪

うん?ワインレッドのものとダークブラウンものがあるような・・・
チェリーは2種類使ってるんですか?とおうかがいしてみると・・・
全部同じ種類なんですって。
チェリーにも色んなビジュアルの子がいるんですね(*^-^*)

でも、わ~い!チェリーがいっぱい♪と子供のように喜んでお口に運ぶと・・・
危険信号発令です(◎◎)e0120402_154896.gif
ジュワ~・・・キルシュの大洪水が・・・
というのは大袈裟だけど
可愛いビジュアルを裏切る
想像以上の大人テイスト!

クラフティっていうと普通はとろろ~んとしたクリームを楽しむ
素朴なお菓子という印象が強いと思うんだけど・・・
モンプリュさんのクラフティは
少量だけどコクのあるクリームとサクっと軽やかな食感のブリゼ生地
そしてキルシュの馨しい香りと風味をた~っぷりと封じ込め
ふくよかな大人テイストに変貌したチェリー。
この3層の絶妙のバランスが堪能できちゃうエレガントなお菓子なんです。

チェリーがこんなにごろんごろんでクリームやブリゼ生地の
存在感もあるの?って思われるかもしれないけど・・・
騙されたと思って食べてみてください!
両者の存在感を感じつつも、このごろんごろん感にノックダウンe0120402_116534.gif
されちゃうと思いますよ(◎◎)

それにしても・・・こんなワインレッド色に染まったクラフティ
見たことありませんよね・・・
こんなにキルシュの香りが芳醇な大人テイストのクラフティにも・・・
今年は去年以上にチェリーがふくよかで、ジューシーに感じられたので
どこか変えたのおうかがいしてみると・・・e0120402_0595251.gife0120402_10615.gife0120402_101521.gif
今のチェリーがとっても瑞々しくって美味しいんですって



e0120402_111935.gif


店名:patisserie mont plus (パティスリー・モンプリュ)
住所: 兵庫県神戸市中央区海岸通3丁目1番17号
電話番号: 078 - 321 - 1048
営業時間: 10:00~19:00
定休日: 火曜日
[PR]

by yukichocolat | 2007-06-20 00:00 | モンプリュ

パンペパート☆イ・ドルチ・シベリ

神戸北野にある、ミミまでモチモチなナポリピッツァが人気のお店
ピッツェリア アズーリ」さん。
ピッツァは小麦粉&チーズと私の大好きな素材で
作られているのでいくらでも食べられちゃうんです(*^-^*)
“クアトロフォルマッジ”があれば絶対頼んじゃいます!

えっと・・・こちらはまた機会があればご紹介することにして・・・

実はこちらでのDinnerの待ち合わせまでにまだ時間があったのでe0120402_005589.gif
ひとり、近くのスイーツ散策をすることに!
カファレル」は残念ながらお休みだったんだけど
イグレックプリュス+ホテルブティック」をのぞき
お目当ての「イ・ドルチ・シベリ」さんへ。

イタリア人シェフのシべり氏が手がけるイタリアンドルチェのお店で
実家の近くにパン工房の「パニフィチョ シべり」さんがあったので
シベりさんがドルチェのお店をOPENされたと聞いて
ず~っとお伺いしたかったんだけど・・・
北野坂を登るのは私には至難の技なんです(◎◎)

今月号の神戸ウォーカーさんに紹介されていた
シューアイスを是非食べてみたかったんだけど・・・
モンプリュさんでケーキを食べた後、ピッツァを食べる前f(^^;
う~ん・・・今回は見るだけ!と私にしては珍しく我慢しちゃいました!(←後悔・・・)
でも、なんか買って帰ろうっと!!!


e0120402_2326925.gifパンペパート
e0120402_23271780.jpg

パンペパートはルネサンス時代から続くイタリアの高級伝統菓子。
長期保存が可能で、先日購入したものでも、なんと賞味期限が11月!
でも、ここからまだ半年はいけちゃうんですって!

え~っと・・・どうも私はパティスリーをちょこっと覗くだけ・・・
ということができないようで、ここからこちらのお店を預かってらっしゃる
マダムと延々30分以上おしゃべりが続いちゃいますf(^^;


e0120402_2335575.jpg

シベリさんのレシピはルネッサンス時代の名残のレシピで
白胡椒が入っているのがポイントなんですって!
最高級のショコラでコーティングされていて
これから暑くなってくるので、しばらくは製造休止。
ここにあるだけで終わりなのよ!
って言われたら買わないわけにはいきませんよねf(^^;


e0120402_2338242.jpg

チョコレート、クルミ、ヘーゼルナッツ、松の実、はちみつ、杏ジャム
無花果、オレンジ、レーズンetc...色んなものが入っています。

クラムよりもフィリングの方がた~っぷり。e0120402_07785.gif
カリッ、コリッ、ねちっ・・・ナッツとドライフルーツの大合唱♪
でも、私ホールタイプのナッツってあんまり得意じゃなくってf(^^;
もっとドライフルーツいっぱいの方が個人的には嬉しいかな。
だけど、ナッツ好きにはたまらない贅沢感だと思いますよ!

・・・と思っていると・・・フッ・・・と
鼻腔をくすぐる白胡椒の香り・・・
これはかなりポイント高し!一気に大人のデザートに。
ワインと一緒にいただいても楽しめそう♪

他にもパンやスプレッド、生菓子、焼き菓子、ジェラートなど
イタリアを中心としたヨーロッパのお菓子が所狭しと並べられているのですが
e0120402_23485747.gif冬になると常連さんだけが知るイタリアの伝統菓子が
続々と登場してくるんですって♪
私もこまめに連絡して、情報をキャッチしなくっちゃ!

おとぎの国のお菓子の家のような、素朴で可愛いお店です。

とっても陽気なマダムのお話もすごく楽しいので
今度は本とにシューアイスを食べに、頑張って登りますね(*^^*)♪

e0120402_23491325.gif


店名:イ・ドルチ・シベリ
住所:神戸市中央区山本通3-3-23
電話:078-241-7427
定休日:不定休
営業時間:11:00~19:00
[PR]

by yukichocolat | 2007-06-18 23:07 | sweets(兵庫)