「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

期間限定でポンム登場☆モンプリュ

e0120402_23561078.gifミルフィーユ・ポンム
e0120402_23202136.jpg
e0120402_23204274.jpg


モンプリュさんのミルフィーユは、季節ごとにフルーツが
変わるということはなく、通年でバナナがサンドされてたんだけど・・・
あの“さんさ”林檎を使ったポンムが登場!

林シェフは、ミルフィーユは本当はプレーンがお好き(私も♪)
でも、バナナのねっちゃり感は、まったりとしたムースリーヌと合うので
バナナは大丈夫!っておっしゃってたけど・・・林檎はどうかしら?

e0120402_043034.gifごろんとカットされた林檎を、キャソナードでキャラメリゼし
カルヴァドスでフランベ!
この林檎・・・バナナと同じぐらいの厚みにカットされてるわ!

ややシャックっと感を残してキャラメリゼされた林檎は
バナナよりもやっぱり爽やかな風味!
ムースリーヌとも一体化するというよりは
甘酸っぱさをプラスして、瑞々しいテクスチャーに仕上げている感じで
今の蒸し暑い季節には、こちらの方が食べやすいかな。
カルヴァドスのシャープな香りの余韻も、清清しい風をプラス!


一方、見るからにザックザクで、しっかりとした焼き色が美しいパイ生地は・・・
こんなに湿度の高い日でも、全く湿っておらず
ザクッ、はらっ・・・なんて軽やかで儚いんでしょう(*^^*)

「うちのミルフィーユは、明日食べてもサクサクで美味しいですよ!」
とシェフがおっしゃるパイ生地は、薄力粉一本で作られているそう。e0120402_052187.gif
強力粉を入れると生地が膨らむので
プレスして焼かないといけないけど
薄力粉一本だと、そんなにプレスする必要がないので
軽い食感に仕上がるんですって♪

確かに・・・こんなに何層にも折り重なっているのに
一枚一枚の間に、ちゃ~んと空間があって
ザクッとナイフを入れると、一層一層がハラハラっと崩れていくんです・・・
存在感があるのに、しっとり軽やかで儚いテクスチャー(*^^*)☆

さらに生地をやわらかくするように、少し白ワインビネガーを
使われているのも、この食感を生み出す秘訣!
ガレット・デ・ロアにもビネガーを使われているシェフがいらして
どのくらい生地の質感が変わるのかなぁって不思議に思ってたんだけど・・・
一度、食べ比べてみたい気がしますよね。

e0120402_0103242.gifちょっぴり効かせたゲランドの塩と発酵バターのほんのりとした塩味も
風味をキュッと引き締める、美味しいアクセントに(*^^*)♪

私は、まったり、ねっちょりとしたバナナのミルフィーユの方が好みだけど
この林檎がなくなるまでの限定だから・・・
っていう言葉に弱いんですよね(◎◎)

e0120402_064228.gif


店名:patisserie mont plus (パティスリー・モンプリュ)
住所: 兵庫県神戸市中央区海岸通3丁目1番17号
電話番号: 078 - 321 - 1048
営業時間: 10:00~19:00
定休日: 火曜日
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-29 00:00 | モンプリュ

ちょっぴり秋の気配☆モンプリュ

e0120402_21365969.jpg

モンプリュさんのショーケースの上にもちょっぴり秋の気配が・・・

“さんさ”という品種の、岩手県産の美味しい林檎が入ったので
e0120402_0191959.gif林檎のお菓子がたくさん登場するよ~(*^^*)/
聞いて、楽しみにお伺いしてみると・・・
あっ、このタルト・ポンム、去年はでてなかったですよね~。

さんさ林檎は、サクッとした歯ごたえで
適度な甘味と爽やかな酸味のバランスが絶妙♪
真っ赤で小ぶりな、いかにも林檎らしいビジュアルのお林檎なんです。

でも、ごめんなさい★
今日はそのお隣のヴォストックが、と~っても気になるんですけど・・・
だって、たった今、焼き立てで~す!って登場してきたんですもの♡
e0120402_22245183.gife0120402_2225576.gife0120402_2225136.gif手をかざすとまだほの温かくって、甘い香りがほわ~ん・・・



e0120402_012657.gifヴォストック
e0120402_2141371.jpg
e0120402_21412426.jpg


でも、実は甘いパンはあまり得意ではない私★
他にケーキをすでにオーダー済みだし^^;
一人で1個食べきれるかな~って心配していたら
モワルーと一緒に食べたら、絶対美味しいよ!という天使のお言葉が♪
ちょうど今お願いしようと思ってたんです・・・グッドタイミング!

e0120402_0174786.gif(ケーキにプラス200円でブルーベリーのコンフィチュールを
 添えたミニモワルーをプラスできるんだけど・・・
 このヴォストックには、プレーンの方が合いますよね~♪)

ブリオッシュ生地に、シロップとラム酒をたっぷりしみこませ
クレームダマンドとアーモンドを重ねて焼成。

外はサックリ♪ 中はもっちり、しっとり♪
と、ここまではパン>ケーキという雰囲気なんだけど
数口噛みしめると、ラム酒の馨しい香りの余韻がふうわり・・・
一気にケーキの様相を帯びてきちゃいます(*^^*)☆e0120402_0163857.gife0120402_0164660.gife0120402_0165344.gif
まさに、と~っても贅沢なパティスリーのヴィエノワズリー

バターのコク、シロップの甘味、ラム酒の香りと
やっぱり、かなりあま~いヴィエノワズリーなんだけど・・・
スッキリとした甘味と爽やかな喉越しの
モンプリュ特製モワルー(ソフトクリーム)
と一緒にいただくと・・・う~ん、何倍も美味しい~(*^^*)♪

温かいヴォストックに、冷たいモワルーがバニラソースのように絡んで・・・
温冷温冷・・・魔のスパイラルにはまってていっちゃいます(◎◎)

e0120402_0222397.gifモワルーはアイスクリームと違って、お口に入れた瞬間から
口溶けがとってもなめらかなので、ボストックにもスーッと溶けこんで・・・
この渾然一体感がたまらないんです(*^^*)☆



タルト・ポンム
e0120402_21425948.jpg
e0120402_21431481.jpg

そして1週間も経たないうちに、ちゃんとタルト・ポンムも!

カソナードでキャラメリゼしたさんさ林檎に、アプリコットのナパージュ。
あらっ、ビジュアルほど味が濃厚じゃないわ^^;

と~っても深いべっ甲色に煌いているので
かなりほろ苦いのかな~と思ってたんだけど・・・
とろ~んと甘いナパージュの奥から、まあるい酸味の余韻が!
食感もシャクッではなく、とろ~ん・・・
じっくり焼きこまれているので、焼き林檎のように深~い味わいなんです。

サクッ、はらっと儚い生地は、本当にあるかないかの厚さなんだけどe0120402_2203020.gif
こっくりとしたバターの風味と食感をプラス。
素朴なのに、じわ~っと美味しさが広がっていきます(*^^*)☆

もちろんボストック同様、少し温めてもらって冷たいモワルーと一緒に!

でも、この美味しいモワルーの季節・・・もうすぐ終わっちゃうんですよね★
これから登場するタルトタタンと一緒に食べても
絶対、絶対美味しいと思うんだけどなぁ・・・♡
年中食べられるようにしてくれたらいいのにな(*^^*)☆


e0120402_0211511.gif


店名:patisserie mont plus (パティスリー・モンプリュ)
住所: 兵庫県神戸市中央区海岸通3丁目1番17号
電話番号: 078 - 321 - 1048
営業時間: 10:00~19:00
定休日: 火曜日
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-28 00:00 | モンプリュ

☆バースデープレゼント☆

e0120402_21533672.jpg

ちょっぴり早い、バースデープレゼントをいただきました(*^^*)☆

大好きなピンク&キラキラ☆☆☆

お出かけするときはいつも一緒!の普通のメモ帳も
このカバーをかけると、ちょっぴりできる女風^^;?
(本とはブックカバーなんだけど・・・)

素敵なスケジュール帳も持ってるんだけど
ただでさえ荷物が重いので、なるべく薄いのが欲しかったの(*^^*)♪

そして、スワロフスキーのキラキラいっぱいのボールペン☆
ビジュアルから想像するよりも書きやすいんですよ^^;
e0120402_22564223.gifでも、できる女風じゃなくなっちゃうかな~^^;
(本とは携帯もデコ携帯にしたいんだけど・・・
 いい歳なんだから★とみんなに止められてます・・・)
一応普通のボールペンも常に同伴しま~す(*^^*)/



e0120402_21535553.jpg

カバーには、ネームまで入れてもらって(*^^*)♪
スイーツメモ用の手帳なので、yukichanで!

e0120402_2255991.gife0120402_22551922.gife0120402_22553088.gifいくつになっても、ピンク&キラキラは大好きでいたいな~
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-27 00:00 | ひとりごと

2007パティスリー&ブーランジェリーコレクション☆      JR名古屋高島屋 -6

トラン・ブルー
パリセヴェイユ
フジウ
オークウッド
オーボンビュータン


e0120402_22515229.jpg

朝からず~っと茶系の濃厚テイストが続いているので^^;
ちょっぴりサレ風味が食べたいな~と思っていたら・・・
ロートンヌさんで真っ白なフロマージュを発見!

ロートンヌさんにはまだお伺いしたことがないんだけど
神田シェフは今、とっても気になる存在なんです。
8月にエスコヤマの小山シェフが開催された、パティシエロックナイトに
スリジェの和泉シェフとゲストで参加されたり
関西で講習会をされたり、・・・色んなシェフから目撃談を聞いていたので^^;

なので、東京で開催される
神田シェフの講習会に参加することにしちゃいました(*^^*)/
でもその前に、やっぱりケーキはいただいておかなくっちゃね!

それと・・・写真を撮り損ねたのがとっても悔やまれるんだけど★
ロートンヌのスタッフの皆さん、フェラーリのユニフォームを着てらして!
ライコネンを追って、今年からフェラーリファンになったe0120402_0184360.gif
私は一気にテンションUPw(*^^*)w
神田シェフが、フェラーリと関係がおありなんだそうです。
(今度詳しくおうかがいしてみなくっちゃ!)




e0120402_0185812.gifフロマージュ クリュ
e0120402_23162999.jpg

なめらかな舌触りの、軽やかでさっぱりとしたレアチーズケーキ。
中のパイナップルが程よい酸味をプラス。
この時は、もっとガツンとくるフロマージュをご所望だったんだけど(笑)
ほ~んとにまろやかで、全くチーズ臭さが感じられないんです。

それもそのはず・・・
実は神田シェフは、チーズが苦手だったんですって!

e0120402_0202539.gifショーケースの上に神田シェフが書かれた、チーズケーキの本が
置かれていたので、シェフはチーズがお好きなのかと思ったら・・・
苦手な方でも美味しく食べられるように考えられたんだとか。
表紙には、あのぐるぐる渦巻き模様のケーキが(◎◎)

フェラーリのユニフォームに身を包んだ
秋津店の販売主任さんと、思いっきり盛り上がってしまいました♪




e0120402_0212011.gifトライベッカ
e0120402_23322787.jpg

あれだけおしゃべりしたのに
フロマージュ・クリュしか買っていなかったんだけど^^;
そうこうしているうちに3:30~からの、限定販売のケーキが到着(*^^*)/

ライム、生姜、ココナッツを効かせたムースは
織り重なる風味と香りの余韻が爽やか!
オリエンタルなハーモニーを醸しだしています(*^^*)☆

上から見ると・・・お月様のような、まん丸オレンジが透けて見えていて・・・
目玉焼きみた~い(*^^*)♪ってはしゃいでいたら
杏のジュレだったのかな?

e0120402_0222912.gifライムの皮もちゃ~んと入っていて
爽やかなライムとスパイシーな生姜の香りのマリアージュが
オリエンタルで爽やかな初夏のよそおい(*^^*)
・・・ってもう初秋なんですけどね(笑)


店名のロートンヌは仏語で秋という意味。
でも、季節の秋ではなくて・・・
お店のある“秋津”の秋を意識してなんですって。

講習会でどんなお話をおうかがいできるのか・・・今からとっても楽しみ!
(とうとう講習会に参加するために上京しちゃう私・・・どこでもドアが欲しいですぅぅぅ)



e0120402_092791.jpg

今回関西のパティスリーから唯一出店されていた
ガトー・ド・ボアの林シェフ。
シェフがフランボワーズをトッピングされている姿なんて・・・
ある意味レアショットかも!e0120402_032074.gif
去年はイグレックさんやラ・ピエール・ブランシュさんもいらしたので
ちょぴり今年は淋しそうだったけど・・・
名古屋の常連さんがもう、しっかりついてらっしゃるんですね♪

毎日ブースの中で実演されるのは、とても大変だと思いますが
関西代表として、素敵な笑顔とお菓子をお届けしてくださいね(*^^*)
林シェフって・・・冷静な雰囲気なんだけど、実はちょっぴりシャイで
e0120402_0323910.gife0120402_0325173.gife0120402_033123.gif穏やかなんだけど、お茶目なところがとっても素敵なんです


e0120402_0275572.gif


店名:ロートンヌ
住所:東京都東村山市秋津町5-13-4
電話:042-391-3222
定休日:毎週水曜日(月の最終週は休まず営業)
営業時間:10:00~22:00(日曜・祝日10:00~21:00)
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-26 00:00 | イベント・催事(その他)

2007パティスリー&ブーランジェリーコレクション☆      JR名古屋高島屋 -5

トラン・ブルーe0120402_12331657.gif
パリセヴェイユ
フジウ
オークウッド


e0120402_12484595.jpg

朝一番にトラン・ブルーさんに並んでいた時に、お隣にも別の行列が・・・
それがこちらのオーボンビュータンさん。
日本のフランス菓子の先駆者、河田シェフのお店です。
オーボンさんだけ、まるでお店を構えているかのような
特別な小部屋がもうけられているんですよ(笑)

私が東京スイーツツアーをしようと思って
はじめてお伺いしたお店も、こちらのオーボンビュータンさん。
鮮烈なカルチャーショックを受けたのを今でも覚えています☆

e0120402_144114.gif最近はお店まで足を運ぶことが少なくなってしまったけど
焼き菓子が美しい♡ と思うお店はオーボンさんで修行をされた
シェフのお店が多いんです・・・
しっかりとした焼き色が魅力的なんですよね(*^^*)♪

初日のみ朝10時からの販売だったので、15時過ぎには
行列もなくなっていて、入ってみると・・・
もちろん、限定30個のヴァシュランのお菓子はとっくに完売してたけど・・・



e0120402_1441985.gifショコラ フランボワーズ
e0120402_1302171.jpg
e0120402_1303227.jpg

ナッツの香ばしさがカリッと響くショコラ生地に
フランボワーズの酸味を効かせたガナッシュをクネル状に。

ガナッシュはこ~んなにたっぷりなのに、全くくどくないんです・・・
フランボワースの酸味と、ショコラの甘味&苦味のハーモニーが素敵☆
しっかりと濃厚なのに、スッとキレの良い口溶け・・・e0120402_1455114.gif
ショコラの芳醇な香りの余韻に酔いしれてしまうひとときって
なんて優雅で幸せな瞬間なのかしら(*^^*)☆





e0120402_1462244.gifサヴァランアラコンデ
e0120402_13112081.jpg
e0120402_13113314.jpg

サヴァランにお米のバヴァロア。
お米はあんまり得意じゃないんだけど・・・
シャンティよりも少しもったりとしたバヴァロアに
程よい食感を添えている感じかな。

キルシュもそんなに強くなく、苺のやさしい酸味も。
じゅわじゅわ~のサヴァランに
e0120402_14122560.gif色んな食感や風味をプラスして、素朴で食べやすい感じに!





e0120402_14143129.jpg

オーボンさんのお菓子って・・・e0120402_14132459.gif
すべてが画一化されたフォルムじゃないんです。
色んな表情の子が顔を並べているの(*^^*)♪
百貨店さんとかではそういうことはNGだと思うんだけど
オーボンさんなら、いえ、河田シェフであれば全然OKだから不思議☆

フランスのお菓子屋さんでも、色んな表情のお菓子が
あちらこちらを向いて、無造作に並べらていますものね♪
その中から自分のお好みの子をセレクトするのも楽しかったりして・・・


あっ、あちらのお店も気になる~♪
だって、今度シェフの講習会に参加するんだもん!


e0120402_14133881.gif


店名:オーボンヴュータン
住所:東京都世田谷区等々力2-1-14
電話:03-3703-8428
定休日:水曜日
営業時間:9:00~18:30
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-25 00:00 | イベント・催事(その他)

2007パティスリー&ブーランジェリーコレクション☆      JR名古屋高島屋 -4

トラン・ブルーe0120402_22573326.gif
パリセヴェイユ
フジウ



e0120402_2059133.jpg

ジェイアール名古屋高島屋さんで開催されている
2007パティスリー&ブーランジェリーコレクション
のお楽しみは、美味しいケーキ屋パンが一堂に会するだけではないんです!
毎日2回、シェフが日替わりでトークショー&実演を開催されるんです。
初日は、菓子工房 オークウッドの横田シェフの実演が!
関西の色んなシェフの方々から、横田シェフのお人柄をおうかがいしていたので
一度是非お目にかかりたいな~ってずっと思ってたんです(*^^*)♪

先日埼玉のお店にお伺いした時も残念ながらお会いできず
毎月開催されているお菓子教室も、1ヶ月以上も前に満席になってしまうので
キャンセルできないとなると、申し込みにくくて・・・
だからこの日お会いできるのを、と~っても楽しみで・・・w(*^^*)w

でも、このイベントはなぜか写真がNGで・・・
e0120402_230888.gif去年の青木シェフのトークショーでは、青木シェフご自身が
なんで駄目なの~?っておっしゃってくださったんだけど・・・
今年もNGだったので、実演開始前に準備をしてらっしゃる
横田シェフのお姿を1枚撮らせていただきました。




e0120402_22543722.jpg

今回のテーマは、「新作について
というわけで、このイベント向けに新作を考えてくださったそうです。

そのお菓子の名前は、ヌーベルマリエ
新婦さんという意味なんですって。

e0120402_2315758.gif口溶けのよいホワイトチョコレートムースの中には
爽やかなライムのクリームをイン。
サブレブルトンヌのザクザクとした食感と
サブレに挟まれたフランボワーズの
コンフィチュールがアクセントに!

こんなに本格的なお菓子の実演を見られるなんて・・・幸せ(*^^*)♪


最下層のサブレブルトンヌは、ムースとあわせるので
バター多めで、サクサクとした食感に仕上げるのがポイント!

ポマード状にしたバターに粉糖を混ぜ、
室温にもどした卵を少しずつ加えていきます。(ここでラム酒も)
バター=油分、卵=水分。
油に入る水分には限界があるので、最初は少し多めでも構わないけど
最後は様子を見ながら少しずつ加えるのが最大のポイントなんですって。

あとは、薄力粉、ベーキングパウダー、塩等を加え
ねかしてから4mmにのして、セルクルで抜き、焼成。


次にこのサブレに挟むフランボワーズペパンの作り方を。
フランボワーズは、なんと冷凍のものを固いまま袋ごとゴンゴン♪e0120402_236087.gif
こうするとひと粒ずつ、綺麗にバラバラになるんですって。
これにグラニュー糖を加え、弱~中火でコトコト・・・
さらに水飴、トレハロース、ペクチンを加え、コトコト・・・

トレハロースは、甘味がお砂糖の半分なので
糖度があがるのは困るけど、砂糖の力がほしい時に
(日持ちをさせたいとか、メレンゲをなめらかにさせたいetc...)
最高、お砂糖の1/3量までは置き換えることができるそう。

このフランボワーズのペパンが温かいうちに、サブレに挟んで!
温かいうちに挟むと、ピシッと固まるんですね。


ホワイトチョコのムースの中に鋳込むライムマンゴークリームは、
マンゴーピューレとライムジュースを湯煎にかけ、90℃に。

そこにライムの皮、卵、グラニュー糖を加え混ぜ、裏ごします。
酸味のものを加えることで、卵がボソボソに固まらず
なめらかに仕上がるそう。

ライムはジュースよりも皮が香りをはなつので、オークウッドさんでは
e0120402_23214223.gifライムの皮をよく使い、ジュースの方は余ってしまうとか・・・
以前は、居酒屋さんに提供されていたこともあるんですって。
(ライム酎ハイ用に・・・なんて贅沢なんでしょう(◎◎))

このクリームの温度を40~45℃まで下げ、
ふやかしたゼラチン、ポマード状のバターを加え混ぜます。
この時、温度が高いと、バターの風味が飛んでしまうんですね。
下にジェノワーズを敷き、冷やし固めて・・・


e0120402_2210467.jpge0120402_22105915.jpg








このサブレとマンゴークリームを
最前列の私たちは試食させていただきました(*^^*)

サブレは想像よりもしっとり、クリームはこれだけだとかなり酸味が強いかな。




e0120402_2213243.jpg

メインのホワイトチョコレートのムースは、
乳の風味、甘さがチョコレートの風味に勝つように
甘さ控えめで、シンプルなムースに!

ここにライム、マンゴーの酸味、香りをプラスすることで
全層一緒にいただいたときに、一つの味が完成するように
出来上がりの味を考えながら配合を考えられたそう。

ホワイトチョコレートを細かく刻み、生クリームを加えてガナッシュに。e0120402_23231332.gif
卵黄、グラニュー糖、水を混ぜ、湯煎にかけ、
もったりとしたとろみがでるように泡立て、パータボンブに。
この卵黄を加えることで、コクがプラスされるんですね。

このガナッシュ、パータボンブ、泡立てた生クリームに
最低限量のゼラチンを加え、プリンカップに入れて固めます。

本来はチョコレートだけの方がなめらかなので
ゼラチンはあまり加えないほうがいいのですが
カカオ分の低いホワイトチョコレートは、固まる力が弱いので
最低限のゼラチンは加えないと、固まらないんですね。
舌触りを考えつつも・・・のこの按配が難しいんでしょうね(*o*)

このムースの中に、凍らせたマンゴークリームを鋳込んで
サブレ生地の上にのせ、周りにヘーゼルナッツのクラックランをまぶして。

ヘーゼルナッツのクラックラン(砂糖がけ)は
焼きすぎるくらい焼いた方が、食感&香りともに美味しく仕上がるそう。
くるみ→アーモンド→ヘーゼルナッツの順で
横田シェフは、しっかり焼きこむそうです。


本当は仕上げに粉糖で綺麗にお化粧を施したかったんだけど
e0120402_23265953.gif茶漉しを忘れちゃって^^;と微笑むお茶目な一面も。
とても丁寧にお話をしてくださる一方、
しっかり笑いもとってらして・・・
皆さんが横田シェフを慕われる気持ちが
この1時間の実演の中でとっても分かった気がします(*^^*)♪

実演のあと、少しお話をさせていただいたのですが・・・
横田シェフは、季節感を大切にしたお菓子作りを目指してらして
お客様にも、今の季節はこのお菓子があるかな~という
スタンスで訪れてほしいそう。
現在Open3年・・・5年で定着するといいなぁと・・・

お料理はフレンチのシェフが、コーヒーはバリスタさんが
と専門の方が作る本物の味を堪能してほしいという想いから
今年カフェもOpenされたんですって。
本当に心癒される、素敵な空間ですものね~(*^^*)☆

他にも、某国のホテルスイーツのプロデュースをされたりと
お忙しいシェフですが、週末はなるべくお店でお客様をe0120402_2330313.gif
お迎えできるようにしているんですとのこと。
お店の雰囲気どおりの温かいお人柄の横田シェフ。
この日お会いできて、本当に嬉しかったです(*^^*)




e0120402_23305963.gif栗のパリパリモンブラン
e0120402_2241892.jpg
e0120402_22412445.jpg

実はこの実演の前に、モンブランをいただいていました(笑)
パリパリのタルトの中には、しっとりダマンドがた~っぷり♪
e0120402_23325751.gifさらにねっとり濃厚な和栗のクリームもた~っぷり♪
栗好きにはたまらない・・・思いっきり栗を堪能できる一品。


横田シェフの素晴らしいお言葉の数々で心は満たされたんだけど
そろそろお腹の方がまた・・・^^;
ということで、スイーツタイム第2弾を過ごすべく
またまたお店行脚にLet's Go(*^^*)/


e0120402_23322026.gif


店名 : 菓子工房オークウッド
住所 : 埼玉県春日部市八丁目966-51
TEL : 048-760-0357
URL : http://oakwood.ftw.jp/
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-24 00:00 | イベント・催事(その他)

2007パティスリー&ブーランジェリーコレクション☆      JR名古屋高島屋 -3

トラン・ブルー
パリセヴェイユ


e0120402_13484278.jpge0120402_1349555.jpg








東京のお店には、一度しかお伺いした事のない
パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウさん。
ショーケースには、古典をモダンに表現されたお菓子が顔を並べ
見ているだけで楽しくなるコンフィズリーもたくさん!
本店では、まるでおもちゃ箱をひっくり返したような
キュートなディスプレイに、目が釘付けになっちゃいました(*^^*)♪




e0120402_14125022.gifフジウ
e0120402_9165545.jpg
e0120402_9171025.jpg

洋酒に漬け込んださくらんぼをキャラメリゼしたピスタチオの上に載せ、
濃厚で味わい深いムースショコラで包んで。

藤生シェフのフジウ
シェフのお名前を店名に冠されたり
店名をケーキのネーミングに使われることは結構あるけど
シェフご自身の、しかも苗字をつけられているケーキってあるかしら?
(関西ではヨシヒコ ナカガワさんにyoshihikoというケーキが!
 でも・・・呼び捨てでは注文しにくいんですよね^^;)

関西の某シェフとも、自分のお好きな素材を組み合わせたのかしら?とか
スペシャリテと呼べるケーキが完成したのかしら?とか
色々想像をめぐらしていたのですが・・・

藤生シェフのトークショーに参加したお友達の話によると・・・
e0120402_14134165.gif藤生シェフと仲良しのフランス人シェフの方が
フジウに3ヶ月間滞在された時に
考えられたケーキなんですって。
彼の描く、藤生シェフのイメージなのかなぁ・・・

ショコラ×さくらんぼ×ピスタチオ・・・
アンブロワジーのような構成かしらと思ったら・・・
グリオットチェリーはコンフィチュール状ではなく、プルンと固めのジュレ。
ピスタチオもバヴァロアではなく、カリッとキャラメリゼされた
粒状のまま射込まれているんです。

ムースショコラは、ころんと可愛いフォルムのトッピング部分も
中の部分も同じムースのような気が・・・
ほわっとエアリーでミルキー☆

スペシャリテ☆というような特別感のあるテイストではなく
e0120402_1420193.gif親しいお友達が考えられた感のある
フレンドリーで誰からも愛されるテイスト♪






e0120402_14165687.gifソレイユ
e0120402_144418.jpg

e0120402_1442024.jpg

キャラメルムースにアプリコットのジュレ。
キャラメルって聞くとどうしても我慢することができなくて・・・^^;

ミルキーでまろやかテイストのキャラメルムースに
ほろ苦くサレ風味の効いたグラサージュ。e0120402_14183613.gif
杏のジュレは酸味もまろやか。
全体的にほ~んわり、やさしいテイスト。


あっ、お土産にコンフィズリー買うの忘れちゃった★★★
さぁ、ちょっぴりお腹もいっぱいになったし・・・横田シェフの実演のお席を取りに!

e0120402_14184612.gif


店名:パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ
住所:東京都日野市高幡17-8
電話:042-591-0121
定休日:無休
営業時間: 8:00 ~ 20:00
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-23 00:00 | イベント・催事(その他)

2007パティスリー&ブーランジェリーコレクション☆      JR名古屋高島屋 -2


トラン・ブルー

e0120402_9573219.jpg

念願のトラン・ブルーさんの後に向かった先は・・・
大好きなパティスリー、パリセヴェイユさん♡
でももう11時過ぎだし、限定数40個は無理だろうなぁと半ば諦めつつ・・・
去年も、限定品目指して一目散に走ったなぁ・・・
(ちなみに去年の個数限定品は、シュープレームでした)



e0120402_1021287.jpge0120402_1022666.jpg









ガ~ン・・・★ アルルカンはやっぱり完売だわ・・・
(ケーキのお写真はパンフレットより)

オブジェのように仕上げられたタルトの中に秘められているのはe0120402_1313178.gif
チョコレートと相性抜群のバナナのソテー&クリーム。
金子シェフらしい、シンプルながらもエレガントなデザイン☆
しかもお得意のショコラもの・・・ざ・ん・ね・・ん★★★

でも、金子シェフのセオリーからすると・・・
きっと暫くしたら、進化した商品がお店の方で登場しますよね?!
東京の皆さん、是非食べた~いってお願いしてみてくださいね(*^^*)♪




e0120402_1952294.jpg

今回パリセヴェイユさんでは
この催事のために4種類の新作が登場!
ピンクやオレンジのキュートなムースも登場してたんだけど・・・
やっぱり金子シェフカラーの、ダークな茶系になっちゃう私たち。

でもこのおにぎりフォルムのケーキ・・・どっかで見たことあるような・・・




e0120402_137337.gifサンサシオン
e0120402_1955664.jpg
e0120402_10132739.jpg

5月にお店でいただいた時は、スクエア型だったサンサシオン(写真下左側)
この時は、ビスキュイショコラとショコラムースが重層的に重ねられていて
どちらかと言えばビスキュイの印象が強くって・・・
美味しいんだけど、あまり記憶に深~くは刻まれていなかったんだけど・・・

今回は、ムースショコラの中にブリュレショコラ、サブレショコラを重ね
オレンジのコンフィをたっぷり効かせて!

e0120402_1318378.gifほわっとエアリーなムースショコラの中に
トゥルンとなめらかなブリュレ。
さらに苦味を効かせた、ほろほろっと崩れるサブレショコラ。
食感のアンサンブルが魅力的です(*^^*)☆

このショコラのムース・・・と~っても美味しい♡
厚みがあるので、ショコラの芳香がよりふくよかに広がり
とろ~んとなめらかなのに、スッとキレの良い口溶け。
芳醇なショコラの甘味と苦味のバランスも絶妙なんです!

オレンジのコンフィもコンフィチュール状になり、以前より存在感をはなちe0120402_1354275.gife0120402_1355250.gife0120402_13612.gif
ショコラ×オレンジ・・・大人テイストの優雅なマリアージュ
パリセヴェイユさんのショコラ系の中でも、一気に上位に!

最近本とによく感じることなんだけど・・・
同じ素材を使っていても、フォルムを少しチェンジするだけで
食べた時の印象がガラッと変わってしまうものなんですね。
大好きなパティスリーさんの、こんなマイナーチェンジの追っかけ・・・
ちょっぴりマニアックかもしれないけど、かなり楽しいですよ(*^^*)☆




e0120402_137174.gifシャタン
e0120402_1964444.jpg

ダックワーズマロンの上にムースマロン、ババロアカフェ、
パート・ド・マロン、シャンティカフェを重ねて。

全層ともかなり白っぽい仕上がりなので
風味は弱めなのかしら・・・と思ったら・・・大間違いでした^^;
さすが金子シェフのお菓子!
色調はこんなにやさしい雰囲気なのに、風味はしっかり!
きっと、あらかじめ牛乳にしっかりと素材の味をうつしてらっしゃるんでしょうね。

e0120402_13172294.gifマロンとショコラの相性がいいのは分かっていたけど
マロンの渋味とカフェの苦味のハーモニーも魅力的♪
各々の個性をガツン!と主張しあうというのではなく
香りの余韻がまろやかにブレンドされていくという感じなんです。

初秋を彷彿とさせる、ほんのりやさしいマリアージュ♡
やっぱり秋色って素敵・・・一番好きな季節なんです(*^^*)




e0120402_123167.jpg

でも・・・実はプチ・ガトーよりも気になっていたのが
こちらのケークの数々。
以前よりもひと回り小さいサイズ(約12×7cm)になって、お値段も1600円ほどに。
黒のハードBoxに水色の紐がけ、というお洒落でスタイリッシュなパッケージなので
プレゼントにしたら株がUPすること間違いなし!

7種類ぐらいあったかしら・・・
e0120402_13193453.gifこれをセットで贈られたら・・・あまりに素敵すぎてイチコロよね^^;
とお友達と勝手な妄想を膨らませながら・・・
二人で半分こして購入することに即決定(*^^*)/
軽井沢のイベントでいただいた、生姜&フランボワーズとキャラメルポム
以外で未食の4種類を大人買い!
(マロンは以前にも食べたことがあるのでお友達に)



e0120402_13141891.jpge0120402_13143599.jpg








e0120402_1320528.gifケーク ココ アブリコ
 ココナッツと杏のパウンドケーキ。
    これはかなり美味しいと聞いているので、一番気になる~☆



e0120402_1315717.jpge0120402_13152140.jpg








e0120402_13202285.gifケーク シンフォニー
 しっとりとしたチョコレートのケーキ。
    これは本店にはないって聞いたんだけど?!



e0120402_13155011.jpge0120402_1316744.jpg









e0120402_13203778.gifケーク オ ショコラ
 グランマニエで漬けたオレンジのコンフィと白いちじくたっぷりの
    ココアのパウンドケーキ。
    素材的にはこれが一番好きだと思うんだけど~(*^^*)☆


今回は買わなかったんだけど、ラム酒とオレンジジュースに漬けた
フリュイたっぷりのケーク オ フリュイ
かなりバージョンUPした感じでしたよ~♪

こちらのケークは週末にゆっくりいただきますね(*^^*)


実はこのパリセヴェイユさんレポ・・・
名古屋に行った翌日に、ハイテンションのまま3時間程かけて書いたのに
e0120402_13224751.gifUPしようと思ったら・・・あらっ、記事が消えてる~(◎◎)
サーバーの不具合で送信したのに消えちゃうことは多々あるけど^^;
保存してたのに消えちゃった?のは初めてで・・・かなりショックでした★
なので、書き直したんだけど・・・かなりテンションは下がっちゃってるかも^^;


でも、まだまだ続きます・・・

e0120402_13222999.gif


店名 : パリセヴェイユ
住所 : 東京都目黒区自由が丘2-14-5館山ビル1階
TEL : 03-5731-3230
営業時間:10:00~20:00
定休日: 無休
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-22 00:00 | イベント・催事(その他)

2007パティスリー&ブーランジェリーコレクション☆      JR名古屋高島屋 -1

e0120402_14531259.jpg

今年も行ってきましたw(*^^*)w
毎年この時期に、JR名古屋高島屋さんで開催される
パティスリー&ブーランジェリーコレクション
関東、関西、そして地元愛知県のパティスリー&ブーランジェリーが
一堂に会する夢のようなイベント!
(関西でも開催してくれたら、毎日通うのになぁ・・・)

昨年は、あまり行くことができない東京のパティスリーに興奮して
どこのケーキを購入しようか、右往左往していたのですが・・・e0120402_14184574.gif
この1年は、なぜか毎月上京しているので(笑)
今年心静かに、限定品を中心にゆっくり眺めることができました^^;

でも・・・やっぱり限定品は争奪戦で・・・
一番いただきたかった限定ケーキはGetできなかったんです★★★
あちらのお店なので・・・セオリーからすると
そのうちお店にも登場すると思うんだけど^^;



e0120402_13184299.jpg

今年私が一番お伺いしたかったお店は・・・
岐阜・高山のブーランジェリー、トラン・ブルーさん。

トラン・ブルーは、フランス語で “ブルー・トレイン”という意味で
綴りも、英語の BLUEではなくBLEU。
長い道のりを、目的地に向かってコツコツとひたすら走り続けてゆく
という願いを込めてつけられたそう。

シェフの成瀬氏は、2005年ベーカリーワールドカップで
e0120402_14204685.gif世界第3位に輝かれた実績の持ち主。
時代の流行にとらわれず、本当に美味しいと思えるパンだけを
基本に忠実に作り続けたい・・・素敵なお言葉です(*^^*)☆

名古屋の方でも1泊しなきゃ、なかなか・・・と言われる場所だし
去年も今年も、限定1日しか出店されていないので
限定ケーキを諦めても、ど~しても一番最初に向かいたかったんです!

初日だし混むんだろうなぁと覚悟しつつ、私もOpen前から並んだんだけど・・・
地元の方のみぞ知る?!色んな秘密の道があるんですね^^;
10:03にブースに到着した時は既に長蛇の列が(◎◎)




e0120402_1311269.jpge0120402_13112154.jpg









でも一応本数限定の、デリス オ マロンの整理券(34番)を
いただいて待つこと40分・・・
やっとブースの中に入ることができました!
一度に5人ぐらいしか入れないので、なかなか列が進まないんですよね。

なのに~・・・皆さんのトレーの上を見るとパンが数個ずつ★
せっかくこんなに長時間並んだんだもん!e0120402_1427525.gif
私だったら絶対大人買いしちゃうのに~っ心の中で叫びつつ・・・





e0120402_13291562.jpg
e0120402_13292979.jpg

朝一番はヴィエノワズリ―系が多かったみたいで・・・
季節のフルーツごとに特製クリームを合わせ
繊細な食感のクロワッサン生地にのせたデニッシュ。
普段はあまり自主的にデニッシュ系をセレクトすることはないんだけどe0120402_14252495.gif
この生地の繊細さに魅かれて・・・
お友達と半分こして、ここでいただいて帰ること決定!

一番目を魅いたのが、このポワール
和梨をシロップで煮て、ワインに漬け込んだ秋の限定商品。
洋梨とは異なる、和梨のシャキシャキとした食感&さっぱりとした後味と
まったりとしたカスタードクリーム、はらはらと儚い生地のハーモニー♪
ケーキをいただいているかのような贅沢な味わいです!




e0120402_13375866.jpge0120402_1338991.jpg








でも、やっぱり気になるのはハード系。
酵母は極力減らし、発酵はゆっくりと。
その間にじっくりと生地を熟成させ、しっかりと焼きあげてらっしゃるそう。
う~ん・・・小麦本来の風味と香りを堪能できそう!

あらっ、パン・ドーロやパネトーネといった大きなお菓子も!e0120402_14282544.gif
色々な種類に挑戦してらっしゃるんですね。
でも、さすがに今回は我慢、我慢・・・




e0120402_1343929.jpge0120402_13433159.jpg








バケットパン・ペイザン
ケーキcut用のナイフしか持っていなかったので
お友達と綺麗に半分こできるか心配だったんだけど・・・意外にソフト!
でも、噛みしめるほどに小麦の風味と香りがじ~んわり・・・美味しい(*^^*)☆

クロワッサンは、極薄の生地が重なり合いはらはらと儚く、中はし~っとり。
発酵バターのサレ風味が、お口の中でジュワ~♪

奥の立方体のパンは、はちみつと蒸し栗の小さな食パン
フランス産蜂蜜と国産小麦を使用した生地に、
シロップ漬けにした蒸し栗を練り込み、小さな型で焼成。
甘~い栗と蜂蜜の風味がふわ~ん(*^^*)e0120402_1441282.gif

全体的にやさしい食感で、生地自体にほんのりとした甘味が。
老若男女を問わず、受け入れられやすい感じかな。
素朴ながら、ひとつひとつ丁寧なお仕事が感じられます。





e0120402_1412151.jpge0120402_1413851.jpg








こちらが午前10時から限定60本限定のデリス オ マロン
(14時、17時~も各30本ずつ)

購入した時は、こんな風にスタイリッシュな黒箱に入った状態だったので
どんなヴィエノワズリーか分からなかったんだけど・・・
開けてみると・・・あらっ、スリムなケークみたい(*^^*)♪



e0120402_14472664.jpg
e0120402_1461942.jpg








蜂蜜、バター、卵黄をたっぷりと使ったブリオッシュ生地に
フランス産蒸し栗のクリームを巻き込んで焼成。

マロンクリームもバターの風味も濃厚!
That'sデニッシュというべき、危険なじゅわっと感(笑)
735円とちょっとお高め?と思ったんだけど・・・素材の贅沢さが感じられます。

この他にも、全粒粉の山食やあれこれを買い込んで
とりあえず今年最大の目標は達成ですw(*^^*)w
お隣に出店されていた、シニフィアン・シニフィエさんも
す~んごく気になったんだけど・・・
ハーフカットからしか購入できないないし・・・
(東京では、1スライスから購入できますものね!)

e0120402_1439370.gif東京で大好きなパティスリーの、各日40個限定のケーキが
気になって・・・今度は一目散にそちらへダッシュ!

続きます・・・

e0120402_14515496.gif


店名:トラン・ブルー
住所:岐阜県高山市西之一色町1丁目73-5
電話:0577-33-3989
定休日:水曜・第3日曜(その他不定休有)
営業時間:9:00~19:00 (売りきれ次第クローズ)
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-21 00:00 | イベント・催事(その他)

グルグル模様が楽しい カ◎ジ◎ノ ☆ モンプリュ

e0120402_12453932.jpg

ぐるぐる模様が可愛いらしいこのフォルム◎◎◎
昔どこかで見たことがあるんだけど・・・と考えていたら
元々はルノートルで作られていた、フランス古典菓子だったんです。



e0120402_13563269.gifカジノ
e0120402_1311869.jpg

カジノとは、ヴァニラ風味のババロアの周りに
e0120402_1403629.gifフランボワーズのコンフィチュールを巻いたロールケーキを
薄くスライスして、貼りつけたシンプルなケーキ。




e0120402_1331454.jpgでも、どうやったら
こんなフォルムになるんだろう???
と作り方をちょっとだけ
見せていただくと・・・

これが基本になるロールケーキ
なんですって(◎◎)
(もちろん、Cutしたものですよ!)


基本的には、カシスジャム(現在はフランボワーズや苺ジャムも)を
巻いた細いロールケーキをスライスして、型の底と側面に並べます。
ジャムで隙間をうめて、中にババロアを流し、
ビスキュイで蓋をしてひっくり返せば…
ぐるぐるうずまきが可愛いらしいケーキの出来上がり(*^^*)/




e0120402_13104662.jpg
e0120402_1384870.jpg

通常は天板の短い方の辺(40cm)を巻くそうですがe0120402_1413436.gif
モンプリュさんでは、より細長く仕上げるために
長い方の辺(60cm)を巻いてらっしゃるんですって!
さらに焼きあがったビスキュイを麺棒でたたいて、より薄く。
こうすることで同じ生地量でも、ぐるぐると巻く回数が多くなるんですね。

さっぱりとキレのあるキルシュの風味が
フランボワーズの酸味と調和して
キュン♪とした酸味の後に広がる、シャープな余韻・・・
ねっちりとしたビスキュイと、トゥルンと軽くなめらかなババロアとの
口あたりのコントラストもいい感じ(*^^*)♪


でもこのカジノのような、いわゆるフランス古典菓子が
残念ながら最近は姿を消しつつあるんです。e0120402_149725.gif
林シェフはモンプリュOpen当初から
パリで修行されたジャン・ミエさんの
フランス古典菓子の伝統を踏襲しつつ
そこに自分のオリジナリティを融合させた
お菓子作りを目指してらっしゃいます。
頭の引き出しの中は、作りたいフランス菓子のアイデアで
常に溢れてらっしゃるご様子(*^^*)☆

でも、環境も素材も異なる日本では
フランスのルセットそのままでは再現できないために
納得がいくまで、何度も試作を重ねてらっしゃるので
なかなかお目にかかることができなかったんです★
決して妥協を許さない、パティシエという仕事に対する
ストイックな姿勢・・・素敵ですね(*^^*)☆

そしてとうとうこの秋には、そんな多くのフランス古典菓子が
お目見えするご予定のようなんです☆
たまたまお店の棚の上のオブジェになっている
ルノートルのレシピ本を見せていただいたのですが・・・
昔目にしたことのある、懐かしい雰囲気のお菓子が
たくさん並んでいて・・・かえって新鮮に感じるほど(*^^*)

e0120402_14112083.gif
現在ショーケースを華やかに彩っている、煌びやかなお菓子とは
一線を画するクラシカルな面持ちのお菓子たち。
いつ、なにが登場するか分からないので
足繁くチェックしに行かなくっちゃ!

e0120402_14113784.gif


店名:patisserie mont plus (パティスリー・モンプリュ)
住所: 兵庫県神戸市中央区海岸通3丁目1番17号
電話番号: 078 - 321 - 1048
営業時間: 10:00~19:00
定休日: 火曜日
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-20 00:00 | モンプリュ