「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 12月 ( 41 )   > この月の画像一覧

ガレット・デ・ロア☆素敵なクリストフルのペンダントとともに

e0120402_89414.jpg

クリストフル親善大使を務められている
大森由紀子先生より直々にご連絡いただき、
e0120402_8131029.gif2008年のクリストフルフェーブ付きガレット・デ・ロア
ご紹介をさせていただくことになりました。

続きはこちらへ・・・
[PR]

by yukichocolat | 2007-12-31 23:59 | お知らせ

クリスマスアントルメの会☆ジャン=ポール・エヴァン

[クリスマスアントルメの会2007☆index]


e0120402_1122539.jpg

ジャン=ポール・エヴァンデジール・デザイン(新宿伊勢丹)

20周年を迎えるブランドのアニバーサリーのため
「昨日、今日、明日」というテーマで時をめぐる3つのビュッシュを創作。
「明日」をイメージしたビュッシュを、エヴァン氏が
ユニークな発想で作り上げた。
目を引く銀色の筒のチョコレートの中には、何が?

3作のうち、一番斬新なビジュアルのこちらをチョイスしたそうなんだけど
他の2作も気になるなぁ・・・



e0120402_9134168.jpg

そして、この土管のようなフォルムのショコラの筒には
鮮やかなオレンジ色のソース付。
土台もショコラのタブレットなんですね。

蓋を開けてみると・・・
わっ、ピーマンだわ~(◎◎)
なんと赤ピーマンのソースだったんです!
赤ピーマンは別に嫌いなお野菜ではないけれども
このダイレクトに“ピーマン”な香りは~^^;
しかもどろっとしていて、甘みが強いんです。
e0120402_9431172.gifお子様には絶対不評なテイストだろうなぁ・・・




e0120402_9172913.jpg

それではいよいよ、ケーキ入刀です!
・・・って土管にのこぎりを入れる別の場面を見ているような・・・^^;

添付の食べ方の説明書によると・・・

ケーキの銀色の筒はチョコレートでできております。
温めたナイフで、チョコレートをゆっくり溶かすように
切り分けてお召し上がりください。

または、筒の中のショコラムースを取り出して、
筒のショコラを砕いてダイナミックにお召し上がりいただくのも
ジャン=ポール・エヴァンのお勧めのお召しあがり方です。

別添で、ショコラの風味を引き立てるためにソースをご用意しました。
甘い赤ピーマンのピューレに隠し味に少量唐辛子を加えた折になるのソース。

お好みでソースを添え、ショコラと新しい味の出会いをお楽しみください。


言われたとおりに熱したナイフを押し当ててみるも・・・
う~ん・・・なかなか切れない★
じわじわ~・・・じわじわ~・・・e0120402_9443815.gif
この段階では、周りのチョコレートの筒に
どれだけの厚みがあるのか定かではなかったので
どのくらい時間がかかるのか全く分からなくって・・・
ドキドキ感もいつしかイライラ感に・・・^^;





e0120402_9272478.jpg

・・・と、突然、スッとナイフが入って、切れた~(*^^*)/
周りを取り囲んでいた皆さんのカメラが一斉に
土管の断面に向かって、パシャパシャ・・・
我にかえると、かなり異様な光景でした・・・★



e0120402_9293017.jpg

さて、これを20等分に・・・
薄くスライスするのは絶対に無理そうなので
4等分にして、放射線状に各5等分にしてみたら~?と
マカロンに続いて安易に提案してしまった私^^;
またまたナイフと土管が私の手元に・・・

でも、このシルバーの鈍い光を放つ土管・・・じゃなくてショコラの筒、
本とにシルバーのピストレがかかっていたので
カットしようと押さえた指は銀粉まみれに(◎◎)
なんだか宇宙人になった気分でした~★

中のムースショコラは、ムースというよりも
ガナッシュのようなほろほろっとしたテクスチャーで、e0120402_9502342.gif
バリバリ、ほろほろ・・・まるでボンボンショコラを
別々に食べているような感じ。
わりとビターなテイストに仕上げられていたので
ボリュームがあっても大丈夫だったんだけど、
これって何人分の設定なんだろう?

さらに問題の赤ピーマンのソースを添えていただくと・・・
う~ん、斬新・・・今までに体験したことのないマリアージュ。
合うかどうかと言われると・・・合わなくはないけど
あえて合わさなくても・・・という感じかな^^;

クリスマスアントルメとして、美や味を楽しむというよりも
何かを問題提起されたような・・・
スイーツマニア向けのアントルメだったような気がします。

e0120402_9503834.gifでも、これがエヴァンさんが考えるショコラの“明日”
未来へのチャレンジなんですね!



☆クリスマスアントルメの会2007☆以上14種類のケーキをいただきました(*^^*)☆
関西のクリスマスケーキとはひと味違う
デザイン性にとんだアントルメに出逢うことができて
本当に素敵な時間を過ごすことができました。

ご一緒してくださった皆さま、ありがとうございました♡

この翌日から2日間、関西のクリスマスケーキ
しっかり堪能させていただいたのは言うまでもありませんよね^^;
[PR]

by yukichocolat | 2007-12-31 00:08 | sweets(東京)

クリスマスアントルメの会☆アンリ・ルルー

[クリスマスアントルメの会2007☆index]


e0120402_0352187.jpg

アンリ・ルルーボワ・ド・ローズ (新宿伊勢丹)

バラの香りを思わせる高貴な木「ボワ・ド・ローズ」を
モチーフに創作したビュッシュ・ド・ノエル。
バラの中でも最も華やかな香りを持つダマスクローズと
フランボワーズを煮詰めたコンフィチュールは、
ローズウッドの枝を折ったときに広がる香りそのもの。
その甘酸っぱいコンフィチュールをアンリ・ルルーが
得意とするキャラメルとショコラの2層のムースで
ふわりと包みました。

かなりフランスっぽいテイストなのかしら(*^^*)☆

サイドのショコラのプレートがちょっぴり割れちゃったんだけど★e0120402_115554.gif
散りばめられたピスタチオのグリーンと
ジュレのレッド&オレンジ、そして朱色のミニ薔薇が
ダークブラウンのシンプルなビュッシュを
華麗にドレスアップしています・・・素敵(*^^*)☆




e0120402_0443334.jpg

ルルーさんのキャラメルテイスト・・・やっぱり美味しい~(*^^*)♡
ショコラのムースよりもバランス的には少ないのに
余韻にはキャラメルのほろ苦テイストが・・・
ルルーさんのキャラメルテイストは、輪郭がはっきりと
描き出されているので、圧倒的な存在感があるんですよね。


フランボワーズのプチプチ感が際立つ
かなりしっかりと煮詰められた感のある濃厚なコンフィチュール。e0120402_131893.gif
薔薇の香りは、そこまで強くしていないのかな?と思ったら
最後にふうわり、優しく鼻先をかすめていきます・・・
でも日本人には、ちょっと難しい香りかも。


ちょうどフランス土産にと、ルルーさんの
キャラメル入りのショコラをいただいたんだけど・・・
こちらもやっぱり美味しいです~(*^^*)♪(ありがとうございました)
久しぶりに伊勢丹さんのデパ地下散策に行かなくちゃだめですね★
[PR]

by yukichocolat | 2007-12-31 00:07 | sweets(東京)

クリスマスアントルメの会☆ピエール・エルメ・パリ

[クリスマスアントルメの会2007☆index]


e0120402_23531934.jpg

ピエール・エルメ・パリフロコンエトワール (新宿伊勢丹)

天空から舞い降りた星と雪の結晶が輝くケーキ。 e0120402_0151149.gif
やわらかな白いメレンゲの中に、塩キャラメルのムース、
マンゴーピューレ、ライチをちりばめて。
辛口シャンパーニュを合わせるのがシェフのおすすめ。

これって本とにエルメの作品?
とちょっとびっくりしちゃった一品。
エルメというと、私の中ではセレブ感溢れる大人のイメージなんだけど。
このアントルメはなんともファンシー^^;☆




e0120402_23591545.jpg

このねっとりした質感のメレンゲ・・・
かな~りあまあまなのかなぁ・・・★と思ったら、
ガツンとほろ苦テイストを効かせた塩キャラメルのムースや
甘い芳香をはなつ、濃厚なマンゴーピューレ、
オリエンタルに香りたつライチと絶妙のバランス。

各パーツとも自己主張が強いので
e0120402_020352.gifダイナミックなテイストがお口のなかで入り混じって・・・
あらっ、不思議!
最終的には見事な一体感が感じられるんです。
まさに、エルメマジック(*^^*)☆

そういえば・・・
今年は何故かエルメとは疎遠になっちゃったけど(笑)
(百貨店に出店ラッシュで手に入りやすくなっちゃったからかなぁ・・・)
数年前の私の東京ツアーのきっかけは、イクスピアリのエルメだったのよね~。
血糖値がピュン!って上がっちゃう、ガツンと甘味の効いたテイスト。
以前のように何個でも!というわけにはいかないけど、
でもやっぱり魅かれるデザインのものもたくさんあるし・・・
来年は再チャレンジしてみようかな~(*^^*)/
[PR]

by yukichocolat | 2007-12-31 00:06 | sweets(東京)

クリスマスアントルメの会☆ラ・スプランドゥール

[クリスマスアントルメの会2007☆index]


e0120402_22461482.jpg

ラ・スプランドゥールマダガスカル (東急フードショー)

マダガスカル産チョコレートのフルーティーな風味に、
華やかな赤い果実を組み合わせ、シャンパーニュをアクセントに。

e0120402_23194251.gif華やかの酸味のある、ヴァローナの
マンジャリを使ったムースショコラに、
お口の中でシャープな酸味が弾け飛ぶ
フリュイ・ルージュがたっぷり鋳込まれています。

なんてインパクトのあるテイストなのかしら~(*^^*)☆
あぁ・・・でもこの酸味の効いたスーっと爽やかな余韻・・・
マンジャリ好きにはたまらない、マンジャリ感を堪能できる存在感☆
シャンパンの風味は感じられなかったけど
このあとくちのキレのよさは、シャンパンのなせる技なのかしら?
かなり大人テイストに仕上がっています。




e0120402_22533279.jpg

・・・とここで、他のアントルメは断面を紹介しているのですが・・・
なにが起こったのかしら?
ムースショコラが、そんなにもやわやわなテクスチャーだったのかしら★
クレームショコラ状になってしまっていて、お写真はちょっと・・・^^;
もう少し冷やして、締まった状態でいただいた方がよかったのかしらね。

薄いビスキュイショコラに、フリュイ・ルージュを鋳込んだ
ムースショコラをダイナミックに重ね
クラックランでカリカリとしたアクセントを♪

でも、ショコラものは少し常温に戻してからe0120402_23213723.gif
いただいた方が断然美味しいので
お味的には、まったりと口中にまとわりつく最高の状態(*^^*)/
これほどのインパクトのあるテイスト!
会のはじめの方にいただきたかったかも・・・


ラ・スプランドゥールさんも、来年是非お伺いしたいお店の筆頭です!


e0120402_2322184.gif


店名:ラ・スプランドゥール・ジャンル : スイーツ-洋菓子
住所:東京都大田区南久が原2-1-20
TEL:03-3752-5119
定休日:水曜日
営業時間:10-19時
[PR]

by yukichocolat | 2007-12-31 00:05 | sweets(東京)

クリスマスアントルメの会☆タダシヤナギ

[クリスマスアントルメの会2007☆index]


e0120402_21331531.jpg

パティスリー・タダシヤナギアカリグア・ア・ラ・バニーユ (新宿高島屋)

ヴェイス社のチョコレート「アカリグア」と
濃厚なバニラクリーム、さわやかな木苺の風味がマッチ。

アカリグアは、カカオ分70%で、
甘さと苦味の調和のとれたヴェイス社ならではの逸品。
心地よい苦味が口の中に広がっていきます・・・

ムースの周囲は、薄~いビスキュイでシャルロット風に。
フィルムを貼るよりも崩れにくく、表面も美しいですよね☆

粉糖で象ったクリスマスツリーに、パールショコラで飾りつけ。
e0120402_2219276.gifパッション&マンゴー風味のマカロンはピエロ風?
ハロウィン調のキュートな色彩ですね♪




e0120402_21423695.jpg

ヤナギのムースって・・・本とになんて軽やかな口溶けなのかしら(*^^*)☆
少し苦味の効いた大人テイストのムースショコラと
バニラビーンズたっぷりの甘く馨しい、濃厚なバニラクリーム、
木苺のキュンとした酸味がシンプルながら
上品なアンサンブルを奏でています♪

ヤナギさんのお菓子って、劇的なサプライズ感はないんだけどe0120402_2221378.gif
しみじみ美味しいな~(*^^*)♡って記憶に残る
上品で透明感のあるテイストなんですよね。



e0120402_22201717.gif


店名:パティスリー タダシ・ヤナギ(八雲店)
住所:東京都目黒区八雲2-8-11
電話:03-5731-9477
定休日:水曜日(祭日と重なる場合は営業)
営業時間:10:00~19:00
[PR]

by yukichocolat | 2007-12-31 00:04 | sweets(東京)

クリスマスアントルメの会☆スリジェ

[クリスマスアントルメの会2007☆index]


e0120402_1762018.jpg

サロン・ド・テ・スリジェ美香栞 mi-kan (日本橋三越)

ホワイトチョコレートとオレンジのケーキ。
アクセントにフレーズデボワを散りばめました。
名前は「美しく香るしるし」で「みかん」。

オランジュではなくて、みかん。しかも漢字だなんて・・・
和泉シェフのセンスが光るネーミング☆
子供の名前につけても可愛らしいかも~。
まず、ネーミングにときめいちゃいました(*^^*)☆




e0120402_1775058.jpg

鮮やかなイエローのピストレも目を魅いたのですが
CUTしてみると、さらに色鮮やかなオレンジクリームが!
大ぶりのオレンジピールもたっぷりと入っていて
弾けるような爽やかな酸味がキュン♪

e0120402_1726574.gifさらに真っ赤なフレーズ・デ・ボワが散りばめられていて
柑橘系よりも穏やかな、渋味をたたえた
ベリーの酸味を加えています・・・
2種類の酸味がぶつかり合うことなく
ホワイトチョコレート特有の甘味と素晴らしきハーモニー(*^^*)☆

実は、こういうビジュアルのケーキってあまり魅かれないんだけど・・・
和泉シェフの手にかかると、こういう仕上がりになるんですね。
ブラックチョコだけでなく、ホワイトチョコも洗練されたテイストに!
ホワイトチョコに苦手意識のある方にも
是非食べていただきたい、フレッシュな酸味とのマリアージュです☆




e0120402_17175610.jpg

角度を変えて写真を撮っていると・・・
あらっ、球状のホワイトチョコの中を覗いてみると・・・
葉っぱつきの真っ赤な苺ちゃんが!
可愛らしいシェフの遊び心に、思わず笑顔がこぼれちゃいます~(*^^*)♪
隣の小さな球体にも、透かし文字が浮かんでいて、お洒落♡

クリスマスケーキといえば、やはり
苺をふんだんに飾ったアントルメが人気なのにe0120402_21194154.gif
あえて、こんな風に隠しちゃうなんて・・・
遊び心をくすぐる大人のクリスマスケーキですね(*^^*)♡



e0120402_21185995.gif


店名:サロン・ド・テ・スリジェ
住所:東京都調布市小島町1-35-8
電話:0424-87-0675
定休日:水曜日
営業時間:10:00~21:00
[PR]

by yukichocolat | 2007-12-31 00:03 | sweets(東京)

クリスマスアントルメの会☆デフェール

[クリスマスアントルメの会2007☆index]


e0120402_16265497.jpg

デフェールベアーがサンタクロース (東急フードショー)
(こんなネーミング、安食シェフじゃないとできないわ♡)

箱から取り出すとひときわ黄色い歓声が!
デフェールベア、アントルメの会には欠かせない存在ですよね。
ちなみに私のプロフィールの写真も
e0120402_16485862.gif某アントルメの会でスペシャルオーダーした
デフェールひよこちゃん・・・(カリメロみたいでしょ♪)
ふんだんに散りばめられたフルーツが
スペシャルバージョンなんです(*^^*)♪

このベアーちゃん・・・
ネーミングどおり、ちゃんとサンタ帽もかぶってる~♪
大人の女心もくすぐっちゃう、チャーミングさですよね。
なが~いまつ毛のくるりん感がたまらなく好きなんです(*^^*)♡




e0120402_16344665.jpg

でもカットしてみてビックリ!
いつもどおりのショートケーキを想像していたのに
フロマージュだなんて~(◎◎)
ショコラ濃度が急上昇していた血管の中を
クリームチーズの酸味とサブレ生地の塩味が
スムーズに流れていきます(笑)

今年のアントルメも去年のイヴェール同様
プチ・ガトーのイヴェール(チーズクリーム×林檎のコンポート)
をアレンジされたものなのかしら?
デフェールさんのチーズクリームはねっとりと濃厚なのに
全くしつこくなく、と~ってもなめらかな舌触りが魅力的☆

今回の試食会は、10等分を2人で分けっこというスタイル。
e0120402_16512497.gifベアーのお耳のマカロン2個とヤナギのマカロン。
マカロンが3個あったので、大き目のベアーの方はは4等分に
ヤナギのほうは2等分にしたら~?と安易に提案しちゃったら・・・
しっかりナイフを渡されちゃいました★
人様のためにマカロンをカットするだなんて・・・

ちなみにデフェールさんのマカロンはすでに体験済みだったんだけど
やぱり今回のものは少ししんなりしちゃってたかな。
本物は、とっても魅力的な食感なんです(*^^*)☆

あ~・・・来年の夢はマカロンをカットせずに
そのまま心ゆくまで頬張ってみることかも~(*^^*)
同じものが2個ずつあればできるんですけどねぇ・・・^^;

実はこのアントルメはオリジナル保冷バック付だったことを
後で知ったんだけど・・・ジャンケン大会とかあったのかしら(笑)
いくつかあったジャンケン大会、すべてに出遅れちゃった私・・・
それにしても東京の保冷バックってお高いでよね。(関西の倍ぐらいするかも^^;)


e0120402_16514191.gif


店名:パティスリー デフェール
住所:横浜市青葉区美しが丘1-5-3
電話:045-901-3911 / FAX:045-901-3155
定休日:水曜日
営業時間:10:00~20:00
[PR]

by yukichocolat | 2007-12-31 00:02 | sweets(東京)

クリスマスアントルメの会☆ラ・ヴィエイユ・フランス

[クリスマスアントルメの会2007☆index]


e0120402_0515273.jpg

ラ・ヴィエイユ・フランス ビュッシュ・オ・ショコラ・プラリネ

あまり見たことのないビジュアルのビュッシュだなぁと思っていたらe0120402_1344926.gif
こちらは、伝統的なピュッシュ・ドゥ・ノエルで、
木村シェフが、パリから作り続けているヴィエイユ・フランスの
オリジナル商品なんですって!

ラ・ヴィエイユ・フランスという店名の意味する
“古きよき時代のフランス”を表現した伝統的な作品に
OPEN直後にめぐり会えるなんて・・・なんて素晴らしいんでしょう(*^^*)☆




e0120402_0595448.jpg

伝統的な・・・と聞いて、バタークリームベースの
濃厚なビュッシュを想像していたら・・・
周囲は細い棒状のメレンゲで覆われています。
これはかなり手間がかかりそうですね~^^;
モンプリュさんのクリスマスケーキに登場した
コンコルドの表面を覆っているドワ・ド・フェにそっくり!
やはりどちらも、フランスの伝統菓子なんですね。

これだけメレンゲがビッシリと敷き詰められていると
かなりあまあまなのかな~と心配していたのですが、
しっかりと芯まで焼きこまれているので、とっても香ばしい♪
e0120402_1363758.gifサクッ、ねちっとした食感のコントラストも
さらに軽やかさを演出しています(*^^*)♪

トッピングのキュートな白きのこのメレンゲも、
フランスでは伝統的なものなんですよね。




e0120402_1113673.jpg

ちょっぴり欲張って、上にも切り株がのっている
3段重ねの部分をいただいちゃいました(*^^*)♪

下段はショコラ&プラリネクリームの層構造、e0120402_1383664.gif
上段はコーヒークリームのロール構造に。
コーヒーよりもショコラ風味の方がやや強く感じられたかな。
どちらもオペラのように薄い層が幾重にも重ねられているので
コクがあるのに重すぎず、とっても口溶けがいいんです。

ビジュアルのキュートさをいい意味で裏切る、クラシカルな美味しさ(*^^*)♡

関西のシェフの方々もおっしゃっていたんだけど
木村シェフのバタークリームって、コクがあるのに重すぎず、
口溶けがとってもいいんですよね。
私も先日マカロンをいただいたときに
その素晴らしき口溶け感を体感しちゃいました(*^^*)☆


e0120402_1385060.gif


店名:ラ・ヴィエイユ・フランス 
住所:東京都世田谷区粕谷4-15-6 グランデュール千歳烏山1F
電話:03-5314-3530
定休日:不定休 
営業時間:10:00~19:30
[PR]

by yukichocolat | 2007-12-31 00:01 | sweets(東京)

クリスマスアントルメの会☆パリ・セヴェイユ

[クリスマスアントルメの会2007☆index]


e0120402_23421360.jpg

パリ・セヴェイユラー・ファイエット (新宿伊勢丹)

ミルクチョコレートムースを口に含むと
ベルガモットティーの香りが広がり、
オレンジクリームとマーマレードの余韻が優美。

金子シェフというと、濃厚なショコラ系のイメージが強いのでe0120402_0335476.gif
ミルクチョコレートのアントルメとはちょっと意外?!
しかも、真っ白で可憐なパスティヤージュのお花が♡
なんて神秘的で繊細な造作なのでしょう・・・
ショコラのプレートのデザインも素敵ですね☆

金子シェフのお菓子は、いつもデザイン性にとんでいるのですが
それがダイナミックだったり、エレガントだったり
一体どれほどの引き出しをお持ちなのかしら・・・

このラー・ファイエットも、店売りではドーム型のアントルメバージョンで。
こちらのなまこ型(もっと美しい表現はないのかしら?)とは
各層のバランスが異なるので、味のバランスも変わってくるんでしょうね。

でも、このエチケット・・・なんでこんなところについているのかしら?
まるで小動物のお鼻みたいですね。
じっと見ていたら・・・コアラに見えなくもないかも~(*^^*)♪
さっきまでエレガントに見えていたフォルムが、
一瞬にしてキュートに見えてきちゃいました。




e0120402_042657.jpg

パスティヤージュも髪飾り風にデコレートしてみました(*^^*)
小麦色の肌に真っ白なお花が映えていますね。
フラダンスを踊る少女に見えてきたりして(さっきから、妄想が・・・)

一見してエアリーなミルクチョコレートのムースは
優美なベルガモットの香りの余韻が長く続きます・・・
ミルキーなショコラ風味をエレガントな香りのヴェールが
やさしく包み込み、このパスティヤージュのお花のように
ふわっと可憐に花開くよう・・・

このムースショコラだけでも充分に美味しいのですが
そこに、金子シェフお得意のオランジュテイストをプラス!
オレンジクリームにマーマレードを加えることで
よりフレッシュで爽やかな酸味が感じられます(*^^*)♡

このお菓子はお口に広がる風味以上にe0120402_0354382.gif
鼻腔から抜けていく香りの余韻が印象的☆
エレガントな中にも優しさが感じられ、
ほんわかとしたぬくもりに包まれる一品。


e0120402_0364611.gife0120402_0365558.gife0120402_037620.gife0120402_0372663.gifあ~やっぱり、金子シェフのお菓子大好きです~
最近はイベントで、金子シェフのデセールや
プチ・ガトーをいただく機会が多く
お店でプチ・ガトーをいただく機会がなかったのですが・・・
またまたお店訪問欲がムクムク!
去年のバレンタイン時期も、パリセヴェイユさんの
お菓子が気になって仕方なかったものなぁ・・・
でも、バレンタインまでに行っちゃってる予感も?!


e0120402_039969.gif


店名:パリ・セヴェイユ   
住所:東京都目黒区自由が丘2-14-5 館山ビル1F
電話:03-5731-3230
定休日:無休
営業時間:10:00~20:00
[PR]

by yukichocolat | 2007-12-31 00:00 | sweets(東京)