<   2008年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ラム酒の誘惑☆サロン・ド・テ・ジャマン

[ショコラ・マカロン・フレーズ]


e0120402_21591996.jpg

こちらも新作なんだけど・・・
そういえば、ジャマンさんでフロマージュ系って
あまりセレクトしたことがないかも。
(あっさり系って言われることが多かったので^^;)

添えられているソルベは、紫蘇のソルベ。
春先になると登場するんですよね!
花粉症にも効きそう?!
初対面のときは、紫蘇なのにピンク色?ってびっくりしたけど
紫蘇は煮出すとこんなに淡いピンク色になるんですって。
まさに今の季節にぴったりな、桜色ですね(*^^*)

シャリ感もありながら、ほわっとエアリーな口あたり。
紫蘇なのに、ちゃんとスイーツに仕上がっているところも不思議な魅力☆
フレッシュな香りがふうわりとやさしく描き出されています・・・



e0120402_14141099.gifマスカルポーネとドライフルーツのタルト

e0120402_21594385.jpg

タルト生地には、レーズン、オレンジピール、レモン、チェリー、
無花果、かぼちゃの種などなど・・・
ラム酒風味の8種類のドライフルーツがたっぷり!
間違いなく生地よりドライフルーツのほうが多いです♡

ラム酒もかなりしっかりと効いているので、
お友達にもシェフにも心配されたけど・・・^^;
ラム酒風味のフルーツは全然大丈夫みたい~・・・っていうか大好き(*^^*)♡
かぼちゃの種っていう控えめなナッツ感も面白いですね。

マスカルポーネチーズのほのかな酸味&コクと
フルーツの芳醇な香りが麗しのマリアージュ☆
シェフは、もう少しチーズケーキの層に厚みをだそうかと
っておっしゃってたけど・・・
このバランスの方が、ラム酒漬フルーツの存在が際立って
よりドラマティックな大人テイストかも(*^^*)♪

このケーキ・・・今流行のスティックタイプで販売されたら
ちょっと危険な常備スイーツになっちゃいそうな美味しさ^^;
ワインやシャンパンとのマリアージュも素敵だと思いますよ!




e0120402_2231255.jpg

こちらはシェフの即興ミルフィーユ。
春先の野をインスパイアーさせる、繊細で温かみのあるフォルム。


e0120402_223275.jpg

土の中から、新芽や小花がちょこっちょこっと顔をだしてるみたいで可愛い♪
クリームは、ピスタチオ、キャラメル、そしてユキちゃんお気に入りの・・・
という枕詞つきのコアントロー風味のカスタードクリーム。
なんて贅沢な3重奏なんでしょう♪



e0120402_2204281.jpg

添えられているソルベは、苺のソルベ。
苺と粉糖とレモン汁のみから作られていると聞いて
初体験のお友達が思わず聞き直したほどの、
とってもサプライズなテクスチャーなんです(◎◎)
何度いただいても、どうしてこのシンプルな素材のみで
こんなにまろやかでエアリーな口あたりのソルベに
仕上がるのか私も不思議・・・
キーン感が苦手で、ソルベは敬遠しがちな私だけど
宿院シェフのソルベだけは、ケーキと同じ数だけ食べられちゃいます!
(4個いただいたこともあったかなぁ・・・^^;)
一期一会の出逢いだけど・・・バジルのソルベも
心に響き渡る美味しさですよw(*^^*)w

カット売りがないので、私も数回しかいただいたことのない
1日4本限定のロールケーキが、最近なぜか人気なんです!
と聞くとなんだかとっても気になるし・・・
最近諸事情から姿を消してしまっている
コアントロー風味のカスタードクリームが
たっぷり100gも入っているシュークリームも久々に食べてみたいし・・・
(このカスタードクリームをたっぷり食べたいなぁ♡ってつぶやいたら
 シュークリームという形で実現してくださったんです!)
まだいただけてないザッハトルテも気になるし・・・
早々にまた、お伺いしちゃうそうな予感です☆


e0120402_14225657.gif


店名 : サロン・ド・テ・ ジャマン
住所 : 大阪府茨木市別院町6-45オダビル2階
TEL : 072-620-0073
定休日 : 火曜日
営業時間 : 10:00~20:00
[PR]

by yukichocolat | 2008-03-30 00:00 | sweets(大阪)

乙女チックな春の新作☆サロン・ド・テ・ジャマン

e0120402_224494.jpg

この日は、宿院シェフLOVERのお友達と久々に一緒に訪問。
彼女は、ケーキはジャマンさんだけでいいの~♡
と豪語するほどの宿院シェフファンなんです。
(でも先月違うパティスリーさんに浮気したよね~^^;)
お菓子はもちろん、シェフのジェントルマンなお人柄に
ひと目惚れしちゃったそう・・・分かります、その気持ち!

最初はオペラ&ザッハトルテという、ショコラ尽くしの
マニアックなセレクトをしてたんだけど・・・
綺麗な桜を愛でた後だったので、
やっぱり春らしい、可愛いケーキにしよ~♪とチェンジ!
乙女チックな、春の新作をいただきました(*^^*)♪




e0120402_14141099.gifショコラ・マカロン・フレーズ

e0120402_21584422.jpg

ビスキュイ・ショコラの上に
バニラ風味のクレームブリュレ、
ピスタチオのカスタードクリームを重ねて。
大粒で瑞々しい苺は、シェフお気に入りの佐賀ほのかです。

このお菓子・・・去年もこの時期にいただいたんだけど
なんだかちょっぴりフォルムチェンジしてる気が・・・と思って
写真を探ってみると・・・あっ、やっぱり~!
去年はピスタチオのクレームブリュレに
コアントロー風味のカスタードクリームだったんですね。

去年はアイボリー×赤のチャーミングなフォルムだったので
勝手に‘プリンセス・フレーズ’って命名しちゃったんだけど
今年は、萌黄色のクリームがシックでエレガントなので
ちょぴり大人の雰囲気漂う、‘マダム・フレーズ’という感じかしら。




e0120402_2159025.jpg

ビスキュイは、サクッ、ふわっと軽やかな食感で
ねっとり濃厚なピスタチオクリームとのコントラストがGood☆
でもこの2層だけだと食感的にもテイスト的にも
やや重たくなってしまうので、トゥルンとなめらかな
ブリュレがクッション的な役割を果たしているんですね。

ピスタチオのクリームは、こんなに穏やかな萌黄色なので
控えめな風味なのかしら?と思ったら、
ふくよかでしっかりと苦味がじわじわ~っと広がり、
ナッティで深みのある香りが鼻腔からぬけていきます・・・
普通のカスタードクリームよりも
舌にまとわりつくようなテクスチャーなので
去年のブリュレよりはるかに、ピスタチオの存在感がUP!
ビジュアルを裏切る男性的なテイストに仕上がっています。

去年は芳醇で洗練された、キレのある甘い香りが魅力的な
コアントロー風味のカスタードクリームだったので
お紅茶との相性がいい気がしたけど、
この濃密なナッティ感は、エスプレッソとも相性がよさそう。

でも苺のフレッシュ感がプラスされると、
表情が全く変わってくるんですよね。
一瞬にして、瑞々しく、若々しいテイストに!
女性らしい、しなやかなテクスチャーに一変します(*^^*)

苺の酸味、バニラの甘味、ショコラの苦味、
そしてピスタチオのふくよかでナッティな風味。
どれも主張しすぎることなく、しかし各々が最高級の美味しさをアピール!
この4層がお口の中でまろやかにブレンドされていくと、
まるで華やかなパリの舞踏会の情景が目の前に浮かんでくるかのような
気品あふれる、艶やかなテイストに☆

エレガントとチャーミングを併せ持つ、凛とした美しさ・・・
このような雰囲気の醸しだせる女性になりたいですね(*^^*)☆


つづきます・・・

e0120402_14225657.gif


店名 : サロン・ド・テ・ ジャマン
住所 : 大阪府茨木市別院町6-45オダビル2階
TEL : 072-620-0073
定休日 : 火曜日
営業時間 : 10:00~20:00
[PR]

by yukichocolat | 2008-03-29 00:00 | sweets(大阪)

初訪問 ☆ ameen’s oven oishii

ミッシェルバッハさんにお伺いする前に・・・
そういえば・・・今日は土曜日!ここは夙川!と気付き
ameen’s ovenさんに行ってきました~(*^^*)/


e0120402_22404774.jpg

ameen’sさんは基本的に、オンラインベーカリーなんだけど
土曜日は、パン工場での直売もされているんです。
私もお店にお伺いするのは初めて!

阪急夙川駅から線路沿いに東へ7~8分。
あらっ、以前に住んでいたお家の近くなんだわ^^;
でも残念ながら、その頃はameen’sさんは
まだOpenされてなかったんですよね・・・

店内は2,3人入るといっぱいなので
常にお店から人が溢れていました(◎◎)
でも並んでいる間にゆっくりパンを選べるので
e0120402_2241380.gif待ち時間も全然苦になりませんでしたよ♪
店先では有機野菜も販売されているんですね。



e0120402_2248059.jpg

ameen's ovenさんのパンは、
国内産の小麦粉を自家製酵母で醗酵させて焼き上げられていて、
基本的に卵・牛乳・そば・バターは使用されていません。
(クロワッサン、ブラウニーには使用)
糖分はてんさい糖・はちみつ、油は菜種油を使用。

酵母は、ハードトーストやカンパーニュー系には
レーズンから培養したレーズン種、
ライ麦パンの仲間は、サワー種といわれる
ライ麦粉から培養したものを使用されています。
冬季には、自家製のキビ甘酒から酒種酵母を育てて、
アンパンやよもぎパンなども焼かれているそう。

今は春の季節のパン ‘よもぎ’シリーズとして、
よもぎトースト、よもぎアンパン、えんどうよもぎが販売されていますが
やはり人気商品なのか、販売開始の13時から1時間ほどで
後者の2品は売り切れていました~★



e0120402_0154139.jpg

ちょっと真剣に体内洗浄しなきゃいけない気がするので(笑)
自然と雑穀系をセレクトしている気が・・・

左から・・・
雑穀パン
 国産小麦の白いパンに黒豆や小豆、きび入り。
 もっちり、ぷちぷちっとした食感が楽しい♪

よもぎトースト
 よもぎパンにレーズンとクコの実入り。
 くにゅっとしたレーズンとクコの実の食感と酸味がアクセントに。
 蓬の青々しい香りと、酒粕の香りがフッと鼻腔をくすぐります。

カラス麦と胚芽のトースト 
 粗く割ったカラス麦の粒と小麦胚芽入り。
 生地を冷蔵、低温で発酵させているので、 スッキリ軽い食感。
 しみじみと粉の風味と香りを堪能できます。



e0120402_0284288.jpg

でも結局、大好きなウォッシュチーズ・ピエダングロアのお供に
カンパーニュ系も買っちゃうんですよね~^^;
(最近の食生活・・・スイーツよりもフロマージュ率の方が高いかも・・・)

カンパーニュ 
 こちらのカンパーニュは田舎パンといっても素朴すぎず、
 程よいコクが感じられるさっぱりとした風味。
 フロマージュのテイストを引き立てる名脇役!

ノルマンディ ライ ライ麦30%、リンゴ酒、シードルで仕込んだ香り高いパン。
 みっちりと目が詰まっていて、しっとりとした口あたり。
 フロマージュとともに、自己主張してくる力強い香りが魅力的!



e0120402_0374668.jpg
e0120402_22354359.jpg

でもやっぱりスイーツ系も気になって、
春の野のフルーツケーキも買ってみました。

ドライフルーツ&ナッツがたっぷり♪
ドライチェリーの甘味、いよかんピールの苦味、
レーズンの酸味などリッチなフルーツ感☆

そしてこれは初体験のテイストだったんですが、
たんぽぽ茶の渋味が味わいをグッと奥深いものにしています。
砂糖ではなく米飴が使用されているので、
自然でやさしい甘味なんですよね。
ほろほろっ、もふもふっとした素朴な食感も魅力的☆


どのパンも、素材をとても大切にされていて、e0120402_22514136.gif
丁寧に作られている感じがひしひしと伝わってくる美味しさ。
やっぱりパンもお菓子も、お店の雰囲気を感じながら
お店の方のお顔を見て、商品のお顔も見て購入する方が、
断然美味しさがUPするような気がします(*^^*)♪

夙川をぷらぷらしたのは久しぶりだったんだけど
もうすぐ桜が綺麗に咲き誇るんですよね~(*^^*)♡
最近は毎年、お弁当を持って夙川にお花見に行ってます!
どちらのお店も、近いうちに再訪問したいなぁ。


e0120402_22495125.gif


店名:ameen’s oven(アミーンズオーブン)
住所:兵庫県西宮市寿町3-29
電話:0798-22-8488
[PR]

by yukichocolat | 2008-03-28 00:00 | パン・カフェ(兵庫)

スタージュ竣工記念☆モンプリュ講習会

e0120402_16365297.jpg

モンプリュさんのプロデュース会社でもある
㈱キタタニさんが、地元和歌山に、“Stage(スタージュ)”を開設。

この施設は、様々な設備機能を備え、
食品の研究や講習会の実施を通して、
業界全体が向上する、学びの場として
地域に貢献できる施設をめざしてらっしゃるとのこと。

今回はこのスタージュ竣工記念として
モンプリュの林周平シェフによる
フランス菓子講習会が開催されました。

大阪から紀州路快速で1時間15分・・・紀伊駅に到着です!
でも・・・TAXIが1台しかいな~い(◎◎)
駅からは、TAXIしか交通手段がないのに
皆さんどうするのかしら~と心配してたんだけど・・・
どうも皆さんは、お車で来られてたみたいですね(笑)

家から2時間半ほどの小旅行だったけどe0120402_21581325.gif
おしゃべりしてたら、楽しくってすぐ着いちゃいました!
ガールズ(?)トーク、恐るべしですね^^;



e0120402_19374927.jpg

このマイク・・・EXILEみたいでかっこいい~(*^^*)☆
シェフの後ろには、大きなスクリーンがあって
手元がハンディカメラで映し出されています。




e0120402_19584192.jpg

机の上には、今回のルセットと
先日旭屋出版さんから発売になった
ケーキの深い味わい~モンプリュのフランス菓子~
キタタニさんからのプレゼントとのこと。
受講者は100名近くいらしたのに・・・なんて大盤振る舞い!
ありがとうございます~(*^^*)/

すでに1冊持ってるんだけど・・・
林シェフ&村田シェフのサイン&メッセージ入りなので
超貴重な保存版になってしまっていて・・・
お家では袋に入れて、ど~しても見なきゃ!っていう時だけ
折り目がつかないように、そ~っと開いて見てたので
普段使い版がいただけて、とっても嬉しい(*^^*)♪




e0120402_2012888.jpge0120402_20125937.jpg








e0120402_20134699.jpge0120402_20143333.jpg









この日の講習menuは・・・
ヴァレンシア、フィナンシェ、ギモーブ・ショコラ
ピュイダムール、クレーム・カラメル。

このビュッシュ型のヴァランシアは、
林シェフが、パリのジャン・ミエ修行時代に
クリスマスに一人で一本食べられたというエピソード付。
モンプリュさんの一昨年のクリスマスケーキにも登場したので
私もいただきました(*^^*)☆
実は私、プチ・ガトーよりもこちらのバランスの方が好きなんですよね♪

ピュイダムールは、いつもよりちょっぴりプチサイズで。
e0120402_224283.gifモンプリュさんのピュイダムールの中には
ピンクグレープフルーツが1個半入ってるんだけど
これは林シェフのアレンジなんだそう。
今まで当たり前のように食べてたけど、
この酸味がないと、甘いだけで食べにくいだろうなぁ。
先日も東京のお友達が、大絶賛してくれたお菓子です(*^^*)☆




e0120402_20174217.jpg

お店で販売されているお菓子で、
私も何度もリピしているものばかりの講習会だったので
とっても楽しみにしてたんだけど・・・

トップバッターのヴァランシアから、超難度★
材料も多いし、テクニックも高度で
いつものお菓子教室とは天と地ほどの差があって・・・
しかもどんどん試食がでてくるので、食べて、メモして
e0120402_2251698.gif写真を撮ってたら大忙しで、パニパニに~(◎◎)

でも、モンプリュさんのお菓子&林シェフの講義初体験の方々には
大充実の、感動の講習会だったことと思います(*^^*)☆

バックヤードで100名分の試食を作って、配ってくださった
モンプリュ&キタタニのスタッフの皆さまもお疲れ様でした。




e0120402_21113629.jpg

最後はいつも以上に気合の入ったプレゼンテーション☆
ゴージャスすぎて、1枚に収まりませ~ん・・・


e0120402_21213025.jpge0120402_21172181.jpg









e0120402_2122421.jpge0120402_211836.jpg








なんだか最近ちょっぴりスランプみたいで・・・
愛しのケーキの写真も、べっぴんさんに撮れなくって・・・(悩)




e0120402_2124295.jpg

受講者の後ろ側が、全面ラウンド状の大きな窓になっているので
太陽の光が燦燦と降り注いで、とっても明るいスタジオ。
今後も色々な講習会が開催されると嬉しいですね♪

でもでも小旅行はここで終わりではなく・・・この後
和歌山の素敵なパティスリーさんへ連れて行っていただけたんです(*^^*)


e0120402_2272897.gif


Stage(スタージュキタタニ)
住所:和歌山市楠本240-13 
電話:073-464-2222
HP:http://www.kttn.co.jp/index.html
[PR]

by yukichocolat | 2008-03-27 00:00 | 講習会・お菓子教室

素朴な味も・・・☆ミッシェルバッハ

フランス菓子に変身中?!


e0120402_14141099.gifシュークリーム
e0120402_1395846.jpg
e0120402_13102142.jpg

ショーケースの右側には、数種類の昔ながらの素朴なお菓子が♪

見るからに、ずっしりと重量感が感じられるこのフォルム。
カスタード好きさんにはたまらない
ついつい手がのびちゃう、誘惑のぷっくり感(*^^*)

ナイフでCutするのがなんだしのびなくて、
手でぱかっ♪って割ってみると・・・とろろ~ん(*^^*)♡

表面はサックリ、中はしっとり。
昔懐かしい、両手でやさしく包み込みたくなるようなやさしい質感☆

カスタードクリームには、バニラビーンズは入っていないんだけど
卵のこっくりとしたコクとミルキー感が贅沢~。
e0120402_14184568.gifまさに子供の頃に食べた、That'sシュークリームという雰囲気です。




e0120402_1415574.gifエクレア 抹茶

e0120402_1322754.jpg

他にショコラ、カフェ、ショコラフレーズなども。
でも、サダハル・アオキで修行をされたと聞けば
やっぱり抹茶ですよね~(*^^*)☆

先代のお菓子と今のお菓子の間に位置してたんだけど
ちょうど、フォルムも過渡期って感じかな(笑)
素朴でもなく、スタイリッシュボディでもなく・・・

クリームは、かな~り濃ゆ~いお抹茶色。e0120402_14182829.gif
(なんで写真撮り忘れちゃったんだろう・・・(泣))
苦味がしっかりと効いていて、抹茶の薫り高く、私好み♡
(でも子供ちゃんにはちょっと大人テイストすぎるかなぁ・・・)
この抹茶クリームは、まさにエッジの効いたアオキスタイル!

逆にシュー生地は、さっくりやさしい食感で
塩気も感じられないかな。
TOPもフォンダンではなく、グラサージュなので
生地は、昔懐かしいジャパニーズスタイル。

今度は、ショコラやカフェも食べてみたいなぁ(*^^*)




e0120402_1341306.jpg

実は、お店に入って一番最初に目に入ったのが
この焼き菓子たちだったんだけど・・・
このパッケージ・・・ま・さ・に☆
スイーツ好きさんなら、こちらの須波シェフのご経歴を知らなくても
すぐにピン!ときちゃう、アオキスタイル!
黒&赤字で、店名と住所が印字されていてお洒落ですね☆

プチフィナンシェは、バターたっぷりで美味!
たくさんのケークの中からセレクトしたラムも
ラム酒にし~っかり漬け込まれたフルーツが、芳醇でリッチ!
(ブランデーなんていうのもありましたよ)

e0120402_142113.gifバター不足で、残念ながら休止を余儀なくされている
昔ながらの焼き菓子類もあるようなんですが・・・
夙川クッキーローゼ、ケーキフランク、ピラミッドなど
私も子供の頃にいただいたことのある懐かしいお菓子が、
今もちゃんと健在でしたよ(*^^*)v

四半世紀続く、ミッシェルバッハの素材の風味を大切にした
やさしい味わいを大切にしつつ、
洗練されたパリ仕込みの新風を吹きこむ・・・
今はまだその過渡期にあるのかなぁという感じさせられるお菓子たち。
でもその現在と過去の程よいマリアージュが
今、この夙川という土地で、人気を博している理由なのかもしれませんね。
エッジの効いた、あまりにもスタイリッシュすぎる
お菓子Onlyになってしまうのも
なんだか寂しい気がしますものね(*^^*)

でもこれから、どんな須波カラーのお菓子が産みだされて行くのか・・・
新しく生まれ変わろうとしているミッシェルバッハさんから
暫く目が離せそうにありません(*^^*)☆


e0120402_14225657.gif


店名:ミッシェルバッハ
住所:西宮市久出ケ谷町2-28  
電話:0798-74-3789  
定休日:月曜日、第2・4火曜日
営業時間:10:00~19:00
[PR]

by yukichocolat | 2008-03-26 00:00 | sweets(兵庫)

フランス菓子に変身中?!☆ミッシェルバッハ

e0120402_20531636.jpg

25年前(since1982)から夙川で愛され続けている
ドイツ菓子店、ミッシェルバッハさん。
残念ながら2年前に、創業者であるお父様が他界。
昨年5月までの2年間、パリのサダハル・アオキで修行されていた
息子さんである、須波宏晋シェフが後を継がれてから
パリでの経験を生かして、お菓子のラインナップを思い切って変更。

するとたちまちに評判が評判を呼び、
現在ではお客様が絶えることがない状態が続いています。
でも昔からの常連さんの中には、
e0120402_026163.gifやはり以前の素朴なお菓子をご所望されるお客様も多いそうで、
ショーケースの1/4ほどは、昔ながらのシュークリームや
ショートケーキといった素朴なお菓子が顔を並べています。

現在と過去が同居し、お互いの個性を発揮してやまない
ショーケースの中のお菓子たち。
2世代が同居している、こんなショーケースも珍しいんじゃないかな(*^^*)




e0120402_0264545.gifフレジエ

e0120402_212112.jpg

ショーケースの中には、アオキのようなエルメのような
エレガントなフォルムのお菓子が顔を並べています。
今回はクラシカルなフランス菓子からセレクトすることに!

こちらのフレジエの特徴は、生地がジェノワーズではなく
ダックワーズであること。(アオキスタイルですね)
サックリ、ほわっとしたコントラストのある食感で、
ふうわりと広がるアーモンドの香りの余韻が個性的。

生地に合わせてクレーム・ムースリーヌの口溶けも軽やか♪
そして横半分にCutされ、キュートなまん丸の断面が顔を覗かせている苺。
この瑞々しい苺の甘酸っぱいジュースが、
まろやかなムースリーヌと渾然一体となって・・・e0120402_031104.gif
まるで華やかな舞踏会で、優雅に踊る
プリンセスをインスパイアーさせるような
甘く馨しく、夢見心地にさせる薫りのヴェールに
包みこまれていきます(*^^*)♡

フレジェって、このエレガントさが魅力なんですよね☆

TOPのピスタチオ&ヘーゼルナッツダイスの
カリッと響く音感がアクセントになり、
ダックワーズのナッティ感も、さらに重層的に!

細やかなアレンジがほどこされた、前衛的なフレジェですね(*^^*)☆





e0120402_0323636.gifオペラ

e0120402_22281787.jpg

ビスキュイジョコンド、ガナッシュ、ジョコンド、コーヒークリームを
2クール繰り返し、TOPは古典的なパータグラッセではなく
グラサージュで仕上げた9層構造。

e0120402_0362327.gif直線的なラインと鏡面のようなグラサージュが美しい、
やや現代的で、スタイリッシュ&スリムボディのオペラですね。

コーヒーシロップは少なめにアンビベされていて、
フォークを入れても、ジュワ~ッと染み出ることはなく、
食べ進んでいっても、この凛としたボディは保たれています。

グラサージュである分、まろみを帯びたテクスチャーで
ショコラ>コーヒーテイスト。
カレボーのカカオ分55%ほどのスイートチョコレートを使われているので
ショコラのテイストもさほど攻撃的ではなく
ショコラとコーヒーが穏やかなハーモニーを醸し出し
ショコラの心地よく、芳醇な香りの余韻が後をひきます。
老若男女を問わず受け入れられやすいオペラ。

でもオペラには、エッジの効いたキャフェ感を求める私的には
ややキャフェ感が物足りない感じかな^^;

このオペラといい、前述のフレジェといい
直線的なラインが非常に美しく、惚れ惚れとしてしまいますね(*^^*)♡





e0120402_0371469.gifミルフォイユ・キャネル

e0120402_2321891.jpg

ヘーゼルナッツもトピングされていて、
一見エルメのドゥ・ミルフィーユを髣髴とさせるダイナマイトボディ。
シナモン風味だと聞いて、スパイス好きの私は
プレーンではなく、思わずこちらをセレクトしちゃいました(*^^*)☆

やや厚みのある、しっかりとしたキャラメリゼ。
バリン♪と割れるその感覚は、まるでサンマルクのよう。

フィユタージュもさぞかし・・・とフォルテシモの食感を期待すると、
サックリ、しっとり・・・メゾピアノのやさしいテクスチャー。
このバターの香り高い、しっとりとしたテクスチャーは
アンヴェルセなのかしら?
(バターで小麦粉のデトランプを包み込む、いわゆる逆さ折り)
周りに貼り付けられているフィヤンティーヌも
しっとりと、やさしくクリームを包み込んでいます。



e0120402_23281462.jpge0120402_23283046.jpg









シナモン風味のクリームは、やや粘性が強く、ぽってりとまろやか。
シナモンもしっかりと効いていて、かなり個性的なテイストながら
バターの香り高く、存在感のあるフィユタージュとの相性がGood!
ハラハラッと崩れ落ちるフィユタージュを包み込んで
シナモン、バター、シナモン、バターと2種類の香りが
グラデーションを描きながら、フッと鼻腔をかすめていきます・・・

このミルフィーユは、通好みの大人テイストかな♪
食感よりも、風味よりも、香りのインパクトが大きいミルフィーユ(*^^*)☆
あっ、そうかぁ・・・シナモントーストが好きだから、はまっちゃったのかしら?!

このミルフォイユを包んでいる、店名入りのペーパーカップ。
なんだかレトロな雰囲気で、可愛いですよね?e0120402_0434262.gif
修行先のサダハル・アオキを髣髴とさせる
スタイリッシュなフォルムの中にも、
先代から受け継がれた、やさしいテイストが感じられるのは
故意なのか、それともまだ進化中だからなのか・・・

四半世紀の歴史を持つミッシェルバッハのDNAを受け継ぎつつ
パリのエスプリを感じさせるお菓子の数々。
前衛的になり過ぎない、この微妙な按配が
関西で人気を博する秘訣なのかもしれませんね。

つづきます・・・


e0120402_0435317.gif


店名:ミッシェルバッハ
住所:西宮市久出ケ谷町2-28  
電話:0798-74-3789  
定休日:月曜日、第2・4火曜日
営業時間:10:00~19:00
[PR]

by yukichocolat | 2008-03-25 00:00 | sweets(兵庫)

アキュイール☆デセール編

お料理編


フロマージュ
e0120402_133841.jpg

こちらも2種類からセレクト。
マスカルポーネとトリュフを挟んだブリー・ド・モーに
林檎のスライス、林檎のサラダ、林檎のマーマレードを添えて。

超フロマージュLOVERの私には
白カビ系はちょっぴり物足りないかなぁと思ったんだけど・・・
トリュフの馨しい薫りがワンランク上のテイストに!
この熟成具合もいい感じです。

お料理に添えられているお野菜もそうでしたが、
こちらのお林檎も、見事な3変化。
中多シェフはひとつの素材や、同系列の素材を
様々な形にアレンジされることがお好きなようですね。


e0120402_015351.jpg

フロムダンベールに花梨とブラッドオレンジの
コンフィチュールを添えて。

通常フロマージュのプレートというと
数種類をほんのちょっぴりずつ盛り合わせることが
多いと思うのですが・・・1種類をこんなにたっぷりいただけるのも♡
色々なバリエーションで楽しめるように
デセールの如く美しいワンプレートに
仕上げてくださっているので、最後まで飽きずにいただけます。





アヴァンデセール
e0120402_0281150.jpg

グレープフルーツのジュレ、バジルシード、ヘーゼルナッツのエスプーマを重ねて。
オレンジ&人参のアイスに人参のフリチュールを添えて。

アヴァンデセールなのに2種類も~?!
この段階で結構お腹がいっぱいに・・・^^;





フレッシュ苺とバラのジュレ 苺のバシュランのアイスクリームと共に
e0120402_137560.jpg

デザートは3種類からセレクトできたのですが、
追加して全種類いただくことに(*^^*)♪

アイスクリームはミルキーな苺みるく味。
フレッシュな苺、バラのジュレ、
さっぱり爽やかなミント風味の泡と一緒にいただくと、
お口中は甘く、馨しく、そしてさっぱり!
テイストのグラデーションが乙女チックなひと皿♡





熊本県産でこぽんとオリーブオイルのアイスクリーム タルト仕立て
e0120402_12144298.jpg

甘酸っぱく、フレッシュなでこぽんの上には
オリーブオイルのアイスクリーム。さらに
焼いて砕いたタルト生地とオリーブの実をトッピング。

オリーブオイルのアイスは想像以上にさっぱり。
オリーブとオレンジって相性がいいんですね。
フルーツサラダ感覚っていうのかしら。

焼いて砕いたタルトも、最近デセールで人気の一品ですね。
しっかりとタルトをいただくにはお腹が・・・
でもタルト風味はいただきたい!という我がままな女性にピッタリ^^;
軽いテクスチャーなんだけど、タルト感は充分に堪能できます!





ショコラのバリエーション
e0120402_12212676.jpg

可愛くフルーツのデザートをセレクトしたいところだけど
どれか一品なら、やっぱりこれをセレクトしちゃってたかなぁ^^;

アニス風味のガナッシュをたっぷり包み込んだ、アニスの香りのカネロニ、
不思議なテクスチャーのショコラのパウダーアイス、
そして、一見普通のガトーショコラに見えるお菓子は・・・
その名も、2度焼きガトーショコラ!

一度ガトーショコラを焼いて、それを粉砕して、
その粉末を小麦粉の代わりにして、
もう一度ガトーショコラを焼くんですって!
ふわっとやさしい口あたりながら、芳醇なショコラの薫り・・・
自家製のサラッとした練乳と一緒にいただくと
昔懐かしい、ミルキーなショコラオレテイストに。
手間のかかった、目でも舌でも楽しめる一品ですね(*^^*)☆





プティフール
e0120402_12372155.jpg

ココナッツのサブレ、ライムのギモーブ、プティカヌレ
プティフールって、なんだかちょっぴり贅沢な気分にさせてくれますよね。
最後までひとつひとつ丁寧に作られたデザートの数々☆
(竹串がお茶目だけど・・・^^;)




e0120402_12434850.jpg

店名のアキュイールは、仏語でおもてなしという意味だそう。
まさにその店名を体現した、ソムリエールであるマダムの
チャーミングな笑顔と素晴らしいサーヴィス。
つかず離れず・・・サーヴィスってこの按配が難しいんですよね。
でもお友達との会話も楽しめ、さらにマダムとの会話も楽しめる
最高のおもてなしでした(*^^*)
時々覗き窓越しにシェフと目が合うのも嬉しい♪

ひとつの素材を様々な調理法で表現するe0120402_13135788.gif
デギュスタシオン精神溢れるプレート。
軽いテクスチャーの中にも、キメ細やかなサプライズ満載で
食べ終わると心もお腹も満腹になっていました☆


あまりの心地いい空間に、時の経つのを忘れちゃいそうでした・・・
(注:美味しいからといってシュクレのパンの食べすぎに注意してくださいね^^;)


e0120402_13141673.gif


店名:アキュイール
住所:大阪市北区西天満4-1-20 Lee Plaza 1F
電話: 06-6311-2558
定休日:月曜日
営業時間:11:30~14:00(L.O) /18:00~21:00(L.O)
[PR]

by yukichocolat | 2008-03-24 00:00 | レストラン(大阪)

アキュイール☆お料理編

e0120402_2244491.jpg

シュクレクールでパンを買って、
モンテベロでケーキをイートインして、
バス停でパンをつまみ食いしてもe0120402_0492581.gif
まだDinnerには早すぎたので(笑)
ウィーン菓子→イギリス菓子のお店に。
た~っぷりおしゃべりをして向かった先は・・・

昨年10月にOpenし、最近大阪ではちょっぴり話題の
フレンチレストラン、アキュイールさん。
こちらの中多シェフは、淀屋橋のラ・クロッシュのシェフをされていた方
と言えば、私世代の方々には馴染み深いですよね。
繊細で洗練された、女性に人気のお料理でしたもの(*^^*)

天井が高く、白を基調としたエレガントな店内には
優美なシャンデリアや、ダークカラーの装飾品。
身体をすっぽりと包み込むようなソファがとても心地よく、落ち着く空間です。

そして、とっても可愛らしいマダムの楽しいおしゃべり。
お料理への期待が高まっていきます(*^^*)♪



アミューズ
e0120402_2302128.jpg

手前から、フォアグラのクレームブリュレ、
グリュイエールのグジェール、ベーコンと玉ねぎのクグロフ。
こんなトレトゥール、パティスリーでもあったら嬉しいな♪という美味しさ。




ル・シュクレクールのパン
e0120402_2318100.jpg

お待ちかねのシュクレのプティ・パン。
やわらかな酸味の天然酵母のパンなので
ついつい食べ過ぎちゃう危険が~^^;




長崎県産平目のマリネと九条葱のムース
e0120402_2317138.jpg

プリップリの平目の中には大好きな雲丹も(*^^*)♪
葱の青い部分のソースと白い部分のムース、そして葱のフリットと
九条葱の甘味&苦味が存分に表現されています。
私の中では、この日のお料理の中でNo.1でした☆




春キャベツのブルーテ 帆立のポワレと共に
e0120402_23212114.jpg

はじめは帆立のみがお皿に盛られていて、
温かい春キャベツのソース・ブルーテを
目の前で注いでくださるんです。
こういうちょっとしたプレゼンテーションも嬉しい♪

帆立の火入れ加減も絶妙で、素晴らしい弾力☆
マジョラムが隠し味に効いています!
スープ料理というには、ちょっとボリュームたっぷりかな。




大分産の真鯛のポアレ
e0120402_2327127.jpg

虹色に煌く真鯛は、むっちり、ジューシー。
コンソメで煮た大根と、カラスミ、カイワレを添えて。
甘味、塩味、辛味・・・様々なテイストと食感のバリエーションと
一緒にいただけるのが楽しい♪

濃厚なオマール海老の泡のソースは、泡立てることで
直接舌にあたることなく、濃度もいい按配に調整されながら
素材の隅々にまで染み渡っていきます・・・
この泡は、お料理の世界でも、デセールの世界でも
今年も流行が続くのかしら^^;




エルダーフラワーのグラニテ
e0120402_23362195.jpg

エルダーフラワー=にわとこのシロップのグラニテ。
お口直しのグラニテには、酸味を効かせて
さっぱりさせることが多いので、少し意外だったかな。




フランス産仔鴨のロティ スパイス風味
e0120402_23391625.jpg

お肉料理は2種類からセレクト。
もう1種類は岩手花巻白金豚バラ肉のコンフィ 白ポルトと焦がしバターのソース。

仔鴨好き、スパイス好きの私は秒殺です^^;
スパイスは、クミン、アニス、カルダモン、コリアンダー、
ジュニエーブル、ホワイトペッパー、ガーリックペッパー等々。
思わず顔を見合わせて、ムフッとしちゃう美味しさ(*^^*)♪

2種類の牛蒡とアピオスは、程よい土臭さと
しっかりとした歯応えが残っていて根菜感を堪能!
コクのあるポルト酒のおソースとの相性も抜群です!


デセール編につづきます・・・(まだまだ続くんですよ~)


e0120402_113428.gif


店名:アキュイール
住所:大阪市北区西天満4-1-20 Lee Plaza 1F
電話: 06-6311-2558
定休日:月曜日
営業時間:11:30~14:00(L.O) /18:00~21:00(L.O)
[PR]

by yukichocolat | 2008-03-23 00:00 | レストラン(大阪)

春の新作☆ケ・モンテベロ

e0120402_22161661.jpg

この日は初シュクレお友達と、シュクレ繋がりツアーに(*^^*)/

繋がりというのは・・・ル・シュクレクールさんがお隣に
Openしたパティスリー、ケ・モンテベロさんと
夜は、シュクレさんのパンを使ってらっしゃる
某フレンチにDINNERに☆

私もいつもシュクレさんに行くと、数千円ぐらい買い込んじゃうんだけど
初シュクレのお友達は、なんと5000円越え(◎◎)
大きなビニール袋、3袋分になっちゃいました・・・^^;
う~ん・・・でも気持ちはよ~っく分かりますよね~♪





e0120402_2304794.gifクープ・フレーズ
e0120402_22243115.jpg

私は前回、とりあえず全種類制覇しちゃったので
今回は春の新作シリーズを!

フランボワーズソース、ピスタチオのクレームブリュレ、
薄いジェノワーズの上には
白ワインのジュレとジューシーな苺がたっぷり!
さらにキルシュ風味のクリームと、
サクサクのクランブルを重ねて
フレッシュな美味しさを閉じ込めています。

白ワインのジュレのヴェールをまとった苺は
香り高くて、瑞々しい~(*^^*)
アルコールはそんなに感じられないかな。
まったりと濃厚ながら、ミルキーで口溶けのいいe0120402_2323622.gif
クレームブリュレ&クリームと一緒にいただくと
キュン♪と甘酸っぱい苺のジュースとブレンドされて
お口いっぱいに春の吐息が広がっていきます・・・
余韻にはキルシュの香りが・・・

乙女心をくすぐる、チャーミングなフォルムですね♡





e0120402_233586.gifフロマージュ・クリュ
e0120402_22392354.jpg
e0120402_22394485.jpg

実は橋本シェフは、フロマージュがあまりお得意ではないそうで、
フロマージュが苦手な方にも味わっていただけるように
仕上げました!と言われたので、
超フロマージュ好きな二人はちょっぴり悩んだんだけど・・・
濃厚という言葉に魅かれてセレクト!

酸味を加えた濃厚なクリームチーズの中に、
苺のコンフィチュールをたっぷり鋳込み、
底にはシュクレ生地が敷かれています。

たしかにフロマージュ臭は、酸味で和らげられているけど
フォークを入れた時の、まったりと重厚なテクスチャーは
フロマージュ感たっぷり!e0120402_2355940.gif
苺のコンフィチュールもこんなにたっぷり入っているなんて♡
と~ってもコクのあるヨーグルトに
苺のソースをた~っぷり絡めていただいている感じかな。

フロマージュが苦手な方でも!っていうシェフの想いは
ちゃんと実現されていると思いますよ(*^^*)☆

でも今日モンテベロさんに行ったお友達によると・・・
さらに素敵な春の新作を完成されたそうで
来週には登場予定なんですってw(*^^*)w
また近いうちにお伺いしなくっちゃ!

さて、この日のDinnerは・・・


e0120402_2362345.gif

店名:Patiserie quai montebello (パティスリー・ケ・モンテベロ )
住所:大阪府大阪府吹田市岸部北5-20-3
電話:06-6339-8880
定休日:水曜日・第3木曜日
営業時間:10:00~20:00
[PR]

by yukichocolat | 2008-03-22 00:00 | sweets(大阪)

全種類GET☆ピエール・エルメのアクセサリー

e0120402_23114740.jpg

今週は毎日色々な方とお会いして
と~ってもたくさんの美味しいスイーツや、
素敵なお食事もいただいたんだけど・・・
心身ともにかな~りダウンしてます★

なので、ちょっぴり暇ネタを!

e0120402_2347273.gifお友達に教えてもらってから、とっても気になっていた
Liptonの500mlペットボトルのノベルティ
“ピエール エルメ”のアクセサリーコレクション”

3日間で4軒のShopをはしごして
やっとのことで8種類全部GETしました~(*^^*)/
こういうシリーズものって、全種類揃えないと気がすまないんですよね^^;
でも今回は、主に99円Shopで購入したので
8種類揃えても1000円以下!
普通のストラップを買うのとあまり変らないので
かなり自己満足です(*^^*)☆

1軒目で5本見つけて買い込んだんだけど
よく考えたら、2.5kgもの重量があったんですね~(◎◎)
スイーツのためなら結構歩けるし、重いものも持てちゃう私・・・
運動になってるかも?!




e0120402_2320292.jpg

8種類の中でも一番のお気に入りは
このマカロン・イスパハン♡
フランボワーズもちゃんとサンドされていて
とっても魅惑的なダイナマイトボディ♡

でも、これがなかなか見つからなくって・・・
可愛いから売れちゃうのか、元々製造数が少ないのか・・・

携帯に付けてみたら・・・重くてメールしにくい^^;
デジカメに付けてみたら・・・ジャマ~^^;
e0120402_23501023.gifデジカメのポーチにつけてみようかなぁ♪

でも、1個だけ汚れちゃうのは可哀想なので
もう1個ストックをGETしてからにしようと思います(ケチ~^^;)

あ~~~っっっ・・・
このレモンティー8本、どうしよ~・・・
お砂糖が入ってるドリンク、飲めないんですよね~^^;
[PR]

by yukichocolat | 2008-03-21 00:00 | ひとりごと