<   2009年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

パティスリー・タンドレス ☆ 間もなくリニューアルオープン!

e0120402_9135124.jpg


2008.6.30をもって、リニューアルオープンのために
休業期間に入られていたベック・ルージュさん。

リニューアルオープンはいつ?と心待ちにされている
ファンの方も沢山いらしたと思いますが・・・
2009.10.8 いよいよオープンされることとなりました。

 
リニューアルオープン後の店名は、パティスリー タンドレスさん。
“タンドレス”は仏語で、愛情、優しさという意味で、
お菓子に対する愛情、人に対する優しさをイメージされています。

 
休業期間中も何度かお話をおうかがいする機会があったんですが、
お店の設計、什器備品のセレクト、そして新商品の試作と
ほとんどお休みされる時間はなかったそう・・・
何事にもとことんまでこだわられる山口シェフのこと。想像できますよね。

工事も最終段階をむかえた先日もお話をおうかがいしたんですが・・・
一眼レフを手に、颯爽とお伺いしたにもかかわらず、
真新しいサロンのお席に座りながら、シェフの色々な想いをおうかがいしていると
シャッターをきる気にはなれず、結局1枚も撮ることができませんでした・・・
とても長く、でも短い1年3ヶ月だったんだろうなぁ…と私も感無量で・・・

まだ全く時間が足りていないんです・・・とおっしゃる山口シェフ。
それでも秋頃には・・・と待ち望んでくださっているお客さまのために
この時期のオープンを決意されたそう。
デセールも始めたいんです!とおっしゃっていたサロンも
様子を見てからの営業となりそうです。

 
そしてシェフのお父さま、お母さまも全力でバックアップ体勢です。
お母さまは、オープン後暫くはお店に立たれるそうですし、
お父さまは、シェフの為に独学で勉強をされて、HPを作られたんですよ!
本当に素晴らしいご両親だなぁ…とお話をさせていただくたびに感動しています。

パティスリー タンドレスさんのHPはこちら

こちらのHPを作られる際にご相談をいただいて・・・
TOPページでフラッシュしているお菓子のお写真の数々は、
ベック・ルージュさん時代に、私がブログでご紹介させていただいたものなんです。
まさかHPに使っていただけるなんて・・・
嬉しい反面、こんな写真で大丈夫かしら・・・とても恐縮してしまいました。
今後どんどん新しいお菓子を撮影して、精度を上げていきたいと思いますので
暫くはこのお写真で我慢してくださいm(_ _)m 

 
リニューアルオープン後も、シェフのスタンスは今までと何ら変わることなく、
作り置きをせず、毎日ご自分お一人で作れる範囲で、
丁寧に、真面目に、心をこめてお菓子を作っていかれると思います。
だから営業日が週2日から週5日になっても大量生産は決してできません。
 
リニューアルオープン後の状況が分からない今(多分殺到されると思いますが・・・)
状況に応じて、営業スタイルが刻々と変化していくと思いますが、
なるべくHPでアナウンスされるおつもりでいらっしゃいますので、
ご来店前にご確認いただいて、ファンの皆さまで一緒に、
ぜひ長い目で温かく見守っていきましょうね(*^^*)❤

お店と住居が一緒ですので、お問い合わせのお電話やFAXは
HPにも掲載されていますが、9:00~21:00の間でお願いしますとのこと。
(FAXだから・・・と夜中にされるとご迷惑になるので・・・)

 
またオープン後に、リニューアルオープンにあたってのシェフの想いからお菓子まで、
たっぷりとレポートさせていただきたいと思います。

 
e0120402_9143615.gif
 

店名:パティスリー タンドレス
住所:京都市左京区一乗寺花ノ木町21-3 
電話:075-706-5085 (定休日を除く、9:00~21:00までの間でお願い致します)
FAX:075-702-4984 (9:00~21:00までの間でお願い致します)
定休日:火曜日・水曜日
営業時間:11:30~19:00
[PR]

by yukichocolat | 2009-09-30 00:00 | タンドレス

CALVA(カルヴァ) ☆ パティスリー編

ブーランジュリー編

e0120402_0164366.jpg

お店に入ると正面に生菓子のショーケース、左手に焼き菓子の棚があります。

このモンブランの背の高いフォルム・・・どこかで見たことがあるような・・・
あっ!? そうだ!
二郎さんは、アテスウェイさんでも修行をされたそう。
構成は同じですが、マロンクリームの絞り方が少し違いますよね。

見るからにアグレッシブなビジュアルのケーキが多く、私好みの予感(*^^*)❤
でも、シュークリームやプリンなどのお菓子もありましたよ。


e0120402_0171261.jpg

e0120402_0172725.jpg

e0120402_0173665.jpg

e0120402_0174397.jpg

e0120402_0182129.jpg


CALVA(カルヴァ) ☆ パティスリー編 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2009-09-28 00:00 | sweets(関東その他)

CALVA(カルヴァ) ☆ ブーランジュリー編

e0120402_0113295.jpg

2009.8.1、大船@神奈川県鎌倉市にオープンしたCALVA(カルヴァ)さん。
こちらは、お兄さんの田中聡さんがパンを、弟さんの二郎さんがケーキを
担当されるという、ブーランジュリーとパティスリーを併設したお店なんです。

カルヴァという店名の由来は・・・
ご兄弟ともがフランス・ノルマンディー地方で修行をされていたからだそう。

「フランスのノルマンディー地方は林檎からつくられるお酒が有名です。
 地元っ子のあいだでは、カルヴァとよばれて愛されています。

 僕らの原点でもあるノルマンディーに敬意を表して・・・
 ブーランジュリー&パティスリー「カルヴァ」を大船(僕らの地元)にオープンしました。」

カルヴァドスを親しみをこめて呼ぶと、カルヴァ♪
お二人の修行地と店名をリンクして覚えられるので、絶対に忘れませんよね。

1Fはブーランジュリー&パティスリーと奥にブーランジュリーの厨房、
2Fはパティスリーの厨房など、そして3Fは、
音羽ノ森ホテルの元総料理長・鈴木謙太郎さんがシェフを務める
フレンチレストラン「Chez Kentaro(シェ・ケンタロウ)」になっています。
 
鈴木シェフは、田中シェフと「レストランミクニ丸の内」時代より親交があり、
カルヴァのパンやケーキを提供できるレストランを開きたい!
という田中シェフの想いに応えて、一緒にオープンされることを決意されたそう。
逆にレストランでお食事をされたお客様が、美味しかったので!と
食後に階下で、パンやケーキを購入して帰られることも多いんですって。



e0120402_0122547.jpg

e0120402_012371.jpg

e0120402_0125696.jpg

e0120402_013374.jpg

e0120402_0131228.jpg

e0120402_0131991.jpg


CALVA(カルヴァ) ☆ ブーランジュリー編 続きます・・・
[PR]

by yukichocolat | 2009-09-27 00:00 | sweets(関東その他)

師匠に会いに・・・パティスリー リュッフェルへ


e0120402_7221816.jpg


先日シェフ部@niftyで取材をさせていただいた、モンプリュさんの林周平シェフ。

そのインタビューの中で、林シェフがフランス「ジャン・ミエ」時代の
日本の師匠と仰いでらした二見シェフのお店にお伺いしてきました!

川崎・元住吉にあるパティスリー Ruffel(リュッフェル)さん。
二見秀夫シェフが奥さまと一緒に営まれている、猫好きさんにも大人気のお店です。
お二人とも猫好きということで、お店の看板はもちろん、
店内にも猫ちゃんグッズがたくさん飾られていました。
お菓子関係だけでなく、なんと猫雑誌にも掲載されるほどなんですって^^;

元住吉駅から歩いて、ブレーメン通りという長~い商店街を抜けた場所にあり、
小さなお子様からお年寄りまで幅広い層に愛されるリュッフェルさん。
お店のドアお開けた瞬間に、思わずただいま!って言いたくなるような
温かい雰囲気に満ち溢れた素敵なお店です。
次々に訪れて来るお客さんが、皆さんお友達みたいな雰囲気でしたもの❤



e0120402_724313.jpg

e0120402_7242048.jpg

e0120402_724319.jpg

e0120402_725218.jpg

e0120402_725391.jpg

e0120402_13225560.jpg

e0120402_7262471.jpg

e0120402_726364.jpg

e0120402_7265242.jpg

e0120402_727565.jpg


師匠に会いに・・・パティスリー リュッフェルへ 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2009-09-25 00:00 | sweets(関東その他)

シルバーウィーク最終日ですね。。。

e0120402_1259721.jpg

皆さまシルバーウィークはいかがお過ごしでしたか?
私は・・・最終日の今日はじめてお家にいます^^;

1日目は、関西テレビよ~いドン!のロケで京都に行っていました。
10/5 O.A.予定で、今回のテーマは「今が旬の栗のスイーツ」です。
またO.A.に合わせて、ロケの様子などをレポートさせていただきますね。


そして2日目からは、3日間上京していました。
今回は、21日に開催された「スイーツ甲子園」決勝戦の取材に行ってきました!
高校生とは思えない発想力と技術、そしてチームワークの素晴らしさに
審査員の皆さまも大変感心してらっしゃいました。

ちなみに審査員の方々の顔ぶれも、と~っても豪華なんですよ。

書類選考審査員: 大森由紀子(フランス菓子研究家・本大会アドバイザリースタッフ)
地区予選審査員: ●北海道東北ブロック/一戸 康彦●関東Aブロック/堀江新
●関東Bブロック/五十嵐 宏 ●東海信越ブロック/柴田武
●近畿北陸Aブロック/林 雅彦●近畿北陸Bブロック/白岩忠志
●中国四国ブロック/林 周平●九州沖縄ブロック/西村伸広
決勝大会審査員: 西原金蔵 / Au Grenier Dor、
            柳 正司 / Patisserie Tadashi Yanagi、
            土屋公二 / Theobroma


笑顔あり、涙あり、本とに感動の連続だったこの「スイーツ甲子園」
レポートしたいことは山ほどあるんですが、
OAまではNGなので、是非OAをご覧になってくださいね。
その後私もレポートさせていただきます。
(でも我が家はBSが映らないのでどこで見ようかしら^^;)

「スイーツ甲子園」の放映は、10/18(土)BSフジ 17:00~18:55の予定です。


もちろんメインは、この「スイーツ甲子園」の取材だったんですが・・・
ちょこっとだけ(?)パティスリー巡りもしてきました。
でも今回は時間がなかったので、本とにちょこっとだけ。
その代わりに素敵な出逢いや、自分の気持ちを見つめなおす瞬間が
たくさんあった有意義な時間でした(*^^*)♪

今回お伺いしたのは・・・

 
[PR]

by yukichocolat | 2009-09-23 00:00 | お知らせ

シェフ部インタビュー@モンプリュ

e0120402_0205336.jpg

毎月連載をさせていただいているniftyスイーツ部内に
新しく「シェフ部」というコンテンツが立ち上がりました。

シェフ部というのは、お菓子やパンのレポートだけではなく、
パティスリーやブーランジュリーのシェフご自身や
お店にスポットを当てたコンテンツです。
シェフがシェフになられたきっかけから、今後描いてらっしゃる夢まで・・・
真面目な話から脱線話まで(取材時は、こちらの方が多かったりして^^;)
色々なことを語っていただいています。

そしてシェフのインタビュー記事だけでなく、リアルタイムな情報として
ブログを書いてらっしゃるシェフにはリンクを貼らせていただいたり、
新商品や催事出店などの情報があれば、随時UPさせていただいています。
 
東京のシェフの方々の中には、ブログをされている方もいらっしゃるんですが、
関西は・・・残念ながらいらっしゃらなくて・・・
メールも皆さんあまり得意じゃないですものね^^;
さすがに口説くにも、気が引けちゃいました(笑)
でもいつか、どなたか、書いてくださらないかなぁ・・・

関東のお店は、何人かの部員さんが分担して書かれているんですが、
実は関西担当は私一人だけなんです。
このシェフ部に参加していただけないか、お願いにお伺いした際は、
わ~い!皆さん快く引き受けていただけてよかったぁ(*^^*)♪
って、無邪気に喜んでいたんですが・・・

よ~っく考えてみると・・・それを一人で書かなきゃいけないことに後で気づいて^^;
しかも、いざ書き始めてみると・・・お菓子の話以上に時間がかかっちゃって・・・
そりゃそうですよね・・・一人の人間の人生を書かせていただくわけですから・・・
とりあえず、お一人目は・・・丸3日かかりました★
それでも、書きたかった事の1/3ぐらいしか書けてない感じですm(_ _)m
 
今、9名のシェフにOKをいただいていて、
すでに6名のシェフのインタビューにお伺いさせていただいたんですが・・・
このペースでいくと、年内に書きあがるのかしら?!
なかなかUPできなくて、本当にすいませんm(_ _)m

でもお店に伺いするたびに、色々なお話を聞かせていただいているはずなのに、
それ聞くの初めてです~というお話もやっぱりたくさんあるので、
私自身とても楽しんで取材をさせていただきました。
特に修業時代のお話は、とても興味深いエピソードが多かったですよ♪
(これは、内緒ね・・・ってエピソードも多かったけど^^;)



e0120402_0224596.jpg

記念すべきお一人目は・・・
パティスリー モンプリュの林周平シェフのインタビューにお伺いしてきました!

モンプリュさんには、年間100回×4年目…もお伺いしているので
全然大丈夫だわ! と思っていたんですが・・・
 
色々なお話を聞きすぎてるだけに、5P内に収めるのが大変で・・・
シェフ部のフォームは1Pに写真3枚まで×5Pなんですが、
なんと今回、写真1枚につき、2000文字までしか書けないことが発覚!
(っていうか普通そんなに書くことがないから、今まで知らなかったんです…)
ネットは雑誌のように文字数制限がないのが魅力だと思ってたのに、
そのラインも超えてしまったようです(笑)

でも林シェフの人となりや、お菓子に込められたシェフの想い、
そしてモンプリュさんというお店について、少しはお伝えできたかなぁと…思うので
是非ご覧になってくださいね。
(お蔵入りになってしまったエピソードも、いつかどこかでご披露できたらいいなぁ…)

シェフ部 林周平シェフのインタビューはこちらへ



e0120402_0235635.jpg

このインタビュー記事では、シェフお薦めのお菓子を3品ご紹介いただいてるんですが、
なぜか皆さんスペシャリテと呼ばれるお菓子をはずしてこられるんです。
なんでだろう? 色々なところで紹介されてるからかな?

林シェフとも、ヴァランシアはやめといて・・・ということになって
ヴァランシアについてはこちらをご覧ください
取材日に、私がどうしても食べたかった(笑)こちらのお菓子もセレクトしてみました。
 
このアリ・ババは、シェフが何年も試行錯誤を重ねて
ようやくたどり着かれた完成形で、私もモンプリュさんの
お菓子の中でも、かなり大好きな逸品なんです❤
このアリ・ババのお陰で、お菓子に使われているアルコールは
だいぶ鍛えられたかも!?
最初はいただいた後、膝からガクッと崩れ落ちたりしてたもんなぁ・・・

モンプリュさんの色々なお菓子については、こちらをご覧ください

えっと・・・シェフ部スタートのお知らせブログのはずだったのに、
なんでまたこんなに長くなっちゃってるのかしら^^;
また2軒目、3軒目とUPできたら、お知らせさせていただきますね。

シェフ部 林周平シェフのインタビューはこちらへ
[PR]

by yukichocolat | 2009-09-20 00:00 | シェフ部@nifty

ガレット・デ・ロア講習会2009@東京 - フレデリック・マドレーヌシェフ編

井上佳哉シェフ編
島田進シェフ編
河田勝彦シェフ編
西野之朗シェフ編
寺井則彦シェフ編



e0120402_23153852.jpg

ル・ポミエのフレデリック・マドレーヌシェフは、サントノレを紹介してくださいました。
フランス伝統菓子というと、どうしても焼き菓子系が多くなるので、
一品こういう生菓子系があるのも嬉しいですね。



e0120402_23165013.jpge0120402_23165814.jpg








e0120402_23172172.jpge0120402_23172961.jpg








e0120402_23175516.jpge0120402_2318286.jpg








e0120402_23183335.jpge0120402_23184385.jpg








e0120402_23199100.jpge0120402_23193199.jpg










e0120402_2319522.jpg

e0120402_23195944.jpg

e0120402_2320623.jpg


e0120402_23203156.jpg

e0120402_13405919.jpg


ガレット・デ・ロア講習会2009@東京 - フレデリック・マドレーヌシェフ編 
続きを読む・・・

[PR]

by yukichocolat | 2009-09-18 00:00 | 講習会・お菓子教室

ガレット・デ・ロア講習会2009@東京 - 寺井則彦シェフ編

井上佳哉シェフ編
島田進シェフ編
河田勝彦シェフ編
西野之朗シェフ編



e0120402_2321726.jpg

エーグルドゥースの寺井シェフは、パン・ド・ジェンヌを紹介してくださいました。
パン・ド・ジェーヌというと、マンケ型やケーク型で焼かれることが多いですが、
寺井シェフが持たれている型は、オリジナルの型なんだそう。
真ん中の厚みのある部分を多くし、中心が黄色くならないように
工夫されているとのこと。
 
ケークの型もスリムロングなオリジナルの型をお使いですものね。
型の微妙なバランス(大きさ・深さなど)によって、
仕上がりの食感や味わいが全く違ってきてしまうので、
寺井シェフはとてもこだわられてらっしゃるんでしょうね。




e0120402_2361467.jpge0120402_236244.jpg








e0120402_2365619.jpge0120402_237320.jpg








e0120402_2372898.jpge0120402_2373429.jpg








e0120402_23759100.jpge0120402_238632.jpg








e0120402_2383496.jpge0120402_2384134.jpg








e0120402_2391542.jpge0120402_2392626.jpg








e0120402_23102397.jpge0120402_23103456.jpg








e0120402_23111796.jpge0120402_23113163.jpg










e0120402_23115638.jpg

e0120402_2312781.jpg

e0120402_23121498.jpg


ガレット・デ・ロア講習会2009@東京 - 寺井則彦シェフ編 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2009-09-17 00:00 | 講習会・お菓子教室

ガレット・デ・ロア講習会2009@東京 - 西野之朗シェフ編

井上佳哉シェフ編
島田進シェフ編
河田勝彦シェフ編



e0120402_22544521.jpg

メゾン・ド・プティフールの西野シェフは、ガトー・バスク・ショコラ
紹介してくださいました。

日本初の焼き菓子専門店である「メゾン・ド・プティフール」さんの
ガトー・バスクは、私も昔から大好きなお菓子なんです❤




e0120402_22571753.jpge0120402_2257234.jpg








e0120402_22574313.jpge0120402_22575481.jpg








e0120402_22581327.jpge0120402_22581965.jpg








e0120402_22584231.jpge0120402_22584829.jpg










e0120402_22591262.jpg

e0120402_22591931.jpg

e0120402_22592614.jpg


ガレット・デ・ロア講習会2009@東京 - 西野之朗シェフ編 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2009-09-16 00:00 | 講習会・お菓子教室

Le temps des Cerises(ル タン デ スリーズ)初訪問!

e0120402_15433992.jpg
e0120402_15434878.jpg


オーボンヴュータンさんの後に向かった先は・・・ル・タン・デ・スリーズさん。
「オーボンヴュータン」やアルザスの名店「ジャック」等で修行を積まれた
小関靖憲シェフが2008.12月にOpenされたお店です。

東急池上線というあまり乗りなれない電車に揺られて、石川台駅へ。
(数駅隣の久が原には、ラ・スプランドゥールさんがありますね)
住宅街を5分ほど歩いて・・・大きな小学校のお向かいに
可愛らしいピンク色の看板が見えてきます❤
でもこの日はちょうどお店と小学校の間の道路が工事中で・・・
外観のお写真を撮り損ねてしまいました(涙)

 
「ル・タン・デ・スリーズ」は、さくらんぼの実る頃という意味。
ロゴは、さくらんぼの中にお顔?!
このロゴと店名が看板にも描かれています。
 
棚にはクグロフの型や、アルザス関連の本が飾られていました。
小学校の前という場所柄からかしら。
ワンコインで買えるような、可愛いお菓子のプティ・セットもありましたよ。




e0120402_15445391.jpg
e0120402_15445986.jpg


e0120402_15451011.jpg

e0120402_15451732.jpg
e0120402_1545243.jpg


Le temps des Cerises(ル タン デ スリーズ)初訪問! 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2009-09-15 00:00 | sweets(東京)