「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ケーキ ( 56 ) タグの人気記事

灼熱の関西スイーツツアー☆サロン・ド・テ・ジャマン

灼熱の関西スイーツツアー☆index
モンプリュ -1
モンプリュ -2e0120402_719443.gif
ラ・ピエール・ブランシュ
ル・プレジール
オ・タンプル・デュ・グゥ -1
オ・タンプル・デュ・グゥ -2

リョーコ


2日間にわたる灼熱の関西スイーツツアー、最終目的地は
サロン・ド・テ・ジャマンさん。
先日感動したベイリーズのアイス、今日もいただいちゃおう(*^^*)♪
私はこの間食べ忘れちゃった1個をのぞいて、全種類いただいているので
ここでもセレクトは彼女におまかせ!

e0120402_04189.jpg

3連休明けなので、何もなくて・・・とシェフが即興で作ってくださったデセール。
バジルのソルベの下には、ショコラのクランブルとヨーグルトのブランマンジェ。
実は、私がジャマンさんではじめていただいたソルベが
このバジルのソルベ(*^^*)☆
冷たいものが苦手な私が、と~っても感動しちゃって・・・
それ以来宿院シェフのソルベの虜になっちゃってるんです。e0120402_03038100.gif
口溶けが普通のソルベと全く違って
冷たいんだけどエアリー・・・冷たさが直接舌にあたらないんです。
シルクのような肌触りのよいヴェールに包まれていて
ワンクッションおいてから冷たさがじわじわ~・・・

そして、このバジルのソルベはお味も最高!
運ばれてきた瞬間は抹茶?と思うような綺麗な翡翠色。
でも、バジルのフレッシュな香りがふうわり・・・
ひと口お口に含んでみると・・・キュンとした鋭い酸味が!
レモン&ライムを隠し味に効かせてあるんです。
とってもフレッシュで、奥深い清涼感が広がっていきます。

宿院シェフは、ライム使いがとってもお上手で
先日感動したサバランにも最後の仕上げに
ライムの皮をすりおろしてらっしゃるんですが・・・
ライムの香りって、とっても華やかな清涼感がありますよね。
私はレモンよりもライムが好き♡

e0120402_0385756.gifソルベおかわりしたいくらい美味しいな~と思っていると
華麗なアシェット・デセールの登場です(*^^*)/




e0120402_0481239.jpg

やっぱりこれをセレクトしちゃうよね♡

ペーシュの美味しさは、是非こちらで

ミルフィーユの美味しさは、是非こちらで




e0120402_0484471.jpg

e0120402_23185912.jpg

サバランの美味しさは、是非こちらで

そして、私がジャマンさんで一番好きなショコラ系・・・
ショコラ・フランボワーズ(*^^*)☆

ショコラムースには、ヴェネズエラ産のカカオ豆100%を
原料として作られたエルレイのサンフォアキン(カカオ分70%)を使用。
土台のビスキュイサッシェには、ローマジパンを混ぜ
重たいけどコクをだされているんですって。
むちっとした食感が、コクのあるムースを支えるに足る存在感(*^^*)/

このビスキュイには、フランボワーズのシロップがうたれているんだけど・・・e0120402_0363292.gif
さらにフランボワーズのコンフィチュールもオン!
シロップにはレモン汁&コアントローが入っているので
酸味と香りの余韻が鼻腔をくすぐり、さらに
コンフィチュールのプチプチ感がお口の中で大合唱♪

実は以前は、ビスキュイの上にフィヤンティーヌを
重ねてたんだけど、今はプレート状にしてトッピングされてるんです。
デザイン的には、断然こちらの方が優雅ですよね。
ムースを食べつつ、フィヤンティーヌをザクッ♪
小気味いいアクセントに!

優美で甘美なショコラの香り・・・
スーっとなめらかな、清流のような口溶け・・・
ショコラの芳醇な風味に、フランボワーズの爽やかな酸味がブレンドされ
エレガントな貴婦人を髣髴とさせてくれます(*^^*)
酸味がアクセントになっているからかしら・・・
夏でも全然重たくないんですよね。e0120402_0372148.gife0120402_0373156.gife0120402_0374028.gif
このめくるめく香りの余韻と口溶け・・やっぱり好きです~





e0120402_0391581.gifクレアー
e0120402_049947.jpg

e0120402_2332365.jpge0120402_23322386.jpg








前回食べ忘れちゃって、とっても心残りだったんです^^;
クレアーというネーミングの由来は・・・
このケーキに使われているショコラのお名前なんですって。
イタリアンパティスリーアカデミーで行われた、
トップペストリーシェフによるブラインドテイスティングで
金賞を受賞したのがカルマー社のクレアー。
数あるミルクチョコレートの中でもその品のある香り、深みのある色、
なめらかな口当たりが高く評価されたそう。e0120402_0424045.gif

宿院シェフがミルクチョコレートを使われるって
ちょっと珍しいので、興味津々!

ピスタチオダイスを混ぜて焼きこんだダックワーズに
ビスキュイ・ショコラを重ね、センターにはピスタチオのクリームを。
キルシュ漬けのグリオットがポイントに!

ショコラ×ピスタチオ×グリオット×キルシュ・・・黄金のカルテット!
な~んとなく味は想像できたんだけど・・・
ミルクチョコレートを使うとこんな風になるんだぁ・・・
想像以上にミルキーでまろやか~(*^^*)♪
まるで雲を食べているかのように、ほわっとお口の中でとろけちゃうんです。
ピスタチオのナッティな香りと、グリオットの馨しい香りがアクセントに
なってるけど・・・やっぱり余韻はミルキー♡
生チョコのミルキーテイストがお好きな方にはお薦めです!

デコレーションに添えてくださった桃&セーデルのジュレ
そしてベイリーズのアイスクリームも絶品!e0120402_046757.gife0120402_0461815.gif
いつも楽しいおしゃべりと、素敵なおもてなしをありがとうございます

誰かと一緒じゃないと、なかなかパティスリーのはしごをしない私。
ボ~っと美味しいケーキやお店の雰囲気を堪能して
シェフとのお話を楽しんでいるうちに、いつの間にか時間が経っちゃって・・・
いつも1軒で満足して、夢見心地のまま帰っちゃうんです(*^^*)☆

でも、2日間でこんなに周れちゃうのね^^;
お友達はこの後再び青春18切符で帰宅の途に・・・
暑い中、本とにお疲れ様でした~(*^^*)/

e0120402_0435331.gif


店名 : サロン・ド・テ・ ジャマン
住所 : 大阪府茨木市別院町6-45オダビル2階
TEL : 072-620-0073
営業時間 : 10:00~20:00
定休日 : 火曜日
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-09 00:00 | sweets(大阪)

灼熱の関西スイーツツアー☆リョーコ

灼熱の関西スイーツツアー☆index
モンプリュ -1
モンプリュ -2e0120402_21174865.gif
ラ・ピエール・ブランシュ
ル・プレジール
オ・タンプル・デュ・グゥ -1
オ・タンプル・デュ・グゥ -2




e0120402_13272720.jpg

昨日もあんなに食べたのに・・・目が覚めれば気分一新(*^^*)/
2日目1軒目は・・・シェ・ノグチさんににお伺いしたかったんだけど
この3日間お電話をかけたけど繋がらなくて・・・夏休みなのかも?!
ということで、リョーコさんスタートに!

リョーコさんのお菓子も、今ショーケースに並んでいるものは
全種類いただいたことがあるので、セレクトは彼女にお任せ(*^^*)/
・・・と思ったらいつの間にか8種類も^^;・・・さすがマイフレンドです♪
しかも昨日モンプリュさんで涙をのんだショコラ系が5種類も^^;


今回あらためて美味しいな~と思ったのが・・・
e0120402_15303292.gifボード
e0120402_13334417.jpg

リョーコさんのスペシャリテと言ってもいいほど
彼女自身お気に入りの逸品(*^^*)☆
その証拠に、フランス修業時代にお世話になった方の
お名前からネーミングされているんです。

ビター&ミルクショコラのムースとビスキュイショコラ
グラサージュショコラと、ショコラのみの5層構造。
ウェーブしたショコラに、金粉をあしらったトッピングもエレガント☆

ムースはビター:ミルクが1:2ぐらいかしら?
e0120402_1533122.gifミルキーでちょっぴり甘い感じなのかな~と思ったら大間違い!
ミルキーでまろやかなショコラ風味の後から
ビターで芳醇なショコラ風味が広がっていきます・・・

ミルクショコラのムースの方がエアリーに仕上げられているので
口溶けが早く、2種のムースがブレンドされて
ミルク+ビター÷2=中間のテイストになるのではなく
時間差で味わうことができるんですね(*^^*)☆
さらに苦味を効かせた濃厚なグラサージュが全体を包み込んで・・・

決してインパクトのあるテイストではないけれども
ショコラのみでこんなにも印象深いグラデーションを描けるなんて
さすが、ショコラを愛してらっしゃるリョーコさん(*^^*)

このボードのプチ・ガトーは
ミルクチョコレートの層がメインの断面が見えているので
とてもやさしい雰囲気がただよっていますが・・・
アントルメになるとグラサージュショコラの上にe0120402_15353482.gif
ショコラのマカロン&金粉があしらわれて
とってもエレガントなんです☆
まるで、漆黒の貴婦人を髣髴とさせるよう・・・




e0120402_15362320.gifリュミエール
e0120402_1473447.jpg

本当は夏限定商品だったはずだったのに、あまりにもご要望が多いので
結局通年商品になっちゃった一品。
でも、やっぱり夏の方が一層煌いている気が!
こんなにも、目にも鮮やかなビタミンカラーなんですもの(*^^*)☆

土台はRyocoさんお得意のマカロナード。
マカロンのような食感のメレンゲ生地です。e0120402_1539765.gif
卵白を軽~く、軽~く泡立てるので
ほわっと空気をいっぱい抱き込んだエアリーな食感に。
クシュッと儚く響く音感が魅力的なんです(*^^*)♪

パッション、マンゴー、杏のムースの酸味が
ホワイトチョコレートのムースの独特な甘味に
キリっとしたアクセントをプラス!

3種のトロピカルフルーツの甘味と酸味☆
三種三様なのでバランスよくブレンドするのって難しいんでしょうね・・・
でも、どの甘味もどの酸味も際立ちすぎることなく
まるでこんなテイストのフルーツが存在するかのように
ナチュラルに一体化してるんです!
これぞまさに三位一体(*^^*)☆

ホワイトチョコレート特有の甘味が強い分
パッションフルーツのシャープな酸味を効かせた方がいいのかな~
と思ったら・・・意外にマンゴーが感が一番強い感じかな。
マンゴーの甘美で、華やかなな芳香に
ホワイトチョコレート特有のまろやかな甘味が溶け込んでいき
そこに3種のフルーツの、異なる酸味がプラスされて・・・e0120402_15402577.gif
しみじみと美味しいトロピカルテイストに!

一方、ほ~んわりエアリーなホワイトチョコレートのムースは
アングレーズベースに生クリームをプラス。
実は私自身、ホワイトチョコはあまり得意ではないんだけど
これは特有の甘ったるさが感じられず、美味しい(*^^*)/

トロピカルフルーツ&ホワイトチョコレート、
2種のムースのバランスが絶妙だからこその美味しさなんでしょうね。
ムースだけの、まったりと単調な食感だけではなく
マカロナードとマンゴージュレのシャクッ、ほわっ、とろ~ん
というアクセントになる食感がプラスされているのも、美味しさ秘密♪

リュミエール=光
本と・・・南国の陽光を映し出す、水面のような美しさ。
ホワイトチョコはちょっと苦手★という方にこそ食べていただきたい一品です。

e0120402_15414893.gife0120402_15415861.gif定番商品が変わらずに美味しいって、とても魅力的なことですよね



さぁ、いよいよスイーツツアー最後のパティスリーに向かいます!

e0120402_15422113.gif


店名:Patisserie Ryoco (パティスリー・リョーコ )
住所:大阪府東大阪市荒本北130
電話番号:06 - 4309 - 3056
営業時間:10:30~21:00
定休日:月、火曜日
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-08 00:00 | sweets(大阪)

灼熱の関西スイーツツアー☆オ・タンプル・デュ・グゥ -2

灼熱の関西スイーツツアー☆index
モンプリュ -1e0120402_0165240.gif
モンプリュ -2
ラ・ピエール・ブランシュ
ル・プレジール
オ・タンプル・デュ・グゥ -1



e0120402_021428.gifアプソリュー
e0120402_21283627.jpg

e0120402_21285258.jpge0120402_21291151.jpg








粉を使わないビスキュイ・ショコラ・サンファリーヌの上に
マンジャリを使ったショコラフランボワーズのムース。
中にピスタチオのブリュレを。
メレンゲの中からは、フランボワーズ&ジバラのコンフィチュールがとろ~り。

アプソリュ=絶対・完全という意味の通り
絶対的なバランスのよさが、美味しさのポイント☆

ショコラフランボワーズのムースは、
フランボワーズのピューレの酸味だけでなくe0120402_042619.gif
マンジャリという甘さを抑さえ、フルーツの香りと爽やかな
酸味が特徴的なショコラを使用しているので
ベリーの爽やかな風味がダブルでせまりくるよう・・・

さらにフランボワーズ&ジバラのコンフィチュールの
シャープな酸味もプラスされ、かなり酸味過多?!
といただく前は心配だったんだけど・・・
ピスタチオのブリュレの、ほんのりナッティな甘味が
酸味を中和してくれているんです。
たった2粒だけど、カリッと瞬時に香ばしさをはなつ
ピスタチオも、存在感のあるアクセントに(*^^*)♪e0120402_064113.gif

通常、アプソリュと呼ばれるお菓子は、ショコラのムースの中に
ピスタチオのムースとフランボワーズのコンフィチュール、
全体をショコラのグラサージュで包み込んで・・・
という構造が多いかと思いますが・・・

タンプルさんのアプソリューの魅力は
なんと言っても、中世の貴族を髣髴とさせるこの優美なフォルム。
メレンゲがフリルの襟に見えてきませんか?
このメレンゲの、トゥルン、ほわっとした食感と甘味が
全体をまろやかにまとめあげる役割を(*^^*)/

これは絶対もう一度リピしたい!と思わせてくれるe0120402_07630.gife0120402_071535.gife0120402_072261.gif
e0120402_085179.gif大胆にアレンジされた、変化球のアプソリュー




e0120402_092130.gifマング・ショコラ
e0120402_22364841.jpg

e0120402_22371840.jpg

今回は4面のショコラが、ムースにちょっぴりしなだれかかっちゃったので^^;
春にKANSAI1週間の取材をした時の写真を拝借!


下からフィヤンティーヌ、ビスキュイショコラ、クレームショコラ
キャラメルマンゴーソース、クレームショコラ、ビスキュイショコラ、
クレームショコラ、グラサージュの8層構造。

シェフの狙い通り、夏にこそ美味しいチョコレートケーキ(*^^*)/
キャラメルマンゴーソースに効いているパッションの酸味が際立って
南国のリゾート地が眼前に浮かび上がってくるような、トロピカルテイスト☆

こちらも爽やかな酸味が特徴のマンジャリを使用していて
ショコラの爽やかな苦味と甘味、キャラメルのほろ苦味、
e0120402_0114916.gifパッションのシャープな酸味のマリアージュが素晴らしいんです。
ショコラが室温でいい按配にとろけ
全層がナチュラルに一体化していった時が食べ頃!
ショコラの重層構造にも関わらず、夏でも全く違和感なく
ス~ッと入っていく、爽やかなショコラスイーツ(*^^*)♪

マング・ショコラの美味しさは、是非こちらで




e0120402_0123367.gifタルト・フロマージュ
e0120402_23201086.jpg

e0120402_1340747.jpge0120402_026165.jpg









きゃ~(*^^*)♪ まさかこのタルト・フロマージュにめぐり会えるなんて~♪
だって、このタルトはタンプルさんが1周年記念イベント開催中に
期間限定で、1500円以上購入されたお客様にプレゼントされていた
お菓子だったんですもの。(ほとんど同額のプレゼントだったんだわ!)
どうしてもその期間中にお伺いすることができなくて
もう味わえないんだろうな~★ってとっても残念に思っていたので
このパッケージを見たときには、ルン♪ってなっちゃいました(*^^*)♪

なんとこのタルト・フロマージュ・・・
1周年を記念商品として定番化されたんですって!e0120402_023249.gif
そういえば、タンプルさんにはベイクドチーズケーキなかったかも。
直径18cm、厚さ2cmのスリムボディのチーズケーキを
ブラックの、スタイリッシュな手提げ型のパッケージに
入れちゃうところが、お洒落な細谷シェフらしいですね☆

アパレイユは、北イタリア産のゴルゴンゾーラに
フランス産のクリームチーズをプラス。
本当は、ゴルゴン臭のガツンと効いたテイスト(私好み♪)に
仕上げたかったそうなんですが・・・
1周年記念商品なので、多くのお客様に好まれるテイストに!ということで
クリームチーズもプラスして、ほのかな甘味となめらかな口溶けに(*^^*)
ゴルゴンゾーラの青カビ臭は、ふうわりと鼻腔からぬける程度・・・

全体の1/3を占めている、ほろほろっとした食感の
やさしい甘味のタルト生地も、食べやすさに一役かっています。

フロマージュの絶妙な塩加減と、まろやかな口溶け・・・
青カビが苦手な方にも、きっと美味しく食べていただけるe0120402_0235563.gif
フロマージュのアパレイユとタルト生地のバランス!
この特別なケーキに込められたシェフの想いが
ひしひしと伝わってくるようです(*^^*)☆
(個人的には、もっとマニアックにゴルゴンメインの
 チーズケーキも食べてみたいな~♪)

シトロンのミルフィーユやメレンゲのお菓子、
週末限定の大きな焼き菓子も登場しているので
また近いうちにお伺いしなくっちゃ(*^^*)/


これで、ツアー1日目は終了です。
まさかこの後、あんなに激しい稲妻に襲われるなんて・・・(◎◎)
まさに一寸先は闇★★★
食べたいものは、後悔しないよう、出逢ったときに
いただいておかなくっちゃね(*^^*)♪ (ちょっと、違うかな~^^;)

2日目に続きます・・・

e0120402_0194294.gif


店名:オ・タンプル・デュ・グゥ
住所:兵庫県西宮市南郷町7-12
電話番号:0798 - 71 - 7610
営業時間:10:00~20:00
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-06 00:00 | sweets(兵庫)

灼熱の関西スイーツツアー☆オ・タンプル・デュ・グゥ -1

灼熱の関西スイーツツアー☆index
モンプリュ -1e0120402_6443181.gif
モンプリュ -2
ラ・ピエール・ブランシュ
ル・プレジール


1日目最終目的地は、夙川のオ・タンプル・デュ・グゥさん。
去年の7/1Openなので、まだOpenして1年余しか経っていないのに
関西ではもうすっかり人気店として定着していますね♪
バームクーヘンのみですが、そごう心斎橋店のデパ地下にも進出!

タンプルさんの魅力は、品揃えの豊富さ(*^^*)☆
店名の通り、まさに“美味しいものが集まる場所”
ロールケーキやバームクーヘンといったお子様も喜ぶお菓子からe0120402_14345417.gif
ホテル仕込みの技を存分に発揮したフランス伝統菓子まで
バリエーション豊かな、美味しいお菓子を楽しむことができるんです。
でも、細谷シェフの美味しい引き出しはまだまだ無限にあるようで・・・





e0120402_1435410.gifマント・ショコラパンプルのエアー
e0120402_1205356.jpg

e0120402_2356112.jpg

春にKANSAI1週間の取材でお伺いした時に
夏の新作で、“テイクアウトできるアシェットとして
エアーを使ったデザートを試作中なんです” 
と聞いて、楽しみにしていたんだけど・・・登場していました!

ミントのムースとムースショコラの上に
パンプルムースのエアーを重ね、爽やかな夏のグラスデザートに!

でもこの泡泡・・・気温37℃の中テイクアウトしても消えないかしら(◎◎)

消えないエアーの作り方はマル秘かな~と思いつつ
遠慮がちに(笑)おうかがいしてみると・・・
「全然秘密じゃないですよ~♪」と笑顔で教えてくださいました!
細谷シェフって、と~っても手間のかかる難しい技をす~んなり教えてくださったり
それは秘密でよ~って悪戯っぽく微笑まれたり
かなりイケメンシェフなのに、とってもお茶目な方なんです(*^^*)♪

このパンプルムースのエアーは、グレープフルーツの果汁のみを
e0120402_14381446.gif凍らせて、ロボクープにかけ、解凍しながら攪拌。
空気をいれながら、ゼラチンを少しずつ加えると
消えないAIRが出来上がるんですって(◎◎)

37℃の炎天下の中、1時間持ち歩いてもこの通り!
全然消えませんでした!
シュワッというより、プルン、クシュっという口あたり・・・
見た目よりしっかりとした口溶けなんです♪

このエアーの下にはミントのムース。
細かくCUTされたミントの葉っぱ、写真で見えますか~?e0120402_14395072.gif
フレッシュのミントを刻んで、1日漬け込み
アングレーズベースの爽やかなムースに仕上げています。
エアーよりこちらのムースの方が、シュワっとした口溶けかも。
このムースだけいただくと、かなり爽やかで
COOLISHな風が、お口の中を颯爽と吹きぬけるんだけど・・・

ミントのムースの下の方に仕込まれている、ムースショコラが
(グラスにマーブル状に描かれているのはデコレーションのショコラ)
ビスキュイ?と思わせる程ショコラ濃度が高く
ほろほろっとした舌触り。
この2層を一緒にいただくと、ミントのフレッシュ感とショコラの苦味が
いい按配にブレンドされて、美味しくいただけるんです。

ここにさらにパンプルの酸味がプラスされると・・・
あんなにキュン!と感じていた酸味が、やや甘味を帯びて感じられ
ちょっぴりまろやかなテイストに(*^^*)♪

e0120402_1443689.gifビジュアル以上に爽やかさを体感できる、夏のグラスデザート☆





e0120402_14434037.gifパッションマンゴーのタルト
e0120402_13221963.jpg

e0120402_13223271.jpg

パッション&マンゴーのクレームの中に、マンゴーのジュレ入り。
しっかりと焼きこまれた、薄くてサクッ香ばしいタルト生地は
細谷シェフのご自慢♪
パティシエさんであれば当然のことなのかもしれませんが
e0120402_14463131.gif底のないセルクルに、薄く均等の厚みで生地を敷きこむのって
本当に難しいんですよね★
変に厚みがあると、フィリングの美味しさを邪魔しちゃうので
この土台となるタルト生地の美味しさは本当に大切!

夏でもタルト系をたくさん並べられるのは
この軽やかな食感のタルト生地がご自慢の証(*^^*)/
お口の中でもごもごして食べにくい~★ってことが皆無なんです。

パッション&マンゴーのクレームは酸味の効いた
クレームブリュレのように、とろろ~んとなめらかな口溶け。
マンゴーテイストの方が際立っていて、濃厚な甘味の中から
時々シャープな酸味がキュン♪

中にはマンゴーのジュレ。
マンゴーの果肉が入っているものよりも、ジューシー(*^^*)☆
タルト生地が、トロピカルな瑞々しさをはなつ
クレーム&ジュレの波にのみこまれて・・・渾然一体。
フィリングの酸味にタルトの甘味や香ばしさがプラスされ
より深みのあるテイストに変化していきます。

e0120402_14481875.gif「タルトはジューシー感がないと夏には敬遠されがちだけど
こんなに爽やかなら大丈夫でしょ!」と細谷シェフ。
うんうん、本とにお目目の覚めるような爽やかさです(*^^*)/





e0120402_14492097.gifタンブラン
e0120402_12434040.jpg

e0120402_13453210.jpge0120402_13454695.jpg








一見普通のタンブランに見えますが、サイドからみると・・・
フルーツが、こ~んなに大ぶり~(◎◎)
パイナップルもキウイもひと口では頬張れない大きさなんです。

ル・プレジールさんのタンブランと異なるのは・・・
アーモンドのビスキュイが、サンファリーヌ(粉が入らない)なんです。
シェフは、普通のビスキュイはやわらかめのムースにe0120402_14513855.gif
サンファリーヌは、しっかりめなクリームにと使い分けてらっしゃるそう。
しっとりと密で、ほろほろっとした食感。
さらに、粉を使わないのでアーモンドの香りがより強調され
鼻腔からふわっとビターな香りがぬけていきます・・・

一方クレーム・ムースリーヌは、かなり固めに仕上げられていて
冷蔵庫からだしてすぐにいただくと、ほろほろっと崩れ落ちてしまい
ビスキュイやフルーツとバラバラな感じがするのですが・・・
暫く(かな~り)室温に放置しておくと、とろろ~ん。
ル・プレジールさんのタンブランに比べて
かなりクリーミーなクレームに変化していきます。
このようなテクスチャーのクレームだからこそ
ビスキュイ・サンファリーヌや大ぶりのフルーツと
バランスよくいただけるんですね(*^^*)♪

シェフお得意のショコラ編に続きます・・・

e0120402_14524294.gif


店名:オ・タンプル・デュ・グゥ
住所:兵庫県西宮市南郷町7-12
電話番号:0798 - 71 - 7610
営業時間:10:00~20:00
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-05 00:00 | sweets(兵庫)

灼熱の関西スイーツツアー☆ル・プレジール

灼熱の関西スイーツツアー☆indexe0120402_633170.gif
モンプリュ -1
モンプリュ -2
ラ・ピエール・ブランシュ


e0120402_22362735.jpg

e0120402_22364181.jpg

1日目の3軒目は、ル・プレジールさん。
お菓子は春に六甲アイランドのイベントでいただいたけど
お店に伺うのはちょっぴり久しぶり^^;
でも来月の中旬には、あの和栗の絞りたてモンブランが
登場するそうなので、また是非お伺いしなくちゃ!

こちらのお店は、カントリー調のオブジェがとっても可愛いんです(*^^*)☆
手書きの黒板はどなたが書かれてるのかしら・・・素敵ですよね♪
(黒板に文字を書くのって、とっても難しかった記憶が・・・)
ショーケースには、エレガントななフランス菓子が顔を並べているのにe0120402_0453941.gif
カフェにはいつも、ご近所の年配のご夫婦がいらしているような
とっても温かい雰囲気のお店なんです(#^^#)



e0120402_0455729.gifプレジールシュクレ
e0120402_22513979.jpg

シェフのスペシャリテ☆
ヘーゼルナッツのダックワーズ、プラリネ、ミルクチョコレートのガナッシュ
クレーム・ショコラ、ショコラのプレートを重ねて。

これ、私がプレジールさんではじめていただいたお菓子なんです。e0120402_0532534.gif
このビジュアル・・・絶対好きだろうな~と直感しちゃって☆

サクサク、まったり、とろ~ん、パリンという音感のアンサンブル♪
お口の中でとろける速度が違うので、
渾然一体化した風味の中から、ショコラやナッツの香りが
グラデーションを描きながら広がっていきます・・・
食感も・・・ふうわり→みっちりへと上層からグラデーション。

凛と引かれた直線の輪郭の中に、優美に流れるショコラの曲線。
ショコラのプレートに入れる手に緊張が走ります・・・
このお菓子は、ナイフ&フォークで美しくCUTして
e0120402_0521791.gif必ず全層一緒に味わわないと、失礼な気がしてくるほど
スッと、エレガントなたたずまい。
ビジュアルだけでなく芳醇な薫りも魅惑的なんです(*^^*)

以前より少し、ダックワーズ&プラリネの層が厚くなったかな。



e0120402_0542990.gifタンブラン
e0120402_23171135.jpg

アーモンドのビスキュイにクレーム・ムースリーヌと
季節のフルーツをサンド。
“タンバリン”という意味の、フルーツたっぷり、フランス版のショートケーキ。

ムースリーヌがたっぷりサンドされているので
しばらく室温においておくと・・・e0120402_0563678.gif
クリームがとろけてきて、いい按配のテクスチャーに♪
ここでちゃ~んと我慢しないと、バターが固いままで
味わいが半減しちゃうんですよね^^;
バニラの風味がしっかりと効いています!

このミルキーでコクのあるムースリーヌと
色とりどりのフルーツのフレッシュな酸味、
そして鼻先をくすぐるナッティな香りのハーモニー・・・

しっとり、ほろほろっとお口の中でほどけるビスキュイと
まったりと舌にまとわりつくムースリーヌ、e0120402_0583854.gif
そしてジュワッと弾けるフレッシュなフルーツの果汁。

フランス版のショートケーキと言われるだけあって
シンプルだからこそ、3層の風味&食感のバランスや
ムースリーヌの按配がとても大切。
シェフの技量が問われる、奥深いお菓子とも言えるのかもしれませんね。




e0120402_101871.gifプランス ド シシル
e0120402_004218.jpg

ピスタチオのムースの中には、苺のムース。
底にはビスキュイダマンドピスターシュ。

こちらはお友達ご所望の一品。e0120402_114326.gif
東京の某パティスリーに、同じお菓子があるんですって。
食べ比べてみてどうだったのかしら?(聞くの忘れちゃった^^;)

ピスタチオのムースは、まるでソフトクリームのような
とてもなめらかな口溶け。
苺のムースには、少し粒々感が残っていて
クレーム状になったピスタチオのムースに
するりと包み込まれていきます・・・

ピスタチオのナッティ感や苺の甘酸っぱさは控えめで
全体がほんのりミルキーなやさしい風味に包み込まれて・・・
ちょっとはにかんだ乙女を髣髴とさせる、春色テイスト(*^^*)☆

e0120402_11912.gif私にしてはかなり頑張って歩いている気が・・・(◎◎)
さあ、でももうちょっと頑張ってこの日最後のパティスリーへ!


e0120402_115922.gif


店名:ル・プレジール
住所:神戸市灘区高徳町3-1-5
電話:078-846-1780
定休日:木曜日
営業時間:10:00~20:00
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-04 00:00 | sweets(兵庫)

灼熱の関西スイーツツアー☆ラ・ピエール・ブランシュ

灼熱の関西スイーツツアー☆indexe0120402_15455795.gif
モンプリュ -1
モンプリュ -2


e0120402_1432656.jpg

1日目の2軒目は、ラ・ピエール・ブランシュさん。
夏のPBさんはショコラがお休みなので
ソルベやエピスリー商品に魅かれちゃうんですよね。

でも、最近白岩シェフが力を入れてらっしゃるのが、フランスの伝統菓子
カヌレやパン・ド・エピス、プリュノー・フーレは以前にいただいたんだけど
またまた新商品発見!



e0120402_1537383.gifガトー・バスク(チェリー)
e0120402_15323.jpg

e0120402_1532290.jpg

ガトー・バスクはフランス・バスク地方の郷土菓子。
サブレとケーキの中間のような生地に
チェリージャムやカスタードクリームをはさんだ焼き菓子です。

ガレットとビジュアルは似ていますが、
フィリングに厚みがあり、ふうわりとした食感で
アントルメサイズだとよりフィリングの食感を堪能できるんですよね!
個人的に今とっても気になっている、大好きなお菓子なんです(*^^*)☆

伝統的なフィリングは2種類でe0120402_15393735.gif
アーモンド風味のカスタードクリーム入りと
バスク地方の名産、黒さくらんぼジャム入り。
ほろほろっと崩れるような生地と、ふうわり、ねっとりした
フィリングのハーモニーを楽しめる、素朴な焼き菓子なんです。

1月に楽しむガレット・デ・ロア同様、シンプルなお菓子だからこそ
それぞれのお店のこだわりが顕著に表れる、興味深いお菓子☆

PBさんのガトーバスクは・・・
生地はサクッ、ほろっ。
フィリングはしっとり、ふうわり。
チェリーは酸味も控えめで、とっても素朴でやさしい面持ち。
シンプルながらも、バターの薫り高さが素晴らしいんだけど
チェリーにキルシュなんかが効いていても美味しいかも!



e0120402_1543049.gifガトー・バスク(コーヒー)
e0120402_15245160.jpg

e0120402_1525695.jpg

コーヒー風味のバスクっていうのも珍しいけどe0120402_15443838.gif
まさかこんな風にコーヒー生地が入っているなんて!

コーヒーとバターは、とっても相性がいい感じ♪
コーヒーの苦味は全く感じられず、ふくよかな香りのみをプラス。
フィリングがふうわりとしているので、まるでパンを食べているかのようなんです。

白岩シェフのお菓子には珍しく、と~ってもやさしいテクスチャー。
こんなお菓子も作られるんだ・・・とちょっと意外な気も。
でも最近、シェフの焼き菓子の美味しさに心魅かれちゃってる私(*^^*)☆
クリスマスにはシュトーレン、年明けにはガレット・デ・ロアといった
大きなお菓子も登場すると思うので、なんだか今からとっても楽しみ!

さぁ、ちょっぴり駅から遠い3軒目のパティスリー目指して!

e0120402_1544536.gif


店名 : ショコラティエ ラ・ピエール・ブランシュ
住所 : 兵庫県神戸市中央区北長狭通3-2-17
TEL : 078-321-0012
営業時間 : 10:00~20:00(喫茶19:30)
定休日 : 火曜日
[PR]

by yukichocolat | 2007-09-03 00:00 | sweets(兵庫)

灼熱の関西スイーツツアー☆index

青春18切符で、関西遠征してきてくれたお友達と一緒に
猛暑にも負けず、関西スイーツツアー(*^^*)/
久々に、頭が痛くなるほど食べちゃいました・・・

実は、今年は珍しく夏バテ気味な私(◎◎)e0120402_21511937.gif
本と・・・スイーツ&パンしか食べたくないんです^^;
おまけにいつもは夏でもホットコーヒーの私が
クーラーの中、冷たい飲物やアイスクリーム三昧。
精神的、肉体的にかなり壊れちゃってるかも(泣)

でも、この2日間はと~っても楽しかったです(*^^*)♪

1日目
e0120402_2216525.jpg

待ち合わせは、10:00a.m.にモンプリュさん(*^^*)♪
この時間からイートインできるお店って、貴重ですよね。
今回はゆるりと周りたいんです~って言ってたはずなのに・・・
気付いたら6個プラスα食べてたりして^^;



e0120402_20581787.jpg

2軒目は、ラ・ピエール・ブランシュさん。
今の季節は、エピスリー商品に力を入れてらっしゃるんです!
ピクルス、ハーブスパイスオイル、ジェノバペースト・・・
でも、今回一番気になったのは色んなフルーツがブレンドされたチャツネ♪
ボトルがちょっぴり重くて今回は断念したんだけど、次回は是非!

代わりに、新登場のバスク2種を購入(*^^*)☆



e0120402_22111813.jpg

3軒目は、お友達が初訪問のル・プレジールさん。
彼女は、東京で大好きな某パティスリーと
同じネーミング&フォルムのお菓子を見つけて大喜び(*^^*)♪
この手書きの黒板Menu・・・いつもとっても可愛いんです☆

栗を皮むきからお店でしてらっしゃる、和栗のモンブランは
9月中旬頃に登場予定なんですって!



e0120402_13384495.jpg

4軒目は、最近関西以外の方からよく連れて行って!と言われる
オ・タンプル・デュ・グゥさん。
7/1に1周年を迎えられたばかりなのに、すでに大人気なんです(*^^*)♪
でもまさか、1周年記念のプレゼントとしてお客様に配られていた
あのチーズケーキに、この日にめぐり会うことができるなんてw(*^^*)w

そして、春にKANSAI1週間の取材にうかがった際に
夏の新作に!とおっしゃっていたあのお菓子にも出会えちゃいました♪


この日お友達は、私の住むマンションのゲストルームに泊まることになっていたので
タンプルさんのお菓子は帰ってからいただこう~♪と早々に帰宅!
17:30頃から、一緒にDinnerケーキタイムを過ごして
私も自分のお部屋に帰って、TVを見ながら写真の整理をしていたら・・・
今までに体験したことのない怒涛の雷(◎◎)
そして・・・突然バチッと音をたてて、TVがザ~ッ・・・
今考えれば、PCが無事でよかったぁ・・・
でも彼女は一人で不安だっただろうなぁ・・・と心配していたら
翌朝・・・すぐ寝ちゃいました!って思いっきり元気でした(*^^*)♪ 




2日目
e0120402_21345458.jpg

朝一番はリョーコさんに。
本とはリョーコさんの前に、シェ・ノグチさんにもお伺いしたかったんだけど
3日間電話をかけても通じないので、夏休みの可能性が^^;
ということで、泣く泣く諦めることに・・・

リョーコさんに滞在していた1時間・・・
めずらしく大行列ができることもなく、常にお客様は2組ほど。
あまりの猛暑に少し落ち着いている感じかな。
久々にリョーコさんともゆっくり話せて(*^^*)♪




e0120402_21422664.jpg

そして2軒目は、サロン・ド・テ・ジャマンさんへ。
酸味を効かせたバジルのソルベでお出迎えいただいて、気分爽快!
一体昨日から、いくつのケーキを食べているのかしら・・・
優雅なサロンで、美味しいデセールをいただいて
シェフとのお喋りを楽しんでいると・・・あらっ、もうこんな時間★
彼女はまた、青春18切符で帰宅の途に・・・
お疲れさま~w(*^^*)w

詳細は後日ちょっとずつ!
[PR]

by yukichocolat | 2007-08-31 00:00 | Sweetsツアー(イベント)index

FRAME誕生☆エス・コヤマ

e0120402_2246782.jpg

三田にNew Openしたアウトレットに行くついでに
(どちらがついでか分かりませんが・・・)
久しぶりにエス・コヤマさんにお伺いしてきました!
コヤマさんは、車がないとちょっと辛いんですよね(*o*)

以前は、パティスリー、カフェ&ショコラトリーの2棟に分かれていたのですが
7月の上旬に3棟目がOpen。
e0120402_814733.gifお菓子教室、バームクーヘン工房、アイスラボ
ブーランジェリー、コンフィチュール&マカロンなどを
単独で楽しめるようになりました。

今までは、パティスリーの中に全てが併設されていて
店内は常にお客様でパンク状態で
商品を選びにくい状態が続いていたことと
予約をどこですればよいのか、予約した商品をどこで受け取ればいいのか
など混乱を極めていたことに小山シェフはとても心を痛められていて・・・

よりスムーズに買い物を楽しんでいただきたい。
そのために、“足らず”を満たすために
このFRAMEを誕生させたのだそうです。
超人気店ならではの深刻な悩みですね・・・
でもお客様のことを一番に考えて別棟を建てられるなんて・・・
小山シェフらしい、大胆で素敵な発想(*^^*)☆
小山村とでも呼びたくなるような、緑いっぱいの広大な空間♪



e0120402_22482593.jpg

右側がブーランジェリー・コンフィチュール&マカロン
左側がバームクーヘン工房
2Fがお菓子教室になっています。


e0120402_22503650.jpge0120402_22504833.jpg








ブーランジェリーには、バケットやライ麦を使った田舎パンなどハード系も充実。
さらに“ケーキ屋さんが作ったサンドウィッチ”ということで
フォアグラ&無花果の贅沢サンドや
ソースにとても手間をかけてらっしゃるカツサンド(隠し味はマーマレード!)等
“パティシエのトリック”が効いたサンドウィッチを楽しみにしてたんだけど・・・
すでにほとんど売り切れ状態★
お目当てのサンドウィッチはなくって・・・ガク~ン★★★

・・・と思ったら、甘~い香りとともに
「人気のクリームパン、最終が焼きあがりました!」という声が・・・(*^^*)/
買わないわけにはいきませんよね^^;
クッキー生地の中にケーキ屋さんのカスタードクリーム♪
e0120402_8153723.gif生地が茶色っぽいのはカソナードとかが使われているのかしら?
焼きたてはもっとぷっくりとしたフォルムで可愛かったんだけど・・・



e0120402_22555859.jpge0120402_2256114.jpg








色鮮やかなコンフィチュール&マカロンが真っ白な空間に並べられています。
コンフィチュールのロゴマークやパッケージも一新!
ポトンとたれたコンフィチュールの雫に、小さな蟻が引き寄せられている姿が
モチーフになっているんですって♪

種類もぐ~んと増えて、小山シェフの独自の感性から導き出された
斬新なコラボレーションの妙味が満載です(*^^*)/

一番目を魅いたのが、ライチ&フランボワーズのツートンジャム!
上層がライチ、下層がフランボワーズと2層に分かれているんです。
瑞々しくフレッシュなライチの香りと甘酸っぱいフランボワーズ。
e0120402_8162433.gif1種類ずつ食べても、2種類を混ぜて食べても。
1つのボトルで多彩な味わいが楽しめるんですね(*^^*)/

様々なコンフィチュールとお料理とのマリアージュも
レシピつきでご提案されていましたよ♪
今度ゆっくり、じっくり選んでみたいな~



e0120402_2395692.jpge0120402_2310915.jpg








3個だと三角形のこんなにキュートなパッケージに(*^^*)☆
遊び心が効いていて楽しいですね。

マカロンの生地も、以前はツルツルでカリッとした食感だったけど
今回のオープンに際して半年間試行錯誤を重ねられたんですって。
スペイン産とカリフォルニア産のアーモンドプードルをブレンドして用い
しっかりと焼き上げた生地は、焼きあがりはちょっとザラついた感触で
プードルの生地が浮き立っている感じなんだそう。
その間にガナッシュをサンドし、そのまま1日置いて熟成させると・・・
ガナッシュの水分が出て、生地がしっとりと・・・


e0120402_23233225.jpge0120402_23234512.jpg








本と・・・外皮は薄くカリッ。中はし~っとり・・・
生地とガナッシュの一体感が顕著に感じられます。

シェフのイチオシ!というオリーブ(左)は
生地とクリームにはオリーブのローストが散りばめられていて
ホワイトチョコレートのガナッシュにはシチリア産のオリーブオイルがたっぷり。
お口の温度で、まるでオリーブオイルがリキッド状にもどったかのような
濃厚でフレッシュな香りが広がります・・・

フランスで、エルメのマカロンを視察されたということでローズ(中央)を。
e0120402_8175779.gifホワイトチョコレートにライチのピューレを加え、
ローズリキュールとローズウォーターの芳しい香りを添えて。
さらにローズブラックティのパートドフリュイもサンド。
どれが際立つという事のない、バランスのとれた一体感。
ローズの香りもやさしく響き、日本人でも食べやすい風味に。

パッションジヴァラ(右) ネーミングを見た瞬間に購入決定!
パッションフルーツをふんだんに使ったミルクチョコレートのガナッシュと
プレート状のチョコレートをサンド。
パッションシードの粒々感が印象的!
パッション×ショコラ、酸味と苦味のハーモニー・・・やっぱり好き!

シェフ曰く、マカロンを構成する要素の2割程度
ちょっと意外な素材を用いたりして、遊び心がプラスされているそうo(^-^)o
幾重にもサプライズが潜んでいる感じ☆



e0120402_23474454.jpg

そして、スタイリッシュな通路の奥には・・・
(壁にかかっているオブジェはクワガタ?!
 バームクーヘン工房の壁にも描かれていたし・・・)

予約をした商品の受け渡し場所になっているんです。
パティスリーの方には平日にも関わらず
1時間待ちぐらいの大行列ができていたけど(◎◎)
こちらでは数人待ちで、スムーズに商品の受け渡しが!
購入する商品が決まっている方には絶対お薦めです!
(HPに今のメニューの詳細も掲載されているので、予約の際にはご参考に!)



e0120402_2354684.jpge0120402_23543283.jpg








私は基本の小山ロールと小山ぷりん(プレーン&マンゴー)を予約。
(小山ロール30本という方がいてびっくり(◎◎))

小山ロールって、なんだかどんどん進化し続けている気がするんだけど・・・
今回は生地がシフォンケーキのように軽くて、一層ふ~~~んわり(*^^*)☆
夏仕様なのかしら・・・
小山ロールは絶対当日中に食べなくっちゃ!の一品。
翌日だと生地感が全く変わっちゃうんです★
本と・・・1本ペロッといけちゃいそうなふんわり感。e0120402_8194865.gif
蜂蜜のやさしい風味も美味しさの秘密なんです♪
普段ロールケーキってあんまり食べないんだけど
改めて美味しいな~って思っちゃいました(*^^*)

e0120402_820079.gif


店名・パティシエ・エスコヤマ
住所:兵庫県三田市ゆりの木台5-32-1
電話:079-564-3192
定休日:水曜日
営業時間:10:00~18:00
[PR]

by yukichocolat | 2007-08-29 00:00 | sweets(兵庫)

おとぎの国でも桃に遭遇☆リリエンベルグ

タダシヤナギ本店の次に向かった先は・・・
新百合ヶ丘という素敵な場所にあるリリエンベルグさん。
パッケージにも百合の花が描かれています。

e0120402_2020288.jpg

以前お伺いしたときは、まだカフェができてなかったんだけど・・・
おとぎ話にでてきそうな、切り株?きのこ?のような販売スペースの建物の
向こうに見える、ロッジ風の建物がカフェなんです(*^^*)☆
緑に囲まれた素敵な雰囲気・・・まるで軽井沢に逆戻りしたみたい♪
なんだか気温も1,2度低くなったような気が・・・



e0120402_22591361.gif桃のパイ
e0120402_20253789.jpg

こちらが皆さんお薦めの桃のパイ。
夏限定のケーキなので、この時期にお伺いできてラッキー☆
贅沢に半分も使われている山梨産の桃が、お顔を覗かせています(*^^*)
サクサクのパイ生地&ジューシーな桃のケーキなので
イートインした方がいい状態でいただけること間違いなし!
だから、ちょっぴり待ってカフェでイートインすることに♪
(その間に、テイクアウトの商品をあれこれ物色できちゃいました)


サクサクのパイの中には、とろ~りなめらかなカスタードクリーム。
サックサクのパイ生地がカスタードにとけこんで・・・と思ったら
カスタードの中にもカットされた桃が!
う~ん、この下の層だけいただいても美味しいわ(*^^*)♪

主役の桃は、山梨県のフレッシュな桃をレモンシロップに漬けて。
e0120402_233299.gifほ~んのり頬を染めたかのような、あわ~いピンク色。
ナイフを入れると、驚くほどスッとはいってしまう程のやわらかさで
お口に運ぶ前から、美味しさを確信しちゃいました!
(あれれ・・・断面写真が・・・ないっっっ(*o*)
 それだけ食べるのに夢中だったってことかしら・・・)
 
ほ~っ・・・リリエンさんらしいやさしいお味。
上品で瑞々しい桃の甘味が、ふ~んわりと広がっていきます・・・
多分リキュール等で桃の風味を引き立てているわけではないと思うんだけど・・・
やさしく、ふくよかな桃の風味が他の素材によって引き立てられ
しっかりと描き出されているんです(*^^*)

でも、以前に何度もこの桃のパイを食べた事のあるお友達は
本とはこの数倍も美味しいのよ!!!って。
これよりも美味しいなんて・・・どんなに美味しいんだろう・・・
フレッシュのフルーツがメインのケーキは、
フルーツのご機嫌次第のところもあるので
同じ味をKeepするのは大変難しいですよね★




e0120402_2363179.gif桃のケーキ
e0120402_20465917.jpg

同じ桃のケーキでも、桃のパイとは全然イメージが違うんです。
でも薄くスライスされていても、桃の存在感はきらり☆
ほんわりエアリーなジェノワーズ&シャンティ、
そしてジューシーな桃の三位一体感が絶妙です。
なんだか自然と笑みがこぼれてきちゃいます(*^^*)





e0120402_2365773.gifピオーネのケーキ
e0120402_20521964.jpg

甲州産のピオーネを使った秋限定のショートケーキのはずなんだけど
ちょっぴり早めに登場したのかしら?
ピオーネのショートケーキって初体験かも?!

桃のケーキとはジェノワーズ&シャンティの配合が違うのかしら?
こちらの方がしっとり感じられるんだけど・・・
実はピオーネってジュワっと果汁がほとばしりでちゃうイメージがあったので
ショートケーキにはどうなのかなぁ・・・と思ってたんだけど・・・
シャンティにもしっくり馴染んじゃうんです(*^^*)/
味がギュッと凝縮していて、存在感があるんですね~
トッピングのピオーネの皮のむき方もエレガントで、ちょっぴり秋の装い。

ケーキの横にちょこんと添えられているクッキー。e0120402_2383425.gif
これがまたお紅茶と合って、とっても美味しくって♪
素朴なんだけど、ふた口で満足感のあるクッキーなんです。




e0120402_2385758.gifカーディナルシュニッテン
e0120402_2154454.jpg

これも今までいただいたカーディナルシュニッテンとは
全く違う食感でびっくり!

卵白の生地がマシュマロのようにポワンと弾力があって
卵黄の生地はふ~んわり、むっちり。
コーヒークリームの層は少し薄めで、コーヒーの苦味もやさしい感じ。
リリエンテイストにアレンジされている感じかしら。

卵白の生地が一番存在感があって
ポワン、ポヨンとした不思議な食感が暫くお口の中で響いていました♪




e0120402_2311528.gif日向夏のクグロフ
e0120402_21232069.jpg

e0120402_2121262.jpg

こちらもお友達のお薦めで、お土産に買って帰った一品。
しっとりとしたバターケーキ生地に、日向夏のピールがたっぷり。
生地だけ食べても、バターの薫り高くて美味しいんだけど
苦味と酸味の効いた、日向夏のピールの存在感が絶大なんです(*^^*)☆


e0120402_21264742.jpge0120402_2127081.jpg








素朴なビジュアルから想像する以上に美味しくって・・・(ごめんなさい^^;)
みんなもう一切れって、自然と手が伸びちゃってました(*^^*)☆
フォンダンがしっかりかかってたので、甘めなのかな~って思ったんだけど
フォンダンなんかあったっけ?って思うほど
甘く馨しいバターの薫りと、シャープで爽やかな日向夏の香りが勝っていて!
今度は大きなサイズで買って帰ろうっと(*^^*)/


リリエンベルグさんのお菓子はどれもとてもシンプルなんだけどe0120402_23151562.gif
素材をとても大切にされていて、その美味しさを
最大限に引き出されているところが最大の魅力(*^^*)☆
お店の雰囲気も、お子様はもちろん大人も癒されちゃう
とっても不思議なおとぎの空間・・・
今度はモンブランの季節にお伺いしたいなぁ~

★リリエンベルグさんは8/16~31日までお休みです。

e0120402_23144468.gif


店名 : リリエンベルグ
住所 : 神奈川県川崎市麻生区上麻生4-18-17
TEL : 044-966-7511
営業時間 : 10:00~18:00
定休日 : 火曜日、第1,3月曜日(ティールームは土日祝も休み)
[PR]

by yukichocolat | 2007-08-23 00:00 | sweets(関東その他)

最初で最後の・・・☆タダシヤナギ本店

e0120402_23434124.gif今回の軽井沢~東京ツアーの間に
ど~してもお伺いしたかったお店。それは・・・
非常に残念なことに、8/21をもって閉店されることになった
海老名にあるタダシヤナギ本店
東京・八雲店にはお伺いしたことがあったんだけど
やはり本店というのは、シェフにとってもファンにとっても聖地ですものね。
柳シェフのお菓子は今後も八雲店、丸井店でいただけるということで
ほっとひと安心だけど・・・
1店舗しかない自分の大好きなお店が閉店される事になったら・・・
考えるだけて、なんだかとっても悲しくなってしまいますよね(*o*)

オークウッドさんの春日部に続き
海老名ってどこ?って関西人の私には全く距離感のわかない土地。
今回はとっても心強いナビの方々にご一緒いただいたうえに
これは是非食べて!というお菓子も事前にご予約いただいて・・・
いたれりつくせり・・・本当にありがとうございました(*^^*)☆

でもこの日朝の星占いで、てんびん座は最下位★
しかも“人に頼ってはいけません!”と言われたので
ここからは頑張らなくっちゃ^^;



e0120402_13191051.jpg

タダシヤナギ本店
お話には何度も聞いていたけど、こんな住宅街の真ん中にあるなんて・・・
お店も一軒家そのものなんですね・・・
お店の周りにも、店内にも可愛らしい置物がいっぱいで
八雲店とは異なる、とっても素朴で温かみのある雰囲気。
こういう雰囲気って・・・住宅街のお店には共通なのかしら。
毎日でも通いたくなる、ほのぼの~とした感じ(*^^*)☆
でも、お菓子の種類はとっても多くて本格的!
なんでうちのそばにはこういう素敵なお店がないんだろう・・・




e0120402_234519100.gifドゥスール・デ・テ(Douceur d 'Ete)
e0120402_1324193.jpg

e0120402_13273282.jpg

こちらが是非に!とお薦めされた本店限定ケーキ。
ホワイトチョコレートのムースの中に
レモンクリームとプラリネクリーム。
酸味をしっかり効かせた夏ガトー♪

レモンクリームは、単体でいただくと、かなりインパクトの強い酸味がキュン♪
まるでこのレモンクリームが主役の、タルト・シトロンのよう・・・e0120402_23184926.gif
でも、まったく甘ったるくなく、口あたりも軽やかなんです。
他の層とのバランスを考えられてのことかしら。

その下には薄くプラリネクリームの層が。
こちらはややナッティ感控えめで、やさしい香ばしさ。

土台には、しっかりキャラメリゼされたヘーゼルナッツがごろんと二粒。
こちらはガッリっと香ばしく、かな~り存在感大!
でも、レモンクリームと一緒にいただくと・・・
不思議ととっても爽やか・・・まさに夏にいただきたくなるお菓子なんです。

ふうわりとやさしい、雲のようなホワイトチョコレートのムースの上を
レモンの酸味とヘーゼルナッツの香ばしさが
スーッと・・・流れ星のように通り過ぎていきます・・・

優美で気品あふれるラインが、柳シェフらしいガトーですね(*^^*)☆




e0120402_23472153.gifジュピター
e0120402_13393881.jpg

艶々に煌くショコラのグラサージュ☆
夏でもこの煌きの誘惑には、クラッ・・・
チョコレートムースの中にアールグレーのクレームブリュレ。
ショコラ×アールグレー、こちらも大好きな組み合わせ(*^^*)☆

三つの目玉に、今にも流れ出しそうな白線。
e0120402_23503835.gifこんなに深い、漆黒のグラサージュなのに
どこか涼やかにすら感じられる、エレガントなデザイン。

苦味の効いたショコラと、薫り高いアールグレーのアンサンブル♪
鼻腔を抜けるまでの間に、螺旋をえがくように絡まりあいながら
融合していく優雅な香りの余韻が印象的(*^^*)

このタイプのケーキは、いただく温度によって全く印象が変わるので
今度はもっと涼しい時期に、冷んやりとした状態でもいただいてみたいなぁ。




e0120402_001595.gif杏とブルーベリーのタルト
e0120402_044100.jpg

e0120402_041750.jpg

この季節になると色んな方のブログで拝見していて
いつの日か・・・と憧れてたタルト・モワチエ。
モワチエ=半分という意味なんですね。
この杏とブルーベリーのタルトが、タルト・モワチエという
商品名だと思っていたら・・・違ったんです^^;
次にご紹介する、桃とブルーベリーが半分半分のタルトも!

もう、最後の最後、ギリギリセーフで間に合った
信州大実の杏のコンポート。
なんていう存在感なんでしょう(*^^*)♪ 思わず後姿もパチリ☆
軽井沢で川村シェフ金子シェフが使われた
シンゲツという品種の杏もしっかりとした食感で、素晴らしい存在感だったけど・・・
この信州大実は、ギュッと凝縮された濃厚な風味と
とろけるよな舌触り・・・
コンポートにするのも大変そうなとろろん感。

柳シェフのまったり、とろろ~んと濃厚なカスタードクリームとの
ハーモニーが絶妙で、贅沢すぎます・・・
e0120402_23152987.gif両者とも自己主張がありつつも、お互いを引き立てあう
素敵な関係(*^^*)☆
(今回色々な種類のケーキをいただいて、あらためて
柳シェフのカスタードクリームの美味しさに感動してしまった私☆)

ブルーベリーは群馬県・尾瀬片品産のもので
こちらもパツンと弾ける甘酸っぱさがフレッシュ!
まさに美味しさを、モワチエ・モワチエに(*^^*)/



e0120402_23104486.gif桃とブルーベリーのタルト
e0120402_0232455.jpg

e0120402_0234254.jpg

やっぱり旬の桃のモワチエも、食べないわけには行きませんよね^^;
この数日間のうちに、いったい何個の桃と杏を食べてるんだろ~
(この時はまだ気付いてないんだけど・・・まだまだ桃づくしは続くんです^^;)
ビタミンCいっぱい~♪って喜んでたら
それ以上の糖分&脂肪分をとってるよ~って指摘されちゃいました(◎◎)

杏に比べると全体的にやさしい味わいで・・・
フルーツのタルトとしての一体感はこちらの方があるかなぁ・・・
でも、やっぱり杏の美味しさがかな~り印象的で
今回は杏のモワチエに1票(*^^*)/




e0120402_222024100.jpge0120402_2221257.jpg
その他にも・・・




e0120402_22231484.gifオレンジ サンギーヌe0120402_23234636.gif
オレンジのジュレの酸味がフレッシュ!
   ミルクチョーコクリームとの爽やかなハーモニー♪


e0120402_22244733.gif桃のショートケーキ
ジェノワーズがとってもほわほわで、少し持ち歩いただけで^^;
   箱を開けた瞬間に、桃のやさしく甘い香りに包まれて・・・
   う~ん・・・し・あ・わ・せ(*^^*)♪
   山吹色が濃厚なジェノワーズ&カスタードからは
   やさしい卵の香りがふうわり。
   全層がお口の中でとろけあって、いつの間にかスッと消えちゃってるんです☆




e0120402_22214391.jpge0120402_2220935.jpg









e0120402_22345367.gifトロピック エピス&桃のジュレ
トロピック エピスは丸井店限定だったかしら?
   コリアンダー&黒胡椒の風味はやや弱めかな。
   マンゴーとの相性もいいので、スパイス好きの私は
   もっとエピスがガツンと効いていてもと思ったんだけど・・・
   ブランマンジェがそれ単体でと~っても美味しいんです(*^^*)♪

   e0120402_2329364.gif桃のジュレは、本当に桃のジュレ&桃だけなので
   桃のやさしい甘味とジューシー感を、お口いっぱいに満喫!
   この食感・・・ゼラチンを極限まで少なくされているのかしら?


e0120402_22434993.gifサワーチェリーパイ
生のプチガトーのショーケースの上に、杏や洋梨のタルトや
   ガトーバスク、バナナのパイ等とともに籠に入れて並べられていたんです。
   お家が近くて、温めなおしていただくことができたら
   絶対全種類購入して帰ったのに~♪
   だって焼き色しっかりめで、絶対美味しいお顔をしてたんですもの(*^^*)

   パイの中にもチェリーが入っていて、
   トッピングのチェリーソースと一緒にいただくと・・・
   ブリゼ生地のサクサク感、ダマンドのしっとり感、
   サワーチェリーの酸味の効いたとろっと感・・・
   三位一体のバランスが素晴らしいんです(*^^*)☆
   焼き菓子とは思えない贅沢さ!
   これ、かなり好きです~☆
   柳シェフは、口溶けのよいムースがお得意というイメージがあったんだけど
   焼き菓子も素晴らしく美味しいんですね・・・



えっと・・・結局何種類のお菓子をいただいたのかしら?
でも、3人なので全然大丈夫です(*^^*)/
せっかくここまで来たのだから・・・ということで2軒目へGo!

e0120402_22532557.gif


店名 : パティスリー タダシヤナギ
住所 : 神奈川県海老名市国分寺台1-5-2
TEL : 046-234-3777
営業時間 : 10:00~18:00
定休日 : 毎週水曜日、第1・第3木曜日(祭日と重なる場合は営業)
2007年8月21日をもって本店の販売は休止。
以降、問い合わせは丸井店(046-235-3227)・八雲店(03-5731-9477)へ
[PR]

by yukichocolat | 2007-08-22 00:00 | sweets(関東その他)