「ほっ」と。キャンペーン

タグ:シトロン・サレ ( 4 ) タグの人気記事

スイーツ巡り講座 ☆ シトロン・サレ-2 @ よみうり梅田文化センター

シトロン・サレ-1



e0120402_7482722.jpg

スイーツ系のプレートはこちら。
生徒の皆さんの、先生も少しだけ食べなよ~という誘惑に負け
私も半分ずついただいちゃいました^^;(→この後病院に直行です)

このプレートは実際にお店にあったら嬉しいかも~(*^^*)♪
まさに人気商品がプティサイズで盛合されています。



e0120402_749576.jpg
e0120402_7491421.jpg
e0120402_7492064.jpg
e0120402_7492947.jpg
e0120402_7493832.jpg

スイーツ巡り講座 ☆ シトロン・サレ-2 @ よみうり梅田文化センター
続きを読む・・・

[PR]

by yukichocolat | 2010-03-26 00:00 | よみうりスイーツ講座(大阪)

スイーツ巡り講座 ☆ シトロン・サレ-1 @ よみうり梅田文化センター

e0120402_7403817.jpg

スイーツ巡り講座@よみうり梅田文化センター3月は、
シトロン・サレさんにて開催させていただきました。

Citron Sale(シトロン サレ)@室町仏光寺は、
Citron Sucre(シトロン シュクレ)@室町姉小路の2号店。
フランス菓子と惣菜店兼ブラッスリーカフェのお店です。
 
今回はサレ&スイーツ系ともに少しずつ味わえるプレートをお願いしました。
でも・・・この日は急性胃腸炎と診断された日で・・・
私は本のちょっぴりしか食べられませんでした。
せっかくご用意くださったとっこさんには本とに申し訳なかったです。
本とに本とに、ごめんなさいm(_ _)m
(最初は朦朧としていたので、お写真もちょこっと生徒さんからもお借りしました)
 
でもちょうど3連休中に、阪急百貨店うめだ店の催事に出店されていたので
顔をだしたら、とっこさんもいらしてて♪
よ~いドン!でご紹介させていただいて、
昨年の下半期スイーツお問い合わせランキング第2位に輝いた
塩バターキャラメルのロールケーキは相変わらずの大人気でしたよ♪
シトロンとサレのお菓子が両方一度に買えたので
私もいっぱい買いこんじゃいました!



e0120402_742410.jpg
e0120402_7421432.jpg
e0120402_7422278.jpg
e0120402_7423310.jpg
e0120402_7424179.jpg


スイーツ巡り講座 ☆ シトロン・サレ-1 @ よみうり梅田文化センター 
続きを読む・・・

[PR]

by yukichocolat | 2010-03-24 00:00 | よみうりスイーツ講座(大阪)

塩バターキャラメルのロールケーキ ☆ シトロン・サレ

生キャラメルタルト ☆ 菓子sパトリー


e0120402_2259171.jpg

関西テレビよ~いドン!「本日のオススメ3」 
菓子sパトリーさんにつづきましては・・・

シトロン好きだったシトロンのシェフのとっこさんが、
実はシトロンよりも好きなサレ系のお菓子やお惣菜のお店を作りたいということで
オープンされた2号店シトロン・サレさん。

京都というと、うなぎの寝床のように奥に細長いお店は数多くありますが、
サレさんのように、4階建てのスリムでノッポなビルは珍しいかも。
1Fはテイクアウト、2F・3Fは雰囲気の異なるカフェ、
そして4Fではお菓子教室を開催されています。
 
詳しくはこちらをご覧くださいね~♪

サレ系のスイーツはもちろんのこと、ビストロで食べられるような本格的なお惣菜を
ビールやワイン、カクテルなどたくさんの種類のお酒と一緒にいただけるとあって、
男性のお客さまも多いんですよ(養命酒もあったりして^^;)
会社帰りに、スイーツとともにワインを傾けるダンディな殿方に
私もぜひお会いしてみたいです♪


e0120402_2321537.jpg


e0120402_2323488.jpg


塩バターキャラメルのロールケーキ ☆ シトロン・サレ 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2009-08-25 00:00 | sweets(京都)

サレ系スイーツ勢揃い☆シトロン・サレ

シトロン サレ -1

e0120402_1322109.jpg

この日あったサレ系スイーツは4種類。
あらっ魅力的・・・茶色一色だわ^^;


e0120402_1618082.gif塩バターキャラメルのロールケーキ

e0120402_13292677.jpg

バタークリームはちょっぴり常温に戻すと、いい感じにとろ~ん♪
むっちりと弾力のある生地とのバランスがGoodです!

常温にもどした方が、サレ感が際立って断然美味しい~(*^^*)
キャラメルのほろ苦味+ゲランドのサレ風味=キャラメルサレ
キャラメルサレ♪っていう響きだけで反応しちゃうんだけど
舌の温度でとろけたバタークリームの中で、
両者が引き立てあい、渾然一体となっていって・・・
ちょっぴりレトロな大人テイストに☆

エッジの効いたキャラメルテイストと
シャープな余韻が後をひくサレ風味が響きあい、
バタークリーム特有のもったり感が全く感じられないので、
苦手意識がある方でも、美味しくいただけると思いますよ(*^^*)v




e0120402_1620752.gif塩キャラメルプリン

e0120402_13413617.jpg

初めはカラメルソースを塩キャラメルテイストにしようと
思っていたそうなんですが・・・
それならプリン自体を、キャラメルサレテイストにしちゃえ!と
カラメルソースなしの、このスタイルになったんですって(*^^*)♪

口あたりはクリーミーなんだけど、後味はさっぱり。
リキッド状で、スーッと溶け消えちゃう・・・
プリンなのに清流の如き口溶け感です。

しょっぱい→甘い→しょっぱい→甘い・・・と
不思議なテイストのスパイラルを描いた後に
インパクトのある、ほろ苦さの余韻が・・・
お口の中が何度もリセットされるので、いくらでも食べられちゃう危険な美味しさ^^;




e0120402_16213873.gifフロマージュバナーヌ

e0120402_1350322.jpg

ねっとりと濃厚なバナナのチーズケーキの上に
塩、胡椒、キャトルエピスの効いたクランブル☆
スパイシーな刺激がバナナの濃厚な甘味を包み込み、
エキゾティックなハーモニーを醸しだしています。

クランブルがカリッ♪と響く瞬間に、
しょっぱかったり、ピリッとスパイシーだったりと・・・
このクランブルをおつまみに、ワインが飲めちゃいそう^^;




e0120402_16224336.gifファーブルトン

e0120402_1444836.jpg

フランス北西部、ブルターニュ地方の伝統菓子。
ファーとはお粥のことで、、元々は牛乳と小麦粉を煮た、
お粥で作った菓子だったそうですが、
次第に、生クリームや卵を加えるリッチな配合に。

さらにシトロン・サレのファーブルトンには
プルーンとラム酒たっぷりのリッチテイスト☆
お塩もちょっぴり効いています。
しかもラム酒は、ダークラム!
実はお酒は飲むのも、効かせるのもかなりお好きだそう^^;

表面はカリッと香ばしく、もちっとした口あたりが楽しい生地。
バターの馨しい香りと、プルーンの酸味、
ラム酒のエレガントな香りの余韻・・・それらを最後に
塩味がキュッと引き締めてくれています。

もっちりと、素朴で懐かしいお菓子のはずなのに、
ちょっぴり贅沢な仕上がりに!

e0120402_16243238.gifこういうお菓子はやっぱり端っこですよね~(*^^*)/
カリッ、もちっ、ジュワ~感が凝縮されているんですもの。
パンもスクエアに焼かれたお菓子も、絶対端っこLOVERです♡




e0120402_14224571.jpg
e0120402_14231012.jpg

吉田パン工房さんのプチパンを使ったサンドウィッチ。
たまごアンチョビ、タラマ、ブランダード(タラ&じゃがいも煮)の
3種のうち2種類を組み合わせて、300円。
サンド3種に、たっぷりのグリーンサラダ、スープ、ドリンクがついて
950円というランチも!

サラダと言えば・・・こちらのお店に“トロペジェンヌのサラダ”があったんだけど
私の中ではトロペジェンヌと言えば・・・
南仏の、ブリオッシュ生地にクリームをサンドしたお菓子だったので
とっこさんに聞いてみると・・・
根セロリを使ったサラダを、トロペジェンヌのサラダというそう。

お菓子のタルト・トロペジェンヌは、サントロペのタルトっていう意味だけど
そういえば一緒ね~面白いね~って(笑)
他にもブルーチーズと飴色の玉ねぎのキッシュ、
タルト・オニョンを購入したはずだったんだけど・・・あれれっ^^;
次回のお楽しみにとっておきます(笑)




e0120402_1510353.jpg

こちらが、4/11~からお菓子教室をスタートされる厨房です。
(この日はまだスタート前だったので)
お家でも作れるようなルセットで!ということで
オーブンもご家庭用サイズ・・・よりは大きいけど(笑)
生徒さんが、お家でも作りやすいようにという心遣い。
ピカピカで気持ちいいですね~☆

e0120402_16275676.gif反対側には生徒さんの調理台。
4人サイズのテーブルが2台。
広々としていま~す(*^^*)

そしてその奥には、とっこさんのプライベート空間かしら。
立派なPCとソファのくつろぎ空間が。
広々とした御宅にお邪魔したみたいで、ほっこり(*^^*)

こちらでほぼ毎日、お菓子教室が開かれています。
1日3回なんてハードスケジュールの日も!
元々お菓子教室からスタートしたので、
やはりお教室を一番のメインにしたいそう。
広島、山口、名古屋など遠方からの生徒さんもいらして、
ひと月延べ、200人以上を教えてらっしゃるんですって。
40歳まではこのスタイルで!ってバイタリティーあふれるとっこさん。

女性のパティシエールさんって30歳を超えると
体力的に相当大変だと思いますが、
私の知っているパティシエールさんは、大変~(◎◎)
と言いながらも、本とに皆さん明るくて元気ハツラツ!
お菓子作りが好きで好きでたまらない!
っていう方ばかりなんですよね~(*^^*)♪
私も見習わなくっちゃ!っていつも背筋を正される思いです。




e0120402_154565.jpg

パッケージや焼き菓子のシールにプリントされている
とっこさんのデザイン。

2店舗目は、随分前から計画してたんですか?とおうかがいすると
全くそうではなかったんですって。
昨年春、そごう百貨店の催事で、催事用にと
キャラメルサレのロールケーキを作ったところ、
サレ系スイーツって面白いかも!と思ったのがはじまり。

ちょうど、お菓子教室を拡張するためのスペースを探してらっしゃる時期で、
何軒か目に巡り会ったのが、この建物。
4階もあるならイートインも!
さらにシトロンとは異なるランナップで!
と突然パッと閃いちゃったんですって☆

パティシエの皆さんは、この瞬時の“閃き”が
転機になってらっしゃる方が、本とに多いんですよね。

元々ご両親や、ご親戚がお料理関係のお仕事をされていて
身の回りにフレンチなんかも普通に存在したそうなんですが、
ご自身は、あまり興味がなかったそう。
とっこさんが、お菓子の世界に入るきっかけになったのは、e0120402_16324910.gif
高2の時に、お兄さまが買ってきてくださったという
イルプルさんのリーフパイ。
こんなに美味しいお菓子があるんだぁ・・・と
このリーフパイにとっても感動されたそうで・・・
(今度是非食べてみなくっちゃ!)

そこで、短大卒業後、東京のイル・プルー・シュル・ラ・セーヌに
通って、師範までとられたそうなんですが・・・
なんと3年間・・・週1回新幹線で通われていたそう(◎◎)
本とにすごいなぁ・・・

イルプルさんの師範をお持ちの方は全国で70~80人
いらっしゃって、お教室を開かれている方が多いそうで、
とっこさんも、まず2002年にお教室からスタート。
そして、シトロン、サレと6年で2店舗を展開。
ご自身は、やはりお菓子教室をメインに!
そのお教室から、信頼がおける後進も育ってくれるので
お店の方は任せても安心なんですね。
京都は、こういうスタイルの女性パティシエールさんが
多いような気がします。

5月には、マカロンも登場するそうですよ!
(ちなみに塩マカロンではなく、ひとひねりして・・・)
私も食べそびれちゃった、ゴルゴンゾーラのキッシュと一緒に
また、いただきに行かなくっちゃ(*^^*)♪

一人で読書をするにも、お昼寝するにも
妄想にふけるにも(笑)・・・
本当にぴったりの、癒しの空間ですよ~(*^^*)


e0120402_1631505.gif


店名:シトロン・サレ(citron sale) 
住所:京都市下京区室町仏光寺上ル白楽天町529
電話075-351-1311 
定休日:不定休
営業時間:11:30~23:30 
[PR]

by yukichocolat | 2008-04-18 00:00 | sweets(京都)