タグ:リョーコ ( 18 ) タグの人気記事

今年最後の・・・ガレット・デ・ロア2009

ちょっと(かなり^^;)季節はずれですが・・・
お蔵入りにしてしまうには、あまりにも勿体なさすぎる
美味なるガレット・デ・ロアの数々❤
1月末に駆け込みでいただくことができました~♪

  
  
  
●パティスリー・リョーコ

e0120402_2355963.jpg
e0120402_23552120.jpg


e0120402_2355581.jpg
e0120402_2356716.jpg






●カー・ヴァンソン

e0120402_23564783.jpg


e0120402_2357575.jpg
e0120402_23571690.jpg


e0120402_23573385.jpg
e0120402_23574231.jpg
e0120402_23591865.jpg







●パリセヴェイユ

e0120402_2358302.jpg
e0120402_23583857.jpg


e0120402_025091.jpg
e0120402_025998.jpg


今年最後の・・・ガレット・デ・ロア2009 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2009-02-18 00:00 | sweets(大阪)

Ryocoさんのヴァレンタイン☆

e0120402_2312535.jpg

パティスリー・リョーコさんのヴァレンタイン・アントルメ。
毎年❤型のショコラのアントルメながら、構成が少しずつ違うんです。

去年のヴァレンタイン・アントルメはこちら

今年のデコレーションは、真っ赤な小粒の苺ちゃんとピンクの❤型のショコラ、
そして真っ赤なリボン使いがリョーコさんらしいですね。



e0120402_2321775.jpg


e0120402_2323099.jpg


e0120402_2324015.jpg


e0120402_2325696.jpg
e0120402_233985.jpg



Ryocoさんのヴァレンタイン 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2009-02-17 00:00 | sweets(大阪)

クリスマスケーキ2008 ☆ パティスリー・リョーコ

e0120402_22352936.jpg
e0120402_2235458.jpg

25日夕方、ショーケースの中には予約のクリスマスケーキが勢揃い!

こちらは毎年一番人気の、苺のブッシュ・ド・ノエル。
苺系はあまりセレクトしないんだけど・・・
あまりの可愛さに乙女心がキュン❤
来年はオーダーしちゃうかも・・・(*^^*)



e0120402_2236117.jpg
e0120402_22362336.jpg


e0120402_22364565.jpg


e0120402_22365981.jpg



e0120402_22432987.gifノエル・マロン

e0120402_2245939.jpg


e0120402_22471980.jpg
e0120402_22474228.jpg


e0120402_2248214.jpg



クリスマスケーキ2008 ☆ リョーコ 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2008-12-30 00:00 | sweets(大阪)

お気に入りのチーズケーキ食べ比べ☆

e0120402_13234727.jpg

チーズ好きの私の、お気に入りのチーズケーキ3種類❤❤❤
手前から・・・

モンプリュ   タルト・フロマージュ(ゴルゴンゾーラ)
デリチュース  デリチュース(ブリー・ド・モー)
リョーコ     タルト・フロマージュ(クリームチーズ)


それぞれ異なるチーズを使っているので、味わいも全く異なるんですが、
チーズの風味と香りが濃厚!というのが共通点!
チーズもスイーツも大好きな私には、病み付きテイストなんです(*^^*)♪

と言っても、3軒のお店をハシゴするには、距離的にやや無理があって、
今まで同時にいただくことはできなかったんですが・・・
モンプリュさんとリョーコさんの中間地点である
梅田のデザートテラスに、デリチュースさんが出店していることに気付いて!
(って・・・なんで今まで気付かなかったんだろう^^;)

モンプリュさんとリョーコさんをハシゴする日に、
大好きな3店のチーズケーキ食べ比べを実現しちゃいました(^^)v



e0120402_15253137.gifモンプリュ  タルト・フロマージュ

e0120402_14121124.jpg



e0120402_15255084.gifデリチュース  デリチュース

e0120402_15245236.jpg



e0120402_1526566.gifリョーコ  タルト・フロマージュ

e0120402_15251087.jpg


大好きなチーズケーキ食べ比べ! 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2008-11-14 00:00 | モンプリュ

秋色の定番☆パティスリー・リョーコ

[秋色の新作]

マロン系ながら通年商品なので、ついつい、いつでも食べられる感があって
実はあまりいただいていないかも?!と気づいて・・・^^;

あらっ?!
いつの間にか、クレーム・シブーストのしぼり方も変わって、
テクスチャーも、ややもったり感が増してる?!



e0120402_2117392.gifタルト・マロン

e0120402_23541393.jpg


e0120402_21173583.gifタルト・ショコラ

e0120402_23543093.jpg
e0120402_2354484.jpg


秋色の定番☆パティスリー・リョーコ 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2008-11-12 00:00 | sweets(大阪)

秋色の新作☆パティスリー・リョーコ

Ryocoさんの秋色のお菓子といって、まず思いつくのがこのタルト!
素朴なフォルムを裏切る、繊細で味わい深いお菓子なんです。


e0120402_20235061.gifタルト・ポム


e0120402_2353264.jpg
e0120402_23534963.jpg


秋色の新作☆パティスリー・リョーコ 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2008-11-11 00:00 | sweets(大阪)

キャラメルの新作登場☆リョーコ

好きなものを組み合わせただけなんだけど・・・
Ryocoさんご自身とってもお気に入りの新作ができたということで、Go!
キャラメル×ショコラは私も大好きな組み合わせだもん(*^^*)♡
(キャラメルといえば・・・プチ・ママンもお気に入りです~♪)



e0120402_2151362.gifキャラドゥ

e0120402_2112090.jpg

土台はお店でも販売されているロッシェ・ショコラ(塩味の効いているチョコクッキー)
やわらかいキャラメルクリーム、ビスキュイ・ショコラ・サンファリーヌ、
ムースショコラを重ね、グラサージュショコラ、
キャラメルテイストのショコラクリームがしぼられています。

この構成を聞いただけでも胸キュン♡
今までのRyocoさんのキャラメル系を想像しつつ・・・
キャラメルのビターテイストを期待しつつ、お口に運ぶと・・・
想像以上の大人テイスト!

とろ~んと流れ出さんばかりのキャラメルクリームは
お子様厳禁(笑) エッジの効いたほろ苦テイスト!
ビターだけれども、焦げ感や苦渋みが後味に残ることは全くなく、
シャープな苦味の余韻が、スーっと一本の直線を描いていきます。

ビター&ミルクチョコレートをブレンドしたアングレーズベースの
ムースショコラは、トゥルンとなめらかな口あたり。
ややマイルドながら、芳醇な香りが広がるこのムースショコラが
キャラメルクリームの苦味を一層引き立てています。
そしてロッシェ・ショコラの、サクッと余韻に響くサレ感がアクセントに♪

キャラメル&ショコラというたった二つの素材の
重厚感あふれる食感と風味の魅惑的なハーモニー。
これからの季節にお薦めの逸品です!
私はかなりはまっちゃいました~(*^^*)♡




e0120402_2153654.gifスウィング

e0120402_2115997.jpg

お店のOpen当時に登場していたお菓子なんですが、
お客様からのリバイバルの声にお答えして、この度再登場することに!

最近よくお客様のご要望にお答えして・・・
っていう言葉をシェフの方々からお聞きするのですが、
お客様の声ってしっかりと反映されるお店が多いんですよね。
アントルメも色々とこだわりをもって特注される方が多いようで・・・
シェフとお客様がお互いに刺激しあって、一方通行ではない
関係を築かれていて、素敵だなぁ~と思います(*^^*)

苺のコンフィ入りのクレムーは、ほわっとエアリーな口溶け。
ミルクチョコレートのムースとビスキュイ・ショコラが
マイルドな苦味を添えています。

キャラドゥとは真逆に位置するテイストだけど・・・
ちょっぴり心が弱ったときにいただきたくなるような
ふうわりと優しく心を癒してくれるお味。
今はメルベイユ(ショコラ×フランボワーズ)かこちら、
どちらかを出されているそうですよ。




e0120402_217763.gifクラフティ

e0120402_2122374.jpg

洋梨とグリオットチェリーのクラフティ。
卵風味が濃厚で、むっちりとした食感。
TOPのクランブルが、サクッと響くアクセントに♪
やっぱりクラフティには、チェリーの酸味が相性抜群ですね。

温め直していただくと、卵&バター風味が一層UP!
ちょっぴりファーブルトンのような感じかなぁ・・・




e0120402_217763.gifサントノレ

e0120402_2124086.jpg

久々に巡り会えました~♡
最近フィユタージュ系は週末中心にしか登場しないようで、
大好きなお菓子なのに、なかなかいただく機会がなかったんです(涙)

以前より、ちょっぴりプティ・サイズになった印象が・・・
でもエッジの効いたキャラメルテイストは健在です!
シュルシュル~っと蜘蛛の糸のように舞い降りた
エアリーなキャラメルのラインが、Ryocoさんらしいですね♪

大好きなパリセヴェイユさんのサントノレ・キャラメルよりも
一層フェミニンなフォルム&テイストになったかなぁ。
いつかRyocoさんのサントノレのアントルメをいただくのが夢なんです~(*^^*)


e0120402_141654100.gif


店名:パティスリー・リョーコ
住所:大阪府東大阪市荒本北130
電話番号:06 - 4309 - 3056
定休日:月、火曜日
営業時間:10:30~21:00 (売切れ次第閉店)
[PR]

by yukichocolat | 2008-10-01 00:00 | sweets(大阪)

久々の新作登場☆パティスリー・リョーコ

Ryocoさんから、新作が登場したよ~♪と連絡をもらい
パティスリー・リョーコさんへ行ってきました。


e0120402_003543.gifデュオ・シュープリーム

e0120402_21171579.jpg

ショコラのマカロンで、ビターチョコレートのガナッシュと
コニャックのクリーム、コニャックのブリュレをサンド。

Ryocoさんのマカロンのガトーって久しぶり~(*^^*)♡
以前にアントルメでもいただいたことがあるんだけど
このショコラとコニャックの組み合わせ、最高なんです!
ブリュレをプラスするのがRyocoさんの十・八・番。




e0120402_23305489.jpg
e0120402_2127191.jpg

マカロンは表面はカリッ、中はしっとり。
暑い中持ち帰ってもこの食感がKeepできるなんて、素晴らしい~♡
普通サイズのマカロンより、食感のコントラストが鮮明でより美味しいかも。

グアナラのガナッシュは超濃厚で、
舌の温度でとろけるにつれてビターで芳醇な香りが広がり、
後を追うように、コニャックの華やでフルーティーな香りが広がっていきます・・・
Ryocoさんのマカロンの中では、ショコラとコニャックが
1、2位を争うほど好きなので、私にとっては至福のマリアージュ(*^^*)♡

繊細なマカロン生地と、まったりと重厚なガナッシュ、
まろやかなクリーム、そして瑞々しく滑らかなブリュレ。
究極の食感のグラデーション!
だから‘シュープリーム’というネーミングなのかしら。
全層一緒にいただくと、お口の中で次々に表情が変わり、
食感、風味、香り・・・グラデーションの3重奏を堪能できます♪

さらにトッピングには、カリッと響くカカオニブとブロンズのパウダー。
(カカオニブ・・・コーヒーのお供にピッタリなんです♪)
でもゴールドやシルバーのパウダーはよくありますが
ブロンズって珍しくありませんか?
写真ではちょっと見にくいんだけど、鈍く落ち着いた、
神秘的な煌きに魅せられちゃって・・・
ブロンズって、あまり見ないような気がするけど~?って聞いてみると
Ryocoさんお気に入りのパウダーで、自分でフランスで購入してくるそう。
なんだかとってもショコラの風合いに馴染む煌きなんです☆

実はこのお菓子は、マール酒で作りたかったそうで、
あと1週間ぐらいしたら、変わってると思うよ!と言われたので
またいただきにいかなくっちゃ♪




e0120402_042837.gifタルト・オ・シトロン

e0120402_2159384.jpg

以前はクレーム・シトロンに、シャンパンを効かせた
シトロン風味のシャンティをトッピングしてたんだけど、
今年はとっても大胆にフォルムチェンジ!

パート・シュクレにクレームシトロンを流し、
クレーム・バニーユと、たっぷりのアナナスのコンカッセをトッピング。

クレーム・シトロンが、今までで最高に美味しいよ~♪とRyocoさん。
Ryocoさんのクレーム・シトロンは、まったりとしたテクスチャーと
キュン♪とした酸味が私好みだったけど・・・
さらに上をいく最高のクレーム・・・楽しみ~(*^^*)♪



e0120402_23291895.jpg
e0120402_2225342.jpg

クレーム・ドゥーブルを使ったクレーム・バニーユは
濃厚でバニラの薫り高いリッチテイスト。
パイナップルのトロピカルな酸味とのコントラストがGood!
ナパージュ・ヌートルには、最近お気に入りというソミュールと
たっぷりのバニラを効かせてあります。

最近このソミュールがお気に入りというシェフが多い気がするんですが・・・

“ソミュール トリプルセック”は、1832年、
パティスリーとして創業したコンビエ家が、自らのお菓子に合う洋酒を求めて、
1834年に造り上げた、パティシエ入魂のトリプルセック。
柑橘特有の苦味を生むオレンジピール内側の白い綿状繊維を丁寧に除去
→長期間の浸漬 → 銅製古式ポットスティルによるこだわりの3回蒸留
という、19世紀以来の伝統の製造工程と拡大主義を取らない品質重視の姿勢は、
21世紀の現在も変わらない。(洋酒のドーバーHP参照)

気品ある優美な香りと、爽やかでキレの良い甘味が
夏のお菓子にもピッタリなんですね。

そして、フレッシュの果汁とゼスト入りのクレーム・シトロンは、
キュン♪としっかりとした酸味と、滑らかでまったりとしたテクスチャー。
シトロンの爽やかな酸味の余韻が、舌の上に長く残ります・・・
レモンカードのような濃厚で甘味の強いシトロンテイストは苦手なんだけど、
このクレーム・シトロンは、フレッシュな酸味がパッと弾け、
清清しい余韻が長く続くので、このクレームだけいただいても美味しい♡

シトロンのシャープな酸味好きさんには、パイナップルはなくてもいいかも~と
思えるほど、美味しいクレーム・シトロンでした。


・・・と、新作はこの2種類だけじゃなかったので
また近々訪問予定です(*^^*)♪
またまた改心の出来栄えの新作があるみたいなので、楽しみです♡


e0120402_08012.gif


店名:パティスリー・リョーコ
住所:大阪府東大阪市荒本北130
電話番号:06 - 4309 - 3056
定休日:月、火曜日
営業時間:10:30~21:00 (売切れ次第閉店)
[PR]

by yukichocolat | 2008-08-16 00:00 | sweets(大阪)

パティスリー・リョーコ☆おかしすとblog 2008.6 -4

スイーツ部@nifty “関西スイーツ”コラム6月第4弾。

パティスリー・リョーコ~シェフのスペシャリテ編~に続いては、
“私のお気に入り”のフレジエ
“季節の新作”のプチ・ママンをご紹介させていただいています。



e0120402_2241886.gifフレジエ

e0120402_21454347.jpg

Ryocoさんのフレジエをいただくのは3年目だけど、
毎年必ず進化を遂げている逸品☆

今年のフレジエの最大の魅力は、
同じ硬さに仕上げられたムースリーヌと苺が
同時にとろ~ん・・・ととろけていく至福の口溶け(*^^*)♡

去年よりもバージョンしたのよ~♪
とRyocoさんに言われ、お口に運ぶと・・・
本と!クリームが、一段とエアリーになってる~(*^^*)/
混ぜ方を少し変えたんですって。

アーモンド風味のビスキュイに、
たっぷりのムースリーヌクリームと苺をサンド。
Topには艶々に煌く苺のグラサージュを!
艶々に煌く真っ赤なグラサージュが、クラシカルな雰囲気で素敵☆

フレジェは仏菓子の代表作で、
ムースリーヌクリームのバター感がかなり濃厚なので、
苦手と思われている方も多いかもしれませんが・・・
リョーコさんのフレジェは全くの別物。
ビジュアルからして、ほわっと軽やかな
テクスチャーが伝わってきませんか?!

ビスキュイは、ほわっ、むっちり・・・とっても存在感のある口当たりで、
ふうわりと鼻腔をくすぐる、アーモンドのナッティな香りの余韻・・・・
そして、むっちりとした口あたりとは裏腹に
スーっと消えゆく心地よい口溶け☆
存在感がありながら、自然とクリームと一体化していっちゃうんです。

そしてなんと言っても、最大の魅力は・・・
同じ硬さに仕上げられたムースリーヌと苺が
同時にとろ~ん・・・ととろけていく至福の口溶け(*^^*)♡
これがリョーコさんの最大のこだわりポイントなんです!



e0120402_15163695.jpg

苺とキルシュの風味でさっぱりっと仕上がっていながら
ムースリーヌクリームは、ミルキーでま~ったり。
でもそんなにバター感が強くなく、カスタード感が強いので
舌の温度で自然にとろけていっちゃうんです・・・とろろ~ん♪

リョーコさん自身が重いバタークリームが苦手なので
こういうテクスチャーに仕上げているんですって!
ミルフィーユのクリームが、フィユタージュではなく
ビスキュイに挟まれているかのような軽やかなフレジエに仕上がっています☆

ごろごろ入っている、小粒にCutされた苺もジューシー(*^^*)
苺の甘酸っぱい香りの余韻が、さざ波のように後口に広がり続け
まるで、甘く爽やかな春風が吹きぬけたかのよう・・・
フレジェの苺がこんな風にランダムに入っている
ビジュアルって珍しくありませんか?
これもリョーコさんのお人柄かしら(笑)

苺の存在感がかなり大きく、古典的なフレジェの
Ryoco風アレンジバージョンと言ってもいいかしら(*^^*)♡
甘酸っぱくまるみのある、チャーミングなテイスト。

他の苺のケーキには、小粒の品種の苺が使われているんですが、
このフレジエだけは、大きくて甘い“あまおう”を使用。
だから季節限定のかなりレアな逸品になってしまうんですね。




e0120402_21562548.jpg

でも苺が美味しい時季だけの限定商品なんですよね・・・と涙していたら、
私のように悲しむフレジエファンのお客様のご要望にお答えして(笑)
夏休み前には、マイナーチェンジしたフレジエが登場していました!

ココナッツ風味のビスキュイに、苺の他に
パイナップルやバナナなどのフルーツをサンド。

このバージョンは、夏休み明けも登場するのかしら?って
数日前に聞いたところ・・・
苺があれば・・・とのこと。微妙かなぁ・・・
でも苺の酸味がなくなると、バランスが悪くなってしまうので
やはり苺は不可欠なんですよね。

せめてもう一度だけでも味わえますように・・・(*^^*)♡



e0120402_2243583.gifプチ・ママン

e0120402_21591980.jpg

夏休み明けまで、本当の意味での新作はおあずけだけれども、
マイナーチェンジをしていたプチママンを、“季節の新作”ということに。
こちらもフォルムチェンジを重ねるたびに、着実に美味しくなっています!

むっちりとしたビスキュイショコラ、
ねっちりと濃厚なキャラメルショコラガナッシュ、
ノワゼットとアーモンドがカリン♪と香ばしく響くヌガチーヌ、
ちょっぴりほろ苦く、ミルキーな香りの余韻を漂わせながら 
舌の温度でクリーミーにとろけていくキャラメルショコラムース、
そしてほんわりとエアリーなシブーストクリーム。
私も大好きな逸品なんです☆

ショコラとキャラメルのシックな茶系の5層構造。
テイスト以上に、この各層の食感のコントラストこそが美味しさのポイント!
各層の口溶けの速度が全く異なるので、
ショコラの芳醇な風味と香りの魅惑的なグラデーションを
堪能することができるんです(*^^*)♡



e0120402_1518344.jpg
e0120402_15194070.jpg

以前のチャーミングなフォルムの時は(写真下)
シブーストクリームの印象が強かったんだけど・・・
このシンプルフォルムだと、 
ショコラの美味しさが一層際立って感じられます♡
やっぱり、リョーコさんのショコラは格別の美味しさ☆
なんて言うのかしら・・・濃厚なんだけど、スーっと・・・
清流の如く澄みわたった余韻が広がっていくんです。

シブーストクリームの厚みは増しているんだけど、
ほんわりとエアリーで、泡雪のような口溶け・・・
卵のコクが感じられる、ミルキーでふくよかなヴェールが
濃厚なショコラのビターテイストを、ふうわりと
まさに母の愛情のごとく包み込んでいる感じ(*^^*)
最後に、キャラメルのほろ苦い余韻がフッと鼻腔をくすぐります。

ほんのりキャラメリゼされたシブーストクリームが
全体を覆っていた以前のフォルムは、ママンのお肌を感じさせる
薯蕷饅頭の皮のような不思議なテクスチャーだったんだけど・・・
このスタイルにチェンジして、キャラメリゼ部分に比べて
ほわっとエアリーなクリーム部分が多くなったので、
よりシブーストクリームらしいテクスチャーが味わえるように!
いつかリョーコさんのピュイダムール、食べてみたいなぁ(*^^*)☆

ところでこのショコラ・・・かなりビター度がUPしてるんです!
Ryocoさんのスペシャリテである‘ボード’が
万人に受け入れられるショコラケーキならば、
この‘プチ・ママン’は、ちょっぴりアダルト向けなテイストに。
だから、シブーストクリームがちょっぴり厚めのこのバランスが
ベストバランス☆なんですね~。

リョーコさん自身、ショコラという素材の魅力の虜になっている
というお話は何度も聞いたことがあるんだけど・・・
私はリョーコさんのお菓子を通して、
いつの間にかすっかりショコラの魅惑の虜に(*^^*)♡
こんなに奥深く、様々な表情をみせてくれる素材って
他にはないんじゃないかしら・・・
アロマの余韻だけでも、こんなに幸せな夢見心地にさせてくれるんですもの・・・
夏でも美味しくいただけるショコラ系のお菓子、楽しみですね♪

・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・

パティスリー・リョーコさんは、6/9~7/1まで夏休み中です。
先日、明日から仕込み開始!というRyocoさんと
お話をしてきたのですが・・・
お休み明けには、色々と新作の構想があるようですよ(*^^*)♡
今までにはなかったタイプのお菓子も登場するかも!?
すぐには無理だけど、数週間したら・・・とのことなので
私も今から、ワクワク、ドキドキで~す♪


e0120402_15214186.gif


店名:パティスリー・リョーコ
住所:大阪府東大阪市荒本北130
電話番号:06 - 4309 - 3056
定休日:月、火曜日
営業時間:10:30~21:00 (売切れ次第閉店)
[PR]

by yukichocolat | 2008-06-29 00:00 | おかしすとblog@nifty

パティスリー・リョーコ☆おかしすとblog 2008.6 -3

スイーツ部@nifty “関西スイーツ”コラム6月第3弾は・・・

パティスリー・リョーコ~シェフのスペシャリテ編~

Ryocoさんのスペシャリテってなんだろ~?
って二人でちょっぴり悩みました^^;
でも他のお店にはない構成のお菓子で、
一時はお一人様一個限定、となるほどの
人気を博したお菓子なので、こちらに決定!

だけどユキちゃん、ショコモンあまり好きじゃないんじゃない~?
と言われ・・・ドキッ★
たしかに購入回数はあまり多くないんですよね。
でもそれは好き嫌いからではなく、ショコモンは私にとって
スペシャル感のあるお菓子なので、デイリーには購入しない感じなんです。
1シーズンに1回ぐらいかな。
X'smasのスペシャルバージョンもさらにゴージャス感がUPして
素敵だったし・・・(*^^*)☆

でもこの取材のために購入して、改めて説明をうかがいながら
いただくと・・・やっぱり美味しい~(*^^*)♡

6/9~7/1まで、毎年恒例の夏休み中のRyocoさん。
今年もフランスで、しっかりリフレッシュされてきたようです。
そんなRyocoさんに、夏休み明けの展開もおうかがいしてきました(*^^*)♪
でも、それはまた次回のお楽しみに・・・(笑)



e0120402_22402562.gifショコラモンブラン

e0120402_22343430.jpg

コニャックをしみこませたマカロナード生地で
ブリュレ・ショコラとイタリア産マロンをサンドし、
グラサージュショコラで覆い、
さらにマロン&ショコラペースト、シャンティショコラを重ねて。

こちらのお店には、所謂モンブランという商品がなく、
マロンクリームを使われているお菓子はこれのみなんです。
なので、モンブラン好きさん&Ryocoさんのショコラ系好きさん、
ダブルのファンの声で、モンブランながら通年商品になっています。

シャンティ・ショコラは、お口の中で泡雪のように消えてしまう
ほわっと儚い口溶け・・・
お口の中には何も残っていないのに、
ショコラの芳醇な余韻がふうわりと広がっていきます。

そこに折重なるように、まったりと舌にまとわりつくマロンペースト。
マロン&ショコラが渾然一体となっていて
舌に、脳裏に焼きつくインパクトのあるフレーバーを描きだしています。 

マカロナード×ショコラは、リョーコさんの中でマイブームの組み合わせ。
マカロンの素材に小麦粉が加わっている分、
ねちっ、ふわっと軽い食感に仕上がっています。
その気泡の中にス~ッと溶け込んでいってしまうような、
トゥルンとなめらかな食感のブリュレ。

シャンティ、ペースト、マカロナード、ブリュレ、そしてグラサージュと
食感の異なる5種類のショコラのコントラスト♪
酸味や苦味の立ちかたが微妙に異なる 
3種のショコラ(ジヴァラ、カライブ、エクストラアメール)を
絶妙の感覚でブレンドし、味わい深く、そして
薫り高く奏でられるショコラのハーモニー♪
さらに鼻腔からぬけていく、神秘的なショコラの香りの余韻・・・

ひと口食べ進めるごとに、ショコラの奥深い魅力の
虜になっていきます・・・(*^^*)♡



e0120402_1529423.jpg

そして、主役のショコラの脇をかためるのが、マロン&コニャック。
センターのマロンはシロップに漬けてあるだけなので、
とても奥ゆかしい風味ながら、ジュワッ、ほろほろっとした
食感とコクのある甘味が程よいアクセントに♪

一方コニャックは、その流麗な香りと芳醇な風味で
主役のショコラに、少し雰囲気の異なるエレガントさをプラスしています。

マカロンにも、コニャックフレーバーを作ってしまうほどのリョーコさん。
コニャックの魅力は何かとおうかがいしてみると・・・
ラム酒や他のリキュールも試してみたんだけど、
コニャックが一番、ビター系のショコラに馴染みが良かったんだそう。

奥行きのある深い味わい、芳醇な香りの余韻、なめらかな口溶け
そしてとろけゆく温度と速度・・・
はっきりとした輪郭を持ちながらも、重層的に折り重なる
風味、食感、口溶けのグラデーションこそが
このショコラモンブランの最大の魅力なんです(*^^*)☆

ショコラという単一素材だけで、こんなにも魅惑的な
立体感を演出することができるのは、
リョーコさんご自身が、ショコラの魅力の虜に
なっているからに他ならないんでしょうね。

でもやはり夏には、ショコラ尽くしは重いかな~?!
ということで、このショコラモンブランも、もう少しビターに、
そしてブリュレの食感が軽やかに、マイナーチェンジするかもしれません。
すでに体験済みの方は、是非食べ比べてみてくださいね。

女王の風格漂う“シェフのスペシャリテ”に続いては、
私のお気に入り&季節の新作編につづきます・・・


e0120402_15334954.gif


店名:パティスリー・リョーコ
住所:大阪府東大阪市荒本北130
電話番号:06 - 4309 - 3056
定休日:月、火曜日
営業時間:10:30~21:00 (売切れ次第閉店)
[PR]

by yukichocolat | 2008-06-27 00:00 | おかしすとblog@nifty