タグ:川村英樹シェフ ( 3 ) タグの人気記事

マロンも大好き☆アテスウェイ -2

アテスウェイ -1


e0120402_2143237.gifマロンカシス

e0120402_012926.jpg

この季節の新作です!とお薦めされたので♪
最近、マロンカシスというネーミングの新作を
よく見かけるような気が・・・

やわらかなマロンクリームとカシス&ミュールのクリームを重ね
とろ~りミルクチョコレートのグラサージュ。
土台までマロンダイスたっぷりです!

川村シェフにしては珍しく、ほわっとエアリーでやさしい味わい(*^^*)
ミュールを加えることでちょっぴり野性味が抑えられてるのかな。
カシスのシャープな酸味が、心地よいアクセントをプラス!

マロン×カシスってフランス菓子にはよくある組み合わせだけど
マロンの甘味とカシスの酸味・・・
それぞれの自己主張が強すぎて、
ちょっとくどくなりすぎることも多いんですよね^^;

e0120402_21503730.gifでもこちらのマロンカシスは、ほこほこっとやさしい食感の
マロンたっぷりの生地の美味しさも手伝って、
ちょっぴりはんなりとしたテイストに(*^^*)☆

川村シェフのお菓子って、スタイリッシュなフォルムで
メリハリのある攻撃的なテイスト!
っていうイメージが強かったんだけど・・・
このお菓子の他にも、苺のショートケーキやロールケーキなど
やさしい雰囲気のお菓子もあるんですね(*^^*)
今回はいただけなかったんだけど(冷蔵庫にはあったのに★)
ロールケーキもかなり美味しいそうですよ!





e0120402_21493985.gifモワルー・オ・マロン

e0120402_014159.jpg
e0120402_015348.jpg

こちらは皆さん新商品?って言われるんだけど・・・
シェフ曰く、OPEN当初からある商品で、
上にあったのを、下に下ろしただけとのことなんです。
常温商品を冷蔵にされたってことかしら?

CUTしても・・・焼き菓子のようなフォルムですよね^^;e0120402_21534394.gif
馨しいバターの風味と、ふうわりとバニラ&ラム酒が香る
ほわっとやさしい口あたりの生地に、
マロンの甘味と、カリカリと胡桃の香ばしさが響き♪
底面は糖衣がけされているのかしら?シャリ感が!

素朴なフォルムなんだけど、リッチなテイストで
かなり美味しいです~(*^^*)/
粉糖をふってなければ、常温でもOKなのかしら?!
温めたら、ぽわんぽわん感が増して、
また違った美味しさが楽しめそうですね♡





e0120402_215425.gifガレット・ブルトンヌ・ゲランド

e0120402_21114185.jpg

e0120402_21115099.jpg

お店が連休に入る前だったんだけど、最後の2個を無事GET!
川村シェフの代表作といってもいいですよね~(*^^*)/

ぎりぎりまで焼きこまれ、粉の旨みが際立つ生地は、
濃厚なバターの風味と香りが魅力的☆

ところどころにガリッと響くゲランドの粗塩で、
甘味がさらに引き出されているんですね。
甘じょっぱさが後をひく美味しさ(*^^*)/

ザクッ、ほろっと崩れ落ちる生地は、
お口に入れた瞬間の男性的なザックリ感とは裏腹に
サラサラと繊細な口溶け。

焼き菓子を購入する時、ガレットは必須アイテムなんだけど、
こちらのガレット・ブルトンヌは、やはり
e0120402_21565466.gife0120402_2157284.gife0120402_21571113.gife0120402_21572175.gif比類なきスペシャルな美味しさです(*^^*)

お正月明けで、品揃えも少なく、ガレットも売り切れだったんだけど
ストライクなお菓子ばかりをお取り置きしてもらっていたお陰で
川村シェフの“焦げ茶ワールド”をし~っかり堪能できました(*^^*)☆

ポジティブで男気あふれるのに、細やかな気遣いをされる
川村シェフのお人柄にもふれることができ、
本当に楽しいひと時を過ごさせていただいて・・・(*^^*)♡

WPTC2008では、スリジェの和泉シェフ、e0120402_2201220.gif
関西のヒロコーヒー ケーキ工房の藤田シェフとともに
日本代表のチームリーダーとして世界を相手に競われる川村シェフ。
今後のご活躍が本当に楽しみですね(*^^*)/



e0120402_21593693.gif


店名:アテスウェイ
住所:東京都武蔵野市吉祥寺東町3-8-8 カサ吉祥寺2
電話:0422-29-0888
定休日:月曜(月曜祝日の場合は火曜休み)
営業時間:11:00~19:30
[PR]

by yukichocolat | 2008-01-17 00:00 | sweets(東京)

キャラメル大好き☆アテスウェイ -1

e0120402_23595950.jpg

エーグルドゥースさんの後に向かったお店は・・・
こちらもちょっぴりお久しぶりのアテスウェイさん。
川村シェフのお菓子は、軽井沢のイベント以来かも^^;
(あっ、クリスマスのアントルメはいただきましたね)
でも、ゆっくりお話させていただくのは初めてなので
関西を出発する前から、ドキドキ、ドキドキ(*^^*)♡

ご一緒してくださった方に、お菓子をお取り置きするけどなにがいい?
と聞かれ、ラインナップがよく分からない私は、
「キャラメル系を中心に!」ってお願いしたら・・・
こんなに素敵な茶色尽くしのプレートに!
ビジュアルからして、ストライクって感じでしょ(*^^*)♡

フランスのブルターニュ地方で修行された川村シェフは、
キャラメル系のお菓子や、海塩バターを使った郷土菓子が
お得意なんですよね☆
キャラメル・サレというフレーズを聞いただけでキュン♡e0120402_15114340.gife0120402_15115491.gife0120402_15121100.gif
としちゃう私には、あまりにも魅力的すぎるプレートです~




e0120402_15122952.gifパヴェ・ブルトン・オ・キャフェ

e0120402_003412.jpg

川村シェフの、ブルターニュ修行時代の師匠、
パスカル氏が作っていたままのレシピで再現した想い出のお菓子。
これからも守り続けていきたい、伝承の味だそう。

ビスキュイ・ショコラ・サンファリンヌ(粉を使わない)と
キャラメルムースを重ねて。
フランス海塩バターを使った、ブルターニュ地方独特の
風味が魅力的なキャラメルムース。
甘味とほろ苦味のアンサンブルが絶妙です(*^^*)♡

e0120402_15143289.gifじわじわ~っと後口に広がるほろ苦テイストの余韻が
川村シェフのお菓子のプロローグにピッタリ☆

川村シェフのキャラメルテイストは、濃厚なのに甘すぎず、
奥深い苦味が甘味を引き立て、エッジの効いた香りの余韻が、
大人の階段をのぼっていくかのような、
ちょっぴり背伸びした気分にさせられちゃうんですよね(*^^*)♡





e0120402_1515324.gifキャラメル・テンダンス

e0120402_00517.jpg

これって・・・あのクリスマスアントルメの原型?!

少しビターなムースショコラキャラメルと
ミルキーなキャラメルサレ風味のクレームブリュレ。
2種類のキャラメルクリームとビスキュイショコラを重ね、
土台にはザクザクと香ばしいテイストをはなつキャラメリゼが!

ショコラのビター感とキャラメルの香ばしさ、
余韻にじわじわ~っと広がるシャープなサレ風味。
e0120402_1516568.gifサレ風味がプラスされることで、パヴェ・ブルトンよりもさらに、
甘味の中の旨みが際立たされている感じ☆

でもキャラメルムース好きの私には、
クリスマスアントルメの方がバランス的には好きだったかも^^;





e0120402_15172470.gifシブースト・ショコラ・オ・キャラメル

e0120402_011121.jpg

塩気の効いたサブレ生地に、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ、
アーモンド入りのキャラメルをぎっしり詰め、
クレームショコラ、ビスキュイ、シブーストクリームを重ねて。

このお菓子の美味しさのポイントは、やはりなんといっても、
この食感のコントラストが素晴らしい土台☆
しっかりと焼きこまれたザクザクのサブレ生地に、
ねっちりととろけだすキャラメル、
大粒にカットされた、カリッと香ばしいナッツの数々。
土台が、こんなに贅沢でいいんでしょうか~(笑)
まるで、エンガディーナのようですね(*^^*)♪

クレーム・パティシエールを多めにあわせた
クレームショコラはと~っても濃厚。
こんなに薄い層なのに、しっかりと存在感をはなっています。

一方、メレンゲを少なめに配合した
チョコレート風味のシブーストクリームは、
ムースのような、スーッと溶けゆくなめらか口溶け・・・

e0120402_15191481.gif全く質感の異なる、茶系ONLYのグラデーション(*^^*)☆
地味~なビジュアルからは想像できないほどの
贅沢な食感、風味、香りのアンサンブルが
お口の中でにぎやかに奏でられます♪
このお菓子は、絶対全層一緒にいただかなきゃダメですね!

この表面の模様は、映ったグラスの影から
インスピレーションを得られたそう。
シンプルだけど、ビジュアルから味がすぐに連想できるよう、
丸型のタルトレット型ではなく、
このようにカットしたデザインにされているんですって。
(ベックルージュの山口シェフも同じことを言われてたなぁ・・・)

この美しい断面、アピール度抜群ですものね(*^^*)☆


気付いてみたら、キャラメルテイスト一色に!
マロン編に続きます・・・


e0120402_1520311.gif


店名:アテスウェイ
住所:東京都武蔵野市吉祥寺東町3-8-8 カサ吉祥寺2
電話:0422-29-0888
定休日:月曜(月曜祝日の場合は火曜休み)
営業時間:11:00~19:30
[PR]

by yukichocolat | 2008-01-16 00:00 | sweets(東京)

クリスマスアントルメの会☆アテスウェイ

[クリスマスアントルメの会2007☆index]


e0120402_23174119.jpg

テイスト的には1、2を争うぐらい私好みだった
アテスウェイTendance テンダンス (新宿伊勢丹)
河村シェフのエッジの効いたキャラメルテイストは、
やっぱり大好き!と再認識させられた一品(*^^*)♡

少しビターなムースショコラキャラメルと
ミルキーなキャラメルサレ風味のクレームブリュレ。
この組み合わせ・・・リョーコさんのチグレ
(プチ・ママンに戻るという噂も・・・)を髣髴とさせます。

e0120402_23295763.gifでも、このデザイン・・・関西ではまずありえないかも^^;
前衛的で、斬新!!!
宇宙服を着た子供が食べている姿が目に浮かぶような
近未来的でスタイリッシュなデザイン。

この鈍いメタルカラーはどうやって出すのかしら?
お菓子には滅多に使われない色彩&質感ですよね。
しかもこの不安定ながらも崩れないバランス。
なんだか危うい近未来に警鐘を鳴らされているかのようで
ちょっぴり怖い気すら・・・
tendance=風潮・・・どういう意味をこめてシェフがネーミングされたのか
おうかがいしてみたい気がしますね。



e0120402_23185618.jpg

でも、予測のつかないビジュアルとは裏腹に
カットしてみると絶対好き!と安心できる断面が!

ややビターなムースショコラキャラメルと
キャラメルサレ風味のクレームブリュレ。
間にはやや厚めのビスキュイショコラを3枚挟み
土台にはザクザクと香ばしいテイストをはなつキャラメリゼが!
この食感のコントラストの妙で、濃厚でもいくらでも食べられちゃうんです♡

ショコラのビター感とキャラメルの香ばしさ、
余韻にじわじわ~っと広がってくるシャープなサレ風味。
この奥ゆきのある余韻を充分に堪能してからでないと
次のひと口に手が出ないほどの至福の幸福感(*^^*)♪
キャラメルサレ☆やっぱりこの響き大好きです~。
このお菓子、プチ・ガトーでは登場しないのかしら?

このキャラメル感をもっともっと堪能したくなっちゃって・・・e0120402_23284184.gife0120402_23284964.gife0120402_23285944.gif
新年早々プチ・ガトーも堪能しに行っちゃうかも(*^^*)♡


e0120402_23291532.gif

店名:アテスウェイ
住所:東京都武蔵野市吉祥寺東町3-8-8 カサ吉祥寺2
電話:0422-29-0888
定休日:月曜(月曜祝日の場合は火曜休み)
営業時間:11:00~19:30
[PR]

by yukichocolat | 2007-12-30 00:03 | sweets(東京)