タグ:東急フードショー ( 15 ) タグの人気記事

デセール・ドゥ・ラ・プライム2009 ☆ 興野シェフ編 -2

金子シェフ編 -1
金子シェフ編 -2
金子シェフ編 -3
興野シェフ編 -1



e0120402_23103096.jpg

興野シェフの2皿目は・・・タルト・シトロン・モデルヌ
「伝統菓子のタルト・シトロンをアシェットデセール仕立てにアレンジ。
 よりデリケートに仕上げた食感をお楽しみ下さい。」

  
昨年夏、お店で販売されていたタルト・シトロン・モデルヌの
ヴェリーヌ(グラスデザート)をデセール仕立てにアレンジ。
ヴェリーヌでもギリギリのテクスチャーを表現できるけど、
デセールにすると、さらにどこまで表現域が広がるのかしら?
昨年のヴェリーヌを思い出しつつ・・・いただきま~す♪

レモンクリームの上にはシュトロイゼルと泡状のレモンゼリー、
(ヴェリーヌではこの3層構造でした)
下にはレモン風味のミルクのコンフィチュール。
はちみつ酒を使ったアイスクリームと、パリパリのレモンチップが添えられています。

あっ、どうでもいいことなんですが・・・
トッピングされているレモンのあわあわ?!・・・どんなテクスチャーに見えますか?
私が、モハモハって表現したら・・・モハモハって~と総ツッコミ^^;
シェフはバフバフっておっしゃってたけど、それも違いますよね~(笑)
素直にモフモフとかふわふわ、ほわほわって表現すればよかったのかなぁ。



e0120402_23111540.jpg

e0120402_23112596.jpg

e0120402_23113624.jpg

e0120402_23122854.jpg


デセール・ドゥ・ラ・プライム2009 ☆ 興野シェフ編 -2 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2009-06-16 00:00 | イベント・催事(東京)

デセール・ドゥ・ラ・プライム2009 ☆ 興野シェフ編 -1

金子シェフ編 -1
金子シェフ編 -2
金子シェフ編 -3



e0120402_17322935.jpg

デセール・ドゥ・ラ・プライム2009 金子シェフに続きましては、
このイベント初登場、興野シェフ@アカシエのデセールです(*^^*)♪

毎月上京すると必ずお伺いしているアカシエさん。
お菓子もシェフも大好きなので、とってもとっても楽しみにしていました~❤

私は整理券を取って、一度列を離れて午後の部にしたんですが、
ちょうど11時のイベントスタート時に東急さんに戻っていて・・・
ちょこっと覗いてみようと思ったら、出店ブースの方に
マダムのまなさんがいらしたので、一緒にカーテンが開くのを待っていると・・・
あれっ??? 11時になっても開かない・・・
どうしちゃったのかしら~?と心配していると、数分後にオープン!
でもシェフったら、今までに見た事のないような緊張した面持ちで・・・
まなさんと二人で、どうしよ~★頑張って~!!!と
数十m離れた場所からエールを送っていました(笑)

でも大丈夫! 私がいただく数時間後には・・・
ほらっ、すっかりいつものチャーミングな笑顔に♪

興野シェフは、今まであまりデセールを作るような
お店にいらっしゃらなかったということで、
このイベントのために、パティスリーだけでなくレストランまで
色々なデセールを食べ歩かれたそうなんです。
う~ん・・・相変わらず研究熱心な興野シェフ!
ひとつの作品を作り上げるために、一切の妥協を許さない、熱いハートの持ち主です!




e0120402_17334175.jpg

e0120402_17343684.jpg


デセール・ドゥ・ラ・プライム2009 ☆ 興野シェフ編 -1 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2009-06-15 00:00 | イベント・催事(東京)

デセール・ドゥ・ラ・プライム2009 ☆ 金子シェフ編 -3

金子シェフ編 -1
金子シェフ編 -2


e0120402_2340592.jpg

金子シェフの3皿目は・・・ババ オ ロム
「ビストロ風のクラッシクなデセール。
 ラム酒とバニラ風味のシャンティークリームをたっぷりと和えて食べるデセールです。」
 
見た目がシンプルなお菓子だからかな? それともお酒に弱い方が多かったのかな?
整理券がなくなるのは一番遅いデセールだったみたいなんだけど、
ババ好きな私は、絶対に食べたいひと皿でした!

本と!パリのビストロで食べたのと同じシンプルなビジュアルだわ~(❤ ❤)



e0120402_23411219.jpg
e0120402_23412210.jpg


e0120402_2341515.jpg

e0120402_2342374.jpg


デセール・ドゥ・ラ・プライム2009 ☆ 金子シェフ編 -3 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2009-06-13 00:00 | イベント・催事(東京)

デセール・ドゥ・ラ・プライム2009 ☆ 金子シェフ編 -2

金子シェフ編 -1


e0120402_21123870.jpg

金子シェフの2皿目は・・・
(3皿お願いしたら、シェフが順番を決めてサーブしてくださいました)
タタン風パイナップルのキャラメリゼ グラスバニーユ
「じっくりとオーブンで焼いたパイナップルのタタンと
 タヒチ産のバニラをたっぷりと使ったグラスバニーユ。
 アクセントに甘酸っぱいフランボワーズのソースを添えました。」

タタンというと林檎が一般的で、パイナップルのタタンって珍しいですよね。
バニラのアイスクリームとのハーモニーもどんな感じなのかしら?と
いただく前は想像ができなかったんですが・・・




e0120402_21135477.jpg
e0120402_2114360.jpg


e0120402_21142196.jpg

e0120402_21143045.jpg


デセール・ドゥ・ラ・プライム2009 ☆ 金子シェフ編 -2 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2009-06-12 00:00 | イベント・催事(東京)

デセール・ドゥ・ラ・プライム2009 ☆ 金子シェフ編 -1

e0120402_17543870.jpg


今年もこの季節がやってまいりました~(*^^*)♪
デセール・ドゥ・ラ・プライム2009@東急フードショー。
お菓子好きさんが一堂に会するイベントなので、毎年超ロングで上京し、
長~い待ち時間の間も、皆さんと楽しいお喋りに花を咲かせる
1年で1番、気合いと体力と忍耐力のいるイベントです(笑)
(すでに終わられた安食シェフは、みーみーのイラスト入りでサインしちゃってるし^^;)

  
去年は14日間と過去最高に長く、私も4泊5日×2回も上京していましたが、
昨年の記事を振り返ると、10部作にもなってるし・・・)
今年は8日間(安食・金子・興野・岡村シェフ×各2日間)と短めだったのと、
私も短期間しか上京できなかったので、なんだかあっという間でした(泣)

でも、東急さんのスタッフの方にも顔と名前を覚えていただいていて、
色々とお話できたのが、今年はとっても嬉しかったなぁ♪

 
速報レポでも書きましたが・・・
始発の新幹線で新大阪を出発したにも関わらず、8:35に到着すると
金子シェフの3種類あるデセールの中でも一番人気の
“とうもろこしのスープ レモン風味”は、ラストのひと皿、30番目の整理券に・・・
本当に、スイーツの神様に感謝した瞬間でした(笑)
とても人気のある金子シェフを、土日の週末にあてちゃうと、
整理券の争奪戦が激しくなるので、できれば1日は平日にしてもらえると嬉しいですね。

  
それでは、デモンストレーションキッチン@東急フードショーより、
人気パティシエによる今回限りのできたてデセールをいただけるイベント
デセール・ドゥ・ラ・プライム2009のスタートです!




e0120402_17572957.jpg

e0120402_17581618.jpg

e0120402_1803957.jpg

e0120402_17582915.jpg

e0120402_1805530.jpg

e0120402_17583939.jpg
e0120402_17584792.jpg


デセール・ドゥ・ラ・プライム2009 ☆ 金子シェフ編 -1 続きを読む・・・
[PR]

by yukichocolat | 2009-06-11 00:00 | イベント・催事(東京)

デセール ドゥ ラ プライム 2009☆

毎年恒例、デセール ドゥ ラ プライム 2009に参戦すべく上京しています~。
去年は2週間近くあったので、かな~り長めの滞在になっちゃったけど、
今年は4名のシェフで8日間と短めなので、私もサクッと(笑)

新大阪を始発(6:00)の新幹線で出発して、
車内で車掌さんに、山手線に乗り換えるのに一番近いエスカレーター
近くの扉を聞いて、開くとともに猛ダッシュ!(私的にね^^;)
渋谷の駅から東急フードショーまでは慣れた道のりなので、
ここも最短距離をダッシュして、8:35到着!

でも・・・

金子シェフ1日目は、過去最長の(多分)行列に・・・
3種類あるデザートmenuはどれも30食限定だったので、
無事に整理券をGETできるのかしら・・・とドキドキ★
9時からの整理券配布に、いつもは7時頃から並んでいるので、
こんな想いをしたのは初めてです^^;
次回からは絶対に前日入りしよう・・・

そして、努力の結果は・・・



e0120402_1130512.jpg

無事全種類の整理券をGETすることができました~(^^)v
 
しかもご覧くださ~い!
一番人気の“とうもろこしのスープ レモン風味”は
最後の最後、30番の整理券で~す(^^)v

デセールはどれも金子シェフらしいテイストで、と~~~っても美味しかったし、
お取り置きしてもらったプティ・ガトー&ケークのセレクトも
「グッチョイス!」と金子シェフに褒めていただいたし、
丸1日フードショーさんに滞在してた感じだったけど、
お友達とお喋りしていたら時間の過ぎるのも早く、とっても楽しい1日でした(*^^*)♪
 
でもババ・オ・ロムに、ドボドボとかけた年代物のラム酒が
かな~り強烈で・・・すでにノックダウンですぅ★
(めずらしくDinner→Lunchとつづくのに・・・)

詳しいレポは、いずれそのうちに(できるといいなぁ・・・^^;)
[PR]

by yukichocolat | 2009-06-07 00:00 | イベント・催事(東京)

ちょこリンピック&SHIBUYAスイーツコレクション2009

e0120402_23294890.jpg

昨日は、製菓実験社発行の月刊製菓製パンさんに同行して、
伊丹市で開催された“ちょこリンピック”の取材に行ってきました!

よく考えてみると・・・
兵庫県ではこのように、市下の洋菓子&和菓子屋さんが集まり、
ビュッフェスタイルでスイーツを提供することによって、
市のブランドアピールや、観光産業の発展を促進しようというイベントが多いですね。
西宮市、宝塚市、そして今回の伊丹市。
スイーツを通じて地域振興がなされるのは、とても素晴らしいことだと思います。



e0120402_23311215.jpg

そしてやはり、市ごとにカラーがあるんですね。
伊丹市のシェフの皆さんは、とっても明るくてビックリ!
かなり関西っぽい‘ノリ’というのか・・・
和気あいあい♪ つっこみどころ満載でした。



e0120402_233287.jpg

この“ちょこリンピック”の開催は、今年でまだ3回目ですが、
150組300名の募集に対して、8.31倍の応募があったそうです。




e0120402_23333152.jpg
e0120402_2334544.jpge0120402_23385519.jpg









他の市のスイーツイベントと異なるところは、
提供されているスイーツの全てにチョコレートが使われているということ。
和菓子屋さんとして唯一参加されていた「宝樹庵」さんには、
このイベントのためだけに作られたという、見目麗しいチョコレート和菓子が並び
人気を博していました。

ではなぜ、チョコレートかというと・・・
伊丹市は、ベルギーのハッセルト市と姉妹都市提携を結んでいるからなんです。
なので、この“ちょこリンピック”のスイーツに使われている
チョコレートは、全てベルギー産。
ピュラトスジャパンさんが、ベルコラーデのチョコレートを
PRされているブースもありました。



e0120402_23401139.jpg

こんなご縁もあるんですね・・・
実は明日出発するクープ・デュ・モンドのツアーの中に、
ベルギーのベルコラーデさんの工場見学&デモという日程があるんです。

しかも私と友人は、ツアーの皆さんがベルギーに移動されるなか、
クープ・デュ・モンドの表彰式を最後まで見たいので、個別でリヨンに残り、
翌早朝ベルコラーデ工場まで、空港からTAXIを飛ばして行くという
強行スケジュールを組んでいて・・・
フランス語も話せないし不安なんです・・・(さらわれたりしないかしら^^;)
と、そのブースにいらした社員さんにお話すると、
「何かあったら、僕の携帯に電話してきてくださいね!」
というお優しい言葉をかけてくださって・・・ありがとうございます。
でも、かけなくてすむことを祈ります・・・



e0120402_2340484.jpg

そして、小西酒造さん(清酒の白雪で有名な)からは、ショコラプレミアムという
ショコラ風味の発泡酒が供されていました。

ベルギーでもショコラテイストのビールを作っている会社はあり、
先日もベルギーから視察に来られたそうなんですが・・・
あまりにも美味しいということで、研究用に?!持って帰られたとのこと。
(逆にベルギーでも、ショコラビールを探してみなくっちゃ!)

アルコールは苦手だけど、そんなに美味しいと聞いたら
飲まずにはいられませんよね(笑)
(勿論試飲後は、どうしたの~?赤いよ~?と笑われていましたが・・・)
ビールの苦味が苦手な私には、ショコラの甘みで苦味が抑えられている分
かなり飲みやすく、余韻に香るアロマが心地よくて・・・
かなり危険な飲み物かもしれませんね^^;

チョコレートは油脂なので、加えると泡が消えてしまうということで
“ほろ苦い 泡立つチョコレート”というキャッチのついているこの発泡酒を
この品質にまで高めるには、かなりの年月を費やされたそう。
カカオ風味ではなく、実際にチョコレートが加えられているんです!
その詳しい製造法は秘密とのことですが・・・

全国の成城石井さんでも販売されているそうです。
昨年秋には、ビターキャラメルテイストも発売されたとのことなので、
是非探してみてくださいね。




e0120402_23414153.jpg

でも実はこの日、私が一番楽しみにしていたのは・・・
先日のWPTC凱旋講習会で大きな感動を与えてくださった
ヒロコーヒーの藤田シェフによるピエス製作。
1時間半と短い時間だったので、大きいものではなかったですが、
感動よ再び!でした(笑)
この講習会の感動が、私をクープ・デュ・モンドにいざなったんですものね♪

でも残念ながら、お菓子の世界大会のチョコレート細工部門で優勝されたシェフ
と聞いても、あまりピンときてらっしゃらない方が多いようで・・・
本当に素晴らしいことなのに、残念です・・・★
来月のモバックショー@大阪で、WPTC2010の決勝戦も行われるので、
もっと関西でも認知度をあげるべく、私も頑張りたいと思います!




e0120402_23415942.jpg

そしてイベント終了後、ヒロコーヒーいながわケーキ工房さんにもお伺いしてきました。
私は10数年前に、支店の方にはよく通っていたんですが、本店は初めて。
コーヒーの種類もケーキの種類も格段に増えていてビックリ!
コーヒー好きさんにはたまらない雰囲気で、
私達がいる間も、主婦の方々でず~っと満席状態でした。
また後ほど(いつになるかなぁ・・・)レポしたいと思います。




e0120402_23491980.jpg

そして今日は、3時に起床し、始発の新幹線に乗って、
SHIBUYAスイーツコレクション2009@東急・東横店に参戦してきました!
かなり食べました~。
そしてかなり歩きました~。
えっと・・・かなりクタクタで、すでに時差ぼけ状態です(悩)
頭もガンガンしています~^^;

でも、明日は夜の成田→パリのフライトなので、
金子シェフのデセールの整理券をGETすべく、また早朝から頑張りたいと思います!
(すでに今日1日で、時間があったら綴りたかったエピソードが満載です)

ちなみにモンプリュさんでは、林シェフがこのイベントの期間中
ず~っとブースでピュイムールの実演販売をされています。
逆に神戸のお店では、この期間中、ピュイダムールは“出張中”
ということで、販売されていないそうです^^;
1日限定300個なので、是非早めに足をお運びくださいね~(*^^*)♪


それでは明日から、クープ・デュ・モンド観戦の為、
フランスへ行ってまいりま~す(^^)v
暫くはPCが繋がらないかもしれないので、
帰国してから、ゆっくりレポートできれば・・・と思っています(*^^*)♪
[PR]

by yukichocolat | 2009-01-23 00:00 | イベント・催事(関西)

☆デセール ドゥ ラ プライム2008☆                 木村シェフ×安食シェフ

[東京スイーツツアーindex☆2008.6 -1 ]
[東京スイーツツアーindex☆2008.6 -2]

ポワルヴェシェフ×金子シェフ
ポワルヴェシェフ マカロン編
ポワルヴェシェフ ガレット編
[金子シェフ 表メニュー編]
[金子シェフ 裏メニュー編]


デセール ドゥ ラ プライム2008 in東急フードショー
上京後半戦の初フードショーデザートは・・・
ラ・ヴィエイユ・フランスの木村シェフと、
デフェールの安食シェフによるコラボデザート☆

でも、この日はここに辿り着くまでがかなりのハードスケジュール★
デフェール→パリセヴェイユ→アカシエ、
そしてこのコラボデザートをいただいて、
再びパリセヴェイユさんへ・・・胃も疲れたけど私的にはかなり歩きすぎです・・・




e0120402_2323436.gifSAVEUR DU FROMAGE フロマージュの味わい

e0120402_844050.jpg
e0120402_8442481.jpg

「新玉です!(by安食シェフ) 新じゃがです!(by木村シェフ)」
と漫才コンビのようなお二人(笑)

安食シェフは、ロックフォールチーズのアパレイユに
6時間炒めた玉ねぎを合わせたタルトオニオン(写真左)
こちらはお店でもいただいたことがあるんだけど、
玉ねぎの甘みがじ~っくりと引き出されていて、
炒め玉葱のほろ苦味とフロマージュの塩気とのバランスがGood!

木村シェフは、少しクセのあるピラミッドというシェーブル(山羊のチーズ)に
新じゃがを合わせたキッシュ(写真右)
ラ・ヴィエイユ・フランスさんでは、週末限定で
キッシュが登場しているそうなんですが、
私はまだ未体験なので興味津々!

薄~くスライスされたじゃがいもが何層にも折り重なり
こちらもやさしい甘みが引き出されています。
シェーブル特有のテイストはあまり感じられないな?と思ったら、
やっぱり余韻にポワンと鼻腔をくすぐる香りが・・・

ブルーやシェーブルは大丈夫ですか~?ってe0120402_23362328.gif
プレートを出されるときに言われたんだけど・・・
苦手でも、すでに手遅れですよね^^;

あっ、でも大好きなチーズ臭&サレ風味で胃が蘇ってきました(笑)




e0120402_8454018.jpg

安食シェフの前には、今回のデザートに使われる
タルトオニオン、蜂蜜、シュトーレンなどが・・・



e0120402_23481310.gifロンドトラディション(シェーブルチーズ)のチーズケーキ
エポワスクープ(ウォッシュ系)のアイスクリーム
   シュトーレンと赤いフルーツのコンポート
   ラベンダーの蜂蜜を添えて。


e0120402_23391687.jpg
e0120402_8461244.jpg

シェフのご説明がなければ、灰をまぶした
シェーブルチーズと見まがうほどのチーズケーキは、
ジャスミンフラワーを燃やして、灰に見立ててまぶされているそう。

チーズケーキ部分は、シェーブルチーズを
2週間も水抜きして、サワークリームや生クリームを合わせ、
元のチーズに近い状態に仕上げられたんですって。
なんてお手間がかかっているんでしょう(*^^*)☆

チーズならではの、エッジの効いた塩気は和らげられているけど
シェーブル特有の香りの余韻は残されていて・・・
お砂糖が全く添加されていないので、
ラベンダーの蜂蜜が添えられているんだけど、
蜂蜜と一緒にいただくと一層コク深く、これ一品で立派なデザートに!

一緒に食べた妹が大層お気に入りで、持って帰りた~い(*^^*)♡
って言って、シェフの笑顔をさそっていました。

マール酒で洗ったエポワスクープは、ちょうどいい状態に
熟成したものを仕入れて、クリームチーズと合わせてアイスクリームに。
ウオッシュの中でもエポワス好きの私には、たまらない逸品(*^^*)☆

サックリと焼き上げられたベルジアンワッフルと合わせていただいたり
(その都度1枚ずつ焼き上げられるので、食感が◎)
ベリーのコンポートと合わせていただいたり、
色々なテイストが楽しめるのも嬉しいですね♪

この時季にシュトーレン?!って思ったら、
このイベントの為に、2週間前から熟成させてくださったそう。
一品一品に安食シェフのこだわりが、ひしひしと感じられます☆





e0120402_8473255.jpg

木村シェフは、シュトゥルーデルとアイスクリームの両方に
マンステールチーズを加えたデザート。


e0120402_23452657.jpg

シュトゥルーデルは、お店で焼いたものを温めなおすのではなく、
こちらで一から焼いてくださるなんて(*^^*)♪
天板1枚に4個ずつ。
あれがひとり分だなんて、大きいなぁ・・・^^;




e0120402_23494023.gifマンステール風味のシュトゥルーデルとアイスクリームに
ストロイゼルとりんごのチップ、セルフィーユを添えて


e0120402_23525478.jpg

この前日に、オーストリア菓子のマイスターでらっしゃる八木シェフが、
皮も一から作られるシュトゥルーデルの実演見たんですが・・・
こちらの木村シェフ皮は、シュトゥルーデル生地ではなく
いわゆるフィユタージュ生地だそう。




e0120402_23544562.jpg
e0120402_23545290.jpg

しっかりとした焼き色から想像されるとおり、
パリッと極薄に焼き上げられています。
中には生の林檎、フィグ、レーズン、
マンステールチーズ、クリームチーズ、
ケーキクラム、バター、シナモンなどがぎっしり。
まるでベラベッカのように贅沢なフィリング(*^^*)☆
クラムは、林檎のジュースを吸わせるために入れられているんですね。

噛みしめれば噛みしめるほど、お口の中に
フルーツ&フロマージュの奥深い味わいが広がって行きます・・・



e0120402_23563230.jpg

マンステールチーズにクリームチーズを加えたアイスクリームは、
ねっとりと舌にまとわりつくのに、いい意味でチーズ感が後口に残らず、
香りの余韻のみを楽しむことができます。
パリパリの林檎や、ほろほろのストロイゼルがアクセントに♪

お口に入れたときよりも、待っている間の香りの方が
チーズ感が強く感じられたかなぁ・・・
ロックフォール、シェーブル、マンステールと
香りの強いフロマージュを使われているので、
シェフもお客さまに、大丈夫ですか~?と
確かめつつサーブされていたけど・・・
(苦手と言っても代わりはないんですが・・・^^;)

お口に入れた瞬間は、あまり独特のクセは感じられないんだけど
余韻はブルー、シェーブル、ウォッシュ!!! ・・・と
クセのあるチーズが苦手な方も得意な方も両者が楽しめる
食べやすいけどマニアックさも生かされた仕上がりに!

早くお家に帰って、冷蔵庫にたっぷりと眠っている
ウォッシュチーズに会いたくなっちゃいました^^;

あまりスイーツには使われることのない(使いにくい)
香りの強いフロマージュを使ったスイーツを、こんなに一度に楽しめるなんて♪
1週間以上スイーツ漬けの私の身体には
想像以上にリセット効果大の、大満足の美味しさでした~(*^^*)♡
[PR]

by yukichocolat | 2008-06-17 00:00 | イベント・催事(東京)

東京スイーツツアーindex☆2008.6 -2

[東京スイーツツアーindex☆2008.6 -1 ]

東京スイーツツアー第2弾 3日目・・・
トータル8日目・・・残すところ後2日ですが、
そろそろ身体も胃力も限界にきています~(◎◎)
しばらくスイーツは見たくないかも・・・
夜は色んな角度から、辛いもので攻めてみました。
でも多分明朝起きたら、スイーツ愛は復活してるんですよね~^^;


☆デセール ドゥ ラ プライム 2008 in東急フードショー☆
<コラボ> 木村シェフ&安食シェフ
<ラ ヴィエイユ フランス> 木村シェフ
<デフェール> 安食シェフ

●ソルレヴァンテ
●カー・ヴァンソン
●デフェール
●パリセヴェイユ
●アカシエ
●アテスウェイ
●ア・ポワン
●エーグルドゥース
●ラ ヴィエイユ フランス


●カフェコンディトライ・ランドルト 八木淳司シェフ
  ブルーベリー入りハイデルベアシュトゥルーデルの実演(in日本橋三越)

[PR]

by yukichocolat | 2008-06-15 00:00 | Sweetsツアー(イベント)index

☆デセール ドゥ ラ プライム2008☆                ポワルヴェシェフ ガレット編

ポワルヴェシェフ×金子シェフ
ポワルヴェシェフ マカロン編



e0120402_1558680.gifガレット・ドゥ・サラザン・オ・ヤウ,パタットゥ・エ・アグルゥム

e0120402_11135822.jpg
e0120402_11141326.jpg

ポワルヴェシェフの2品目は・・・
金子シェフとのコラボデザートと同じガレット生地を使ったひと皿。

ブルゴーニュ地方の家庭の定番デザート。
ゲランドの塩でアクセントを付けたバター風味のそば粉のガレットで、
蒸した北海道産ジャガイモを包み込み、
なめらかにしたプレーンヨーグルトとオレンジ、
グレープフルーツを添えた一品です。

週に1~2回は朝or夜ご飯に食べていた、ママンの味なんですって!

北海道産のじゃがいもは、山吹色でねっとりと濃厚な甘味。
インカのめざめかな?

ソースのプレーンヨーグルトは、
お砂糖は全く使用されておらず、キュンとした酸味がしっかり。e0120402_1633466.gif
かなり塩味も感じられたので、フランス産のヨーグルトかと思い
おうかがいしてみると・・・
某メーカーのプレーンヨーグルトを見せてくださいました。
塩気はガレット生地の塩分が染み出ているのかな。

ブルターニュの牛乳は酸味があるので、
あちらでは牛乳で作られるそうなんですが、
日本の牛乳は酸味が弱いので、
このプレーンヨーグルトを使用されたんですって。
でもこのソース・・・かなり酸味が強くて何かに似てるなぁって考えてみたら・・・
あっ、一世を風靡したカスピ海ヨーグルトみたいな感じかも♪

マカロンのソースも酸味がしっかり効いていたので
ポワルヴェシェフは、シャープな酸味がお好きなのかしら。

そう言えば・・・去年いただいた、カカオエットのジェロームシェフ
フレーズのスプーマやソース、アイスクリームも
エッジの効いた酸味が魅力的だったなぁ(*^^*)♡
フランス人のシェフの方は、日本人と酸味の感覚が違うのかな?!




e0120402_11143134.jpg

やや厚みのある国産そば粉100%のガレット。
表面はカリッ、中はもっちり。
そば粉は粗めと細かめの2種類を使われているそう。
生地を焼き上げ、バターをたっぷり塗って、
さらにゲランドの塩を結構たっぷりとパラリ♪
これがあのヨーグルトソースの塩味の原因だったんですね。

そば粉のみだとポソポソっとした食感になるように思いますが
不思議なほどソフトな食感。
マカロン同様、ガレットの美味しさの秘密も
お菓子教室に来てくだされば教えますよ~とのこと。
営業上手なポワルヴェシェフでした^^;
[PR]

by yukichocolat | 2008-06-11 00:00 | イベント・催事(東京)