人気ブログランキング |

華麗なデセール☆サロン・ド・テ・ジャマン

e0120402_11245771.jpge0120402_11251744.jpg








e0120402_11255419.jpge0120402_1126917.jpg









ジャマンさんのケーキは実家にも何度もお運びしていたので(笑)
家族も勿論大ファンなのですが・・・
実際に優雅なサロンの雰囲気の中で、華麗なデセール仕立ての
美味しいケーキを堪能してもらいたいなぁ・・・
ってずっと思ってたんです。
e0120402_13292685.gife0120402_13293683.gife0120402_13294728.gifそんな念願かなって、この日は妹と初ジャマンデートに♪

もう美味しい時季が終わっちゃうということで、セレクトは苺ちゃん中心に!
いつもは茶系の地味子ちゃんばっかりになっちゃうのに
まるで女の子がセレクトしたような可愛いプレートでしょ(*^-^*)
(あっ、でも結局2皿目は・・・)

お皿に絵を描くってこういうことを言うんでしょうね。
絵心の全くない私はいつも尊敬の眼差しです・・・
それぞれのケーキに合わせた異なるデコレーション。
フルーツはセーデルやシソ風味のジュレで・・・素敵すぎます☆



e0120402_12131531.gifパリブレスト
e0120402_1140745.jpg
e0120402_11403534.jpg

パリブレストといえば・・・濃厚なプラリネクリームにアーモンドのトッピング。
ナッツづくしなので実はあまり得意じゃないんですf(^^;
(でもこれ1個だけで、プラリネクリームがもたれなければ問題なし!)

ジャマンさんのパリブレストは2種類のカスタードクリームをサンド。
プラリネ風味のカスタードクリームに
宿院シェフご自慢のコアントロー入りのカスタードクリーム。
濃厚で香ばしくいナッティな香りに、爽やかなオレンジの香りが
ブレンドされていくので後味すっきり!
どちらのクリームもなめらかで瑞々しく、口溶けがよく
時々響くアーモンドダイスが小気味いい音感をプラス♪

シュー生地もサクッ、クシュッ・・・
軽やかにクリームと一体化していきます・・・
後には一緒に焼きこまれたアーモンドの香ばしい香りの余韻が・・・

パリブレストっていうと、風味も食感も重厚で
e0120402_13383630.gif私の中では男性的なイメージのお菓子なんだけど
ジャマンさんのパリブレストは、とっても繊細で女性的な雰囲気。
おひとり様用の優美なビジュアルも
一層お姫様気分を演出してくれます(*^-^*)

でも、パリブレストの名前の由来って・・・優雅さとは程遠いんですよね。
フランスには 有名な自転車レース「ツールドフランス」というレースがありますが
色々な自転車レースの一つで 1891年から始まったのが「パリ・ブレスト」。
パリとブルターニュの海岸を90時間以内に往復する 
1202Kmの自転車レースだそうです。
このレースを記念して パリの「メゾン・ラフィット」というお菓子屋さんの
ルイ・デュランさんが考案したお菓子が“パリ・ブレスト”なんです。
あのリング状のフォルムは、自転車の車輪を表現しているんですね。
お菓子になっちゃうくらいだから、フランスでは
自転車レースってとってもメジャーなんでしょうね♪




e0120402_12133029.gifクラフティ
e0120402_11482376.jpg
e0120402_11492435.jpg

このクラフティ・・・e0120402_1341227.gif
これがクラフティーなんだぁ・・・
なんだか私が知っているビジュアルとは全然違う気が・・・
ってはじめていただいた時とっても感動したんです。

たっぷりの生クリームと卵、ノワゼットプードルを合わせた生地を
ココットで焼成。小麦粉は全く使われていないんですって!
ココットに入れて焼くので、こんな焼き目のついたフォルムになるんですね♪

Cutしようとすると、 思った以上にポワンポワンの触感で
ちょっと微妙なCUT画像になっちゃいました(ごめんなさいf(^^;)

外はカリっと焼き上げられているのに、中はしっとり、ふ~んわり。
でもベリーも一緒に焼きこまれてているので、ジュワっとしたジューシーさもプラス。

トッピングのカスタードクリームは、私が愛してやまない
e0120402_13423417.gif宿院シェフご自慢のコアントロー入りのカスタードクリーム。
脳細胞が一瞬にして、バニラ×コアントローの
甘く馨しい薫りの魅力の虜になっちゃうんです(*^^*)

とろろ~ん、カリッ、ふ~んわり、ジュワ~・・・
食感の四重奏に、心も舌もとろけちゃいそう・・・
さらに苺の酸味が後味を引き締め、フレッシュ感を添えてくれています。

フレジェ、ミルフィーユ、サン(シュークリーム)、ショコラフランボワーズは
リピ率の高いお菓子なので、また改めてご紹介しますね。

e0120402_12584044.gif


店名 : サロン・ド・テ・ ジャマン
住所 : 大阪府茨木市別院町6-45オダビル2階
TEL : 072-620-0073
営業時間 : 10:00~20:00
定休日 : 火曜日

by yukichocolat | 2007-06-26 09:50 | sweets(大阪)