人気ブログランキング |

2007年 10月 15日 ( 1 )

圧巻・・・ケーキ14種類食べつくし☆クロッシュ -2

クロッシュ -1


e0120402_2124511.gifヴァランス
e0120402_16405870.jpg

このお菓子が、ある意味一番のサプライズでした~(◎◎)
一見普通のクラシックショコラだと思ったのに・・・
び、び、びっくりの口溶け~w(*^^*)w

生地は、ビスキュイ・ジャンドゥージャ・サンファリーヌ。
粉を使わないショコラの生地にスペイン産のアーモンドプラリネをプラス。
さらにスペイン産のコンサントレを効かせて
じ~っくりと湯せん焼きすると・・・e0120402_2143839.gif
こんなに重厚でしっとりとした口あたり&
スッときれのよい口溶けに仕上がっちゃうんですか?!
ショコラの後から、ふっと鼻腔をくすぐるシナモンの香りも素敵☆

ショコラは、カカオ分、メーカーの異なる3種類をブレンド。
秋山シェフのお気に入りは、余韻が綺麗で長く、安心感のある
ベルコラーダのチョコレート。
ヴァローナは、インパクトがあり、個性が強いので
このお菓子には合わないんですって。
チョコレートに関しても、語りだすと止まらない感じのシェフ・・・^^;
素材に関しても構成に関しても、探究心、研究心が強いシェフのお話は
目から鱗のお話が盛りだくさんで! 感動の連続でした~w(*^^*)w

このヴァランシアというネーミングは、
スペイン産の素材を使ってらっしゃるからと
e0120402_2154071.gif全ての素材のバランスをかけたものなんですって!
バランスの良さが、この口溶けと香りの余韻の
絶妙のハーモニーを生み出すんですね(*^^*)



e0120402_2162683.gifシャタン
e0120402_19574531.jpg

もう一つ、チョコレートを使ったお菓子が。e0120402_219788.gif
下層から、ビスキュイ・ジョコンド・ショコラ・オ・レ
アングレーズベースの仏産栗のムース、ビスキュイ、
カスタードベースのチョコレートクリーム。

トッピングのマロンは、スペイン産の栗をバニラとシナモンでコンポート。
スペイン産の栗は、フランス産の栗よりも丸い風味なんですって。
ラム酒もほんのり効かせて(あまり見た事のない銘柄でした)

カカオではなくクーベルチュールをベースにしている
ビスキュイショコラは、以前はノワールだったのを
ミルクチョコに変えられたそう。
カカオの香りが強く残り過ぎないようにということで
こちらも、栗のムースとのバランスを考えられてのことなんでしょうね(*^^*)/



e0120402_21235692.gifバナナのエクレア
e0120402_2085671.jpg

こちらのエクレアは、皮にちょっぴり秘密があるんです☆
普通はシュー生地って、バター、塩、水、粉を練り合わせて作りますが
この生地はバターの代わりに、生クリームを使って
作ってらっしゃるんですって。
乳脂肪分が多い方が、皮が厚く、ミルク感がでるそう。

e0120402_21111440.gifいただいてみると・・・微妙で分かりませんでした^^;
しかも、へ~って思っているうちに理由を聞きそびれちゃいました。

バナナはエクアドル産、フィリピン産など産地にはこだわらず
熟し具合のタイミングで使われているんですって。
キャラメルとの相性もよく、老若男女問わず愛されるお味。
この星型の絞り型も可愛いですよね♡




e0120402_20235433.jpge0120402_2024930.jpg









シュークリームやプリンといった、素朴なお菓子も美味しい~(*^^*)♪

シュークリームは、バニラを加えて牛乳を温めると
e0120402_2113163.gif一瞬バニラと一体化する瞬間があるんですって。
その一瞬を逃さず、一番好きな香りの時に卵を投入。
(ちなみに、沸かした牛乳と温めた牛乳は香りが全く違うそう)

緻密な計算もあれば、経験に基づいた勘も大切。
お菓子教室で、お菓子作りをしていてつくづく感じることなんですが・・・
この按配が難しいんですよね^^;★

プリンは、私の大好きな卵の風味の残る、しっかりとした食感。
カラメルはリキッド状で、ほろ苦さもしっかりと効いています!
昔ながらの・・・の美味しい進化系ですね(*^^*)♪



e0120402_2035653.jpg

はじめは絶対無理なので持ち帰ろう!って言ってた
焼きっぱなしタルト3種も、しっかりいただけちゃいました!
(1/3カットずつは、私の新幹線のおやつ用に)

この素朴なタルトたちも滋味深くて美味しかった~(*^^*)♪

特にガレット・ノルマンドは、構成が面白くって!
パートシュクレを土台としてだけでなく、上にもちぎってのせてらっしゃるそう。 
そうすると、フツフツと溶けたバターがe0120402_2120673.gif

シュクレ生地を揚げ焼きしたような感じになるんですね。
ほろほろっと、ちょっとシュトロイゼルのような食感。
カルバドスとシナモンを効かせて煮た林檎とのバランスも絶妙で
これ、かなり美味しかったです~(*^^*)/

そういえば・・・ タダシヤナギさんの焼きっぱなしタルト
も美味しかったですものね♪



e0120402_20473143.jpge0120402_20474394.jpg
あらら・・・★
あんなに雨が降っていたのに、お店にいたほんの2時間ほどの間に
ショーケースの中は空っぽに(◎◎)
トレーには、こんなに素敵な和食器を使ってらしたんですね。
以前は洋食器を使ってらしたそうなんですが
クロッシュさんの素朴なビジュアルのお菓子にはこちらの方がお似合い♪


でも、結局なんの問題もなく14種類×2÷5個ずつを
いただいちゃいましたね^^;
シェフも奥様も一応驚いてくださってよかった。(驚かれなくても・・・ね★)
でも、実はこの前にもう1軒と告白すると・・・
既にご存知だったようで・・・じゃ、もっとびっくりしてくださいよ~(◎◎)

e0120402_21213390.gifでも、本当に素晴らしいお話をたくさん聞かせていただいて
とても貴重なひとときを過ごさせていただきました(*^^*)♪
シェフのこだわりや、想いをおうかがいしながら、いただくと
美味しさが2倍にも3倍にも感じられるんですよね。
こんなに小さなお菓子に、たくさんの愛情と
熱い想いが込められているんだなぁって・・・
お菓子って・・・未知の感動がいっぱい詰まった、小さな宇宙なんですね☆

一人ではとても行くことが出来なかった
結城のイタバシ宇都宮のクロッシュツアー。
ご一緒してくださった皆さん、本当にありがとうございました(*^^*)☆
今月は、まだ言い訳が見つけられてないんだけど・・・
悪魔のささやきがあったら是非!すぐに飛んでいきま~す!


e0120402_2119039.gif


店名:クロッシュ
住所:栃木県宇都宮市泉が丘2-2-9 優泰佳ガーデンコートA2-101
TEL:028-663-6871
定休日:火曜日(ただし9月頃は月曜も休み。要問い合わせ)
営業時間:11:00~19:00

by yukichocolat | 2007-10-15 00:00 | sweets(関東その他)