人気ブログランキング |

2008年 07月 09日 ( 1 )

サロン・ド・テ・ジャマン☆おかしすとblog 2008.7-1

スイーツ部@nifty “関西スイーツ”コラム7月第1弾は・・・

サロン・ド・テ・ジャマン~シェフのスペシャリテ&私のお気に入り編~

いつもジェントルマンな笑顔で迎えてくださる宿院シェフ♡
初めてお伺いしたときの感動がよみがえってきました!
今回はご紹介しきれていませんが、
ジャマンさんでは、デセールの素晴らしさを教えていただいています。



e0120402_14111060.gifショコラ・ロン

e0120402_1442032.jpg

“シェフのスペシャリテ”である、ショコラ・ロン。

ビスキュイ・ノワゼット、フィヤンティーヌに
濃厚ながら口溶けのよいクレーム・ショコラを重ねて。

クレーム・ショコラはエアリーで、まあるくまろやかなテイスト。
深みのあるカカオの香りが後から後からさざ波のように押し寄せてきます。

時々カリッと響くフィヤンテーヌの食感が
あまりにも凛として端正すぎる美しさの中に遊び心をプラス♪

漆のように艶々煌き、妖艶な雰囲気をかもしだすグラサージュ&金粉。
凛と美しいビジュアルと、甘く馨しく立ちのぼる薫りに
いただく前からとても優雅な気分に・・・


以前に、黒胡椒を添えていただいたことがあるのですが、
このマリアージュがとても素晴らしくて・・・☆
ショコラの風味と薫りをより引き立てる存在になっていました。



e0120402_1454582.jpg

でも以前に比べると、テイストも食感もなんだかまろやかに
変化したような・・・と思いおうかがいしてみると・・・
ショコラをややソフトなテクスチャーのものに変え、
ダックワーズ&ムース・ショコラの厚みをちょっぴりプラスされたそう。
マイナーチェンジを発見すると、なんだかそのお菓子の進化を
たどっているようで嬉しいんです(*^^*)♪

ショコラのお菓子は全般的にそうですが・・・
ムース・ショコラが大部分を占めるこのショコラ・ロンは特に
少し常温に戻して、ショコラがとろけるような口あたりになってから
いただいて欲しい一品。
ショコラの芳醇な薫りの広がり具合が全く違ってきます。

ショコラをお得意とされる宿院シェフのショコラ系の中では
最もシンプルなスタイルのお菓子だけど・・・
それだけにショコラの醍醐味を堪能できる
まさにシェフのスペシャリテと呼ぶにふさわしい逸品です(*^^*)☆




e0120402_14124560.gifフレジェ

e0120402_1464319.jpg

“私のお気に入り”である、フレジェ。

私がジャマンさんに通うきっかけになったお菓子。
初来店ながら、プチ・ガトーを4個もオーダーし
幸せそうに食べる私の姿を見て、
シェフが話しかけてくださったんです(*^^*)♡
実はとっても人見知りなのに、お菓子のこととなると
いくらでもおしゃべりできちゃう私^^;
この時にお菓子のことだけでなく、お菓子に対するシェフの想いも
たっぷりとおうかがいし、すっかりファンになってしまったんですね。

普段はあまりショートケーキには魅かれない私なんですが・・・
このフレジェは、なにかビビッと感じるものがあって☆

ふわっと軽い口溶けのシャンティときめ細かなジェノワーズが
一体化した瞬間・・・そのあまりの口溶けのよさに驚愕。
ひと口で記憶に刻まれるほど印象的な美味しさでした。

ジャマンさんのフレジェは、このたっぷりのシャンティが魅力の秘密☆
こちらは宿院シェフが、ホテルのシェフをしていらした20年前に
“記憶に残るショートケーキを”と考案されたもので
今も当時と変わらないルセットで作られているそう。



e0120402_1472555.jpg

初めて口に運んだ時の衝撃・・・今でもはっきりと覚えています!!!
シャンティは気泡が全く感じられないほど
きめ細やかで、まるでソフトクリームのようにねっとりクリーミー。
それなのに・・・いつの間にかす~っと
消えてなくなってしまう究極に軽やかな口溶け。
食べた瞬間に思わず「なにこれ?」と
口をついて出てしまったほど・・・

ジェノワーズはとても甘く薫り高く、ビジュアルからも分かるように
目がこんなに密なのに、シュワッとなめらかな口溶け・・・

甘さ控えめのシャンティと、甘味をしっかりと感じさせるジェノワーズ。
それぞれが独立した美味しさを確立しながらも
す~っ・・・と素早く溶けていく瞬間に、
まろやかに渾然一体となっていくんです。
一瞬にしてこの両者が奏でるハーモーニーの虜に(*^^*)♪
余韻に苺の甘酸っぱさと、ジェノワーズにアンビベされた
グランマルニエの上品な香りの余韻が広がっていきます・・・



e0120402_148527.jpg

でも先日お伺いすると、なんとフレジェが三角形に!?
色々なご事情から、フォルムチェンジされたそうなんですが・・・
私はやっぱりスクエア型のフレジェの方が好みだなぁ。
フレジェに限らず三角形のお菓子は、先っぽの味わいが
ちょっぴり淋しいんですもの・・・
でも、好みは十人十色なので!(こちらの方がThat's ショートケーキかも)

時間をおくと、味が馴染んで美味しさが増すお菓子もあります。
でも、このフレジェは、シェフがこだわってらっしゃるところの
フレッシュさが命!
香りと風味のたち具合、口溶け感が全く異なってくるんです。
プチ・ガトーながら、まさにデセール感覚の究極の口溶けです(*^^*)☆
もう苺の美味しい季節が終了なので、ペーシュに変わっているかも?!

“季節の新作”につづきます・・・


e0120402_1510236.gif


店名 : サロン・ド・テ・ ジャマン
住所 : 大阪府茨木市別院町6-45オダビル2階
TEL : 072-620-0073
営業時間 : 10:00~20:00
定休日 : 火曜日

by yukichocolat | 2008-07-09 14:17 | おかしすとblog@nifty