タグ:アテスウェイ ( 6 ) タグの人気記事

マロンも大好き☆アテスウェイ -2

アテスウェイ -1


e0120402_2143237.gifマロンカシス

e0120402_012926.jpg

この季節の新作です!とお薦めされたので♪
最近、マロンカシスというネーミングの新作を
よく見かけるような気が・・・

やわらかなマロンクリームとカシス&ミュールのクリームを重ね
とろ~りミルクチョコレートのグラサージュ。
土台までマロンダイスたっぷりです!

川村シェフにしては珍しく、ほわっとエアリーでやさしい味わい(*^^*)
ミュールを加えることでちょっぴり野性味が抑えられてるのかな。
カシスのシャープな酸味が、心地よいアクセントをプラス!

マロン×カシスってフランス菓子にはよくある組み合わせだけど
マロンの甘味とカシスの酸味・・・
それぞれの自己主張が強すぎて、
ちょっとくどくなりすぎることも多いんですよね^^;

e0120402_21503730.gifでもこちらのマロンカシスは、ほこほこっとやさしい食感の
マロンたっぷりの生地の美味しさも手伝って、
ちょっぴりはんなりとしたテイストに(*^^*)☆

川村シェフのお菓子って、スタイリッシュなフォルムで
メリハリのある攻撃的なテイスト!
っていうイメージが強かったんだけど・・・
このお菓子の他にも、苺のショートケーキやロールケーキなど
やさしい雰囲気のお菓子もあるんですね(*^^*)
今回はいただけなかったんだけど(冷蔵庫にはあったのに★)
ロールケーキもかなり美味しいそうですよ!





e0120402_21493985.gifモワルー・オ・マロン

e0120402_014159.jpg
e0120402_015348.jpg

こちらは皆さん新商品?って言われるんだけど・・・
シェフ曰く、OPEN当初からある商品で、
上にあったのを、下に下ろしただけとのことなんです。
常温商品を冷蔵にされたってことかしら?

CUTしても・・・焼き菓子のようなフォルムですよね^^;e0120402_21534394.gif
馨しいバターの風味と、ふうわりとバニラ&ラム酒が香る
ほわっとやさしい口あたりの生地に、
マロンの甘味と、カリカリと胡桃の香ばしさが響き♪
底面は糖衣がけされているのかしら?シャリ感が!

素朴なフォルムなんだけど、リッチなテイストで
かなり美味しいです~(*^^*)/
粉糖をふってなければ、常温でもOKなのかしら?!
温めたら、ぽわんぽわん感が増して、
また違った美味しさが楽しめそうですね♡





e0120402_215425.gifガレット・ブルトンヌ・ゲランド

e0120402_21114185.jpg

e0120402_21115099.jpg

お店が連休に入る前だったんだけど、最後の2個を無事GET!
川村シェフの代表作といってもいいですよね~(*^^*)/

ぎりぎりまで焼きこまれ、粉の旨みが際立つ生地は、
濃厚なバターの風味と香りが魅力的☆

ところどころにガリッと響くゲランドの粗塩で、
甘味がさらに引き出されているんですね。
甘じょっぱさが後をひく美味しさ(*^^*)/

ザクッ、ほろっと崩れ落ちる生地は、
お口に入れた瞬間の男性的なザックリ感とは裏腹に
サラサラと繊細な口溶け。

焼き菓子を購入する時、ガレットは必須アイテムなんだけど、
こちらのガレット・ブルトンヌは、やはり
e0120402_21565466.gife0120402_2157284.gife0120402_21571113.gife0120402_21572175.gif比類なきスペシャルな美味しさです(*^^*)

お正月明けで、品揃えも少なく、ガレットも売り切れだったんだけど
ストライクなお菓子ばかりをお取り置きしてもらっていたお陰で
川村シェフの“焦げ茶ワールド”をし~っかり堪能できました(*^^*)☆

ポジティブで男気あふれるのに、細やかな気遣いをされる
川村シェフのお人柄にもふれることができ、
本当に楽しいひと時を過ごさせていただいて・・・(*^^*)♡

WPTC2008では、スリジェの和泉シェフ、e0120402_2201220.gif
関西のヒロコーヒー ケーキ工房の藤田シェフとともに
日本代表のチームリーダーとして世界を相手に競われる川村シェフ。
今後のご活躍が本当に楽しみですね(*^^*)/



e0120402_21593693.gif


店名:アテスウェイ
住所:東京都武蔵野市吉祥寺東町3-8-8 カサ吉祥寺2
電話:0422-29-0888
定休日:月曜(月曜祝日の場合は火曜休み)
営業時間:11:00~19:30
[PR]

by yukichocolat | 2008-01-17 00:00 | sweets(東京)

キャラメル大好き☆アテスウェイ -1

e0120402_23595950.jpg

エーグルドゥースさんの後に向かったお店は・・・
こちらもちょっぴりお久しぶりのアテスウェイさん。
川村シェフのお菓子は、軽井沢のイベント以来かも^^;
(あっ、クリスマスのアントルメはいただきましたね)
でも、ゆっくりお話させていただくのは初めてなので
関西を出発する前から、ドキドキ、ドキドキ(*^^*)♡

ご一緒してくださった方に、お菓子をお取り置きするけどなにがいい?
と聞かれ、ラインナップがよく分からない私は、
「キャラメル系を中心に!」ってお願いしたら・・・
こんなに素敵な茶色尽くしのプレートに!
ビジュアルからして、ストライクって感じでしょ(*^^*)♡

フランスのブルターニュ地方で修行された川村シェフは、
キャラメル系のお菓子や、海塩バターを使った郷土菓子が
お得意なんですよね☆
キャラメル・サレというフレーズを聞いただけでキュン♡e0120402_15114340.gife0120402_15115491.gife0120402_15121100.gif
としちゃう私には、あまりにも魅力的すぎるプレートです~




e0120402_15122952.gifパヴェ・ブルトン・オ・キャフェ

e0120402_003412.jpg

川村シェフの、ブルターニュ修行時代の師匠、
パスカル氏が作っていたままのレシピで再現した想い出のお菓子。
これからも守り続けていきたい、伝承の味だそう。

ビスキュイ・ショコラ・サンファリンヌ(粉を使わない)と
キャラメルムースを重ねて。
フランス海塩バターを使った、ブルターニュ地方独特の
風味が魅力的なキャラメルムース。
甘味とほろ苦味のアンサンブルが絶妙です(*^^*)♡

e0120402_15143289.gifじわじわ~っと後口に広がるほろ苦テイストの余韻が
川村シェフのお菓子のプロローグにピッタリ☆

川村シェフのキャラメルテイストは、濃厚なのに甘すぎず、
奥深い苦味が甘味を引き立て、エッジの効いた香りの余韻が、
大人の階段をのぼっていくかのような、
ちょっぴり背伸びした気分にさせられちゃうんですよね(*^^*)♡





e0120402_1515324.gifキャラメル・テンダンス

e0120402_00517.jpg

これって・・・あのクリスマスアントルメの原型?!

少しビターなムースショコラキャラメルと
ミルキーなキャラメルサレ風味のクレームブリュレ。
2種類のキャラメルクリームとビスキュイショコラを重ね、
土台にはザクザクと香ばしいテイストをはなつキャラメリゼが!

ショコラのビター感とキャラメルの香ばしさ、
余韻にじわじわ~っと広がるシャープなサレ風味。
e0120402_1516568.gifサレ風味がプラスされることで、パヴェ・ブルトンよりもさらに、
甘味の中の旨みが際立たされている感じ☆

でもキャラメルムース好きの私には、
クリスマスアントルメの方がバランス的には好きだったかも^^;





e0120402_15172470.gifシブースト・ショコラ・オ・キャラメル

e0120402_011121.jpg

塩気の効いたサブレ生地に、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ、
アーモンド入りのキャラメルをぎっしり詰め、
クレームショコラ、ビスキュイ、シブーストクリームを重ねて。

このお菓子の美味しさのポイントは、やはりなんといっても、
この食感のコントラストが素晴らしい土台☆
しっかりと焼きこまれたザクザクのサブレ生地に、
ねっちりととろけだすキャラメル、
大粒にカットされた、カリッと香ばしいナッツの数々。
土台が、こんなに贅沢でいいんでしょうか~(笑)
まるで、エンガディーナのようですね(*^^*)♪

クレーム・パティシエールを多めにあわせた
クレームショコラはと~っても濃厚。
こんなに薄い層なのに、しっかりと存在感をはなっています。

一方、メレンゲを少なめに配合した
チョコレート風味のシブーストクリームは、
ムースのような、スーッと溶けゆくなめらか口溶け・・・

e0120402_15191481.gif全く質感の異なる、茶系ONLYのグラデーション(*^^*)☆
地味~なビジュアルからは想像できないほどの
贅沢な食感、風味、香りのアンサンブルが
お口の中でにぎやかに奏でられます♪
このお菓子は、絶対全層一緒にいただかなきゃダメですね!

この表面の模様は、映ったグラスの影から
インスピレーションを得られたそう。
シンプルだけど、ビジュアルから味がすぐに連想できるよう、
丸型のタルトレット型ではなく、
このようにカットしたデザインにされているんですって。
(ベックルージュの山口シェフも同じことを言われてたなぁ・・・)

この美しい断面、アピール度抜群ですものね(*^^*)☆


気付いてみたら、キャラメルテイスト一色に!
マロン編に続きます・・・


e0120402_1520311.gif


店名:アテスウェイ
住所:東京都武蔵野市吉祥寺東町3-8-8 カサ吉祥寺2
電話:0422-29-0888
定休日:月曜(月曜祝日の場合は火曜休み)
営業時間:11:00~19:30
[PR]

by yukichocolat | 2008-01-16 00:00 | sweets(東京)

早くも2008年第一弾☆上京スイーツツアーindex

今年は毎月は上京できないから~^^;と宣言したばかりなのに・・・
クリスマスから、2週間で上京しちゃってる私・・・

今回のメインは、パリセヴェイユさんで開催されたe0120402_21283320.gif
「第1回☆デザートの会」
告知後数日で満席になってしまった超プレミアムチケット☆
関西在住の私が参加できたなんて、本とに奇跡的です。
新年早々大好きな金子シェフのデセールを堪能できて
幸せいっぱいのひとときでした~(*^^*)♪

さらに・・・今回はかなりハードに食べた気が・・・
本とに胃力が急激に下降してる気がしますぅぅぅ★

エーグルドゥース
アテスウェイ (関西からお持ちしたモンプリュさんのガレット
アルカイク
ブロンディール
パリセヴェイユ
エーグルドゥース(ガレットショコラ)



今回は素敵なお菓子に巡り会えただけでなく
素敵な方々とたくさんお話をさせていただけたんです(*^^*)♪
(学生時代のように、たくさんのお菓子を前に
 深夜トークに花を咲かせちゃったりして♡)
美味しい☆ 楽しい♪ 幸せ♡ って感じで食べちゃったので
簡単にお写真だけでもUPできればいいかなぁ・・・
とりあえず、今日から関西でバレンタインショコラの取材なので
まずそちらを頑張ってきま~す(*^^*)♪
[PR]

by yukichocolat | 2008-01-08 00:00 | Sweetsツアー(イベント)index

クリスマスアントルメの会☆アテスウェイ

[クリスマスアントルメの会2007☆index]


e0120402_23174119.jpg

テイスト的には1、2を争うぐらい私好みだった
アテスウェイTendance テンダンス (新宿伊勢丹)
河村シェフのエッジの効いたキャラメルテイストは、
やっぱり大好き!と再認識させられた一品(*^^*)♡

少しビターなムースショコラキャラメルと
ミルキーなキャラメルサレ風味のクレームブリュレ。
この組み合わせ・・・リョーコさんのチグレ
(プチ・ママンに戻るという噂も・・・)を髣髴とさせます。

e0120402_23295763.gifでも、このデザイン・・・関西ではまずありえないかも^^;
前衛的で、斬新!!!
宇宙服を着た子供が食べている姿が目に浮かぶような
近未来的でスタイリッシュなデザイン。

この鈍いメタルカラーはどうやって出すのかしら?
お菓子には滅多に使われない色彩&質感ですよね。
しかもこの不安定ながらも崩れないバランス。
なんだか危うい近未来に警鐘を鳴らされているかのようで
ちょっぴり怖い気すら・・・
tendance=風潮・・・どういう意味をこめてシェフがネーミングされたのか
おうかがいしてみたい気がしますね。



e0120402_23185618.jpg

でも、予測のつかないビジュアルとは裏腹に
カットしてみると絶対好き!と安心できる断面が!

ややビターなムースショコラキャラメルと
キャラメルサレ風味のクレームブリュレ。
間にはやや厚めのビスキュイショコラを3枚挟み
土台にはザクザクと香ばしいテイストをはなつキャラメリゼが!
この食感のコントラストの妙で、濃厚でもいくらでも食べられちゃうんです♡

ショコラのビター感とキャラメルの香ばしさ、
余韻にじわじわ~っと広がってくるシャープなサレ風味。
この奥ゆきのある余韻を充分に堪能してからでないと
次のひと口に手が出ないほどの至福の幸福感(*^^*)♪
キャラメルサレ☆やっぱりこの響き大好きです~。
このお菓子、プチ・ガトーでは登場しないのかしら?

このキャラメル感をもっともっと堪能したくなっちゃって・・・e0120402_23284184.gife0120402_23284964.gife0120402_23285944.gif
新年早々プチ・ガトーも堪能しに行っちゃうかも(*^^*)♡


e0120402_23291532.gif

店名:アテスウェイ
住所:東京都武蔵野市吉祥寺東町3-8-8 カサ吉祥寺2
電話:0422-29-0888
定休日:月曜(月曜祝日の場合は火曜休み)
営業時間:11:00~19:30
[PR]

by yukichocolat | 2007-12-30 00:03 | sweets(東京)

軽井沢スイーツ博2007☆テイクアウト編 -1

軽井沢スイーツ博2007☆第一部
第二部☆ホテルブレストンコート 浜田シェフ
第二部☆エーグルドゥース 寺井シェフ
第二部☆アテスウェイ 川村シェフ
第二部☆パリセヴェイユ 金子シェフ


一日目のイベント終了後、ホテルに買って帰るケーキを
セレクトしようとテイクアウトコーナーに向かう私たち・・・


e0120402_2014119.jpg

入り口には、去年このイベントに参加され
今年は毎日テイクアウトコーナーで、お客様に応対してくださっている
<ル・ポミエ> フレデリック・マドレーヌシェフ
が作られたピエスモンテがお出迎え(*^^*)♪
飴細工の、真っ赤な林檎がとってもキュート♪♪♪


<ル・ポミエ>(世田谷) <アテスウェイ>(吉祥寺)
<パリセヴェイユ>(自由が丘) <エーグルドゥース>(目白)
この4店舗が一堂に会するなんて☆☆☆
東京の催事でも滅多にないことですよね~
しかも、このイベントのために新商品や限定品も登場しているということで
お友達のお土産も購入しなくっちゃ!とうろうろ、おろおろ・・・(◎◎)
e0120402_21185774.gifでも、よ~っく考えたら
私は食べたことのない商品の方が多いので(笑)
今夜のスイーツのセレクトは皆さんにお任せ!



e0120402_2033092.jpg

・・・・・・・・・・・いつの間にか、こんなことになっちゃいました(◎◎)
ま、4人で食べるんだし大丈夫よね~!


e0120402_21192714.gifル・ポミエ
e0120402_20285284.jpg

e0120402_20294685.jpge0120402_203021.jpg









<ア ラ トマト>(左)
ひと目見た瞬間に、「あら!まるでトマトだわ♪」っていうところからきたのかしら?
トマトと苺とバジルのムース。トマトの酸味がキュン♪
マドレーヌさんのお菓子ってフォルムがとってもキュートですよね(*^^*)

<ママミーヤ>(右)
マスカルポーネと無花果のケーキ。相性ばっちり!
フランボワーズの酸味が、味をシャープに引きしめて。





e0120402_21201861.gifアテスウェイ
e0120402_2043032.jpg

e0120402_20434449.jpge0120402_2044586.jpg









皆さんが、ユキちゃん好きそう~☆って選んでくださったお菓子たち。
ごめんなさい^^; 夏なのにこんなにシックな茶系ばっかりに・・・
でも、やっぱり大好きテイストでした~(*^^*)♪

<シブスト ショコラ>(左)
ノワゼット、ピスターシュ、アーモンドが入ったキャラメルタルトに
濃厚なグラタンショコラ。
最下層からキャラメルがとろ~り☆ ほろ苦味が素敵☆
ショコラ&ナッツとの重厚なアンサンブル♪
芳醇な香りの余韻があとをひきます・・・

<サントノレ ショコラ>(右)
クレーム・ショコラの中にはシャンティ&カスタードが。
基本的にサントノレはキャラメルテイストが好きだけど・・・
クレームショコラの、キレのよい苦味の効かせ方がいい感じ☆
カスタード入りのチョコがけのプチシューをいただくと
昔懐かしいエクレアみたい(シューは4個あったので、仲良く1個ずつ♪)


●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●
実はこの日・・・お昼間はと~ってもいいお天気だったのに
イベントが終わって、ブレストンコートを出ようとしたら大雨に・・・
私のせいかしら?(自他共に認める雨女なので^^;)
しかもホテルでこのケーキをいただている頃には、警報が(◎◎)
(町内放送みたいに、拡声器でお知らせされてるところが・・・)

軽井沢って緑が多いので、携帯も通じにくいんですね。
東京からお友達がかけてきてくれた電話も、途中でツー、ツーっ・・・
e0120402_21262672.gifメールも、唯一私のauだけしか通じなくって^^;
陸の孤島状態で、ちょっぴり心細かったです(*o*)

とかなんとか言いながらも、テイクアウトスイーツは続きます・・・
[PR]

by yukichocolat | 2007-08-18 00:00 | イベント・催事(その他)

軽井沢スイーツ博2007☆第二部                <アテスウェイ>川村シェフ

軽井沢スイーツ博2007☆第一部
第二部☆ホテルブレストンコート 浜田シェフ
第二部☆エーグルドゥース 寺井シェフ

一日目、三人目は・・・
e0120402_1352933.jpg

<アテスウェイ> 川村英樹シェフ

フランスの4つ星ホテル「グランドホテル テルメスマリーン」に勤務。
アルパジョンコンクール・ショコラ部門で優勝するなど数々のコンクールで活躍。
2001年、吉祥寺「アテスウェイ」のシェフパティシエに就任。
2008年、2年に1度アメリカで開催されるWPTC世界大会に日本代表として挑む。



e0120402_14231942.jpge0120402_14233625.jpg








川村シェフのお得意、ブルターニュ地方の発酵バターを使った
まろやかなサレ風味やキャラメルを使ったお菓子・・・大好きなんです(*^^*)☆



e0120402_15394515.jpg

e0120402_142922100.jpg

川村シェフが選ばれた信州素材は
日本一の杏の里と言われる長野県千曲市更埴の杏。
しかも今回は、特選品のシンゲツなんです!



e0120402_14464484.jpg

Doucer d'abricot(ドゥスール ダブリコ)
 ~アプリコットの酸味と甘さの一品~

杏って・・・こんなに大きいものなの~(◎◎)
テニスボールぐらいあるかも・・・
しかもこの杏、熱々の状態でサーブしてくださったんです。e0120402_15562893.gif
これこそアシェットデセールの醍醐味!!!
実がしっかりとしているので、全く煮崩れることなく
シャクシャクと歯切れのよい食感。
風味も濃厚で、甘味と酸味のバランスも最高~☆



e0120402_15521920.jpg

e0120402_169043.jpg

サクサクとした食感のクリスティアンショコラの上には
ピスタチオのなめらかなクレームブリュレ。
アプリコットのソルベからは、ラベンダーの風味と香りがふうわり・・・
そしてなんと、トッピングのショコラはサレ風味!
信州の素材を前面に活かしつつも、お得意のスパイス使いは忘れない
川村シェフのアシェット・デセール・・・素晴らしいです☆

普段いただいている川村シェフのショコラ×サレ風味に
アプリコット×ラベンダーの風味がこんなにも合うなんて~
まるでブルターニュ地方からニースまで旅したかのよう・・・

信州の素材って、なぜか後口に爽やかな風が吹き抜けるんですよね~
心まで綺麗に浄化されていくようです・・・

そして熱々の杏のソテー×アプリコットのソルベ。
同じ素材でもこの温度差を体感できるのが、やはりデセールの魅力☆
風味と食感、そして温度のグラデーション・・・
様々な素材の華麗で力強いアンサンブル♪♪♪

今アテスウェイさんでは、ソルベがいただけるんですって!
来月私が上京するときはもう無理かなぁ・・・
でも、このデセールにはかな~り心動かされちゃったのでe0120402_160836.gif
来月は間違いなくお伺いしちゃうと思います♪
(お友達にいただいたキャラメルも
とっても美味しかったもん!)


e0120402_212519100.jpg

最後にシェフが舞台上に勢揃い!
去年参加され、今年は物販に毎日顔を出されているマドレーヌシェフも♪

この3皿のアシェット・デセールで一日目は終了です!
でも、この日は金子シェフのアシェットはいただけない
プログラムだったので、宿泊までして明日を待つ私たち・・・
(浜田シェフ、寺井シェフのデセールは明日もいただきます!)
あっ、もちろんテイクアウトもい~っぱいして
この夜はホテルでスイーツパーティー☆(まだ食べちゃったんです^^;)

翌日はいよいよ <パリセヴェイユ>の金子シェフの登場です!
[PR]

by yukichocolat | 2007-08-16 00:00 | イベント・催事(その他)