人気ブログランキング |

タグ:ケーキ・東京・自由ヶ丘 ( 5 ) タグの人気記事

半年越しの想いが実って・・・☆パリセヴェイユ oishii

デフェール
アン・プチ・パケ
フラウラ
マッシュルーム☆お料理編
マッシュルーム☆デセール編



e0120402_23523485.gifアルルカン

e0120402_22464341.jpg

今回の上京のメインイベント“ポワソンダブリル試食会”の前に
ちょっぴりなにか食べたいなぁ~と向かった先は
大好きなパリセヴェイユさん(*^^*)♡
(実は他のパティスリーさんに向かおうと、電車に乗ったんだけど
 金子シェフのお菓子が食べたくなって、急遽行き先変更♪)

昨年の9月、JR名古屋高島屋さんのイベント
限定40個の壁に泣いたこのアルルカン。

他にも新作のケーキが並んでいたんだけど
バチッ☆っと目が合ってしまったのでこの子に決定!
アルルカンを可愛く1個だけイートインしてます♡
ってお友達にメールしたら、笑われちゃいました。
(試食会で、何個食べることになるか予測がつかなかったので自粛です^^;)

グラサージュキャラメルが艶々で魅惑的~(*^^*)☆
アルルカンって道化師っていう意味なんだけど
金子シェフが作られると、デザイン性のあるオブジェに見えちゃいますよね!




e0120402_23163299.jpg

サブレショコラの中には、クレームショコラバナーヌ、
サクサクのプラリネ、バナナキャラメルソテー。
キャラメルショコラクリーム、グラサージュキャラメルを重ねて。

お口に入れた瞬間、グッと引き寄せられるような、
エッジの効いた苦味が魅力的な、大人のキャラメルテイスト。
濃厚だけど透明感があるので、スッとキレがよく、
バナナの甘味やショコラの苦味とのマリアージュが絶妙です♡

とろ~ん、まったり、ねっとり、サクサク、ザクッと
食感ハーモニーも素晴らしく、
ビジュアルから想像するよりも、はるかになめらかな口溶け。

こんなにキャラメル感がフォルテシモなのに
全くくどくなく、スーっと体内に溶け込んでいく不思議な感覚・・・
やっぱり金子シェフのお菓子は素敵ですね☆

珠玉の1個を大切にいただくのも幸せだなぁ~って
しみじみ感じちゃいました(*^^*)♡

この後、マカロンやキャラメルを買ってメインイベントへ!


e0120402_23561717.gif


店名 : パリセヴェイユ
住所 : 東京都目黒区自由が丘2-14-5館山ビル1階
TEL : 03-5731-3230
営業時間:10:00~20:00
定休日: 無休

by yukichocolat | 2008-04-10 00:00 | sweets(東京)

デザートコースの夕べ☆パリセヴェイユ -3

[デザートコースの夕べ -1]e0120402_11205522.gif
[デザートコースの夕べ -2]




e0120402_0222967.jpg

最後に金子シェフから、お土産のご紹介が・・・
右手に持たれてるのが、ケーク・カフェ・マロン
左手が、ケーク・ピスターシュ・パンプルムース
どちらもお店では未販売で、これからも発売されるかどうかは未定の
幻のケークなんです(*^^*)☆

同じ本数ずつ用意されているので、どちらが当たるかは
お楽しみに!って・・・
え~っ・・・★ハーフずつでいいから両方食べたいね~
って皆さん同意見でした^^;
まぁ、結局後日お友達同士で分けっ子することになるんですけどね・・・

帰り際に、このケークの入った紙袋を選ぶ時も
e0120402_11373144.gif福袋さながら、どれにしようか皆さん散々迷っていました^^;
(でも、覗くようなマナー違反の方はいらっしゃいませんでしたよ!)




e0120402_0231866.jpg

私のもとには、ケーク・カフェ・マロンが!
こちらの方が好みかなぁと思っていたので嬉しい☆
翌日、ピスターシュの方を分けていただく機会もあったんだけど、
ちょっぴりバタバタしてて断念・・・

でも、美しい姿のままお家に持って帰って
写真撮影できたので、良し!ということに(*^^*)♪



e0120402_0233234.jpg

マロンとヘーゼツナッツたっぷりのカフェ風味のケーク。
お酒もしっかり効いてます♪

カリカリトッピングのコーティングのチョコレートはe0120402_11381539.gif
しっかりめに見えるけど、甘さ控えめで美味しい~(*^^*)
生地のカフェ風味を全く邪魔することがないんです。





e0120402_0234440.jpg

生地は、しっとり、ふんわり。
お口に入れた瞬間と、口溶け感が違うのが魅力的☆
ふわふわケークは苦手だけど、ずっしり重すぎるのもちょっと・・・
どうすれば、こんな風にいいとこ取りの素敵な食感に仕上がるのかしら(*^^*)♡
金子シェフの数あるケークの中でも、かなり上位にランクインです!

う~ん・・・でも本とになんて贅沢な美味しさなのかしら☆
チョコ、カフェ、マロン、ナッツ、お酒・・・
芳醇な風味と香りがお口の中でグラデーションを描き、
一切れいただいただけでも、充分な満足感が得られるんだけど・・・
全ての素材が渾然一体となって、スーっと吸収されていくので
次々と手が伸びちゃうんですよね^^;

e0120402_11392324.gifガツンと苦味の効いたコーヒーと、芳醇お酒の香りが後をひく
男性的な、大人テイストのケーク。
バレンタインに販売されたら、男性にも喜ばれるだろうなぁ・・・♡


お家に帰って数日後にこのケークをいただいて、
それからまた数日経って、この記事を書いて・・・
今想い出しても、本当に素敵なデザートコースの夕べでした。

この1日の為に、メニューを考えたり、食器を揃えたり・・・
普通に営業されながらのことなので、スタッフの皆さんも
大変な思いをされたことと思いますが・・・
是非、またこのような素晴らしい企画が実現すれば嬉しいですね♡
金子シェフ、スタッフの皆さん、そしてご一緒してくださった皆さま、
美味しく楽しいひと時を本当にありがとうございました。

スイーツと、それを愛する人たちに囲まれて本当に幸せ♡e0120402_11401072.gife0120402_11402015.gife0120402_1140285.gif
と思える、素敵な新年のスタートになりました。

e0120402_1140529.gif


店名 : パリセヴェイユ
住所 : 東京都目黒区自由が丘2-14-5館山ビル1階
TEL : 03-5731-3230
営業時間:10:00~20:00
定休日: 無休

by yukichocolat | 2008-01-21 00:00 | sweets(東京)

デザートコースの夕べ☆パリセヴェイユ -2

[デザートコースの夕べ -1]


e0120402_23132071.gif2枚目のお皿

e0120402_08933.jpg

<ティラミス パリセヴェイユ風>

パリセヴェイユ風ってどんな感じなのかしら?と
色々想像をめぐらしていたら・・・・・
グラスに入った、ダイナマイトボディのティラミスが登場!
e0120402_23333146.gifしかも一番下の層は液体?!
そして、上の層は・・・浮いてる~(*^^*)♪

この空中分離のグラスは・・・去年のホワイトデーに
他のお店でも話題を博しましたよね^^;

最下層は、エスプレッソのシロップにブランデーを効かせ、
マスカルポーネクリーム、コーヒーのサバイヨンを重ねて。

空中分離の秘密は・・・
マスカルポーネクリームの下に、キャラメルベースの
コーヒーのディスクが敷かれているからなんです☆
散らされたアーモンド&ヘーゼルナッツがカリカリとした食感が、
上2層のエアリー感にアクセントを添えています。

エスプーマを使ったのかしらと思わせるサバイヨン&クリームは、e0120402_2330945.gif
ほんのりぬくもりを感じる、まろやかな口溶け。
お口に入れるほわほわっと溶け消え、ほのかな酸味と
コーヒーの苦味が穏やかに広がっていきます・・・

でもひとたびエスプレッソのシロップと混ぜ合わせると・・・
一気にガツンとブランデーの効いた大人テイストにグレードUP!
気泡に液状のシロップが入り込んで、どろんとしたテクスチャーに・・・
絶対に全層混ぜ合わせていただいたほうが美味しいんだけど、
私にはシロップの分量が多めだったかなぁ★
耳まで真っ赤になってしまって・・・皆さんに心配されちゃいました^^;





e0120402_082726.jpge0120402_085753.jpg








金子シェフ曰く、パリセヴェイユ流とは・・・
伝統的なものを崩すのは信条じゃないけど、
国を越えればスイーツも形を変えるものである。
だからイタリア風のティラミスとは全く異なる、
フランス風の、そしてパリセヴェイユ風のティラミスを考えたら
このような形になったとのこと。

金子シェフらしいデザイン性に富んだ
食感も風味もメリハリのある、エレガントな大人のティラミス☆
e0120402_233527.gife0120402_23351359.gife0120402_23352645.gifこのお皿が、今回のコースの中で一番魅了された逸品でした







e0120402_23355144.gif小さなお料理

e0120402_0105667.jpg

<蕪のスープと野菜のマリネ>

火照った身体と、甘~いお口の中をリセットするのにふさわしい
お口直しのひと皿。




e0120402_0111214.jpge0120402_011348.jpg








蕪のスープは柚子を効かせると、一気に和テイストに!
クリーミーでコクがあるのに、柚子の清清しい酸味が加わると
不思議なほど、サラサラ飲めてしまうんです。
これはお家でも真似して見たい美技!

ピクルスは、かなりエッジの効いた酸味がキュン♪
でも、糖分で滞った血管がサラサラと流れていくようで
心地いいですぅ~(*^^*)♪

ラ・ピエール・ブランシュさんでもピクルス等、
お惣菜系のラインナップが楽しいけど、
パリセヴェイユさんもこれを機にエピスリーも充実してくれたら嬉しいですね♪






e0120402_2337944.gifメインのお皿

e0120402_021447.jpg

<洋ナシのソテーと柚子風味のリゾット>

いよいよメインのお皿の登場です!
ボリュームたっぷりのリゾット・・・お米が苦手な私はちょっぴりドキドキ★

でもひと口いただいてみて・・・これはリゾットじゃなくて、リ・オ・レよね(*^^*)♪
同じお米でも、クラッシクなデザートのリ・オ・レなら大丈夫って
思えちゃうげんきんな私・・・
リ・オ・レはお米をミルクで甘く煮たデザート。
食べ慣れないので日本人は好き嫌いが分かれるデザートだけど、
フランスでは家庭的なデザートなんですよね。

金子シェフのリ・オ・レはさすがに美味しい~(*^^*)☆
e0120402_2338368.gifリゾットはお米をアルデンテに仕上げますが、
リ・オ・レは芯が残っていない、やわらかい状態まで
バニラをたっぷり効かせた牛乳でコトコト、コトコト・・・
ここでお米がべたついて、ねっとりした感じに仕上がって
しまうと美味しくないんだけど・・・

このリ・オ・レは、やわらか~く煮込まれているのに
お米の粒々感がしっかり残っているんです。
この粒々感が美味しさのポイントかな?!
柚子の爽やかな酸味や、洋ナシのジューシー感も手伝って、
とろんと濃厚なのに、全くもったり感が感じられないんですよね(*^^*)♪

添えられている洋ナシは、今シーズン最後の洋ナシだそうで、
ちょっと青っぽい味なので、シロップにつけてから、
バターとお砂糖のみで、2時間オーブンで焼き上げられたそう。
シャクシャクとした酸味が、濃厚な甘味のリ・オ・レとの相性もバッチリ!

e0120402_23434991.gifこんなに贅沢にバニラビーンズも入っているし・・・
是非、プチガトーでもアレンジして登場させてほしいなぁ。






e0120402_23442098.gif小菓子

e0120402_0122216.jpg

スイーツとはいえ、やっぱりお米はボリューミーで
もうお腹いっぱい(◎◎)・・・と思ったら
最後にさらに、魅力的なプチフールが登場!

手前から、パッションクリームのタルト、リキュールボンボン、
パート・ド・フリュイ(シードル)、ギモーブ(ライム)、
ショコラマカロン・テ・ディスク




e0120402_0123953.jpge0120402_0161092.jpg









パッションクリームはかなりエッジの効いた酸味がキュン♪

ライムのギモーブには、ギモーブ自体にも
ゼストもジュースも加えられているんだけど、
上にゼストをトッピングすることで、
さらにライム感を際立たせたかったそう。
和食の手法から取り入れられたんですって!

そして一番手前の、ひと口で食べてくださいと言われた
リキュールボンボンは、今回一番困難を極めた一品★
何度も何度も試作を重ね、某シェフにも作り方を
ご指南していただき、やっと納得のいく仕上がりに(*^^*)/

こんなに小さなひと粒なのに、本当に手間がかかっているんです。
(作り方をおうかがいしたんだけど・・・私には難しすぎて
 噛み砕いて解説することができなくてすいません^^;)

カリン♪と歯を入れた瞬間に、リキュールがドバ~ッッッツ・・・
どこにそんなに隠れていたの~?って目を白黒(◎◎)
ティラミスのリキュールがやっと冷めてきたところだったのにe0120402_2346926.gif
またまたクラクラワールドに引き戻されてしましました★
あのエレガントな薫りは・・・なんのリキュールだったのかしら?





e0120402_0163970.jpge0120402_0134356.jpg








ショコラテイストのマカロンで、紅茶風味のクリームと
ショコラのディスクをサンド。
さすがにこれは断面ショーをできそうもないので、一口で(*^^*)/
サクッ、とろん、パリン・・・ちょっぴり食べにくいけど
なんて芳醇な薫りなのかしら~。
ショコラ×アールグレイって大好きなマリアージュなんです♡
このマカロン・・・バレンタインに登場しちゃったりしないのかな?!


最高に美味しく贅沢なデセールの数々と、e0120402_23474485.gife0120402_23475296.gife0120402_2348051.gif
シェフの素敵なお話で、お腹も心も大満足の私たち。
金子シェフの念願が、こんなに素晴らしい形で実現されて、
記念すべき第1回目の現場に、立ち合わせてさせていただくことができて
本当に、本当に幸せでした(*^^*)♡
ご一緒させていただいた皆さまも、パリセヴェイユさんを
心から愛してらっしゃる方ばかりだったので、
感動が響きあって・・・満面の笑顔に包まれて・・・☆
あぁ~・・・美味しいお菓子と、人を惹きつけるシェフの力って
凄いなぁって、あらためて痛感させられたひとときでした。


でも、さらに・・・素敵なお土産まで用意されてたんです(*^^*)♡


e0120402_23494669.gif


店名 : パリセヴェイユ
住所 : 東京都目黒区自由が丘2-14-5館山ビル1階
TEL : 03-5731-3230
営業時間:10:00~20:00
定休日: 無休

by yukichocolat | 2008-01-20 00:00 | sweets(東京)

デザートコースの夕べ☆パリセヴェイユ -1

e0120402_044089.jpg

今回の上京の一番の目的は・・・
パリセヴェイユさんで初めて開催された、
このデザートコースの夕べに参加すること(*^^*)♪
金子シェフはお店を開かれたときから
こんな風にデセールを饗されることを望んでいたそうなんですが
フードショーのイベントに参加されて、さらにその想いががUP!

お店をちょっぴり早仕舞して、店内の席数の24名限定で。
12月上旬の週末にお店に案内が出るや否や、
満席になってしまった超競争率の高いイベントだったんですが、
その情報をいち早くキャッチしたお友達が誘ってくれて、e0120402_22365531.gif
内容もよく分からないまま(笑)
金子シェフLOVERの私は申し込んでもらうことに(*^^*)
想像していた以上に、本当に素敵なひとときでした。
(誘ってくれて、本とにありがとね♡)

申し込みの時は今回限り・・・と聞いていたんだけど
この日金子シェフは、できれば続けていきたいとおっしゃっていたので
またまたこのイベント目当てで上京しちゃうことになるかも^^;
去年はフードショー軽井沢でのイベント、週末限定のデセールと
金子シェフのデセールをいただく機会が多くてe0120402_22372310.gife0120402_22373397.gife0120402_22374017.gif
すっかり魅了されちゃったんですもの・・・(*^^*)♡


まずは、アペリティフのシャンパンでスタートです!

ストレートのシャンパン、
マンゴー&パッションの紅茶で割ったシャンパン、
ジュース2種類からセレクトできたんだけど・・・
お酒が飲めないくせに、パーティー気分を味わいたい私は
お紅茶で割ったシャンパンをセレクト!
でもフルーティーで香りがよく、とっても美味しかったです(*^^*)



e0120402_2238673.gifデザートコースの前におつまみ

e0120402_041949.jpg

<アンチョビとドライトマトのミニクロワッサン、
 バジル、カレー風味のベーコン入りコカ>


朝からケーキを10種類も食べている私には嬉しいサレもの~。
(実は・・・埼玉ツアーに行っていました~^^;)
パリセヴェイユさんはパン系もとっても美味しいので
期待が膨らみます~(*^^*)♪



e0120402_061575.jpge0120402_051187.jpg









ミニクロワッサンは、ブーランジュリーのクロワッサンとはひと味違う
サックリ、ほろほろ感の際立つしっかりとした食感。
アンチョビの塩気とドライトマトの酸味がいい感じ♪

コカは、ピザ生地を1mm厚に伸ばして、ベーコンをのせ、
生地でサンドして再度1mm厚に。
パリンと軽やかな歯ごたえと、松の実の香ばしさ、
カレーやバジルのフレーバーが広がる
贅沢でお洒落なおつまみ風!

e0120402_2240869.gif甘甘だったお口の中もリセットされて、これから饗される
スイーツコースへの期待が高まります・・・






e0120402_22403539.gif1枚目のお皿

e0120402_07670.jpg

<苺と赤ワインのスープ、トリュフのアイスクリーム>

この妖艶な真紅色に揺らめくスープは・・・
苺にラップをして湯煎で2時間・・・苺からでた透明なジュースに
アールグレイ、オレンジの皮、ミント、
そしてしっかりと煮詰めた赤ワインを加え、煮ると・・・e0120402_2247358.gif
とろみのあるスープに。
フレッシュではなく、乾燥ミントを使うことで
スーッとした爽快な香りをプラスすることができるそう。

そこに苺を加えて煮詰めると・・・さらにとろみが!
本と・・・このスープだけいただくと、かなりコクのある
味がギュッと凝縮された、むせかえるようなテイスト。
でも、たっぷりの苺の酸味がアクセントになっています(*^^*)♪

さらに、トリュフのグラスは・・・
トッピングされている以外にもグラス自体にも
トリュフが混ぜ込まれていて、香りが芳醇!
だけど、あまり大量に使うと癖のある嫌なテイストに
なってしまうということで、極少量に抑えられているそう。

一見トリュフが多すぎない?!と思われるかもしれませんが
スイーツとして美味しくいただける、ギリギリ限界の
リミット量に抑えられているんですね。

e0120402_22453916.gifとろ~んとコク深く、甘酸っぱい苺のスープと
冷んやり、濃厚なバニラのグラス、
独特な香りを放つ、ほこほことしたトリュフがベストバランス☆


2枚目のお皿に続きます・・・


e0120402_22471615.gif


店名 : パリセヴェイユ
住所 : 東京都目黒区自由が丘2-14-5館山ビル1階
TEL : 03-5731-3230
営業時間:10:00~20:00
定休日: 無休

by yukichocolat | 2008-01-19 00:00 | sweets(東京)

クリスマスアントルメの会☆パリ・セヴェイユ

[クリスマスアントルメの会2007☆index]


e0120402_23421360.jpg

パリ・セヴェイユラー・ファイエット (新宿伊勢丹)

ミルクチョコレートムースを口に含むと
ベルガモットティーの香りが広がり、
オレンジクリームとマーマレードの余韻が優美。

金子シェフというと、濃厚なショコラ系のイメージが強いのでe0120402_0335476.gif
ミルクチョコレートのアントルメとはちょっと意外?!
しかも、真っ白で可憐なパスティヤージュのお花が♡
なんて神秘的で繊細な造作なのでしょう・・・
ショコラのプレートのデザインも素敵ですね☆

金子シェフのお菓子は、いつもデザイン性にとんでいるのですが
それがダイナミックだったり、エレガントだったり
一体どれほどの引き出しをお持ちなのかしら・・・

このラー・ファイエットも、店売りではドーム型のアントルメバージョンで。
こちらのなまこ型(もっと美しい表現はないのかしら?)とは
各層のバランスが異なるので、味のバランスも変わってくるんでしょうね。

でも、このエチケット・・・なんでこんなところについているのかしら?
まるで小動物のお鼻みたいですね。
じっと見ていたら・・・コアラに見えなくもないかも~(*^^*)♪
さっきまでエレガントに見えていたフォルムが、
一瞬にしてキュートに見えてきちゃいました。




e0120402_042657.jpg

パスティヤージュも髪飾り風にデコレートしてみました(*^^*)
小麦色の肌に真っ白なお花が映えていますね。
フラダンスを踊る少女に見えてきたりして(さっきから、妄想が・・・)

一見してエアリーなミルクチョコレートのムースは
優美なベルガモットの香りの余韻が長く続きます・・・
ミルキーなショコラ風味をエレガントな香りのヴェールが
やさしく包み込み、このパスティヤージュのお花のように
ふわっと可憐に花開くよう・・・

このムースショコラだけでも充分に美味しいのですが
そこに、金子シェフお得意のオランジュテイストをプラス!
オレンジクリームにマーマレードを加えることで
よりフレッシュで爽やかな酸味が感じられます(*^^*)♡

このお菓子はお口に広がる風味以上にe0120402_0354382.gif
鼻腔から抜けていく香りの余韻が印象的☆
エレガントな中にも優しさが感じられ、
ほんわかとしたぬくもりに包まれる一品。


e0120402_0364611.gife0120402_0365558.gife0120402_037620.gife0120402_0372663.gifあ~やっぱり、金子シェフのお菓子大好きです~
最近はイベントで、金子シェフのデセールや
プチ・ガトーをいただく機会が多く
お店でプチ・ガトーをいただく機会がなかったのですが・・・
またまたお店訪問欲がムクムク!
去年のバレンタイン時期も、パリセヴェイユさんの
お菓子が気になって仕方なかったものなぁ・・・
でも、バレンタインまでに行っちゃってる予感も?!


e0120402_039969.gif


店名:パリ・セヴェイユ   
住所:東京都目黒区自由が丘2-14-5 館山ビル1F
電話:03-5731-3230
定休日:無休
営業時間:10:00~20:00

by yukichocolat | 2007-12-31 00:00 | sweets(東京)