人気ブログランキング |

タグ:大阪・茨木 ( 10 ) タグの人気記事

Happy Birthday☆ジャマン デセール編

Happy Birthday☆ジャマン お料理編


e0120402_21584331.jpg

テーブルの真ん中をあけてください!と言われたので
何事かと思ったら・・・e0120402_23305767.gif

キャ~、素敵、素敵~(*^^*)☆


e0120402_2202072.jpg

去年の結婚記念日にも、飴細工を作ってくださったんだけど・・・
お忙しいのに本当に申し訳なくって・・・
でも、普通に生活していて飴細工に出逢える機会ってそうないと思うので
とっても、とっても感動です~(*^^*)☆



e0120402_2232221.jpg

三日月にとまる蝶々。光が透けて、キ・レ・イ☆
蝶々が今にもふうわりと飛び立ちそうな躍動感ですね!

チョコレートのリボン細工も可愛い~(*^^*)♪
これだけしっかりとした飴なら持って帰れるかな~?
ってお願いしたんだけど・・・e0120402_23282121.gif
まだ暑いのでNGですって(泣)
せっかく作っていただいたのに、置いて帰らなきゃいけないのが
本当に心残りで・・・しっかり目に焼き付けなくっちゃ!




e0120402_22826100.jpg

フロマージュブランのアイス、パッションのグラニテ、
ショコラのクランブル、黒糖のジュレを重ねて。

酸味と甘味のグラデーションが素晴らしい~(*^^*)♪
このフロマージュブランのアイス・・・
多分いただくのは初めてだと思うんだけど、かなりお気に入り!
コクがあるのに爽やかで、後口のキレがとってもいいんです。

e0120402_23301643.gifバジルやベイリーズのアイスと同じぐらい好きかも~(*^^*)☆
冷たいアイスは苦手な私だけど、宿院シェフのエアリーなアイスは
本とにいくつでもいただけちゃうんですよね(この日も3個も!)

パッションのグラニテの酸味が全体の味をキュッ!と引き締めて
次なるスイーツへの期待が高まっていきます・・・
こちらにも繊細な蝶々を添えてくださったんですね。




e0120402_22375526.jpg

ココナッツとバナナのタルトに
シェフの十八番、コアントロー風味のカスタードクリーム
キャラメリゼしたパイナップル
黒胡椒を効かせたアイスクリームを重ねて。




e0120402_22503340.jpg
e0120402_22504343.jpg

ねっとりとしたバナナの食感と、トロピカルな香りただようタルトは
誰からも好まれるやさしいテイスト。
キャラメリゼのほろ苦さは、タルト生地だけでなく
甘く薫り高いカスタードクリームもシャープな印象に!

カソナード、アニス、バニラ、シナモン、タイムを
バターソテーして香りを充分に引き出してから
キャラメリゼされたパイナップルは、とっても奥行きのあるテイスト。

e0120402_23353311.gifフレンチレストランご出身の宿院シェフは
お料理の付け合せのような調理法で
フルーツの美味しさを引き出すのも
とてもお上手なんですよね(*^^*)♪

そして、この黒胡椒風味のアイス・・・美味しいですぅぅぅ~
牛乳に黒胡椒の香りをうつし、
さらに攪拌する際にも黒胡椒をプラス!
一瞬ピリッとスパイシーだけど、余韻はまろやか・・・
ミルキーなんだけど、チラチラ顔を覗かせる辛味がクセになっちゃうんです!

さらに脇役なんだけど・・・お皿に描かれているキャラメルソースも
ほろ苦いだけじゃなく、深い甘味とコクが感じられるな~と思ったら
バニラとカルバドスを効かされてるそう。
このソースを普通のバニラアイスに絡めるだけでも、間違いなく美味しいです!


1、2、3・・・9種類もの素材で構成されているこのプレート。
e0120402_23382947.gifでも、全層一緒にいただくと・・・甘、酸、苦、辛味・・・
初めは、後から後から色々なテイストが押し寄せ
徐々に、複雑なテイストと香りが渾然一体となって
最後には、見事なアンサンブルを奏であげています(*^^*)♪

そして長く続く余韻は・・・やはり黒胡椒のシャープな香り。
この黒胡椒の効かせ具合で、全く違った表情になるんでしょうね。




e0120402_23161017.jpg

最後にはプティフールを。
北欧紅茶セーデルを使用したジャマンオリジナルの生チョコは
香りのの余韻となめらかな口溶けが、なんてエレガントなのかしら(*^^*)☆



e0120402_23195592.jpg

e0120402_23422548.gife0120402_23423412.gife0120402_23424487.gif宿院シェフ、素敵なBDデセールをありがとうございました

普段いただいているデセールも、もちろんとっても美味しいんだけど
こんな風に達筆でメッセージを書いていただくと
胸がキュン☆としちゃいますよね。
(yukiって呼び捨てにされたのってはじめてかも♡)


e0120402_23402830.gif


店名:サロン・ド・テ・ジャマン
住所:茨木市別院町6-45 オダビル1F
電話:072-620-0073
定休日:火曜日
営業時間:10:00~20:00

by yukichocolat | 2007-10-06 00:00 | sweets(大阪)

Happy Birthday☆ジャマン お料理編

今月は、My Birthday月間(*^^*)/
(セルフプロデュースじゃないと誰もお祝いしてくれないのが悲しい^^;
 私の周りには、アニバ好きさんがいないんですよね・・・)

e0120402_2131254.gifと言っても、日頃お世話になっているシェフの皆さんに
バースデーケーキ作ってくださ~いw(*^^*)w
ってお願いしてるだけなんだけど・・・

サロン・ド・テ・ジャマンさんの宿院シェフには
お得意のアシェットデセールをお願いしようと思っていたら
ちょうどこの日、母がジャマンさんの近くに用事があるということで
母&妹とランチをいただくことに!

去年の結婚記念日に、スペシャルディナー
いただいて以来、レストランにお伺いするのは11ヶ月ぶり^^;
(本当にすいません・・・)
でも、ランチは常に1ヶ月先ぐらいまで予約でいっぱいなんです(◎◎)
(この日はメイン料理を、魚or肉からセレクトするコースから)




e0120402_21312235.gifサーモンのマリネ
e0120402_20342061.jpg

サーモンはしっかりとした噛み応えがあり、塩気がちょうどいい按配。
やわらかな酸味のハーブソースに、プチッと弾けるイクラ、
北海道産のプチトマトや、シャリシャリとした食感の楽しいハスイモを添えて。
ソースの酸味とピンクペッパーの辛味が食欲を刺激!
e0120402_21354261.gifフレッシュなハーブの香りが効いています~♪





e0120402_21323240.gif金時さつまいもの冷製スープ
e0120402_20541665.jpg

このスープグラス・・・以前にいただいたときに一目惚れ(*^^*)☆
関西はまだ30℃近くあるので、冷製スープが嬉しい!

想像以上にまったりと濃厚~。
なめらかでクリーミーな口あたりに胸キュン☆です。
コンソメジュレの下には、大好きな雲丹も隠れていて♪e0120402_2136286.gif
でも全ての素材が渾然一体となり、
ふくよかな旨みがお口いっぱいに広がったかと思うと・・・
スッ・・・なんて後味のキレがいいのかしら?!






e0120402_2137699.gif牛ほほ肉の赤ワイン煮
e0120402_21184891.jpg

実はこの前日、牛ほほ肉を食べ損なうという悲しい事件があって・・・
(代わりに、と~ってもしっとりとした鶉をいただけたのでw(*^^*)w)
メニューに“牛ほほ肉”の文字を見つけた瞬間、コレ!って決定。
お肉は数種類からセレクトできたんだけど・・・
他に何があったのか思い出せません^^;
(お魚は的鯛のポワレだったかな?)

ナイフをが触れただけで、ほろほろっと崩れる至福の感覚・・・
このお料理の醍醐味ですよね~(*^^*)/

e0120402_21402157.gif赤ワインのソースには、薔薇のジャムが隠し味に効かせてあるそうで
深いコクと香りの余韻が素敵(*^^*)☆
緑のオイルは自家製のパセリオイルなんだけど・・・
フレッシュで、全く油っぽくないんです!

お肉が美味しいのはもちろんなんだけど・・・
ジャマンさんのお料理は、お野菜が本とに美味しく感じられるんです♪
この美味しさが、女心を掴んじゃう秘訣かしら(*^^*)☆





e0120402_2140384.gifフォアグラのソテー
e0120402_2121014.jpg

えっとぉ~・・・なんでお誕生日でもない妹が
プラス600円のシェフのお薦め料理をオーダーしているのかしら^^;

マデラ酒にトリュフを加えたソース(◎◎)
お好みで、フォアグラに刺さっているタイムも散らしてくださいとのこと。

フォアグラLOVERの妹は・・・お目目が♡になってました(笑)


さて、メインの???デザートは、事前に宿院シェフにお願いしていたので
螺旋階段を上ってお二階へ・・・


e0120402_21412167.gif


店名:レストラン ジャマン
住所:茨木市別院町6-45 オダビル1F
電話:072-631-0007
定休日:火曜日
営業時間:11:30~14:00/17:30~21:00

by yukichocolat | 2007-10-05 00:00 | レストラン(大阪)

優雅なアシェット・デセール☆サロン・ド・テ・ジャマン

最近ちょっぴり辛~い毎日を送っています・・・
毎日10種類以上のスイーツを食べているのにe0120402_13422470.gif
このブログに書けないなんて・・・★
(取材なので先行しては書けないんですよね・・・)

しかも、その中には普段はあんまり食べない色んなスイーツがあるので
久々に胃がもたれちゃってます・・・(◎◎)
まだまだ、今週も続くんです~^^;
でも美味しいめぐり会いもたくさんあるし・・・頑張らなくっちゃ!

そして、そんな合間にサロン・ド・テ・ジャマンさんで
ちゃんと美味しいスイーツも(*^^*)☆


e0120402_12482392.gifショコラ マロン オランジュ
e0120402_12523319.jpg

通常のモンプランを、サロン限定のパフェ風に(*^^*)/
マロンクリームが絞りたてなので、見るからにふわっふわでしょ!


e0120402_12554179.jpg

土台はミルクチョコにオレンジピールを効かせ
シャンティとラム酒風味のマロンクリーム重ねて。
ショコラ×オレンジ、マロン×ラム酒・・・
香りの余韻を堪能できる優雅なカップリング(*^^*)☆

ほわっとお口の中でとろけるクリームと
ねっとり濃厚なショコラのコントラストもいい感じ!

e0120402_13413487.gifモンブランもこんな風にグラスに入れていただくだけで
なんだかとってもお洒落に変身しちゃうんですね~☆
グラスの傾斜を利用して、スプーンでいただくと
とっても綺麗に、全層一緒にいただけるのも嬉しい♪




e0120402_13403058.gifバナナのパルフェとキャラメリゼしたバナナ マンゴーソース添え
e0120402_1310532.jpg

泡立てた生クリームをあわせるので
アイスクリームよりもエアリーでなめらか~(*^^*)♪
バナナの甘く濃厚な風味が、お口の中にふうわりと広がっていきます・・・

カソナードでキャラメリゼして、ラム酒でフランベしたバナナのほろ苦さ
マンゴーのトロピカルな酸味、ナッツのカリッと響く香ばしい香りが
まあるいバナナテイストにアクセントを!


こちらの夏のデセールはもうすぐ終了予定なんですって★
でも・・・秋冬のデセールメニュー
フォンダンショコラが登場すると聞いて、思わず笑顔に(*^^*)
早く涼しくならないかなぁ・・・

この日宿院シェフには、大切なお願いもしてきちゃいました!e0120402_1344751.gife0120402_13441769.gife0120402_13442617.gif
数週間後には、また素敵なデセールにめぐり会える予感


e0120402_13444122.gif


店名 : サロン・ド・テ・ ジャマン
住所 : 大阪府茨木市別院町6-45オダビル2階
TEL : 072-620-0073
営業時間 : 10:00~20:00
定休日 : 火曜日

by yukichocolat | 2007-09-18 00:00 | sweets(大阪)

灼熱の関西スイーツツアー☆サロン・ド・テ・ジャマン

灼熱の関西スイーツツアー☆index
モンプリュ -1
モンプリュ -2e0120402_719443.gif
ラ・ピエール・ブランシュ
ル・プレジール
オ・タンプル・デュ・グゥ -1
オ・タンプル・デュ・グゥ -2

リョーコ


2日間にわたる灼熱の関西スイーツツアー、最終目的地は
サロン・ド・テ・ジャマンさん。
先日感動したベイリーズのアイス、今日もいただいちゃおう(*^^*)♪
私はこの間食べ忘れちゃった1個をのぞいて、全種類いただいているので
ここでもセレクトは彼女におまかせ!

e0120402_04189.jpg

3連休明けなので、何もなくて・・・とシェフが即興で作ってくださったデセール。
バジルのソルベの下には、ショコラのクランブルとヨーグルトのブランマンジェ。
実は、私がジャマンさんではじめていただいたソルベが
このバジルのソルベ(*^^*)☆
冷たいものが苦手な私が、と~っても感動しちゃって・・・
それ以来宿院シェフのソルベの虜になっちゃってるんです。e0120402_03038100.gif
口溶けが普通のソルベと全く違って
冷たいんだけどエアリー・・・冷たさが直接舌にあたらないんです。
シルクのような肌触りのよいヴェールに包まれていて
ワンクッションおいてから冷たさがじわじわ~・・・

そして、このバジルのソルベはお味も最高!
運ばれてきた瞬間は抹茶?と思うような綺麗な翡翠色。
でも、バジルのフレッシュな香りがふうわり・・・
ひと口お口に含んでみると・・・キュンとした鋭い酸味が!
レモン&ライムを隠し味に効かせてあるんです。
とってもフレッシュで、奥深い清涼感が広がっていきます。

宿院シェフは、ライム使いがとってもお上手で
先日感動したサバランにも最後の仕上げに
ライムの皮をすりおろしてらっしゃるんですが・・・
ライムの香りって、とっても華やかな清涼感がありますよね。
私はレモンよりもライムが好き♡

e0120402_0385756.gifソルベおかわりしたいくらい美味しいな~と思っていると
華麗なアシェット・デセールの登場です(*^^*)/




e0120402_0481239.jpg

やっぱりこれをセレクトしちゃうよね♡

ペーシュの美味しさは、是非こちらで

ミルフィーユの美味しさは、是非こちらで




e0120402_0484471.jpg

e0120402_23185912.jpg

サバランの美味しさは、是非こちらで

そして、私がジャマンさんで一番好きなショコラ系・・・
ショコラ・フランボワーズ(*^^*)☆

ショコラムースには、ヴェネズエラ産のカカオ豆100%を
原料として作られたエルレイのサンフォアキン(カカオ分70%)を使用。
土台のビスキュイサッシェには、ローマジパンを混ぜ
重たいけどコクをだされているんですって。
むちっとした食感が、コクのあるムースを支えるに足る存在感(*^^*)/

このビスキュイには、フランボワーズのシロップがうたれているんだけど・・・e0120402_0363292.gif
さらにフランボワーズのコンフィチュールもオン!
シロップにはレモン汁&コアントローが入っているので
酸味と香りの余韻が鼻腔をくすぐり、さらに
コンフィチュールのプチプチ感がお口の中で大合唱♪

実は以前は、ビスキュイの上にフィヤンティーヌを
重ねてたんだけど、今はプレート状にしてトッピングされてるんです。
デザイン的には、断然こちらの方が優雅ですよね。
ムースを食べつつ、フィヤンティーヌをザクッ♪
小気味いいアクセントに!

優美で甘美なショコラの香り・・・
スーっとなめらかな、清流のような口溶け・・・
ショコラの芳醇な風味に、フランボワーズの爽やかな酸味がブレンドされ
エレガントな貴婦人を髣髴とさせてくれます(*^^*)
酸味がアクセントになっているからかしら・・・
夏でも全然重たくないんですよね。e0120402_0372148.gife0120402_0373156.gife0120402_0374028.gif
このめくるめく香りの余韻と口溶け・・やっぱり好きです~





e0120402_0391581.gifクレアー
e0120402_049947.jpg

e0120402_2332365.jpge0120402_23322386.jpg








前回食べ忘れちゃって、とっても心残りだったんです^^;
クレアーというネーミングの由来は・・・
このケーキに使われているショコラのお名前なんですって。
イタリアンパティスリーアカデミーで行われた、
トップペストリーシェフによるブラインドテイスティングで
金賞を受賞したのがカルマー社のクレアー。
数あるミルクチョコレートの中でもその品のある香り、深みのある色、
なめらかな口当たりが高く評価されたそう。e0120402_0424045.gif

宿院シェフがミルクチョコレートを使われるって
ちょっと珍しいので、興味津々!

ピスタチオダイスを混ぜて焼きこんだダックワーズに
ビスキュイ・ショコラを重ね、センターにはピスタチオのクリームを。
キルシュ漬けのグリオットがポイントに!

ショコラ×ピスタチオ×グリオット×キルシュ・・・黄金のカルテット!
な~んとなく味は想像できたんだけど・・・
ミルクチョコレートを使うとこんな風になるんだぁ・・・
想像以上にミルキーでまろやか~(*^^*)♪
まるで雲を食べているかのように、ほわっとお口の中でとろけちゃうんです。
ピスタチオのナッティな香りと、グリオットの馨しい香りがアクセントに
なってるけど・・・やっぱり余韻はミルキー♡
生チョコのミルキーテイストがお好きな方にはお薦めです!

デコレーションに添えてくださった桃&セーデルのジュレ
そしてベイリーズのアイスクリームも絶品!e0120402_046757.gife0120402_0461815.gif
いつも楽しいおしゃべりと、素敵なおもてなしをありがとうございます

誰かと一緒じゃないと、なかなかパティスリーのはしごをしない私。
ボ~っと美味しいケーキやお店の雰囲気を堪能して
シェフとのお話を楽しんでいるうちに、いつの間にか時間が経っちゃって・・・
いつも1軒で満足して、夢見心地のまま帰っちゃうんです(*^^*)☆

でも、2日間でこんなに周れちゃうのね^^;
お友達はこの後再び青春18切符で帰宅の途に・・・
暑い中、本とにお疲れ様でした~(*^^*)/

e0120402_0435331.gif


店名 : サロン・ド・テ・ ジャマン
住所 : 大阪府茨木市別院町6-45オダビル2階
TEL : 072-620-0073
営業時間 : 10:00~20:00
定休日 : 火曜日

by yukichocolat | 2007-09-09 00:00 | sweets(大阪)

パイがぷ~っくり☆サロン・ド・テ・ジャマン

キュートエレガントな夏の新作
そして不思議な桃マジックを堪能した後は・・・

お友達が数ヶ月ぶりに訪れたので、絶対に食べた~い(*^^*)/
と目を輝かせていた・・・


e0120402_13301387.gifミルフィーユ
e0120402_12471075.jpg

これは絶対にイートインしなくちゃの逸品☆
シェフが、パイ生地が湿気て食感が変わってしまうのを嫌われ
去年の夏まではテイクアウト用は存在しなかった
待望のミルフィーユなんですもの(*^^*)♪
常連さんが熱い想いが通じて、登場する運びになったんです!

でもやっぱりミルフィーユは、出来立てのパリパリ感を
イートインするのが最高の贅沢ですよね☆





e0120402_12515019.jpg

上層から、キャラメリゼされたパイ生地に
コアントロー入のキャラメルカスタード、パイ生地
ヘーゼルナッツのプラリネ、ミルクチョコのフィヤンティーヌ
ヘーゼルナッツのプラリネ、パイ生地の7層構造。

宿院シェフの十八番、コアントロー入りのカスタードクリームは
キャラメルテイストもやっぱり美味しい~(*^^*)/
バタークリームを加えていないのに、
ま~ったりと舌にまとわりついてくるんです。
e0120402_1339655.gifそしてこの艶々感からも想像できるとおり
全く凹凸がなく、すべるように滑らかな口溶け・・・
この絞り型のラインも、エレガントで美しいでしょ。

ヘーゼルナッツのプラリネはこんなに薄い層なのに
しっかりと濃厚でナッティな香り。
フィヤンティーヌのザクザクと響く軽やかな音感と相まって
よりリッチで、奥深いテイストを醸し出しています♪

はじめていただいた時は、強い衝撃をうけたこのミルフィーユ!
芳醇なバターの香りを秘めつつも、究極まで繊細な食感のパイ生地と
e0120402_13341187.gifまったりと濃厚なクリーム&プラリネ、
そして軽やかな音感のフィヤンティーヌ。
全ての層がはっきりと自己主張をしつつも
贅沢で奥深い食感と風味のハーモニーを
見事に奏であげているんです。

繊細なパイ生地と濃厚なフィリングのバランス。
そしてエレガントをたたえた大人テイスト。
今まで食べたミルフィーユの中で一番好きかも!と思わせてくれた逸品。


でもでも、このミルフィーユ・・・実はマイナーチェンジしてたんです!




e0120402_136453.jpge0120402_1361731.jpg









写真左が今回いただいたミルフィーユ。
そして写真右が以前にいただいたミルフィーユ。

ねっ、パイ生地の厚みが全然違うでしょ(*^^*)/
ジャマンさんではパイ生地を焼成する際に
網を上に載せて膨らまないようにするのですが
今はそのプレス具合を緩くして、上の2枚のパイ生地は
1枚のパイを半分の厚みにCutされているそうなんです。

サクサクッと軽やかな食感もいいかな~っと思ってと宿院シェフ。
たしかに夏にはあのギュッとプレスされたテクスチャーは重厚すぎて
苦手な方も多いかもしれませんね。
関西はふわっとやわらかなテクスチャーが好まれるし・・・

でも、私は以前のパイ生地の方が好みかな~♪
e0120402_13364349.gifパリンとうすはりガラスのように儚くて、極薄でハラハラの食感。
ほろ苦さを添えるキャラメリゼ具合も絶妙なんです!
エルメのミルフィーユを繊細にした感じながら
エルメよりもず~っと清楚で上品なビジュアルと口あたり。
ひと口いただいた瞬間に胸キュン☆しちゃったんですもの。

実は、何度も足を運んでいるお店のケーキのマイナーチェンジって
ひそかに楽しみなんです♪
同じケーキでも、こんなアレンジもあるんだ~ってとってもお勉強になるし・・・
シェフのお好みも分かるような気がして!
初めていただいたときとはまた違った感動が得られるんですよね(*^^*)♪

e0120402_13424384.gif


店名 : サロン・ド・テ・ ジャマン
住所 : 大阪府茨木市別院町6-45オダビル2階
TEL : 072-620-0073
営業時間 : 10:00~20:00
定休日 : 火曜日

by yukichocolat | 2007-08-10 00:00 | sweets(大阪)

不思議な桃マジック☆サロン・ド・テ・ジャマン

キュートエレガントな夏の新作のほかにも
マイナーチェンジしているケーキを発見!


e0120402_23384819.gifペーシュ
e0120402_23394138.jpg

魅惑の定番、フレジェの苺が、夏バージョンの桃に!

ショートケーキのフルーツを夏バージョンに変えられる場合は
桃にされることが一番多いように思うけど・・・
この桃の風味を生かすことがとっても難しいんですよね。
やわらかいテイストの桃が、生クリームのミルキー感に負けちゃうんです^^;
でも、ジャマンさんのペーシュは・・・



e0120402_23484661.jpg

白桃はレモンとバニラ風味のシロップでコンポート。
薄くスライスしてシャンティの中にという構造は、苺のフレジェと同じ。

でも、ジェノワーズもシャンティも苺のフレジェに比べると
口あたりがと~っても軽やか。
ふうわり羽毛布団のような口あたりで
スーっと一瞬にして溶け消えていっちゃうんです。

苺のフレジェをいただいたときに感じる、あのシャンティのテクスチャー・・・
気泡が全く感じられないほどきめ細やかで
まるでソフトクリームのようにねっとりクリーミーな感覚とは異なり
ほわっとエアリーな口あたり。

夏だからイタリアンメレンゲ等を加えられて
軽やかな仕上がりにされたのかしら?とおうかがいしたら・・・
「フレジェと全く同じ配合、構成なんですよ」とシェフ。
e0120402_09579.gifえ~~~っ、うそ~~~(◎◎)って思わず叫んじゃうほど
本当に別物に感じられたんです。
シェフご自身もそう感じられたようなのですが・・・
桃の風味と香りが描き出す不思議な感覚。

シャンティのミルキーさに負けない、桃のふくよかな甘味、
そして繊細な香りの余韻までしっかりと生かされています。
これは新たな宿院マジックだわ(*^^*)/

ところで全く関係ないんですが・・・
先日タッキー&深キョン主演の「ストロベリー・オン・ザ・ショートケーキ」
が再放送されていて・・・
ショートケーキの苺をいつ食べるかってディスカッションすることがあって・・・e0120402_0155231.gif
以前は間違いなく一番最後だったんだけど
今は真ん中あたりでお口直しに食べることが多いかなぁ・・・
でも基本的には、美味しいものは最後まで大切にとっておく派です。
皆さんはいかがですか?

お友達が溺愛するこちらも、マイナーチェンジを!

e0120402_236151.gif


店名 : サロン・ド・テ・ ジャマン
住所 : 大阪府茨木市別院町6-45オダビル2階
TEL : 072-620-0073
営業時間 : 10:00~20:00
定休日 : 火曜日

by yukichocolat | 2007-08-09 00:00 | sweets(大阪)

エレガントな夏の新作☆サロン・ド・テ・ジャマン

キュートな夏の新作に続いては・・・

e0120402_17394733.gifサバラン
e0120402_22573883.jpg

オレンジ風味のシロップをたっぷりと含んだサバランに
ジャマンさん特製のカスタードをたっぷり詰め込んで!
実はこのサバラン・・・オレンジのほかに、2種類の隠しアロマが♪

お酒は全然ダメなのに、サバランは大好きな私(*^^*)♪
「去年はサバランってなかったですよね~?」 とおうかがいすると
こちらもレストランのデセールとして紅茶のサバランは作られていたそう。e0120402_2385569.gif
紅茶のサバラン!? そちらもとっても魅力的~☆

デコレーションにはバナナのソテーとベイリーズのアイスクリーム。
黒いフライパンを握りしめてらっしゃるシェフのお姿が見えたので
何事かと思ったら・・・バナナをキャラメリゼしてくださったんですね。
2皿目なので、デコレーションまで変えてくださるなんて・・・
細やかなお心遣い、ありがとうございました(*^^*)




e0120402_21522737.jpgそしてこのベイリーズのアイスクリームが・・・
かな~り美味しかったんです(◎◎)
ベイリーズは、アイリッシュウィスキー
(アイルランド製)にクリーム、スピリッツ、
チョコレート、コーヒー、バニラなどを加えた
甘美なクリームリキュール。
キュートなのに大人っぽい!
小悪魔な女の子を彷彿とさせるテイスト!
アイスにエスプレッソをかけるアフォガードのように
ベイリーズをかけて食べることが
病みつきになっちゃうかも^^;




e0120402_17412761.jpg

e0120402_1823257.jpg

ぷっくりとした立ち姿が美しいサバラン。
宿院シェフの作られるお菓子って、どれも本とにエレガントなんです(#^^#)
リッツ・カールトン大阪のフレンチレストラン「ラ・ベ」にいらっしゃったので
自然とデセール仕立てにしたときのフォルムが、頭に浮かばれるのかしら。

強力粉が多めのサバラン生地を
(強力粉が多いほうがバラバラにならないんですって)
オレンジコニャックに少し漬け込んで
(プクプクとした泡が消える程度。漬け込みすぎると苦くなっちゃうんです)
網の上で自然にリキュールをきります。
ビジュアルからはそんなにタプンタプンに
吸い込んでいるように見えなかったんだけど
ナイフを入れると・・・
甘く馨しい香りとともにコニャックがジュワジュワ~・・・
キメが細かいので、細胞のひとつひとつにまで吸い込まれていたんですね♪

カスタードクリームは宿院シェフの十八番
コアントロー風味のカスタード(*^^*)
バニラの甘い香りの中から、魅惑的に立ちのぼってくる
芳醇で洗練されたキレのある甘い香り・・・e0120402_2305948.gif
甘く馨しい、透明感のある香りのヴェールで包みこみ
全体のテイストをリッチでエレガントに変貌させちゃう
魔法のカスタードクリーム☆

この甘く馨しいカスタードクリームに
オレンジの爽やかでキレのある香りがプラスされ
さらに・・・
サーブされる直前に、すりおろしたライムの皮をハラハラ・・・
一層爽やかで、フレッシュな柑橘系の香りがはじけ飛びます!
シェフはライムの皮や果汁を他のお菓子にも効かせてらっしゃるんですが
レモンやオレンジとは異なる、シャープで、いい意味で青っぽい
ちょっぴり苦味の効いた爽やかな酸味と香りが
他の素材の風味を引き立ててくれるんです!

2種の隠しアロマ・・・もう一つは・・・
なんと生地の中にキャラウェイシードが入れられているんです!
言われなければ分からなかったかもしれないくらいの
e0120402_2344594.gif本とに隠し味程度なんですが・・・
ほんのり苦味の効いた爽やかな香りが、ライム同様
甘ったるくなりがちなサバランを、スッキリとした夏テイストに!


実は宿院シェフご自身は、サバランがあまりお好きではないんですって(笑)
「パンみたいな食感が嫌なんです^^;」とシェフ。
でもこのサバラン生地のきめ細かく
みっちりとした食感はご自身もお気に入り♪
本とはもっとオレンジコニャックを効かせたいそうなんだけど
住宅街で主婦の方も多いので・・・とのこと。
かなりパクンパクンになっちゃったけど
私ももっと効いてるバージョン、いただいてみたいかも~(*^^*)/
目下パティスリーでアルコール修行中なんです!

他にもマイナーチェンジしたケーキを・・・

e0120402_236151.gif


店名 : サロン・ド・テ・ ジャマン
住所 : 大阪府茨木市別院町6-45オダビル2階
TEL : 072-620-0073
営業時間 : 10:00~20:00
定休日 : 火曜日

by yukichocolat | 2007-08-08 00:00 | sweets(大阪)

キュートな夏の新作☆サロン・ド・テ・ジャマン

ケーキはジャマンさんでしか食べない!とまで決意した(笑)
お友達と一緒に久々のジャマンデート(*^^*)♪
でもいきなりケーキはNGということで、彼女は軽くお昼を食べてからの登場に!
そうそう、一緒にパリに行った時も、ケーキのお皿を並べている私を横目に
ちゃんとパニーニ→ケーキってコース仕立てで?食べてたもんね^^;

ちょうど雑誌の取材が終わられたところで
いつものようにジェントルな優しい笑顔で迎えてくださる宿院シェフ。
でも、「お久しぶり!」って言われると心がチクチク(*o*)
ちょっぴり(強調)ご無沙汰してしまってごめんなさい・・・

と思いつつもショーケースに目を落とすと・・・あっ、新作が4品も登場してる~ e0120402_1739818.gife0120402_17391798.gife0120402_17392443.gife0120402_17391798.gif
さっきショボンとしたかと思ったらもうお目目がハートに




e0120402_22482034.gif白桃のタルト
e0120402_2242932.jpg

関東のあちらのお店では有名な、桃のパリパリタルトだわ♪
パータフィロで包んで焼き上げたタルト生地の上に
シェフの十八番のカスタードと白桃を重ねて。

桃のタルト・・・昨夏はいただいた記憶が・・・と思ったら
レストランのデセールとしてはだしてらっしゃったそう。e0120402_11563597.gif
裏を返せば、デセール仕立ての出来立て感を
大切にしてらしたケーキってこと(*^^*)/
それならば、イートインしなくっちゃ!ですよね。

でも、この流線型・・・いつものことながら写真泣かせですぅぅぅ(^^;
デコレーションのセーデルのお紅茶のジュレも
やっぱりこの季節が一番美味しく感じられますね♪
北欧のお紅茶セーデル・・・私がお紅茶にはまるきっかけにもなった
エレガントな薫りの余韻が魅力的なお紅茶なんです☆



e0120402_22153431.jpg

e0120402_22154720.jpg

パリパリのパータフィロの中には、キルシュの効いたしっとりダマンド。
桃なのにキルシュ?って思ったら・・・
ダマンドの中にたっぷりのグリオットチェリーがイン♪
グリオットとキルシュの相性は抜群ですものね。
このタルト・・・是非焼き菓子で販売してくださ~い!
って思わず口をついて出ちゃうほど、美味しい~(*^^*)♪

タルトの上にはシェフの十八番、コアントローの効いた
カスタードクリームと山梨県産の桃のコンポート。
果肉がやわらかく、ふうわりと香る余韻が心地いいんだけど・・・
桃ってどうしても味がやさしくて、ぼやけたテイストになってしまうんです。
だからグリオットをプラスして、桃の風味を引き立ててらっしゃるそう。

e0120402_22525580.gifカスタードクリームがクッションになって
両者のテイストが最初は別々に感じられるのに
自然と甘く馨しい香りの渦の中で渾然一体となって・・・
とろろ~ん・・・乙女心をくすぐる魅惑のテクスチャー(#^^#)
グリオット&キルシュ、そしてコアントロー風味のカスタード。
全てが桃のやさしい風味の輪郭を際立たせるための立役者に!

オーダーが通ってから桃をのせるので、水分が染みこむことなく
パータフィロのパリパリ感もダマンドの程よいしっとり感も
し~っかりとKeepされるんですね♪
このタルトは絶対にイートインがお薦め!


ところで、普段はコーヒー党の私がこの日はお紅茶をセレクト!
だって<ジャマンオリジナル商品>っていうお紅茶を発見しちゃったんですもの。
その名もダージリン・バニュー・リカ
ダージリンティーにマダガスカル産のバニラで香りをつけたオリジナルティー。
中身を使った後のバニラビーンズのさやを乾燥させ、細かく砕いて
ダージリンの茶葉と一緒にしておくと・・・
ほ~んのり甘い香りがうつるんですね。
バニラシュガーを同様の方法で作られているパティスリーさんもあります。

私も以前お菓子作りをしていた頃に(そんな頃もあったわ^^;)
バニラのさやをそのままお紅茶やお砂糖に入れていたことが!
(お家で作る場合は、衛生面を考えてそのままインする方がいいと言われたので)e0120402_11591014.gif
香りはと~ってもスイートになるのに、風味にはほ~んのり。
フレーバーティーほど甘ったるくならないのでお薦めですよ!

私本とにバニラの香りが大好きで・・・
あの甘い香りのヴェールに包まれると、なんだかとっても癒されるんですよね・・・
うちにはバニラのアロマものがいっぱいです(#^^#)

続いては、ひと目惚れしちゃったエレガントなあの子を♪


★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★
  ジャマンさんの夏休みは8/20~22です。(14日は営業)


e0120402_236151.gif


店名 : サロン・ド・テ・ ジャマン
住所 : 大阪府茨木市別院町6-45オダビル2階
TEL : 072-620-0073
営業時間 : 10:00~20:00
定休日 : 火曜日

by yukichocolat | 2007-08-07 00:00 | sweets(大阪)

華麗なデセール☆サロン・ド・テ・ジャマン

e0120402_11245771.jpge0120402_11251744.jpg








e0120402_11255419.jpge0120402_1126917.jpg









ジャマンさんのケーキは実家にも何度もお運びしていたので(笑)
家族も勿論大ファンなのですが・・・
実際に優雅なサロンの雰囲気の中で、華麗なデセール仕立ての
美味しいケーキを堪能してもらいたいなぁ・・・
ってずっと思ってたんです。
e0120402_13292685.gife0120402_13293683.gife0120402_13294728.gifそんな念願かなって、この日は妹と初ジャマンデートに♪

もう美味しい時季が終わっちゃうということで、セレクトは苺ちゃん中心に!
いつもは茶系の地味子ちゃんばっかりになっちゃうのに
まるで女の子がセレクトしたような可愛いプレートでしょ(*^-^*)
(あっ、でも結局2皿目は・・・)

お皿に絵を描くってこういうことを言うんでしょうね。
絵心の全くない私はいつも尊敬の眼差しです・・・
それぞれのケーキに合わせた異なるデコレーション。
フルーツはセーデルやシソ風味のジュレで・・・素敵すぎます☆



e0120402_12131531.gifパリブレスト
e0120402_1140745.jpg
e0120402_11403534.jpg

パリブレストといえば・・・濃厚なプラリネクリームにアーモンドのトッピング。
ナッツづくしなので実はあまり得意じゃないんですf(^^;
(でもこれ1個だけで、プラリネクリームがもたれなければ問題なし!)

ジャマンさんのパリブレストは2種類のカスタードクリームをサンド。
プラリネ風味のカスタードクリームに
宿院シェフご自慢のコアントロー入りのカスタードクリーム。
濃厚で香ばしくいナッティな香りに、爽やかなオレンジの香りが
ブレンドされていくので後味すっきり!
どちらのクリームもなめらかで瑞々しく、口溶けがよく
時々響くアーモンドダイスが小気味いい音感をプラス♪

シュー生地もサクッ、クシュッ・・・
軽やかにクリームと一体化していきます・・・
後には一緒に焼きこまれたアーモンドの香ばしい香りの余韻が・・・

パリブレストっていうと、風味も食感も重厚で
e0120402_13383630.gif私の中では男性的なイメージのお菓子なんだけど
ジャマンさんのパリブレストは、とっても繊細で女性的な雰囲気。
おひとり様用の優美なビジュアルも
一層お姫様気分を演出してくれます(*^-^*)

でも、パリブレストの名前の由来って・・・優雅さとは程遠いんですよね。
フランスには 有名な自転車レース「ツールドフランス」というレースがありますが
色々な自転車レースの一つで 1891年から始まったのが「パリ・ブレスト」。
パリとブルターニュの海岸を90時間以内に往復する 
1202Kmの自転車レースだそうです。
このレースを記念して パリの「メゾン・ラフィット」というお菓子屋さんの
ルイ・デュランさんが考案したお菓子が“パリ・ブレスト”なんです。
あのリング状のフォルムは、自転車の車輪を表現しているんですね。
お菓子になっちゃうくらいだから、フランスでは
自転車レースってとってもメジャーなんでしょうね♪




e0120402_12133029.gifクラフティ
e0120402_11482376.jpg
e0120402_11492435.jpg

このクラフティ・・・e0120402_1341227.gif
これがクラフティーなんだぁ・・・
なんだか私が知っているビジュアルとは全然違う気が・・・
ってはじめていただいた時とっても感動したんです。

たっぷりの生クリームと卵、ノワゼットプードルを合わせた生地を
ココットで焼成。小麦粉は全く使われていないんですって!
ココットに入れて焼くので、こんな焼き目のついたフォルムになるんですね♪

Cutしようとすると、 思った以上にポワンポワンの触感で
ちょっと微妙なCUT画像になっちゃいました(ごめんなさいf(^^;)

外はカリっと焼き上げられているのに、中はしっとり、ふ~んわり。
でもベリーも一緒に焼きこまれてているので、ジュワっとしたジューシーさもプラス。

トッピングのカスタードクリームは、私が愛してやまない
e0120402_13423417.gif宿院シェフご自慢のコアントロー入りのカスタードクリーム。
脳細胞が一瞬にして、バニラ×コアントローの
甘く馨しい薫りの魅力の虜になっちゃうんです(*^^*)

とろろ~ん、カリッ、ふ~んわり、ジュワ~・・・
食感の四重奏に、心も舌もとろけちゃいそう・・・
さらに苺の酸味が後味を引き締め、フレッシュ感を添えてくれています。

フレジェ、ミルフィーユ、サン(シュークリーム)、ショコラフランボワーズは
リピ率の高いお菓子なので、また改めてご紹介しますね。

e0120402_12584044.gif


店名 : サロン・ド・テ・ ジャマン
住所 : 大阪府茨木市別院町6-45オダビル2階
TEL : 072-620-0073
営業時間 : 10:00~20:00
定休日 : 火曜日

by yukichocolat | 2007-06-26 09:50 | sweets(大阪)

夏の新作☆サロン・ド・テ ジャマン

「KANSAI1週間」 夏のスイーツ特集 
3件目は、いつもとても温かく見守ってくださる宿院シェフのお店。
サロン・ド・テ ジャマン」さん。

宿院シェフは「ザ・リッツカールトン大阪・ラ・ベ」の元シェフパティシエ。
レストラン「ジャマン」の秋田シェフに誘われ
その2階に2年前にサロンを開かれたんです。
螺旋階段を上ると、そこには優雅な空間が・・・
「デザートは料理の延長!作りたての味とビジュアルを楽しんで欲しいんです。」
という信念を持ってらっしゃるシェフのお言葉どおり
ショーケースに飾られているのは
まるで宝石のディスプレイのような美しいサンプルのみ。
作り置きは一切せず、“カウンターで寿司を頼んでいるように”と
オーダーが入るたびに一つずつ丁寧に仕上げられていくんです。


e0120402_12545630.gifココマング
e0120402_1256712.jpg


ココナツムースに甘~い香りのマンゴープリンを重ねた
トロピカル感倍増のグラスデザート!

写真ではちょっと見えにくいのですが・・・
フランボワーズ&グロセイユのジュレがマーブル状に♪
まったり、甘味の濃厚なテイストをキリッと引き締めるアクセントに。
さらにトッピングのマンゴーにも柑橘系のジュレが
からめられていて、まあるい酸味をプラス。
甘味と酸味の強弱の効いたグラデーションに、シェフの技を感じちゃいます!
まったり、トゥルン、ねっとり・・・
e0120402_13254344.gif食感のグラデーションもグラスデザートのお手本のよう。
飲物なしでもいただけちゃう喉ごしのよさも美味しさの秘訣ですね。

マンゴープリンだけでなく、ココナツムースを一緒にいただくことで
まるで南国にいざなわれているような、トロピカルな風が吹き抜けていきます・・・


e0120402_13142663.gifセーデル
e0120402_13151975.jpg



香り高い北欧紅茶、セーデルのジュレにヨーグルトのとろけるブランマンジェ。
その時期に一番美味しいフルーツを添えて。

ヨーグルトのブランマンジェは、あっさりとしていながらもふくよかなコクが!
ザルにあけて1日かけて水分を漉したヨーグルトに
生クリームやバニラが加えられているので、全く水っぽくなく
こんなにミルキーがコクがでるんですね。
想像以上にやわらかな食感で、ジュレにソースのようにからんでいきます・・・

セーデルのお紅茶ってちょっぴり耳慣れないかもしれませんが
高級セイロン紅茶とフルーツ、北欧の草花などをe0120402_1314796.gif
たっぷりブレンドした北欧の本格派ブレンドティーなんです。
オレンジピール、マリーゴールド、ヤグルマギクの花が
ブレンドされているので、淡くピンクがかった美しい琥珀色で
まるでお花畑にいるかのような甘くやさしい香りが立ちのぼっていきます・・・
いつの間にかほんのり夢見心地に・・・
去年の夏は桃が添えられていて、甘~い香りがとっても素敵だったなぁ・・・



e0120402_13275751.jpge0120402_132812100.jpg








撮影後、こんな風に素敵なデセール仕立てにしてくださいました♪
宿院シェフは、リーッツカールトン大阪のフレンチレストランにいらしたので
優雅なフォルムのデセールがとてもお得意なんです♪


e0120402_13354428.jpg


今の季節はこちらの紫蘇のソルベがメインなのですが
この夏は柑橘系のデセールに合わせて
山葵テイストのソルベ”を考案中なんですって。
シェフのソルベは本とに不思議で魅惑的な口溶けなんです・・・
私は冷たいものが苦手なので、ソルベのキーン感がダメなんだけど
シェフのソルベは、そんなキーン感が全く感じられないの。
こんなに清涼感に溢れているのに、やわらかく、ほの温かくe0120402_13423967.gif
お口の細胞のひとつひとつに染み渡っていく感じ・・・
ひと口いただくとエアリーな口溶けの虜になっちゃうこと間違いなしです!

さらに、デセールのコース仕立てを楽しめる
贅沢なタンタシオン(誘惑)の会も企画中とのこと。
暑い夏に、サロンで優雅にデセール三昧なんて
.:*・゚☆.。.:*素敵ですよね.:*・゚☆.。.:*

e0120402_1343769.gif


店名 : サロン・ド・テ・ ジャマン
住所 : 大阪府茨木市別院町6-45オダビル2階
TEL : 072-620-0073
営業時間 : 10:00~20:00
定休日 : 火曜日

by yukichocolat | 2007-06-07 23:51 | sweets(大阪)